レクサス cl500。 レクサス・LC

Chevron

レクサス cl500

レクサスLC500 走りについてはこちらの記事 で触れました。 このLCですが購入するならV8エンジンの 「LC500」で決まりでしょう。 実際、LC500の方が売れているということです。 ということでLC500で見積もりをとってもらいました。 なお今すぐオーダーしても年内の納車は無理だろうとのことでした。 かなりお洒落かと。 車両本体価格が、 LC500の 「S Package」で 14,000,000円(消費税込み) 「S Package」の主な内容ですが、• カーボンルーフ• トルセンLSD• ギア比可変ステアリング• 21インチ鍛造ホイール&タイヤ• アクティブリヤウイング• LDH(レクサスダイナミックハンドリング) これだけの走り重視の装備がついてベース車両の100万円増でしかありません。 走りのみならずリセールを考えてもここは「S Package」を選ぶべきでしょう。 また標準装備内容自体もライバル他社の車、特にポルシェと違って、ほとんどの装備が標準なのは良いですね。 私が付け加えたオプションは、• カラーヘッドアップディスプレイ(86,400)• マークレビンソンサウンドシステム(219,240)• ステアリングヒーター(28,080) これだけです。 オプションと付属品含めた車両本体の価格は、 14,699,840円 ここにさらに税金・保険料を加えた現金一括での購入価格は、 15,225,960円 税金が消費税に自動車税に自動車取得税、自動車重量税といい加減にしてもらいたいところですね。 ここでセールスマン氏に販売状況を聞いたところ、レクサスLC500でも最近は、 「残クレ」が主流だとのことでした。 そこで3年返済でのお支払いプランを2つ(ボーナス払いはなし)作ってもらいました。 一つ目のプランは月々の支払いが、 15万円 これだと頭金が 約420万円ほどです。 今乗ってる車を下取りに出して頭金の原資にして余るか足すかで、月々15万円の支払いです。 2つ目のプランは月々の支払いが、 10万円 こちらは頭金が 約590万円です。 月々の支払いが10万円ならだいぶハードルは低いような気がしますね。 残クレを使った見積書 この見積書の中で、まず注目なのが、 残クレの価格です。 レクサスのものは3年後の価格は、最低の買取保証価格です。 上の見積書の最終回支払に注目してください。 6,300,000円ですね。 つまりこの金額以上で買い取ってくれる 保証価格です。 3年後であれば車両本体価格の 45%が買取保証価格です。 フェラーリの75%は流石の破格ですがレクサスは絶対的な保証価格という安心感がありますね。 レクサスLC500については、GTRのように新車は欲しいが手が出ないという人がたくさんいると思われますし、主市場が米国西海岸ということで元々控えめな販売目標の中で日本でのデリバリー数が優遇されなければ、3年後においては45%以上の値段でセカンダリーマーケットにおいても流通しているのではないかなぁと思います。 次に気になるところが、 金利です。 正直言って今のご時世で 4. 1%は高過ぎやしないかと。。 具体的には、レクサスカード(VISAプラチナ)を作ってここで支払いを集中、新車は1ポイント=1. 5円換算されてポイントになるだけでなくキャッシュバック出来るんです。 こういったプログラムが提供できるのは、さすがトヨタ銀行と言われるだけの企業体力があっての事かと思います。 トヨタ自動車にとっては顧客の囲い込みのみならず消費性向も分析出来る一石二鳥のプログラムですね。 とにかくこのプログラムを使えば、 月々のクレジット支払額を大きく減らすことが可能なんです。 元本がそれなりに大きいですから金利は馬鹿になりませんからね。 詳細については、下のリンク先かレクサス・ディーラーでお尋ねください。

