当麻町。 ココペリ

当麻町「当麻グリーンライフ」。有機農業のパイオニアが作る「ゆめぴりか&三升漬」。

当麻町

私たちの身の回りには、多くの革製品があります。 バッグ、靴、衣類、財布、ベルトなど、みなさん、革製品をいくつか持っているのではないでしょうか。 こういった革製品は、比較的長い期間使用されることが多いと思います。 布製品であるシャツやコートなどの場合には、古くなってくると見た目が悪くなって買い直しとなりますが、革製品の場合は、傷やしわといった使用感がいい感じになってきますからね。 エイジングによって、革にツヤが出てくるのも魅力の1つですね。 きちんとメンテナンスしていればずっと使い続けることができるのも、革製品の大きな特徴だと思います。 思い入れのあるものや、一生モノとして愛用しているものも、多く存在していることでしょう。 革製品を長い間使っていると、汚れが溜まってきます。 ブラッシングしたりレザーオイルを塗ったりすることで表面のメンテナンスは可能ですが、染み込んだ汚れは洗わないと取れません。 自分で革製品を洗うのはかなり難しく、専門のクリーニング業者に依頼することになります。 街中のクリーニングショップで「革製品も対応します」と言っているところがありますが、ちょっと待ってください。 革製品のクリーニングは、布製品のクリーニングとは違った技術が必要になることでしょう。 依頼するクリーニングショップを安易に決めて、大切な革製品が痛んでしまっては意味がありません。 本サイトでは、 革製品のクリーニングを依頼するとき、どういう点に注意して店を選んだらいいかまとめてみました。 また、お勧めできる店も紹介していますので、よろしければ参考にしてください。 革製品のクリーニングは必要か? 本サイトを見ていただいているということは、革製品のクリーニングについて、情報収集されていることかと思います。 クリーニングショップの選び方の説明の前に、 そもそも革製品のクリーニングが必要であるかどうか、考えてみましょう。 革製品は、ブラッシングしたりレザーオイルを塗ったりするだけでも、日々のメンテナンスとしては十分な場合もあります。 これらのメンテナンスだと落とせないような汚れがある場合に、クリーニングを検討することになります。 染み込んだ汗や皮脂を綺麗にしたい場合や、食べ物や油分をこぼしてしまい染み込んで取れなくなったものを綺麗にしたい場合などには、クリーニングが有効です。 クリーニングに出すと、ある程度ダメージを受けることは避けられません。 なるべくならクリーニングには出さずに普段のメンテナンスで綺麗な状態を維持し、どうしても必要な場合にクリーニングに出すようにすれば、革製品を長持ちさせることができます。 もう1つ、別の視点で考えてみます。 革製品を長い間使っていて、全体的に傷や汚れが目立つようになっている場合もあるかと思います。 レザーオイルを塗りこんでも、傷や汚れが消えないような場合ですね。 この後説明しますが、革製品のクリーニングでは、単に汚れ落としのために洗浄するだけでなく、傷や破れを直したり、革素材の風味を整えるなど、 リペア(修復)を含めて依頼することが効果的です。 技術をもった業者に依頼すると見違えるほど綺麗になって戻ってくるので、 リフレッシュ目的でクリーニングに出すことも有効です。 以上のように、革製品をクリーニングに出す前には、 どのようなところを綺麗にしようとしているのかをよく考え、必要な場合に依頼するようにするのがいいと思います。 上川郡当麻町で近所にあるクリーニングショップは、どうなのか? 革製品に限らず、クリーニングを出そうとしたとき、近所で探すことが多いと思います。 わざわざ遠くに持っていくのは大変なので、近所で済ませたいですよね。 最近のクリーニングショップは、革製品も受け付けているところが増えてきています。 シャツやコートをクリーニングに出すついでに、バッグや靴も出してみようと考えるときがあるかと思います。 そのクリーニングショップ、 安心して革製品のクリーニングを依頼できますでしょうか? 一般的に、クリーニングというとシャツやコートなどの布製品が大部分となっていることでしょう。 革製品に対応したクリーニングショップが増えてきているとはいえ、布製品と比べると革製品のクリーニングが依頼される数は少ないです。 