絵本 で めぐる 生命 の 旅。 【国立科学博物館】企画展「絵本でめぐる生命の旅」~≪2019年12月17日(火)から開催!≫~|文化庁のプレスリリース

【国立科学博物館】企画展「絵本でめぐる生命の旅」~≪2019年12月17日(火)から開催!≫~|文化庁のプレスリリース

絵本 で めぐる 生命 の 旅

企画展「絵本でめぐる生命の旅」ポスター 世代や国境を越えて多くの人に親しまれている絵本。 絵本には自然や科学を題材にしているものがたくさんあります。 本展は、これらの絵本を展示の中で活用することによって、いつもとは違う科博の楽しみ方や自然科学に興味をもつきっかけを提供できるのではないかと考え企画された、これまでにないユニークな展覧会です。 約38億年前に出現したとされる最初の生きものから現代まで、その進化がとぎれることなく続いてきたから私たちヒトやさまざまな生きものが地球上に存在します。 本展のみどころ 展示は、生命の進化をテーマとする絵本から選んだ場面をつないで構成され、魚類から私たちヒトへとつづく進化の歴史を、化石や剥製などの標本とともに、わかりやすく紹介します。 絵本の世界が展示室に広がり、標本とともに生命進化の歴史を楽しみながらたどれます。 私たちの遠い祖先から続く生命のつながりと、私たちの体のなかに残る進化を感じてみてください。 もっとくわしく、もっと広く知りたくなったら、企画展示室から常設展に足をのばしてください。 なつかしい絵本と再会したり、新しいお気に入りの絵本との出会いがあるかもしれません。 日本語以外の言語の絵本もご用意しています。 中生代の生態系進化の時空的分析をテーマに、個々の恐竜だけでなく、同じ生態系にいた他の動植物との関係などを、少しでも理解したいと努力を続けています。 子どもの時に好きだった絵本は『せいめいのれきし』です。 絵本をきっかけに、博物館や自然、科学を好きだという気持ちが世代や国境を越えて共有できたりするかもしれませんね。 開催概要 ディプロカウルス 所蔵:国立科学博物館 【会 場】国立科学博物館 日本館1階 企画展示室(東京都台東区上野公園7-20) 【開催期間】2019年12月17日(火)~2020年3月1日(日) 【開館時間】午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで) 【入 館 料】常設展示入館料のみでご覧いただけます。

次の

企画展「絵本でめぐる生命の旅」開催!

絵本 で めぐる 生命 の 旅

12月17日(火)より、東京・上野の国立科学博物館にて、地球を舞台にくり広げられてきた生命の進化を絵本でたどる企画展『絵本でめぐる生命の旅』が開催されている。 この展覧会は、自然や科学を題材としている絵本を通じて、約38億年前に出現したとされる最初の生きものから現代まで、進化の歴史を楽しみながらたどるものだ。 字が読めなかったり、言葉が理解できなかったりしても楽しめる絵本は、世代や国境を越えて多くの人に親しまれている。 そのような絵本を活用することにより、いつもとは違う科博の楽しみ方や、自然科学に興味をもつきっかけ提供する。 会場では、7つの絵本から選んだ場面をつないで、化石やはく製などの標本とともに展示を構成するほか、魚類からヒトへといたる約5億年間の生命進化の主なできごとをわかりやすく解説。 さらに、科博が行っている調査・研究や、関連する常設展示を紹介するコーナー、生命の進化や自然科学に関係する絵本を100冊以上集めた読書コーナーなども用意されている。 『絵本でめぐる生命の旅』は、2019年12月17日(火)~2020年3月1日(日)まで、国立科学博物館(台東区上野公園7-20 JR「上野駅」徒歩5分)にて開催。 開館時間は9:00~17:00(金・土は20:00まで)。 休館日は月曜(月曜が祝日の場合は火曜)、および12月28日 土 ~1月1日 水・祝 、2月17日 月 は開館。 入館料は一般630円。

次の

【国立科学博物館】企画展「絵本でめぐる生命の旅」12月17日(火)から開催!

絵本 で めぐる 生命 の 旅

最前線の「科学」を親しみやすく面白く紹介することで定評のある国立科学博物館(科博)。 その中でも子どもに大人気なのが「親と子のたんけんひろば コンパス」だ。 恐竜、ホッキョクグマといった標本、遊具や絵本に囲まれ、子どもにとってはまるで夢の国のよう。 そんなコンパスで、国立国会図書館国際子ども図書館が「おはなし会」を開催。 科博の企画展をきっかけに生まれたこのイベントは、子どもたちの心をギュッとつかんだようだ。 両館はそれぞれ、絵本を切り口に、子どもたちの想像力を育む活動に力を入れてきた。 国際子ども図書館は、夏休みを除く毎週土曜日に、ストーリーテリング(昔話などを覚えて、本を見ずに語ること)や読み聞かせを行う「おはなし会」を開催。 一方、科博のコンパスも「絵本を持って博物館をまわってみよう」をコンセプトに「えほんmeets博物館」というプログラムを展開している。 そんな両館が初めてタッグを組んだのが、今回のおはなし会だ。 きっかけは、科博の企画展「絵本でめぐる生命の旅」(2019年12月〜2020年2月に開催)だった。 科博のコンパスは、4〜6歳の未就学児とその保護者を対象にした展示室。 遊びの中に親子のコミュニケーションを促すしかけが詰まっている。 内覧会で展示を目の当たりにして、その素晴らしさに感動したという。 今回のイベントを企画した国際子ども図書館の福井千衣さん。 「恐竜をはじめとする標本がいくつも展示されていて、入り口にはダーウィンが乗った船『ビーグル号』をイメージした絵本コーナーが設えてあったんですよね。 それを見た瞬間に、ここで読み聞かせをしたら子どもたちがきっと喜ぶはず!と思って、科博さんに思い切って打診をしてみたんです。 そうしたら、『ビーグル号』は狭いのでコンパスにしませんか?というお返事をいただいて。 コンパスの素晴らしさはよく知っていましたが、まさかそこでおはなし会を開くことができるなんて……。 科博さんのご協力に感謝しています」 読み聞かせをする国際子ども図書館の福島清裕さん。 後ろに座った子どもたちにも絵本の絵が見やすいように、国際子ども図書館から大型絵本を持参した。 そうして開かれた「子どものためのおはなし会 in コンパス」。 平日ということもあって「どのくらいの人が参加してくれるか、始まるまでドキドキでした」という福井さんだったが、開始時間が近づくにつれて子どもたちが続々と会場に集まり、企画展「絵本でめぐる生命の旅」監修者の真鍋さんも駆けつけた。 「このしっぽの動物は何?」という問いかけに、我先に動物名を連呼するなど子どもたちは大盛り上がり! また、恐竜の標本を目当てにコンパスを訪れる子どもが多いようで、恐竜の骨をテーマにした『ほね、ほね、きょうりゅうのほね』のページを食い入るように見つめる様子が印象的だった。 科博の企画展「絵本でめぐる生命の旅」にちなんだ3冊を読み聞かせ。 会場には企画展「絵本でめぐる生命の旅」で紹介されていた絵本も。 「初めての会場だったので少し緊張しました。 でも、科博のコンパス担当の方が打ち合わせのときから積極的に関与してくださり、おはなし会をコンパスのプログラムの中にうまく取り込んでくださったので、とてもスムーズに準備を進めることができました。 子どもたちも最後まで楽しんでくれたようで、安堵しました。 Other Article.

次の