横浜 線 台風。 【台風19号】新横浜台風情報!鶴見川水位は?横浜アリーナ周辺や環状2号線の道路状況!

明け方を襲った2019年「台風15号」、強風雨で日吉・綱島エリアも影響

横浜 線 台風

2019年10月12日、台風19号が神奈川県横浜市港北区にも接近しております。 また、更新したいと思います。 すでに10時過ぎには、鶴見川氾濫のおそれと発表されており避難勧告(警戒レベル4)も発令した状況です。 横浜市は災害対策本部も設置しました。 防災情報をまず意識を高めるために、いくつか予防するため準備として情報収集をはじめに掲げます。 21:00過ぎ 港北区は完全に暴風域となり、歩けないレベルに達しました。 決して今は外に出ないでください。 22:40過ぎ、あれだけ強かった風もおさまりました。 目次 Contents• 港北区鶴見川水位 まず、鶴見川を水位はいったいどのくらいなのか、「横浜市 水防災情報ページ」を確認します。 亀の小橋水位観測所 10月12日 23:50 水位 573cm 22:40 水位 617cm 21:50 水位 616cm 上昇 21:30 水位 614cm 20:10 水位 615cm 18:40 水位 628cm 17:20 水位 641cm 16:10 水位 658cm 15:50 水位 655cm 15:20 水位 646cm 避難判断水位に到達、 680cmが氾濫危険水位 まだ油断してはいけません。 港北区鶴見川水系エリア もう一つ鶴見川水系でどこか異常がないか調べておく必要があります。 アイコンの色「青」安全レベル、「ピンク色」避難判断水位とわかりやすい。 港北区鶴見川ライブカメラ ライブカメラでも確認しておきます。 港北区の雨量を確認 鶴見川氾濫の可能性は雨量にも関係しているので確認します。 「横浜市防災情報 港北消防署」発表の雨量グラフです。 サイトが開いたら「 港北区消防署」タップ又はクリック。 折れ線グラフで表示されているのでわらりやすい。 尚、雨量と水位で避難すべきなのか判断にもなると思います。 10月12日 土曜日 雨量累計です。 23:00 雨量:209. 5mm 以降横ばい 22:00 雨量:216. 5mm 増えた 21:00 雨量:203mm 20:00 雨量:194mm 19:00 雨量:187mm 18:00 雨量:179mm 17:00 雨量:169mm 16:00 雨量:165mm 15:00 雨量:148mm 14:00 雨量:139mm 13:00 雨量:121mm 12:00 雨量:110mm 11:00 雨量:106mm 17時雨量が減って鶴見川の水位が落ち着いたのか? 21時から1時間で雨量増えた 港北区の避難指示 避難勧告など含め、行政発表する指示情報も最新情報を入手しておかなければなりません。 「即時避難勧告対象区域一覧サイト」で該当するのか確認しておく必要があります。 港北区エリアはPDF資料でご覧いただけます。 10月12日 土曜日 港北区即時避難勧告対象区域 23:59現在、増えてません。 14:00 大曽根台の一部 鳥山町の一部 12:40 大曽根台の一部 鳥山町の一部 横浜市一般気象情報・他 横浜市一般気象情報サイトで発表されている内容を把握します。 10月12日 土曜日 横浜市発表 警報内容 23:21 大雨、洪水、暴風、波浪、高潮 注意報 20:50 大雨、洪水、暴風、波浪、高潮、雷 19:07 大雨、洪水、暴風、波浪、高潮、雷 15:30 大雨、洪水、暴風、波浪、高潮、雷 14:50 大雨、洪水、暴風、波浪、高潮、雷 11:10 大雨、洪水、暴風、波浪、高潮、雷 横浜市総務局危機管理室のTwitterでも情報入手しておきます。 令和元年10月12日11時00分に都筑区に発令された河川に対する避難準備・高齢者等避難開始を24時00分に解除します。 なお、土砂災害警戒区域に対する「避難勧告」については現在も継続しています。 (10時00分に発令した【警戒レベル3】避難準備・高齢者等避難開始を、【警戒レベル4】避難勧告に移行します。 ) 次のツイートで対象区域をお知らせします。 避難場所も開設情報含んでます。 【防災】台風が接近し風雨が強まっています。 日没以降の移動には危険が伴います。 建物の2階以上で、がけや斜面の反対側への避難や屋内での安全確保など、命を守るための最善の行動をとってください。 ・鳥山町の一部 ・大曽根台24番地の一部 ・師岡町の一部 神奈川県停電情報 神奈川県の停電一覧です。 2019年10月12日 停電箇所が増えております。 少し落ち着いたようですが?。 