豚 ヒレ レシピ。 【低温調理】で豚ヒレ肉を調理 温度60℃・63℃・66℃で比較

豚ヒレ肉を使った簡単人気レシピ19選!お弁当にもおすすめ

豚 ヒレ レシピ

豚肉はカロリーが低く、いろんな料理に使えて便利な食材!その中でも、豚ヒレ肉にはたくさんの栄養があって、美容とダイエットにも効果的です。 その豚肉の部位別カロリーと豚ヒレのレシピ、豚ヒレ肉の栄養効果を高めるおすすめの食べ合わせをご紹介します。 豚肉のカロリーと糖質をチェック!豚ヒレのカロリーは? 豚肉のカロリーは、部位によってかなり違います。 豚肉を部位別に、豚ヒレカロリー、豚ロースカロリー、豚モモ角切りカロリーという具合に、普通のスーパーで売られているような部位別で表示してみました。 豚肉のカロリーと糖質(100gあたり) ・豚ヒレカロリー 約113kcal 糖質0. 3g ・豚ロースカロリー 約263kcal 糖質0. 25g ・豚モモ角切りカロリー 約183kcal 糖質0. 25g ・豚肩コマ切れカロリー 約216kcal 糖質0g ・豚ひき肉カロリー 約222kcal 糖質0g 豚肉のカロリーは、豚ヒレ肉カロリーと豚ロース肉のカロリーだけで比べると、豚ロース肉のカロリーの方が2倍以上も高いことが分かります。 ダイエットするならカロリーの高い豚ロースより、カロリーの低い豚ヒレ肉の方がヘルシーです。 糖質はどの部位もほとんどないので、豚ヒレ以外を調理する場合は、脂を取り除けばカロリーはグンと下がります。 低カロリーな豚ヒレ肉は栄養満点! 豚肉のなかでも、カロリーが低い豚ヒレ肉の栄養は、牛肉の数倍もの豊富なビタミンB1B2がたっぷり!その他、タンパク質や鉄分なども多く含まれています。 カラダの精力を高めるので、体力や疲労回復や体質改善にも効果があります。 それでは、豚ヒレ肉の栄養を見ていきましょう。 そう、ビタミンB1が無ければ脂肪が蓄積され続けるのです!豚ヒレ肉には、栄養成分のビタミンB1が、100g中に0. 98mgもあり、豚ロース肉には0. 69g、豚バラ肉には0. 54g、他の肉類では、鶏レバーや牛レバーにも入っていますが0. 4mg未満とダントツで豚ヒレがビタミンB1を多く含んでいます。 豚肉は高タンパク食材で、他の肉類よりも内臓の効能があるとされ、虚弱体質の改善にもなるといわれます。 タンパク質は筋肉や皮膚、髪にいたるまでカラダのすべてを作るものですが、同時に、代謝に必要な「酵素」や「免疫」も作り出しています。 「酵素」がなければ新陳代謝の悪いカラダになり、「免疫」がなければ血行が悪くなりますので、風邪や感染症などの病気にかかりやすいので、タンパク質は欠かせません。 体重50kgの人が1日に必要なタンパク質は50gといわれていますが、実際に50gの肉を食べても油や水分が含まれているので50g食べたとは言えないのです。 豚ヒレの栄養素であるタンパク質は100g中22. 8g、牛ヒレ肉19. 8g、ラム肉18. 8gですので、低カロリーで高タンパクな豚ヒレをたくさん摂った方が栄養になりやすいといえます。 ほかにも、豚ヒレは低カロリーなだけではなく、和食や中華、洋食といろんな料理に便利な栄養食材ですね。 脂肪を体内で脂質エネルギーに変えるのは、細胞内にある「ミトコンドリア」というエネルギー生産工場ですが、そこで、脂肪(脂肪酸)を燃焼させるには「カルニチン」が必ず必要になります。 「カルニチン」が、脂肪とくっついて「ミトコンドリア」まで運ぶことで、その脂肪をエネルギーに変えています。 逆に、「カルニチン」と結びつかなかった脂質は体脂肪となって蓄積されます。 「カルニチン」の4分の1は体内で、残りの4分の3は、食べ物から摂るしか方法はありません。 しっかりと摂取するには食べる分量が必要になります。 ですから、低カロリーな豚ヒレ肉は、たくさん食べられるダイエット食材といえるわけです。

