テキスト ファイル ウィザード。 テキスト ファイルのデータをインポートまたはリンクする

エクセルのテキストファイルウィザードでExcelに区切り指定してCSV等を貼り付け出来ない?デリミタ指定は?

テキスト ファイル ウィザード

CSV形式のデータをexcelに貼り付けたい時の話です。 CSV形式とは、コンマで区切られたデータのことで、例えば以下のようなもの。 1,2,3 4,5,6 これをクリップボードにコピーしてexcelに貼り付けると、下の図のような状態になります。 コンマを区切り文字として認識してくれず、「1,2,3」が文字列としてひとつのセルに入ってしまっている状態です。 これでは困りますので数字ごとに分けるのですが、そのときに使うのが「テキストファイルウィザード」やデータの「区切り位置」という機能です。 図で矢印があるのがそれで、どちらを使ってもデータを区切ることが可能です。 どちらでも同じダイアログが出るのですが、それの2枚目が下の図です。 ここで、区切り文字のカンマのところにチェックを付けると、無事に目的が達成されます。 一度だけの作業であればこれでいいのですが、問題は何回もこの操作を繰り返す場合です。 何度も何度もテキストファイルウィザードを出して、その度にカンマのチェックを入れて、という経験はないでしょうか? 面倒ですよね。 実はこれ、上手い解決法がありまして、それが「テキストファイルウィザード」とデータの「区切り位置」の違いに由来しています。 何が違うかと言いますと、前者はカンマのチェックを記憶してくれないのですが、後者だとしてくれる!ということです。 つまり、最初に一度「区切り位置」の方でカンマにチェックを入れれば、次からはカンマにチェックが入った状態がデフォルトになります。 そして、この設定は「テキストファイルウィザード」と共通です。 ですから、次に「1,2,3」のようにコンマで区切られたデータをペーストした場合、「テキストファイルウィザード」もデータの「区切り位置」も必要ありません。 excelが自動的に判断し、きちんとそれぞれのセルに数字を入れてくれます。 この効果は、ブックを閉じても持続しますが、excelを終了させると途切れてしまいます。 ですので、何回も同じ作業をしそうな場合はexcelを閉じずに残しておくといいかも知れません。 ちょっとしたことではありますが、こういう事の積み重ねが作業の効率にきいてきますので覚えておいて損はないでしょう。 ちなみに、1度や2度のことであればショットカットキーを使ってキーボードで作業する方が速く済みます。 「区切り位置」を使う場合は、 Alt A E N C F です。

次の

データ入力でラクをする(外部データの利用)

テキスト ファイル ウィザード

2019年5月2日 2020年5月28日 Excel以外のアプリケーションで作られたデータを取り込むことをインポートと呼び、 Webサイトなどから得られた外部のデータを効率的に利用することが出来ます。 この記事ではインポート方法を解説します。 Excelでは様々なファイルをインポート出来ますが 代表的なテキストファイルを例を紹介します。 なおカンマなど特定の文字で区切られている文字列を セルごとに分割する方法がExcelでは三つあります。 それぞれ下記の特徴があります。 定型化されていない業務に適切。 ただし数式が非常に複雑。 何度も分割を行う場合に適切。 他の方法は関連記事よりリンクする別の記事で紹介します。 「テキストファイルウィザード」を使用 インポートツールで失敗する場合やファイル保存されていない場合はこちらを使用します。 テキストファイルの内容を全てコピーし、Excelにペーストすると 貼り付けのオプションが表示されるためテキストファイルウィザードを選択します。 またブックを開くのと同じ方法でテキストファイルを開いても同様の状態になります。 ファイル形式などを確認し、「次へ」を押下します。 区切り文字の場合 元のデータの形式で「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」を 選択した場合の設定方法です。 CSVやTSVに使用します。 区切り文字をファイルのものに変更します。 基本的にそのままで問題ありません。 「連続した区切り文字は1文字として扱う」は CSVやTSVの場合、空白列があると列が狂うので基本的には設定しません。 次に列ごとにデータの形式を選択すれば完了です。 には変換されないため必要であれば別途設定する必要があります。 固定長の場合 元のデータの形式で「スペースによって右または左に 揃えられた固定長フィールドごとのデータ」を選択した場合の設定方法です。 固定長ファイルに使用します。 区切り位置の候補が表示されるため、初期状態で不具合があればマウス操作で調整します。 移行の手順は区切り文字の場合と同様です。 区切りに利用されていたスペースは全て自動削除されます。 関連記事 他の方法で区切り文字列の分割を行う 文字列関数.