23:59発表 横浜市港北区:約4100軒 横浜市旭区:約3000軒 横浜市瀬谷区:約3400軒 横浜市鶴見区:約400軒 横浜市中区:約400軒(減少) 横浜市保土ヶ谷区:約3000軒 横浜市南区:約2500軒 横浜市泉区:約1800軒 横浜市神奈川区:約700軒 横浜市港南区:約4600軒(減少) 横浜市栄区:約2500軒 横浜市戸塚区:約8900軒 横浜市緑区:1600軒(増加) 22:49発表 横浜市港北区:約4100軒 横浜市旭区:約3000軒 横浜市瀬谷区:約3400軒 横浜市鶴見区:約400軒 横浜市中区:約1000軒 横浜市保土ヶ谷区:約3000軒 横浜市南区:約2500軒 横浜市泉区:約1800軒 横浜市神奈川区:約700軒 横浜市港南区:約6600軒 横浜市栄区:約2500軒 横浜市戸塚区:約8900軒 横浜市西区:約800軒 横浜市緑区:100軒未満 22:09発表 横浜市泉区:約1800軒 横浜市神奈川区:約700軒 横浜市港南区:約6600軒(上昇) 横浜市栄区:約2500軒 横浜市戸塚区:約8900軒(減少) 横浜市西区:約800軒 横浜市緑区:100軒未満 21:39発表 横浜市泉区:約1800軒 横浜市神奈川区:約700軒 横浜市港南区:約3500軒(上昇) 横浜市栄区:約2500軒 横浜市戸塚区:約10500軒 横浜市緑区:100軒未満 20:19発表 横浜市港南区:約3500軒 横浜市栄区:約2500軒 懐中電灯や非常持ち出し袋、万が一備え準備してください。 ラジオ、携帯電話充電もしておいてください。 停電火災 停電になったらブレーカーを落とすの忘れずに実施してください。 瞬時停電なら問題ないと思いますが、長引く継続するようでした火災に用心してください。 友人からの情報なんですが、下田市白浜地区のセブンイレブンで火災が発生したらしいです。 停電による漏電が原因だと考えられます。 冠水に備えて今すぐトイレに水の入ったビニール袋を入れましょう。 冠水すると、排水や汚水が逆流する可能性があります。 避難する人はこれをしてから避難しましょう。 21:00過ぎ 港北区は完全に暴風となり、歩けないレベルに達しました。 もう何が飛んでくるのか不明ですし、風により歩けません。 本格的になりました。 21:00過ぎ、カラーコーンに空き缶はコロコロ、ゴミ箱も散乱してました、木の葉はもう道路に散らばってます。 21:00過ぎ、アリーナ前までは行けたのですが、あとは危険断念。 決して今は外に出ないでください!命優先です。 22:40過ぎ、傘をさしても問題ない状況になり安心です。 塩害対策も考えておいてください。 12:30頃の画像です、ワードカップ大橋と鳥山川 15:30頃の画像です、ワードカップ大橋と鳥山川、こちらも水位上がる 18:00頃、ワードカップ大橋と鳥山川 目で見てわかるくらい水位は下がってます。 23:20頃、ワードカップ大橋と鳥山川 さらに水位は下がり問題ありません。 12:30頃の画像です、鶴見川と鳥山川合流 15:30頃の画像です、鶴見川と鳥山川合流、遠くてわからない。 18:00頃、合流箇所は見えません。 23:20頃、見えません。 12:30頃の画像です、鶴見川 15:30頃の画像です、鶴見川、若干上昇中 18:00頃、鶴見川も見えなくなりました。 23:20頃、鶴見川見えませんが、落ち着いているようです。 12:30頃の画像です、横浜アリーナ 15:30頃の画像です、横浜アリーナ 道路わきに水溜りが出現 18:00頃、アリーナ前です。 冠水などありません。 23:20頃、木の葉は多いですが周囲を見渡しても落下物などありませんでした。 12:30頃の画像です、環状2号線と横浜プリンスホテル 15:30頃の画像です、環状2号線と横浜プリンスホテル 道路にもうっすら水がたまり。 18:00頃の画像、道路の水たまりも減ります。 23:20頃、環状2号も問題ありません。 12時30分ごろの撮影、風は全体的に少ない、傘でも大丈夫であったがビル風もある場所もあった。 落ち葉や、水溜りもありません、交通量は少ない。 15時30分ごろ撮影した印象は、傘だけではもう無理、長靴、合羽上下の装備で撮影。 傘にあたる雨音はすごい、会話できないレベル。 水溜りも道路わきに溜まりだしてます。 歩道は川のように低いところへ流れてます。 コンビニも営業が終了。 道路排水は気をつけてほしい。 地下にあるお店?膨張板を設置していました。 ゴミ箱もがっちり固定? これはスゴイ!準備は見事! すでに細い排水桝から吹き出している。 飛んで行かないよう願うばかり。 18:00頃の撮影では、上下合羽の傘使用スタイル、風はときより強く吹きますが、問題ないレベルです。 通過する車も減少、道路の排水も問題ない。 落ち葉や、枝が少し目立ってきました。 23:20頃、台風が去って気になるもの。 それは道路の側溝です。 さらに雨が降ると、完全に落ち葉で塞がり冠水へと行くはずです。 これから大雨が降らないように、そして明日にも落ち葉を。 消防車のサイレン、救急車のサイレンも鳴っていない、周囲は雨の音だけ静まり、停電だけが心残りです。 以上、台風21号の更新情報を終了にしたいと思います。 鶴見川氾濫しなくてほっとしました。 明日は洗車場が混み合うかもしれません、ご注意ください。 台風関連.