おそらく、布製品のクリーニングがメインであって、革製品はおまけ程度。 そのような状況で、きちんとした設備投資をして優れた技術を持っているとは思えません。 革製品のクリーニングについて熟知した職人が対応していて最適な方法で洗ってくれればいいのですが、残念ながらそこまでは期待できないと思います。 大切な革製品が大きなダメージを受けた状態で戻ってくるとショックなので、クリーニングを依頼する店は、慎重に選びたいです。 上川郡当麻町で近所にあるリペア(修復)ショップは、どうなのか? ホームセンターや駅前などで、合鍵作成や靴底修理を受け付けている店がありますよね。 そのような店では、革製品のリペア(修復)も受け付けている場合があります。 このような店は、あくまでもリペア(修復)が対象となります。 傷や破れを直したいといった場合には、適していると思います。 大抵、その店に職人がいて修理機材もそろっているので、安心して依頼することができると思います。 しかし、リペア(修復)であって、洗浄ではありません。 汚れ落としや全体のリフレッシュのために革製品の洗浄を依頼したい場合、革製品を洗える店、すなわち クリーニングショップ以外には選択肢がありません。 上川郡当麻町でお勧めできる革製品のクリーニングショップ では、革製品を洗ってもらいたいとき、どのようなクリーニングショップを選べばいいのでしょうか? 理想は、 革製品のみ扱っている専門のクリーニングショップです。 そのようなクリーニングショップが近所にある場合には、迷わず選んだ方がいいと思います。 しかし、このようなクリーニングショップは見たことがありません。 もし革製品のみの取り扱いだと、依頼数は少数となり、とても経営していくことができる状況ではなくなってしまうことでしょう。 そのため、上記で説明したように、いちおう革製品も取り扱っているといった程度のものとなってしまいます。 実店舗だけではなく、 ネット受付の店まで選択肢を広げると、革製品を専門に扱っているクリーニングサービスがいくつか見つかります。 ネット受付の場合は対象が全国なので、依頼数も多くなり経営しやすくなるんでしょうね。 ネット受付で革製品のクリーニングを取り扱っているクリーニングサービスをいくつか比較してみたところ、が好印象でした。 このサービスが優れていると感じた点について、このあと説明していきます。 RINAVIS(リナビス)の優れている点 革製品のクリーニングをネット受付で取り扱っているサービスをいくつか比較し、RINAVIS(リナビス)が好印象であったポイントは、次のようになります。 優れたクリーニング技術を持っている RINAVIS(リナビス)は、もともと布製品のクリーニングから始まったクリーニングサービスで、 創業60年の老舗です。 ホームページを見ていただくと分かりますが、技術と実績が半端なくあります。 布製品のクリーニングで培った技術をベースに、革製品のクリーニングを研究して確立させていますね。 布製品でも革製品でも、素材によって洗い方や乾燥方法が異なってくるみたいです。 どのような洗剤で洗い、どのような温度・湿度で乾燥させるのがいいかなど、私たち素人では想像できないくらい細かな管理をしているのには、驚きました。 おそらく、何度も失敗を繰り返しながら、膨大な量の経験によって得たノウハウなのでしょう。 クリーニングチェーン店では真似できないような技術力を感じることができ、このような店であったら安心して依頼することができます。 リペア(修復)技術も信頼できる クリーニングショップなのだから、ある意味洗うことは専門。 革製品といえども、適切に洗うことができて当然といった考え方もありますよね。 RINAVIS(リナビス)が優れていると感じたのは、洗浄技術だけではなく、 リペア(修復)技術も優れているからです。 こちらも詳細はホームページを見ていただくと分かりますが、洗いと乾燥の後、修復、色入れ、仕上げといった工程をすべて手作業で実施しています。 傷や破れを修復し、色あせたところを染色し、素材本来の風味を生かすように仕上げる、といった工程で対応しています。 クリーニングではなくリペア(修復)サービスとしても、十分やっていけるだけの内容となっていると思います。 「綺麗に洗浄し、傷んでいるところを補修して素材に合わせて仕上げる」といった一連の作業を、すべて安心して依頼することができる訳です。 