次の

LEXUS LC500を残クレで購入すると。。

レクサス cl500

~ニッチな市場ではありながらも、結構人気は高いようだ~ 2020年6月18日に発表されることが決定したレクサスの新型フラッグシップオープンクーペ「LCコンバーチブル Lexus LC Convertible 」と、一部改良版となる「LCクーペ LC Coupe 」ですが、ようやく簡易カタログを入手することができたので、早速その中身を公開したいと思います。 ~新型「LC」の簡易カタログの中身を見ていこう~ エクステリアデザイン 今回の一部改良のタイミングで追加ラインナップされる「LCコンバーチブル」ですが、正式にはガソリンタイプとなる「LC500コンバーチブル」のみ追加され、ハイブリッドタイプの「LC500hコンバーチブル」はラインナップされません。 一部改良版の「LCクーペ」同様に、「LCコンバーチブル」でもLexus Safety System+が標準装備され、以下の機能をアップデート。 ・プリクラッシュセーフティ 歩行者[昼]検知機能付き衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式 ・レーンキーピングアシスト[LKA] ・オートマチックハイビーム[AHB] ・レーダークルーズコントロール 全車追従機能付 その他にも、SRSサイドエアバッグやアクティブロールバーといった衝突後の安全装備も充実しています。 ディーラーオプション:エアロパーツ関係 そしてこちらはディーラーオプションでもラインナップされる予定の専用エアロパーツたち。 レクサス純正はもちろんのこと、モデリスタのエアロパーツや21インチの大口径鍛造アルミホイールのデザインがとにかくド派手ですね。 こちらはレクサス純正とTRD。 TRDのリヤウィングやエアロダイナミクスカウリングも中々にド派手ですね…これはエグイ。 ボディカラー/インテリアカラー 最後はボディカラーとインテリアカラーを見ていきましょう。 まずは「LCクーペ」ですが、ボディカラーは全10色、インテリアカラーは4色から選択が可能になっています。 [ボディカラー] ・ホワイトノーヴァガラスフレーク ・ダークグレーマイカ ・ラディアントレッドコントラストレイヤリング 有償カラー ・ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング 有償カラー ・ソニックシルバー ・ソニックチタニウム ・ディープブルーマイカ ・ブラック ・グラファイトブラックガラスフレーク ・ネープルスイエローコントラストレイヤリング 有償カラー [インテリア]セミアニリン本革もアルカンターラ/セミアニリン本革も同様 ・オーカー ・フレアレッド ・ブラック ・ブラック&オレンジ 続いては「LC500コンバーチブル」ですが、ボディカラーは全11色、インテリアカラーは3色、そしてトップルーフは2色から選択が可能になっています。 [ボディカラー] ・ホワイトノーヴァガラスフレーク ・ダークグレーマイカ ・ラディアントレッドコントラストレイヤリング 有償カラー ・テレーンカーキマイカメタリック ・ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング 有償カラー ・ソニックシルバー ・ソニックチタニウム ・ディープブルーマイカ ・ブラック ・グラファイトブラックガラスフレーク ・ネープルスイエローコントラストレイヤリング 有償カラー [インテリア]セミアニリン本革もアルカンターラ/セミアニリン本革も同様 ・オーカー ・フレアレッド ・ブラック [ソフトトップルーフ] ・ブラック ・サンドベージュ ~新型「LC」のグレード別価格帯を見ていこう~ 最後はグレード別の価格帯を見ていきましょう。 以下が、新型「LC」のグレード別価格帯となります。

次の

LEXUS LC500を残クレで購入すると。。

レクサス cl500

クーペモデルとともにLEXUSラインアップの頂点として、飽くなき美の追求と感性を刺激する唯一無二の体験の提供を目指た。 ボディ全体を新設計。 高いボディ剛性のほか、流麗なスタイリングや充分なラゲージスペースを実現し、コンバーチブルに適したパッケージングとした。 軽量かつ高剛性なアルミダイキャストを採用。 加えて床下ブレースの採用やマグネシウム、アルミニウムなど軽量素材の最適配置により、高剛性と軽量化を両立。 ソフトトップルーフと専用のパッケージの採用により、流麗なシルエットとコンバーチブルならではの軽快な印象を付与。 リヤまわりでは、トランクの後端を跳ね上げるとともに横幅を広げることで、ダイナミックなサイドビューと後ろから見た際のワイド&ローな印象を付与した。 ソフトトップ格納時においても美しいシルエットを実現するため、トノカバー付きのフォールディング機構を採用。 ドアエンドのベルトラインをキックアップさせることにより、キャビンを包み込む適度なタイト感と新しいシルエットなど、LCの特徴を感じさせながら、コンバーチブルとしての個性が際立つデザインとした。 ソフトトップは4層構造とすることで優れた静粛性を実現。 さらに材質や質感を吟味し、シワの寄らない最適な張り具合にこだわることでクーペのような美しいルーフラインを目指した。 開閉作動中はメーター内のアニメーション表示により、作動状況が一目でわかる。 車内での会話を自然に楽しめる空間を作り上げるため、ベルトラインやリヤの造形など空力性能にもこだわり、ポリカーボネート製の透過性のあるウィンドディフレクターを設定することで、開放感はそのままに車内の不快な風の流れを抑制し優れた静粛性を実現。 音響シミュレーションを用いて吸音・遮音を適切に行い、ノイズを発生源から抑制しています。 さらにアクティブノイズコントロール(ANC)を採用し、オープン・クローズともに人間が不快に感じる低周波ノイズを低減。 スペック LEXUS LC500 コンバーチブル LEXUS LC500 LEXUS LC500h 全長 4,760mm 4,770mm 全幅 1,920mm 全高 1350mm 1,345mm ホイールベース 2,870mm エンジン 5. 0L V型8気筒エンジン 3. 6kgm トータル最高出力 — 264kW トランスミッション 10速AT (Direct-Shift 10AT) 電気式無段変速機 駆動方式 FR 乗車定員 4名 JC08モード燃費 7.

次の