次の

ブックにテキストファイルをインポートする:Excelの基本操作

テキスト ファイル ウィザード

データ入力でラクをする(外部データの利用) 2006年度経済情報処理 第6回 データ入力でラクをする(外部データの利用)• Excelで作業する際には、何らかの方法でデータを入力しなければならない• Excel形式でデータが用意されているなら別に問題はないが、Excel形式以外で提供されているデータは沢山ある• データ入力の大原則は「手間は掛けない、入力ミスは減らす」。 データを打ち込む作業自体には何の価値もない• コンピューターが読めるデータをいちいち印刷して手で再入力するのは人生の無駄遣い。 給料泥棒 6. 1 ファイル経由でデータを読む• Excelはかなりいろいろな形式のファイルをあつかうことができる。 具体的なリストは「ファイルを開く」の画面で「ファイルの種類」を展開して表示すればわかる• Excelが対応している形式のファイルであれば、あまり手間を掛けずにデータを読み込める 6. 52 テキストファイルとは、たとえばメモ帳などで作成したファイルである。 Excelに限らず、多くのソフトで読んだり編集したりできるので、特定のアプリケーションを相手としないデータ販売などではよく使われる。 テキストファイルにはそもそも決まった構造というものがないので、Excelのようにセル構造に流し込むためには若干細工が必要なこともある。 Excelがテキストファイルを読み込む際の基本は、• テキストファイルの1行(改行で区切られた)分が、Excelの行として入力される• 行の中を列に分解してセルに入力するには、決まった文字を区切りにして項目を分ける方法と、決まった長さで項目を分ける方法がある という2点。 上の図はスペースで項目間が着られているケースを示している。 以下では、まず区切り文字を使って項目を分ける方式を説明し、続いて一定の幅ごとに項目を切っていく方式を説明する。 区切り文字方式 この方式では、改行が Excelでの行を分けるために使われ、ユーザーが指定した区切り文字(タブ、空白、カンマなど)で項目間の区切りを表す。 この方式は多くのアプリケーションソフトで扱えることと、作るために特殊なアプリケーションソフトを必要としない。 そのため、様々な環境でコンピューターを使っている人同士がデータをやりとりする際にはよい選択肢である。 例題1. 区切り文字方式のデータを Excelに読み込んでみる データファイルは、 を用いるので、あらかじめ右ボタンクリックでダウンロードしておく。 Step 1. csv)」にする Step 2. ここでは、区切り文字で区切られたデータを読みたいので、上のラジオボタンをクリックしてから「次へ」をクリック。 「取り込み開始行」は、もとのファイルの何行目から読み込むかの設定。 1行目にしておけば、ファイルの先頭から読み込む Step. もし違っていた場合は「戻る」をクリックして Step 2からやり直し。 ここでは、スペースでセルが区切られているデータを使うので、「スペース」にチェックをいれて、「次へ」をクリック 区切り文字の種類 区切り文字として普通に使えるのは、4種類。 「その他」については、その他のチェックボックスをチェックしてから、右側の入力ボックスに区切りに使いたい文字を入力する。 タブ : キーボードの Tab キーを押すと入力される文字。 目には見えないが、タブストップと呼ばれる位置(どこにタブストップがあるかはアプリケーションや設定によって変わる)までカーソルが移動する• セミコロン : キーボードからは普通に入力でき、普通に目で見える。 カンマ : 普通のカンマ。 ピリオドとは間違えないように。 スペース : キーボードの スペースを押すと入力される文字。 目には見えない 連続した区切り文字は1文字としてあつかう スペースを区切りにしたときによく使われる。 このチェックボックスにチェックしていると、 ロータス 1 2 3 ロータス 1 2 3 が同じようにあつかわれる。 チェックしていない場合は1個のスペースが1つのセル区切りになるので、2行目は空きセルが途中に入って読み込まれる。 また、列のデータ形式が意図したものと同じかどうかも確認しておく。 特に 1-1のように日付として解釈されそうなデータが入っているときは、この画面できちんと形式を指定しておかないと後で面倒。 Step 5. できあがり 正しくデータが読み込めている。 ただし、この状態ではファイル名が開いた「sepchar. txt」のままになっているので、保存するときにファイル形式をExcel形式にすると後々便利。 練習問題1. 以下のテキストファイルを Excelに読み込んでみなさい• (区切り文字はタブ。 連続する区切り文字は1文字としては あつかわない)• (区切り文字はスペース。 連続する区切り文字は1文字として あつかう) 練習問題2 以下のテキストファイルを Excelに読み込んでみなさい• (区切り文字はスペース。 