また、別途有料とはなっていますが、金具やファスナーなどが劣化・破損している場合に、パーツ交換といった作業もできるとのことです。 ここまでくると、 クリーニングの域を超えていますね。 自宅から一歩も出ることなく、24時間クリーニングを注文できる RINAVIS(リナビス)は、日本全国どこからでも、24時間いつでもネットで革製品のクリーニングが注文できます。 革製品のクリーニングを注文できる店が近所にない場合や、昼間は仕事で持っていけない場合など、実店舗を使うときのような制約がありません。 利用方法はこのあと説明しますが、ネットで注文して集荷キットを届けてもらい、集荷パックに詰めてヤマト運輸に依頼するだけです。 面倒な手続きは一切なく、いつでも簡単に利用できます。 多くの革製品、革素材のクリーニングを依頼できる RINAVIS(リナビス)は、 多くの革製品、革素材のクリーニングを依頼できます。 依頼内容によっては困難であったり別料金であったりする場合も考えらえるので、不明な場合には電話やメールで問い合わせると、できる・できないを正確に教えてもらえます。 対応している革製品 バッグ、革靴、ブーツ、スニーカー、革ジャン、毛皮、財布、小物 対応している革素材 皮革製品、ムートン、スウェード製品、キャンバス生地、ナイロン生地、エナメル、オーストリッチ、フランス製希少品、クロコ製品、爬虫類等 高級ブランド品のクリーニングを依頼できる 革製品のクリーニングショップで、「高級ブランド品は受付できない」ということはよくあります。 まあ、クリーニングショップ側の立場で見ると、気持ちは分かります。 ウン十万円もするような高級品のクリーニングを受け付けて、仕上が悪いとクレームがついて賠償責任を問われたりすると、損害が大きいですからね。 RINAVIS(リナビス)は、高級ブランド品の受付が可能です。 対応可能なブランドリストはホームページに記載されていますが、ルイヴィトン、プラダ、シャネル、グッチ、エルメスなど、著名なブランドはすべて受付可となっています。 ここまでくると、本物ですね。 絶対に失敗しないという自信とプライドがないと、このような受入れはできないと思います。 高級ブランド品であっても安価なものであっても、それが大切にしているものであることには変わりありません。 どのような革製品でも、安心して依頼できます。 クリーニング不可と表示されているものでも洗える 革ジャンなどで、洗濯表示にクリーニング不可と表示されているものは少なくありません。 靴やバッグなどになると、そもそも洗濯表示なんてなく、洗うことを前提に作られたものなんて無いかもしれません。 通常、クリーニングショップでは、洗濯表示に従って対応します。 そのため、クリーニング不可となっているものや、洗濯表示が付いていないものは、受け付けてもらえないことが多いです。 洗濯表示は、製造元が「このような洗い方だったら大丈夫」といった基準を示しているものです。 そのため、洗濯表示が付いていると、クリーニングショップはある程度安心して取り扱うことができるはずです。 クリーニング不可となっていたり選択表示がない場合、洗い方はすべてクリーニングショップで判断することになります。 全国対応のネット受付型クリーニングサービスがベスト 以上のように、全国からネット受付するという特性を生かして、優れた品質のクリーニングが提供されています。 今まで近所でクリーニングショップを選んでいたような人も、 ネット受付のクリーニングサービスを使ってみてはいかがでしょうか。 実店舗を使ってきた人は、実際にクリーニングショップの人と話ができないと不安な場合もあるでしょう。 RINAVIS(リナビス)では、クリーニングを依頼する前の相談など、電話やメールでの問い合わせが無料でできます。 メールでは画像データを送って相談することもできるので、実店舗で店員と話すのとほぼ近い状態で相談できます。 注文するにあたり不安や不明点があった場合には、相談してみるといいかと思います。 本サイトでは、お勧めのクリーニングサービスとしてRINAVIS(リナビス)を紹介していますが、他にいくつか同じようなサービスが存在しています。 他のサービスを比較検討する場合には、上記で説明したような視点で、各サービスを確認してみてください。 