ふたりで にゃんこ大戦争狂乱キモネコ。 【にゃんこ大戦争】ゴムネコの評価と入手方法

100%が重要!大狂乱のバトル降臨 最凶戦士の攻略方法

ふたりで にゃんこ大戦争狂乱キモネコ

レジェンドストーリーの狂乱ステージ 狂乱ステージは、レジェンドストーリーのゲリラステージとして登場するイベントの1つです。 全部で9つ用意されておいて、それぞれの個性はあれど、どれをとっても非常に難易度の高いステージとして君臨しています。 その中でも狂乱のネコは、狂乱ステージの中で最も簡単なステージとなっています。 一番苦労することなくクリアが可能でありながら、安価なカベ役として非常に役に立つ優れたキャラクターです。 移動速度が高いので敵の城に近づく時間が短く済み、自身の城から大きく離れたところで陣を作っていても、カベ役として有効に働いてくれることが期待出来ます。 さらには生産速度も速くて、かかるお金も基本キャラのネコと同じく75円と安いです。 つまり、安価なカベ役としては最高レベルのキャラクターということです。 この、狂乱のネコのステージはクリアしておいて損はしません。 ガチャ限定のキャラクターを使用せずともクリア出来るため、降臨していることが確認でき次第、やっておくことをオススメします。 攻略について 必ず、ネコボンとニャンピュータは持ち込みましょう。 戦闘が楽になりますし、勝率のアップも見込めます。 戦闘が始まったら、向かってくる敵を自分の城の近くまで引き寄せてカベ役を生産します。 自分の城を破壊されて敗北する事故を防ぐことと、後に生産するネコムートを守る目的があります。 その後、お金が溜まり次第、1体目のネコムートを生産します。 ここで重要なのは、キャラクターを生産し過ぎないことです。 カベを作り過ぎると、ガンガン敵を押し退けて、こちらの準備が整う前に城を叩いて狂乱のネコを出現させてしまい、負けに繋がりかねないからです。 なので、ネコムートを最低限防衛可能な数のカベを生産し続けましょう。 カベネコ3~4体程度で十分です。 暫くその体勢を維持していると、2体目のネコムートが生産できるようになっているはずです。 即座に生産して、1体目と同様にジワジワと前に進ませます。 ここで2体以上生産しておくことで、狂乱のネコに与えるダメージの効率が上昇するだけでなく、ゾウやクマなどの取り巻きを倒しやすくなります。 そして、カベ役が敵の城を叩き始めたら、素早くニャンピュータをオンにします。 後は見ているだけでOKです。 このステージは、狂乱のネコの取り巻きの、ゾウやクマが沢山お金を落としてくれるおかげで資金不足になりにくく、前線も崩壊しにくいです。 エンドレスでカベを生産して、裏からドラゴン、ヴァルキリー、ムートで相手の体力を削ります。 ドラゴンは射程に優れていて、ヴァルキリーは停止の効果が期待できるため採用しました。 ですが、最悪の場合ムートのみを攻撃役として採用して、後は全てカベ役を当てはめても、ノーコンでクリア出来ます。 多少時間はかかりますが・・・ また、今回はスニャイパーは使いませんでしたが、使った方が戦闘が安定します。 狂乱のネコをノックバックさせることで、こちらの城から遠ざけられるからです。 アイテムフル活用で挑むことでノーコンのクリア率が上がると思います。 倒してしまえば、あとは消化試合です。 最初の戦闘から10分程眺めてクリアしました。 狂乱の猫のドロップ率は100%です。 攻略について詳しく 基本キャラのみでもクリア出来ますが、素早く戦闘を終えたいのであれば、ガチャ限定のキャラクターを使いましょう。 ギガントゼウスシリーズの「メガロディーテ」や、ウルトラソウルズの「コスモ」。 超ネコ祭の「ガオウ」などを使用することで、カンタンに素早く狂乱の猫を葬り去ることが出来ます。 ドラゴンの代わりに、レアキャラの「ジェンヌ」を使用することもアリでしょう。 間違っても使ってはいけないのは、狂乱のネコの攻撃よりも射程が短くて、移動速度の遅いキャラです。 出すだけ無駄ですし、お金を浪費することになります。 ヴァルキリーのように移動が早ければ一撃当てられます。 しかし、足が遅くて射程が短いのであれば、いくらダメージ量に優れていても何も出来ずに葬られるだけです。 搭載するキャラクターの特徴を考えて、慎重に選びましょう。

