米子 医療 生協。 米子医療生活協同組合 職員の富田優史がデマ!トイレットペーパー品薄

米子医療生協の理事長は誰で名前や顔画像は?

米子 医療 生協

に関連して「トイレットペーパーが品薄になる」などのをSNSに投稿した米子医療生活協同組合の職員について、事情を聴いていた鳥取県警米子署は「悪意の意図がなかった」として、刑事責任を問う可能性は少ない見込みだと同組合の担当者は話しています。 職員のデマが全国的に大きなトイレットペーパー買い占め行動を巻き起こすことになり、怒りに震える消費者は少なくありません。 偽計業務妨害罪や民法上の不法行為に問われるのか検証する記事にも反響があります。 担当者によると「職員本人が警察と話をした結果、職員には『悪意の意図が全くない』と確認されたようです」「警察は『法に触れて刑罰を(課す)という対象でないことは、経緯を聞いて確認しています』と言っておりました。 それで処罰の対象にないという認識でおります」と話す。 この騒動をめぐり、米子医療生協本部には連日、「トイレットペーパーを届けろ!」など、1日あたり100件をこえる抗議の電話が入りパンク状態になっているほか、米子市役所や県の消費生活センターにまでクレームの電話が入り、米子市全体が大騒動になっているそうです。 米子医療生協本部の担当者の話をもとに、一連の経緯を振り返ります。 本部に苦情のメールが届きだしたことがきっかけで職員本人に確認を行ったところ、事実と認めたといいます。 一方で、ネットで批判のあった「転売屋」という指摘については、事実ではないと否定しました。 そこで米子医療生協は3月3日、「職員の不祥事のご報告とお詫び」をホームページに公表し、謝罪しました。 「このたび、『新型コロナウィルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる』旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました。 事態の公表後、マスコミからの取材連絡だけではなく、全国から怒りの電話が殺到し、回線がパンクしていたのです。 担当者は、デマを投稿したのが職員であることを改めて認め、疲れきった声で次のように状況を説明しました。 「全国から電話をいただき、対応に追われております。 『今日スーパーに行って、トイレットペーパーを手に入れられなかった。 トイレットペーパーを届けろ!』とか、『どうしてくれるんだ』というお声です。 入手できなかった矛先のターゲットが米子医療生協になっております」 公表後の本部には連日、1日あたり100件以上の電話とメールが届くだけでなく、関連の「診療所やデイサービス、訪問看護ステーションにまで抗議の電話がかかってきているそうです。 市役所の職員さんが『なんとかしてくれないか』と訪ねてこられたんですけど、精一杯対応しているとしか言えなくて…」 日常の業務に支障が出るほどの騒動になることをわかっていて、それでもなぜ、公表を決断したのでしょうか。 「うちの職員であることは間違いありません。 職員管理のうえで、やはり教育が足りなかったという反省もありますし、社会的責任を果たさなければいけません。 このまま知らん顔はできませんでした」 「警察は『ここにも迷惑電話などあろうかと思いますが、脅迫じみたものであれば都度相談してほしい』ということでした」 そう言いながらも、現実に全国からの怒りを受け続けると「正直なところ、公表してよかったのかどうかと頭の中によぎりました」という本音ものぞきます。 「自宅にはマスコミのほか、不審な人がやってくるそうです。 誤って近所の家を『犯人の家』として紹介されているようで、ご近所の家に迷惑な電話が頻繁にかかってきているといいます」。 騒ぎが収束してから、改めて本人の弁明を聞き、社会的影響を考慮したうえで、処分が下される見込みです。 「私刑」は許されることではありません。 気持ちもわかりますが、冷静で落ち着いた行動がもとめられています。 外部サイト.

次の

トイレットペーパーデマ犯人富田優史は無罪!ただし米子市から追放されたか

米子 医療 生協

・米子医療生活協同組合の職員がデマの投稿者の 1人だったとして公式サイトで謝罪 ・職員の極めて不適切な行為で当組合の規定に照らして厳正な対応を検討 ・ 2月 27日ごろから Twitterなどで中国の工場が止まりトイレットペーパーの入手が困難になると発信 実際に現在でもトイレットペーパーが品薄状態で購入がしづらい状態になっています。 なぜこのようなことをしたのでしょうか? 米子医療生協は富田優史で特定、デマの理由は転売目的か トイレットペーパーデマ流し、自分の言葉に責任持とうって書いたくせに逃走とか薄っぺらい人生送ってるなぁ — つなつな tunatuna2099 メルカリ転売ヤーの 富田優史という人が、どうやら米子医療生活協同組合の職員だったようです。 鳥取県米子市在住の 33歳、自称フォトグラファーなど、 現在本人の Twitterアカウントは削除されています。 富田優史の顔! twitter・インスタのアカ! 転売ヤー! トミティ! トイレットペーパーのデマを広めた人物特定! アカウント削除し逃亡! 富田優史 冨田優史 instagram — 新聞・テレビでは報じない所まで! ニュース情報! trendnewwwws 事前に買いだめしておいて、高く転売できるようこのような情報を流したのでしょうか。 トイレットペーパーの生産はほとんどが国内で、中国産ではありません。 すぐにバレそうな嘘を身バレする Twitterや Facebook、インスタグラムまでやっていたというのも軽率な行動です。 トイレットペーパーの在庫は問題ない? 【トイレットペーパー「在庫は十分」】 一部で買いだめの動きが出ているトイレットペーパー。 日本家庭紙工業会は「国内メーカーは通常どおり生産を行い、供給量は十分にある。 在庫がなくなることはない」として、消費者に買いだめを行わないよう呼びかけています。 買いだめなどで購入者が一気に増えると、配送が間に合わなく一時的に不足するようですが工場での在庫は問題ないので、余裕のある方は少し待てば買えるようです。 米子医療生協が謝罪、デマ投稿者に対し世間の反応は.

次の

COOP医療生協居宅介護支援センター(米子市) の基本情報・評判・採用

米子 医療 生協

「新型コロナウイルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる」という旨の虚偽情報を職員がSNSで発信したとして、鳥取県米子市の「米子医療生活協同組合」が謝罪した。 職員には厳正な対応をするという。 主にSNS上でこうしたデマが広がり品薄、品切れ状態が続いている。 謝罪は組合のホームページに3日から掲載。 梶野大理事長名で「職員の不祥事のご報告とお詫(わ)び」と題して「『新型コロナウイルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる』旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました」とした。 その上で「当組合の職員の極めて不適切な行為により多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。 「当該職員には当組合の規定に照らして厳正な対応を検討いたします」との考えを示した。 職員がデマを投稿したことを、どのように把握したかは明らかにしていない。 組合には4日朝から多くの苦情の電話がかかってきており、職員が対応に追われているという。 トイレットペーパーに関しては主にSNS上で「マスクと原料は同じ」「中国製の輸入ができず品切れになる」などのデマも拡散。 フリマアプリやオークションサイトなど高額での出品が相次ぐ事態となり、業界団体や政府は「在庫は十分ある。 冷静な行動を」と呼びかけている。

次の