きっと、信頼できるクリーニングサービスが見つかると思います。 上川郡当麻町でRINAVIS(リナビス)を利用するには? 上川郡当麻町に住んでいて、RINAVIS(リナビス)に革製品のクリーニングを依頼するのは、とても簡単です。 ちょっと工夫することでより確実なものとなりますので、ポイントを説明します。 不明点をしっかりと相談 シャツやコートのクリーニングとは異なり、革製品をクリーニングに出すときには、1点ずつ依頼したい内容が違ってくるかと思います。 「このように仕上げることができるか?」とか、 不明点を事前にしっかりと相談しておきましょう。 そうすることで、出来上がってきたときに考えていたイメージと違うということにはならないと思います。 クリーニングの注文 RINAVIS(リナビス)のホームページから、革製品のクリーニングを注文します。 注文は、次の4種類から選ぶことになります。 皮革・ブランド品のバッグ• 皮革・ブランド品の靴• 皮革・ブランド品の衣類• 皮革・ブランド品の財布(小物) それぞれ、クリーニング、キズや擦れの修復、色補正、仕上げまでがセットとなっています。 注文時に、料金をクレジットカードで支払います。 集荷バッグに詰めて発送 注文すると、集荷キットが届きます。 クリーニングを依頼する革製品を集荷バッグに詰めて、同封されている着払伝票を使い、ヤマト運輸で発送します。 仕事などで日中の発送ができない場合には、ヤマト運輸が提携している、コンビニに持ち込みましょう。 その場合、 24時間いつでも発送が可能です。 クリーニング完了後の受取 クリーニングの完了後、宅急便で配達されます。 革製品のクリーニングは、おおよそ1ヶ月程度の納期となっています。 素材や大きさによって1ヶ月以上かかる場合もあるとのことなので、 時間に余裕を持って依頼しましょう。

次の

【当麻町営球場】アクセス・営業時間・料金情報

当麻町

当麻町「有限会社当麻グリーンライフ」。 有機農業のパイオニアが作る「ゆめぴりか&三升漬」。 ショッピング 旨い!北海道 こんにちは!ウェイクアップ北海道です。 2019年11月14日。 旭川空港から始まった道北の旅の初日。 2019年9月5日に池袋サンシャインシティで開催された「食の大商談会 インフォメーションバザール」会場にてご挨拶させていただいたご縁で、有限会社当麻グリーンライフにお邪魔します。 当麻駅に隣接。 有限会社当麻グリーンライフを訪問 到着したのはJR北海道石北(せきほく)本線「当麻駅」。 有限会社当麻グリーンライフは、当麻駅舎内に事務所と直営販売所を構える有機農業を中心とした農業生産法人です。 創業は1990年で30年の歴史があり、2000年には「有機JAS生産工程管理事業所」の認定を、続いて2004年には、農産物加工施設が「有機JAS認定工場」として認証を受けている有機農業の老舗です。 有機JAS規格認証について「俄か勉強」をしてみました 農薬や化学肥料を使用せずに栽培する「有機栽培」は、有機JAS規格が認証されてはじめて、育てた農作物に、上記の「有機JASマーク」を貼ることができます。 そして「有機JASマーク」 がない農作物や加工品には「有機」「オーガニック」などの表示を行うことはできません。 この有機JAS規格認証は、第三者である登録認証機関によって厳しく検査されるもので、消費者にとって信頼度の高い制度になっています。 ただし、この有機JAS規格の認定を受けるには、生産者や事業者が、越えなければならない高いハードルが幾つもあります。 この厳密な有機JAS規格認証を、いち早く取得している有限会社当麻グリーンライフは、有機栽培の信頼のブランドといえるのではないでしょうか。 プロジェクトマネージャーの高橋伸行さんにお話を伺います 有機農産物の生産から加工、販売を行っている上川郡当麻町の「有限会社当麻グリーンライフ」で、プロジェクトマネージャー 高橋伸行さんにお話を伺います。 主な農産物は、お米とトマト。 他に、ほうれん草などの葉物野菜からかぼちゃ・じゃがいもなどの露地野菜など、そのすべてを自社の有機ほ場で栽培しています。 有限会社当麻グリーンライフでは、自社ほ場で栽培された自慢の有機野菜・有機米から自社工場で安全・安心な加工食品の製造も行っています。 