ゼンリー 裏機能。 Zenly(ゼンリー)のゴースト機能「フリーズ」「あいまい」の使い方──ブロックや削除、プライベートモードなどプライバシー管理もまとめて解説

ゼンリー裏技、ゴースト機能とは。位置情報アプリが今女子高生にあつい!

ゼンリー 裏機能

今女子高生の間で「ゼンリー」というアプリが流行っているそうです。 皆さんは「ゼンリー」というアプリを知ってますか? また、「ゼンリー」には裏技が存在するのだとか・・・ そんな今話題の「ゼンリー」について調べてみました。 ゼンリーとはこんなアプリ 子供が今どこにいるのかを簡単に見ることが出来るために開発されたスマートフォンアプリが zenly(ゼンリー)です。 今や小学生もスマホを持つ時代です。 友達と遊びに出かけたり、習い事に行ったりと親と離れて行動することが多いですよね。 そんな時にこの zenly(ゼンリー)が活躍します! 犯罪予防の観点と事故や災害での安否確認等を電話をせずに確認できちゃうそうです。 物騒な事件が多いですから、子供を持つ親からしたらとても安心するアプリですよね。 インストール済みスマートフォンで、互いの位置情報を把握することができます。 更に、友達を追加することで、複数人の居場所を確認できるのです。 家族で利用すれば、家族全員が居場所を確認することができますね^^ そんな zenly(ゼンリー)が今女子高生の間で流行っているそうです。 女子高生はこうやって使う!位置アプリ zenly(ゼンリー) このアプリの使い道としてはこちら。 カップルで浮気防止• 友達同士(フェスや旅行など)• 高齢の親のスマホで安否確認• スマートフォン紛失時 だそうです。 今の女子高生は、友達や彼氏との待ち合わせにこの zenly(ゼンリー)を利用するそうですよ。 人が多い場所や、駅での居場所がわかるため、待ち合わせがしやすいんだとか。 確かに、人が多い場所で友達とはぐれてしまったときに、このアプリを利用することで、位置が確認できるので合流しやすいですよね! また、連絡が取れない時やLINEが返ってこない時に、このアプリで位置を確認して、安否の確認をするそうです。 とても便利なアプリですが・・・なんだか監視されてるような気分にもなりそうですよね 笑 それがきっと、浮気防止につながってくるんですね! 笑 そんな便利な zenly(ゼンリー)には裏技が存在するんだとか! どんな裏技なんでしょうか。 zenly(ゼンリー)の裏技!ゴースト機能とは!? ゴーストと言うくらいですから、幽霊のようにアプリから追跡を逃れることができるそう。 「ちょっと今いる場所は知られたくないな」と思ったときには、 ゴースト機能を使うことで追跡から逃れましょう。 しかし、子供に教えてしまうと、どこにいるのかわからなくなってしまいますから、子供に利用させる時には注意が必要ですね。 更に 電池残量を確認できる機能もあるそう。 友達や彼氏との連絡が取れなくなってしまったときに、電池の残量を確認することで、「今電池がないから連絡が取れないんだな。 」と確認することができますね。 しかし、電話がつながらないときに「電池充電できてなくて」という言い訳はできなくなりますね 笑 zenly(ゼンリー)とても便利なアプリですよね。 子供を持つ親にはとても便利なアプリです^^ 女子高校生の間でも流行る理由もわかります!しかし、使い方によっては、トラブルが起きることもしばしばあるのだとか。。。

次の

『Zenly(ゼンリー)』 で友達追加する方法

ゼンリー 裏機能

以前、トレンドサーチャー内で ゼンリー というアプリについて記事にしました。 ゼンリーとは 位置情報アプリのことです。 ただの位置情報アプリではなく、様々な機能がついており、女子高校生を中心に便利!と話題となっています。 今回はゼンリーの家マークの付け方、ゴーストモードについてまとめてみました^^ ゼンリーでの家マークの付け方 そもそもゼンリーって何!?って思った方は、ゼンリーがどんなアプリなのかや使い方を下の記事にまとめてありますのでよかったら見てみてください。 ゼンリーは友達や、家族、恋人など、ゼンリーを利用している人達同士で、その人の居場所を特定すると事ができます。 利用していると、アイコン部分に家マークやパソコンマーク、飛行機マーク、時には遊園地マークなどが表示されることがあります。 こちらは、ゼンリーが位置情報を認識し、自動につけてくれるマークです。 そのため、 自分 で付けることはできません。 数日使用していると自動的に表示されるようになっていますが、相手のゼンリー内で自分のアイコンに表示されているか確認することはできません。 そのため、自分のアイコンに表示されているか心配な方は友達に確認してもらったり、スクリーンショットを送ってもらうなどして確認してくださいね。 主なマークについて紹介します。 ・家マーク 友達が家にいる時に表示されるマーク。 ゼンリーに登録して数日で表示されるようになります。 ・学校マーク 友達が学校にいる時に表示されるマーク。 ゼンリーと登録してから特定の学校に往復していると数日後に自動的に表示されます。 ・会社マーク 友達が会社(職場)にいる時に表示されるマークです。 学校マーク同様に、ゼンリーに登録してから数日間、特定の会社に往復しているとひょじされます。 ・炎マーク ゼンリーに登録している、複数の友達が同じ場所にいる時にされます。 上記以外にも、遊園地マークや飛行機マークなどが表示されることがあるようです。 ゴーストモード 機能 の上手な使い方 続いてゴーストモードについてです。 上記の記事でも紹介していますが、ゴースト機能と同様のもののようです。 ゴーストモードとは、あなたの位置情報を誰にどの範囲で伝えるかを選べるモードのことで、1人1人個別に設定することができます。 ゴーストモードには3種類あり、 正確度、あいまい(街)、フリーズ(非表示)となっています。 ・正確度 正確度をタップするとかなり詳細な位置が友達に表示されます。 誤差は数mの範囲です。 友達にはライブというアイコンが右上に表示されます。 ・あいまい(街) 以前は街という表示でしたが現在はあいまいとなっています。 あいまいをタップすると現在地より、200m~500mぐらいの位置が友達に表示されます。 正確な位置情報を常に知られたくない場合はあいまい(街)を選択しておくと良いと思います。 友達には シティーモードというアイコンが右上に表示されます。 ・フリーズ(非表示) 以前は非表示と表示され、現在はフリーズと表示されています。 こちらは、フリーズ機能を利用した場所がずっと表示されます。 フリーズ機能を利用した際に注意した方が良い事が、 友達に表示されなくなる訳ではありません。 また、友達の地図上では、 アイコンの上に〇時間前、〇日前、のようにフリーズ機能を利用した日からカウントされていきます。 そのため、利用する際は、特定されたくない場所から離れた場所や、こまめに利用する事をお勧めします。 最後に いかがでしたか? とても便利なアプリですが、使い方を間違えるとトラブルの原因になる可能性も・・・ あんまり監視し過ぎずに、楽しく利用してくださいね^^ 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