次の

【にゃんこ大戦争】大狂乱のキモネコ降臨 ムキフェス 攻略

ふたりで にゃんこ大戦争狂乱キモネコ

攻撃一発が致命傷となるため、上記3体の敵に射程で勝る長射程キャラをアタッカーに採用しましょう。 また、敵の中でも「パオン」は非常に射程が長く量産キャラでの対応が難しいので、「パオン」対策に1体は必ず大型アタッカーを編成してください。 射程が長いほど長時間の活躍が期待できるので、量産キャラもできるだけ射程の長いキャラを選びましょう。 「」など対白特性持ちのキャラは優先して採用するべきですが、基本射程が長ければなんでも使えます。 壁は必ず4体以上編成(5体がベスト) 敵の攻撃が激しく前線が崩れやすいので、攻略には壁が必ず4体以上必要です。 ニャンピュータ使用時はキャラの入れすぎ注意 「ニャンピュータ」を使うと壁の量産が可能になり前線維持は楽になりますが、編成キャラが多いと金欠になり負けます。 「ニャンピュータ」を使用して挑戦する場合は、無駄なキャラを入れず最低限の編成で挑むことが大切です。 下記以外でも射程さえ長ければ十分攻略に貢献できます。 「かむくら」は一例なので、同じく射程の長いアタッカーであれば自由に代用可能です。 壁はよほどレベルを上げないと攻撃を耐えられないので、数さえ揃えられればレベルは不問です。 逆にアタッカーは最低限レベル20程度まで育成して挑戦しましょう。 狂乱のネコ降臨 暗黒憑依の攻略と立ち回り 攻略ポイント• ボスが出現する敵城攻撃までに戦闘準備を整える• にょろ&わんこを自城前まで引き寄せる• 敵城を攻撃しない限りボスが出てこないので、準備を整えボス戦に挑みましょう。 戦闘が始まると、開幕直後から「わんこ 白犬 」や「にょろ 白蛇 」が数体出現します。 ここで大型アタッカーを場に溜め火力を確保することで、敵城攻撃後よりスムーズに敵を撃破できます。 ただ、「わんこ」達は壁であっても生産数が多いとすぐ倒れてしまい大型を場に溜める時間を稼げないので、壁の生産は最低限に抑え耐久するのがポイントです。 敵城攻撃後すぐ敵の大ダメージ攻撃が飛んでくるので、壁が確実に大型の前に出られるよう足並みを揃え進軍しましょう。 壁を全力で生産して前線を維持し続ける• 再生産可能になり次第アタッカーを生産する• ワーニック、パオン、クマ先生を倒し続ける 無限湧き• 敵城攻撃後出現する敵は火力が非常に高いので、壁量産で前線を支えつつ事前に用意した大型アタッカーで遠距離から敵を倒していきましょう。 壁の生産数が少ないと前線が押されてしまい大型が被弾するので、とにかく壁の生産を優先して敵を極力寄せ付けないようにする必要があります。

次の

【にゃんこ大戦争】大狂乱のキモネコ降臨 ムキフェス 攻略

ふたりで にゃんこ大戦争狂乱キモネコ

攻撃一発が致命傷となるため、上記3体の敵に射程で勝る長射程キャラをアタッカーに採用しましょう。 また、敵の中でも「パオン」は非常に射程が長く量産キャラでの対応が難しいので、「パオン」対策に1体は必ず大型アタッカーを編成してください。 射程が長いほど長時間の活躍が期待できるので、量産キャラもできるだけ射程の長いキャラを選びましょう。 「」など対白特性持ちのキャラは優先して採用するべきですが、基本射程が長ければなんでも使えます。 壁は必ず4体以上編成(5体がベスト) 敵の攻撃が激しく前線が崩れやすいので、攻略には壁が必ず4体以上必要です。 ニャンピュータ使用時はキャラの入れすぎ注意 「ニャンピュータ」を使うと壁の量産が可能になり前線維持は楽になりますが、編成キャラが多いと金欠になり負けます。 「ニャンピュータ」を使用して挑戦する場合は、無駄なキャラを入れず最低限の編成で挑むことが大切です。 下記以外でも射程さえ長ければ十分攻略に貢献できます。 「かむくら」は一例なので、同じく射程の長いアタッカーであれば自由に代用可能です。 壁はよほどレベルを上げないと攻撃を耐えられないので、数さえ揃えられればレベルは不問です。 逆にアタッカーは最低限レベル20程度まで育成して挑戦しましょう。 狂乱のネコ降臨 暗黒憑依の攻略と立ち回り 攻略ポイント• ボスが出現する敵城攻撃までに戦闘準備を整える• にょろ&わんこを自城前まで引き寄せる• 敵城を攻撃しない限りボスが出てこないので、準備を整えボス戦に挑みましょう。 戦闘が始まると、開幕直後から「わんこ 白犬 」や「にょろ 白蛇 」が数体出現します。 ここで大型アタッカーを場に溜め火力を確保することで、敵城攻撃後よりスムーズに敵を撃破できます。 ただ、「わんこ」達は壁であっても生産数が多いとすぐ倒れてしまい大型を場に溜める時間を稼げないので、壁の生産は最低限に抑え耐久するのがポイントです。 敵城攻撃後すぐ敵の大ダメージ攻撃が飛んでくるので、壁が確実に大型の前に出られるよう足並みを揃え進軍しましょう。 壁を全力で生産して前線を維持し続ける• 再生産可能になり次第アタッカーを生産する• ワーニック、パオン、クマ先生を倒し続ける 無限湧き• 敵城攻撃後出現する敵は火力が非常に高いので、壁量産で前線を支えつつ事前に用意した大型アタッカーで遠距離から敵を倒していきましょう。 壁の生産数が少ないと前線が押されてしまい大型が被弾するので、とにかく壁の生産を優先して敵を極力寄せ付けないようにする必要があります。

次の