夏期は、トマトジュース、冬期は自社の有機米を発酵させて麹を製造し、その麹を白米と合わせて、天然の甘酒や三升漬(さんしょうづけ)、塩麹やお味噌まで造っています。 有限会社当麻グリーンライフの商品ご紹介 高橋伸行さんがミーティングルームに隣接する直営販売所から、自社の加工品をお持ちいただき、一つひとつ丁寧にご紹介してくださいました。 マイロックという品種を煮込んで濃厚な飲み口に仕上げた酸味が強めのトマトジュース(上の写真右)。 からみつくような旨みが特徴のシシリアンルージュを原料としたトマトジュース(上の写真左)。 このジュースは、都内某ホテルのバイヤーさんから「ぜひ採用したい。 」と直々にご連絡をいただき、提供されている商品です。 北海道米と麹だけで作った天然の米麹甘酒(上の写真右)。 シシリアンルージュのトマトジュースと米麹甘酒を合わせた雪ん子トマト(上の写真左)。 有機黒大豆と米麹、天然塩だけで作った当麻の有機みそ(右)。 北海道民のソウルフード!三升漬(左)。 その名前の通り、南蛮一升・米麹一升・醤油一升を合わせた漬物です。 (南蛮は、青とうがらしのことです。 ) ごはんや冷ややっこに乗せるのは当たり前。 隠し味スパイスとしてカレーに入れてもよし。 マスタード代わりにパンに合わせるもよし。 中でも納豆に合わせて食べのがお勧めとのこと。 三升漬を切らした日は納豆は食べないほど、有機三升漬にはまっていると、熱く語ってくださいました。 ムッシュ瀬川の「食べたくなる味」シリーズ。 野菜のエスカベッシュ(上の写真右)。 玉ねぎと人参とレモンの酢漬け。 揚げ物や魚のムニエルによく合いますが、そのまま食べても絶品。 レモンの甘味が感じられるさっぱりとした酸味の漬け汁は、最後まで全部いただきたくなる味わいです。 フレンチソースのドレッシング(上の写真左) 既存のドレッシングでもソースでもない、新感覚の調味料。 えびフライや鮭のムニエルなど、普段のお料理がシェフの味にグレードアップします。 「雪ん子トマト」を試飲させていただきました ご紹介した商品の中から、雪ん子トマトを試飲させていただきました。 雪ん子トマトは前述の通り、シシリアンルージュのトマトジュースと米麹甘酒を合わせた商品です。 トマトジュースも甘酒も、健康のために毎日両方を召し上がるという方も多くいらっしゃいます。 それを合わせて、飲みやすい味に調えたのが「雪ん子トマト」です。 商談会などで試飲をお勧めすると最初は、ちょっと怪訝な表情をされるそうですが、その味を確認すると笑顔になって「案外いけるね。 」という反応に変わるそうです。 試飲したタオモトの感想は「甘くておいしいトマトジュース」でした。 「程よい甘さで、さっぱりとした飲みやすさ。 」という感想も付け加えておきます。 有機農業は、農業の未来をつくる ここ数年で、有機野菜やオーガニックを取り巻く環境は大きく変わってきていると感じている高橋伸行さん。 時代が有機野菜を求めているという事実に、自分たちの挑戦してきたことが間違いではなかったという自信を深めています。 世代を超え、継続・継承できうる農業を有機農業と位置づけ、有機野菜や加工品を価値に見合う価格で販売することを目標に事業を推進しています。 高橋伸行さん。 スケジュールをご調整いただきお時間頂戴し、誠にありがとうございました。 北海道の季節の変わり目に遭遇 この日の東京は晴れ。 私が北海道に降り立った今日から北海道の天気は大荒れ。。。 今シーズン初の積雪になると、数日前から天気予報が伝えていました。 有限会社当麻グリーンライフに到着した午前10時ごろから、店頭ののぼり旗をなぎ倒すような強風が吹き始め、天気は急速に下り坂の様子です。 高橋伸行さんご自身もこの後、札幌まで商談会に行かれるのですが、これから雄武町まで行くという私たちのことを心配してくださいます。 (高橋さん)「車はどれですか?」 (タオモト)「レンタカーのマーチです。 」 (高橋さん)「。。。 大丈夫ですか?」 (タオモト)「たぶん。。。 」 さて、この後どんな珍道中になることやら、お楽しみに。 当麻町 有限会社当麻グリーンライフのご紹介 【住所】北海道上川郡当麻町4条東3丁目6番1号 JR当麻駅舎内 【電話】0166-84-2044【 FAX】0166-84-5117 【定休日】年中無休(お正月7日間・お盆2日間を除く) 【営業時間】午前8時30分から午後5時30分.