ケータイの電源を切っていてもGPSで追跡

ゼンリー 裏機能

中高齢者のスマホ事情 知っておきたい事前情報 〜便利編〜 スマホを使用している人も、これから購入検討段階の人も、興味のない人も「スマホってこういうもの」と 知っておいて損のない情報を簡単に紹介します。 まず、スマホは普通の携帯と違って パソコン機能が内蔵されている点が大きな違いです。 もちろん、普通の携帯でもネット通信ができますが、接続スピードは段違い。 また、ウェブサイトを見るときに携帯電話が「簡易ブラウザ」を使っているのに対して、スマホではパソコンと同じ画面である「フルプラウザ」が標準装備されていることで、 PCと同じようなインターネット操作ができるのが特徴です。 スマホでできることの中でも 多くの人が利用している機能を簡単にまとめてみました。 衛星を使って利用者の現在位置を示す。 メールよりも簡単にコミュニケーションがとれる点も評価されています。 他には、料理レシピのアプリや写メを簡単に加工できるアプリなど便利で無料のアプリが多種多様にそろっています。 さらに、 高齢者をターゲットにしたアプリもあります。 自治体が導入しているものも(三重県玉城町など)。 知っておきたい事前情報 〜危険編〜 便利な機能が多いスマホですが、その分 トラブルが多いのも事実。 ここでは、 注意したいスマホの落とし穴を紹介します。 人とのつながりをサポートするコミュニティ型のウェブサイト。 友人や知人間のコミュニケーションの場や、共通のテーマを通じて新たな人間関係を構築する場を提供する(会員制)。 無料と謳いながら、 高額なアクセス費用を要求したり、 勝手に登録され高額請求が届くなどの被害が増えています。 また、スマホを利用した商品購入にもトラブルが多いので、サイトの見極めが肝心です。 出会い系などに多い。 例えばフェイスブックでは生年月日、出身校、住んでいる地域などが登録できるようになっています。 それは「高校の同級生にフェイスブックを通して何十年ぶりかに再会できた」などの利点もある一方で、設定を一歩間違え全公開にすると、 世界中に自分の情報が漏れてしまうことにもなります。 フェイスブックで「明日から1週間旅行に行ってきます!」と気軽に書いたコメントを泥棒が見て、盗みにはいったなどの話しもありますから、ちょっとした発言も慎重に。 赤の他人に成りすまして、お金をだまし取ったり、恐喝したり…。 簡単に他人とつながり連絡がとれることを利用した犯罪です。 知らない人からの連絡は基本無視かブロックが必須です。 スマホからの振込や残高照会などわざわざ窓口にいかなくていい利便性がある一方で、簡単に登録ID&パスワードを盗まれる危険性も。 片手で操作が可能なガラケーと違い、スマホは両手を使用することからも危険度は高くなります。 このように、スマホを使用することで高まる危険もあります。 一番気をつけたいのは、個人情報の管理。 GPS機能もついているので、簡単に場所が特定できてしまうということを覚えておきましょう。 例えば、自宅でGPSをONのままフェイスブックに記事をアップして自宅の住所が漏れる、というのもよくある話しです。 便利な一方で、必ずそれに伴う危険性があることを理解しなければいけません。 スマホは良くも悪くも使う人次第! 今回挙げたスマホのメリット、デメリット。 最低限の知識を頭に入れて利用することで、スマホに対するイメージや意識は大きく変わるはずです。 もちろん、現在使用しておらず、検討段階であったり、購入するつもりはない、と思っている人も同様です。 自分が持っていなくても、周囲のご家族で持ってらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。 そういう時に予備知識があるのとないのとでは、大きく対応も変わってくるでしょう。 「スマホってよくわからない…」ではなく、 知っていることで、自分には必要、必要じゃないと見極めるのも大事です。 また、使うことで確実に便利になることもあるので、それを多いに活用できるかも結局は自分次第。 その裏にある危険や犯罪をよく理解したうえで、 生活をより豊かにする一つのツールとしてスマホを捉えてはいかがでしょうか。

次の