次の

台風15号9日JR横浜線の運休時間は?通勤・通学時間に影響は?

横浜 線 台風

tags: , , , , , , 東名高速と横浜市街地をつなぐ首都高の新線「横浜北西線」。 横浜が抱える課題を解決する路線といいますが、どのように横浜の道路は変わるのでしょうか。 交通量が非常に多い保土ヶ谷バイパスにも、変化があるかもしれません。 横浜の中心部と東名を直結 横浜市内で首都高の新線「横浜北西線」が、2020年3月に開通します。 佳境を迎えているその工事現場が2019年10月9日(水)、報道陣へ公開されました。 横浜北西線は、東名高速に接続する横浜青葉JCTと、第三京浜および首都高K7横浜北線に接続する横浜港北JCTを結ぶ約7. 1kmの路線です。 2017年3月に開通した横浜北線とつながることで、東名高速と横浜の中心市街地・横浜港方面を直結する新ルートが形成されます。 横浜北西線は当初、2021年度開通の予定で事業が進められていましたが、開通が約2年も前倒しになった形です。 首都高速道路と共同で事業を進めてきた横浜市道路局によると、計画段階から市民が参加する形で事業を進めてきたこともあり、用地買収も工事も順調に進んだそうです。 東名高速をまたぐ横浜青葉JCT(2019年10月9日、中島洋平撮影)。 2017年3月の横浜北線開通時には橋脚しか立っていなかった横浜青葉IC周辺には、この2年半ほどのあいだに、東名の本線をいくつものランプウェーがまたぐJCTが形成されました。 この横浜青葉JCTは、東名~横浜北西線間の全方向で行き来が可能なほか、既存の横浜青葉ICを通じて横浜北西線~一般道間の出入りもできるようになっています。 そして、横浜北西線の本線7. 1kmのうち4. 1kmを占めるトンネルは、すでに本体工事が完了。 現在は路面の標示や非常用設備などの工事が進行中です。 トンネル内には、火災などの非常時に備え、消火器や消火栓が約50mおきに、避難用通路への非常口が50mから250mおきに設けられます。 この非常口は、ボタンを押すとカバーが開き、そのなかにあるすべり台で道路下の避難用通路へ逃げるという方式。 避難用通路は道路上よりも気圧が高く、煙が入ってこない安全な空間だそうです。 ここから地上へ出ることもできます。

次の

JR東日本、台風19号接近で12日に計画運休実施

横浜 線 台風

12日11時ころ運転を取りやめる線に横浜線も入っています。 (予定なので変更の場合あり) JR東日本は12日午前10時ごろから東海道線、京葉線、総武本線など、 11時ごろから横浜線などを運休。 大型で非常に強い台風19号の接近・ 上陸に向けた鉄道や飛行機の計画運休・欠航方針が出始めました。 — 日本経済新聞 電子版 nikkei 中心の気圧は925ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は約50mと 前回の台風より10m上がっています。 最大瞬間風速は約60mといわれています。 風速58mでトラックがコロコロ転がるくらいの強さでした。 今回は電柱も倒れる恐れなども言われています。 強い勢力を保ったまま、関東を通過する見込みですので 首都圏では雨と風がものすごいことになると思います。 ヘクトパスカルの数値が低いほど強い風が吹くので 台風の強さとは必ずしも比例するということではありませんが、 強い風には注意してください。 JR横浜線の運転再開は10月13日(日)のお昼頃と計画されているそうですが、 甚大な被害が予想されますので、大幅に遅れる可能性があるということです。 前回の台風でも横浜線など予定時間よりも大幅に運転再開は遅れました。 今回も遅れると思っていた方が良いですね。 追記:13日始発から運転を見合わせるということです。 風雨が収まり次第、点検等行い安全確認後順次運転を再開されるそうです。 少なくとも昼頃までは運転を見合わせるということです。 追記:横浜線は運転再開しました。 まとめ 今回のような強い台風は、すごい風と雨で建物が揺れたり、倒れたり 音もすごかったりと眠れないかもしれません。 前回の台風では怖くて眠れませんでした。 土砂災害なども多発する可能性が高いということです。 今年最強クラスの台風ということで身の安全の確保に努めてください。 最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

次の