次の

当麻町「当麻グリーンライフ」。有機農業のパイオニアが作る「ゆめぴりか&三升漬」。

当麻町

私たちの身の回りには、多くの革製品があります。 バッグ、靴、衣類、財布、ベルトなど、みなさん、革製品をいくつか持っているのではないでしょうか。 こういった革製品は、比較的長い期間使用されることが多いと思います。 布製品であるシャツやコートなどの場合には、古くなってくると見た目が悪くなって買い直しとなりますが、革製品の場合は、傷やしわといった使用感がいい感じになってきますからね。 エイジングによって、革にツヤが出てくるのも魅力の1つですね。 きちんとメンテナンスしていればずっと使い続けることができるのも、革製品の大きな特徴だと思います。 思い入れのあるものや、一生モノとして愛用しているものも、多く存在していることでしょう。 革製品を長い間使っていると、汚れが溜まってきます。 ブラッシングしたりレザーオイルを塗ったりすることで表面のメンテナンスは可能ですが、染み込んだ汚れは洗わないと取れません。 自分で革製品を洗うのはかなり難しく、専門のクリーニング業者に依頼することになります。 街中のクリーニングショップで「革製品も対応します」と言っているところがありますが、ちょっと待ってください。 革製品のクリーニングは、布製品のクリーニングとは違った技術が必要になることでしょう。 依頼するクリーニングショップを安易に決めて、大切な革製品が痛んでしまっては意味がありません。 本サイトでは、 革製品のクリーニングを依頼するとき、どういう点に注意して店を選んだらいいかまとめてみました。 また、お勧めできる店も紹介していますので、よろしければ参考にしてください。 革製品のクリーニングは必要か? 本サイトを見ていただいているということは、革製品のクリーニングについて、情報収集されていることかと思います。 クリーニングショップの選び方の説明の前に、 そもそも革製品のクリーニングが必要であるかどうか、考えてみましょう。 革製品は、ブラッシングしたりレザーオイルを塗ったりするだけでも、日々のメンテナンスとしては十分な場合もあります。 これらのメンテナンスだと落とせないような汚れがある場合に、クリーニングを検討することになります。 染み込んだ汗や皮脂を綺麗にしたい場合や、食べ物や油分をこぼしてしまい染み込んで取れなくなったものを綺麗にしたい場合などには、クリーニングが有効です。 クリーニングに出すと、ある程度ダメージを受けることは避けられません。 なるべくならクリーニングには出さずに普段のメンテナンスで綺麗な状態を維持し、どうしても必要な場合にクリーニングに出すようにすれば、革製品を長持ちさせることができます。 もう1つ、別の視点で考えてみます。 革製品を長い間使っていて、全体的に傷や汚れが目立つようになっている場合もあるかと思います。 レザーオイルを塗りこんでも、傷や汚れが消えないような場合ですね。 この後説明しますが、革製品のクリーニングでは、単に汚れ落としのために洗浄するだけでなく、傷や破れを直したり、革素材の風味を整えるなど、 リペア(修復)を含めて依頼することが効果的です。 技術をもった業者に依頼すると見違えるほど綺麗になって戻ってくるので、 リフレッシュ目的でクリーニングに出すことも有効です。 以上のように、革製品をクリーニングに出す前には、 どのようなところを綺麗にしようとしているのかをよく考え、必要な場合に依頼するようにするのがいいと思います。 上川郡当麻町で近所にあるクリーニングショップは、どうなのか? 革製品に限らず、クリーニングを出そうとしたとき、近所で探すことが多いと思います。 わざわざ遠くに持っていくのは大変なので、近所で済ませたいですよね。 最近のクリーニングショップは、革製品も受け付けているところが増えてきています。 シャツやコートをクリーニングに出すついでに、バッグや靴も出してみようと考えるときがあるかと思います。 そのクリーニングショップ、 安心して革製品のクリーニングを依頼できますでしょうか? 一般的に、クリーニングというとシャツやコートなどの布製品が大部分となっていることでしょう。 革製品に対応したクリーニングショップが増えてきているとはいえ、布製品と比べると革製品のクリーニングが依頼される数は少ないです。 おそらく、布製品のクリーニングがメインであって、革製品はおまけ程度。 そのような状況で、きちんとした設備投資をして優れた技術を持っているとは思えません。 革製品のクリーニングについて熟知した職人が対応していて最適な方法で洗ってくれればいいのですが、残念ながらそこまでは期待できないと思います。 大切な革製品が大きなダメージを受けた状態で戻ってくるとショックなので、クリーニングを依頼する店は、慎重に選びたいです。 上川郡当麻町で近所にあるリペア(修復)ショップは、どうなのか? ホームセンターや駅前などで、合鍵作成や靴底修理を受け付けている店がありますよね。 