連続する区切り文字は1文字としてあつかわない)• (区切り文字はタブ。 連続する区切り文字は1文字としてあつかう) 固定幅方式 この方式では、改行が Excelでの行を分けるために使われ、項目間の区切りはデータ作成時にあらかじめ決められた幅でデータを読むことによって行う。 メインフレームコンピューター(いわゆる汎用機)を使ってデータを作っている際にはこのような形式になっていることが多い。 たとえば、役所の外郭団体が売る統計のデータなどはこの形式になっている場合が大部分である。 【固定幅方式データの例】 KITSUNE-FOODS 2000 435611111 TANUKI-BUSSAN 1450045560 1245 JUGEMU-JUGEMU-AGENCY 125661345633333 この形式の場合、データを自体を見たときに人間が分かるような区切り文字が入っているわけはなく、単に数字がずらずらと並んでいるだけである。 たとえば、上のデータ例でも数字の部分は見ても切れ目がよくわからない。 そのため、「何桁目から何桁はこのデータで、小数点は何桁目に入れる」といったデータが書いてある資料(レイアウトシート)を使って項目を切り分けていく必要がある。 区切り文字方式で使った「テキストファイルウィザード」には固定幅方式のファイルを読み込む機能もあるが、対話的に区切り位置を指定していくため1行に含まれる項目数が多い場合にはかなりの注意力が必要である。 【レイアウトシートの例】 項目番号 項目名 開始桁 桁数 データ型 備考 1 会社名 1 30 文字列 30字を超えた場合は切り捨てられている 2 2003年売上 31 5 数値 千円 3 2004年売上 36 5 数値 千円 4 2005年売上 41 5 数値 千円 例題2. 固定幅方式のデータテキストファイルウィザードで Excelに読み込んでみる データファイルは を用いるので、あらかじめ右ボタンクリックでダウンロードしておく。 Step 1. csv)」にする Step 2. 「フィールド」というのは、この場合は行に含まれる一つ一つの項目を意味する。 ちなみに、項目をフィールドと呼ぶ際には行は「レコード」と呼ぶ。 「取り込み開始行」は、もとのファイルの何行目から読み込むかの設定。 1行目にしておけば、ファイルの先頭から読み込む Step. もし違っていた場合は「戻る」をクリックして Step 2からやり直し。 Excelのテキストファイルウィザードで固定幅のデータを読み込むときに一番の難物がこの指定画面である。 「データのプレビュー」部分に一応区切り位置を表すルーラーが出ているものの、レイアウトシートに会わせて区切り位置を丁寧にクリックしていくのは根気と手先の正確さが必要な作業である。 固定幅形式のデータは往々にして1行に数百個のフィールドが入っていたりするので、それに耐えられない人はテキストファイルウィザードを使わない方がいい。 さらに良くないことは、ここで指定した区切り位置を記録しておく方法がないこと。 後で「データの読み込みが変だったのでは?」と思っても検証する方法がない。 また、列のデータ形式が意図したものと同じかどうかも確認しておく。 特に 1-1のように日付として解釈されそうなデータが入っているときは、この画面できちんと形式を指定しておかないと後で面倒。 Step 5. できあがり 正しくデータが読み込めている。 ただし、この状態ではファイル名が開いた「fixedwidth. txt」のままになっているので、保存するときにファイル形式をExcel形式にすると後々便利。 練習問題. 3 以下のレイアウトに従ってソニーの株価データを表すテキストファイル()を Excelに読み込みなさい 項目番号 項目名 開始桁 桁数 データ型 備考 1 年 1 4 数値 西暦年4桁 2 月 5 2 数値 1〜9月は01, 02... と表記 3 始値 7 5 数値 円 4 高値 12 5 数値 円 5 安値 17 5 数値 円 6 終値 22 5 数値 円 7 出来高 27 9 数値 円 練習問題 4 レイアウトに従って国勢調査による男女別年齢別都道府県人口テキストファイルをExcelに読み込みなさい• レイアウトファイル:• テキストファイル: , (male. txtは男性のデータ、female. txtは女性のデータ。 レイアウトは同じ) Tips. 2 CSVファイル• CSV(Comma Separated Values)とは、読んで字のごとく項目間を , で区切ったファイル形式• 文字列について "" で括ることで別扱いできる。 そのため、データ中に , を含むような文字列もあつかえる• 実際にどうあつかわれるかはアプリケーション次第 Excelは何も考えなくても CSVファイルを解釈して読み込むことができる。 