そのような店では、革製品のリペア(修復)も受け付けている場合があります。 このような店は、あくまでもリペア(修復)が対象となります。 傷や破れを直したいといった場合には、適していると思います。 大抵、その店に職人がいて修理機材もそろっているので、安心して依頼することができると思います。 しかし、リペア(修復)であって、洗浄ではありません。 汚れ落としや全体のリフレッシュのために革製品の洗浄を依頼したい場合、革製品を洗える店、すなわち クリーニングショップ以外には選択肢がありません。 上川郡当麻町でお勧めできる革製品のクリーニングショップ では、革製品を洗ってもらいたいとき、どのようなクリーニングショップを選べばいいのでしょうか? 理想は、 革製品のみ扱っている専門のクリーニングショップです。 そのようなクリーニングショップが近所にある場合には、迷わず選んだ方がいいと思います。 しかし、このようなクリーニングショップは見たことがありません。 もし革製品のみの取り扱いだと、依頼数は少数となり、とても経営していくことができる状況ではなくなってしまうことでしょう。 そのため、上記で説明したように、いちおう革製品も取り扱っているといった程度のものとなってしまいます。 実店舗だけではなく、 ネット受付の店まで選択肢を広げると、革製品を専門に扱っているクリーニングサービスがいくつか見つかります。 ネット受付の場合は対象が全国なので、依頼数も多くなり経営しやすくなるんでしょうね。 ネット受付で革製品のクリーニングを取り扱っているクリーニングサービスをいくつか比較してみたところ、が好印象でした。 このサービスが優れていると感じた点について、このあと説明していきます。 RINAVIS(リナビス)の優れている点 革製品のクリーニングをネット受付で取り扱っているサービスをいくつか比較し、RINAVIS(リナビス)が好印象であったポイントは、次のようになります。 優れたクリーニング技術を持っている RINAVIS(リナビス)は、もともと布製品のクリーニングから始まったクリーニングサービスで、 創業60年の老舗です。 ホームページを見ていただくと分かりますが、技術と実績が半端なくあります。 布製品のクリーニングで培った技術をベースに、革製品のクリーニングを研究して確立させていますね。 布製品でも革製品でも、素材によって洗い方や乾燥方法が異なってくるみたいです。 どのような洗剤で洗い、どのような温度・湿度で乾燥させるのがいいかなど、私たち素人では想像できないくらい細かな管理をしているのには、驚きました。 おそらく、何度も失敗を繰り返しながら、膨大な量の経験によって得たノウハウなのでしょう。 クリーニングチェーン店では真似できないような技術力を感じることができ、このような店であったら安心して依頼することができます。 リペア(修復)技術も信頼できる クリーニングショップなのだから、ある意味洗うことは専門。 革製品といえども、適切に洗うことができて当然といった考え方もありますよね。 RINAVIS(リナビス)が優れていると感じたのは、洗浄技術だけではなく、 リペア(修復)技術も優れているからです。 こちらも詳細はホームページを見ていただくと分かりますが、洗いと乾燥の後、修復、色入れ、仕上げといった工程をすべて手作業で実施しています。 傷や破れを修復し、色あせたところを染色し、素材本来の風味を生かすように仕上げる、といった工程で対応しています。 クリーニングではなくリペア(修復)サービスとしても、十分やっていけるだけの内容となっていると思います。 「綺麗に洗浄し、傷んでいるところを補修して素材に合わせて仕上げる」といった一連の作業を、すべて安心して依頼することができる訳です。 また、別途有料とはなっていますが、金具やファスナーなどが劣化・破損している場合に、パーツ交換といった作業もできるとのことです。 ここまでくると、 クリーニングの域を超えていますね。 自宅から一歩も出ることなく、24時間クリーニングを注文できる RINAVIS(リナビス)は、日本全国どこからでも、24時間いつでもネットで革製品のクリーニングが注文できます。 革製品のクリーニングを注文できる店が近所にない場合や、昼間は仕事で持っていけない場合など、実店舗を使うときのような制約がありません。 利用方法はこのあと説明しますが、ネットで注文して集荷キットを届けてもらい、集荷パックに詰めてヤマト運輸に依頼するだけです。 面倒な手続きは一切なく、いつでも簡単に利用できます。 多くの革製品、革素材のクリーニングを依頼できる RINAVIS(リナビス)は、 多くの革製品、革素材のクリーニングを依頼できます。 依頼内容によっては困難であったり別料金であったりする場合も考えらえるので、不明な場合には電話やメールで問い合わせると、できる・できないを正確に教えてもらえます。 