それどころか標準では Excelをインストールすると拡張子が. csvのファイルは自動的に Excelで開くように結びつけられる 練習問題5. GDP需要項目別時系列表を読み込みなさい は内閣府経済総合研究所が公表している GDPの需要項目別時系列表である。 右ボタンクリックで一旦ファイルに保存してから、Excelに読み込んでみなさい。 3 Excelファイルその他• 何も考えなくても Excelが読み込んでくれる• Excelファイルを読み込む際は、マクロウィルスに注意する。 特に Webから持ってくる場合には必ずウィルスチェックすることを習慣にしよう• 役所がウィルス付の Excelファイルを Webでばらまいた事例もあるので、出所が怪しくないファイルだから安全と考える根拠はない• Webから Excelファイルを持ってくる際は、右ボタンクリックで一旦ファイルに保存し、必ずウィルスチェックをかけること 練習問題6. 総務省統計局の Webからデータを得る 総務省統計局 から「労働力調査」を開き、平成17年度平均 第1表を読み込みなさい。 2 クリップボード経由での貼付• Excelは Excel内部でのデータ貼り付けにクリップボードを使えるだけではなく、他のアプリケーションからもデータを貼り付けることができる• クリップボードにデータを入れるのはコピー元のアプリケーションの仕事なので、同じような操作をしても Excelに貼り付けた場合の結果が同じになるとは限らない 6. 1 Webページからの表データ貼り付け• おそらく、一番利用する機会が多そうな貼付• うまく表として貼付可能かどうかは、ブラウザ次第。 Internet Explorer 6や FireFoxではかなりうまくいく• 古いブラウザだとレイアウトが崩れてしまって駄目なことも多い 例題3. 練習問題3で使ったレイアウトの表を Excelに貼り付けてみる Step 1. 表の範囲をドラッグして選択する Step 2. Excelの中で貼り付けたい範囲の左上セルをアクティブセルにしてから、「貼付」を実行する うまくいけば、下のような感じで貼付できる。 Excelに貼ってから消すのは簡単だが、レイアウトが崩れてしまうと始末が悪い 練習問題 7• を Excelに取り込みなさい• 取り込んだリストを、執筆者名で並べ替えなさい 6. 3 Webクエリー(Web query)• Webで公開されているデータで、主として表(HTMLの TABLEタグ)を何回も読む時に便利な方法• 設定は若干面倒だが、一旦設定してしまえばデータの更新は遙かにラク。 自動更新もできる• データの権利関係には注意。 Webで公開されているからといって、データの利用目的に制限がない保証はない• 特に仕事で使う場合は権利関係に注意が必要• 当然のことながら、ネットワークにアクセスできない環境からは使えない 例題4. 現在の時刻を Webから Excelに取り込む ここで使うのは、現在の時刻を表示するだけのサンプルページ。 ページ URLは Step 1. 新規のブックを作成する Step 2. 「データ D 」-「外部データの取り込み」-「新しいWebクエリ」を選ぶ Step 3. 「新しい Web クエリ」という画面が開くので、「アドレス」欄に開きたいページに URLを入力する。 この場合は 入力したら、「移動」をクリックすると、以下のような画面が開く Step 4. Excelに取り込みたいデータの範囲を指定する 画面上にいくつかある の上にマウスを持って行くと、その で選択する範囲に太枠がついて下図のようになる。 必要な範囲が太枠で囲まれる が見つかったらクリックすると、チェックマークに変わり 選択された表が反転表示になる Step 5. 右下の「取り込み」をクリックする データを読み込むExcel上の場所を聞いてくるので、指定する。 下の例は現在選択されているシートの セルA1を左上とする範囲に読み込む指定 Step 6. 「OK」をクリックする Excelが自動的にネットワークにアクセスして、指定した位置にデータが読み込まれる Step 7. 読み込んだデータを手動で更新してみる()• 読み込んだデータが入っているセルをアクティブセルにする• ただし、自動的に何度も外部のデータにアクセスするようなシステムは、参照先のネットワークやサーバーに負荷をかけることになるので要注意。 相手によってはそのような利用方法を許可していない可能性もある。 練習問題 8• Webクエリ機能を使って、 を Excelに取り込みなさい• Yahoo! ファイナンスから、日経平均株価のデータを取り込む Webクエリを作成してみなさい• 日本経済新聞社(NIKKEI NET)から、円相場を取り込む Webクエリを作成してみなさい 6. 2 Webクエリーを使う場合の注意点• 画像になっている表は読み込めない• 文字の表であっても、表の作り方によっては読めない。 たとえば日経のマーケット情報は数字が入らない• 暴力反対.

次の