対応している革製品 バッグ、革靴、ブーツ、スニーカー、革ジャン、毛皮、財布、小物 対応している革素材 皮革製品、ムートン、スウェード製品、キャンバス生地、ナイロン生地、エナメル、オーストリッチ、フランス製希少品、クロコ製品、爬虫類等 高級ブランド品のクリーニングを依頼できる 革製品のクリーニングショップで、「高級ブランド品は受付できない」ということはよくあります。 まあ、クリーニングショップ側の立場で見ると、気持ちは分かります。 ウン十万円もするような高級品のクリーニングを受け付けて、仕上が悪いとクレームがついて賠償責任を問われたりすると、損害が大きいですからね。 RINAVIS(リナビス)は、高級ブランド品の受付が可能です。 対応可能なブランドリストはホームページに記載されていますが、ルイヴィトン、プラダ、シャネル、グッチ、エルメスなど、著名なブランドはすべて受付可となっています。 ここまでくると、本物ですね。 絶対に失敗しないという自信とプライドがないと、このような受入れはできないと思います。 高級ブランド品であっても安価なものであっても、それが大切にしているものであることには変わりありません。 どのような革製品でも、安心して依頼できます。 クリーニング不可と表示されているものでも洗える 革ジャンなどで、洗濯表示にクリーニング不可と表示されているものは少なくありません。 靴やバッグなどになると、そもそも洗濯表示なんてなく、洗うことを前提に作られたものなんて無いかもしれません。 通常、クリーニングショップでは、洗濯表示に従って対応します。 そのため、クリーニング不可となっているものや、洗濯表示が付いていないものは、受け付けてもらえないことが多いです。 洗濯表示は、製造元が「このような洗い方だったら大丈夫」といった基準を示しているものです。 そのため、洗濯表示が付いていると、クリーニングショップはある程度安心して取り扱うことができるはずです。 クリーニング不可となっていたり選択表示がない場合、洗い方はすべてクリーニングショップで判断することになります。 全国対応のネット受付型クリーニングサービスがベスト 以上のように、全国からネット受付するという特性を生かして、優れた品質のクリーニングが提供されています。 今まで近所でクリーニングショップを選んでいたような人も、 ネット受付のクリーニングサービスを使ってみてはいかがでしょうか。 実店舗を使ってきた人は、実際にクリーニングショップの人と話ができないと不安な場合もあるでしょう。 RINAVIS(リナビス)では、クリーニングを依頼する前の相談など、電話やメールでの問い合わせが無料でできます。 メールでは画像データを送って相談することもできるので、実店舗で店員と話すのとほぼ近い状態で相談できます。 注文するにあたり不安や不明点があった場合には、相談してみるといいかと思います。 本サイトでは、お勧めのクリーニングサービスとしてRINAVIS(リナビス)を紹介していますが、他にいくつか同じようなサービスが存在しています。 他のサービスを比較検討する場合には、上記で説明したような視点で、各サービスを確認してみてください。 きっと、信頼できるクリーニングサービスが見つかると思います。 上川郡当麻町でRINAVIS(リナビス)を利用するには? 上川郡当麻町に住んでいて、RINAVIS(リナビス)に革製品のクリーニングを依頼するのは、とても簡単です。 ちょっと工夫することでより確実なものとなりますので、ポイントを説明します。 不明点をしっかりと相談 シャツやコートのクリーニングとは異なり、革製品をクリーニングに出すときには、1点ずつ依頼したい内容が違ってくるかと思います。 「このように仕上げることができるか?」とか、 不明点を事前にしっかりと相談しておきましょう。 そうすることで、出来上がってきたときに考えていたイメージと違うということにはならないと思います。 クリーニングの注文 RINAVIS(リナビス)のホームページから、革製品のクリーニングを注文します。 注文は、次の4種類から選ぶことになります。 皮革・ブランド品のバッグ• 皮革・ブランド品の靴• 皮革・ブランド品の衣類• 皮革・ブランド品の財布(小物) それぞれ、クリーニング、キズや擦れの修復、色補正、仕上げまでがセットとなっています。 注文時に、料金をクレジットカードで支払います。 集荷バッグに詰めて発送 注文すると、集荷キットが届きます。 クリーニングを依頼する革製品を集荷バッグに詰めて、同封されている着払伝票を使い、ヤマト運輸で発送します。 仕事などで日中の発送ができない場合には、ヤマト運輸が提携している、コンビニに持ち込みましょう。 その場合、 24時間いつでも発送が可能です。 クリーニング完了後の受取 クリーニングの完了後、宅急便で配達されます。 革製品のクリーニングは、おおよそ1ヶ月程度の納期となっています。 素材や大きさによって1ヶ月以上かかる場合もあるとのことなので、 時間に余裕を持って依頼しましょう。

次の