次の

しっとり塩豚ハム

豚 ヒレ レシピ

豚肉はカロリーが低く、いろんな料理に使えて便利な食材!その中でも、豚ヒレ肉にはたくさんの栄養があって、美容とダイエットにも効果的です。 その豚肉の部位別カロリーと豚ヒレのレシピ、豚ヒレ肉の栄養効果を高めるおすすめの食べ合わせをご紹介します。 豚肉のカロリーと糖質をチェック!豚ヒレのカロリーは? 豚肉のカロリーは、部位によってかなり違います。 豚肉を部位別に、豚ヒレカロリー、豚ロースカロリー、豚モモ角切りカロリーという具合に、普通のスーパーで売られているような部位別で表示してみました。 豚肉のカロリーと糖質(100gあたり) ・豚ヒレカロリー 約113kcal 糖質0. 3g ・豚ロースカロリー 約263kcal 糖質0. 25g ・豚モモ角切りカロリー 約183kcal 糖質0. 25g ・豚肩コマ切れカロリー 約216kcal 糖質0g ・豚ひき肉カロリー 約222kcal 糖質0g 豚肉のカロリーは、豚ヒレ肉カロリーと豚ロース肉のカロリーだけで比べると、豚ロース肉のカロリーの方が2倍以上も高いことが分かります。 ダイエットするならカロリーの高い豚ロースより、カロリーの低い豚ヒレ肉の方がヘルシーです。 糖質はどの部位もほとんどないので、豚ヒレ以外を調理する場合は、脂を取り除けばカロリーはグンと下がります。 低カロリーな豚ヒレ肉は栄養満点! 豚肉のなかでも、カロリーが低い豚ヒレ肉の栄養は、牛肉の数倍もの豊富なビタミンB1B2がたっぷり!その他、タンパク質や鉄分なども多く含まれています。 カラダの精力を高めるので、体力や疲労回復や体質改善にも効果があります。 それでは、豚ヒレ肉の栄養を見ていきましょう。 そう、ビタミンB1が無ければ脂肪が蓄積され続けるのです!豚ヒレ肉には、栄養成分のビタミンB1が、100g中に0. 98mgもあり、豚ロース肉には0. 69g、豚バラ肉には0. 54g、他の肉類では、鶏レバーや牛レバーにも入っていますが0. 4mg未満とダントツで豚ヒレがビタミンB1を多く含んでいます。 豚肉は高タンパク食材で、他の肉類よりも内臓の効能があるとされ、虚弱体質の改善にもなるといわれます。 タンパク質は筋肉や皮膚、髪にいたるまでカラダのすべてを作るものですが、同時に、代謝に必要な「酵素」や「免疫」も作り出しています。 「酵素」がなければ新陳代謝の悪いカラダになり、「免疫」がなければ血行が悪くなりますので、風邪や感染症などの病気にかかりやすいので、タンパク質は欠かせません。 体重50kgの人が1日に必要なタンパク質は50gといわれていますが、実際に50gの肉を食べても油や水分が含まれているので50g食べたとは言えないのです。 豚ヒレの栄養素であるタンパク質は100g中22. 8g、牛ヒレ肉19. 8g、ラム肉18. 8gですので、低カロリーで高タンパクな豚ヒレをたくさん摂った方が栄養になりやすいといえます。 ほかにも、豚ヒレは低カロリーなだけではなく、和食や中華、洋食といろんな料理に便利な栄養食材ですね。 脂肪を体内で脂質エネルギーに変えるのは、細胞内にある「ミトコンドリア」というエネルギー生産工場ですが、そこで、脂肪(脂肪酸)を燃焼させるには「カルニチン」が必ず必要になります。 「カルニチン」が、脂肪とくっついて「ミトコンドリア」まで運ぶことで、その脂肪をエネルギーに変えています。 逆に、「カルニチン」と結びつかなかった脂質は体脂肪となって蓄積されます。 「カルニチン」の4分の1は体内で、残りの4分の3は、食べ物から摂るしか方法はありません。 しっかりと摂取するには食べる分量が必要になります。 ですから、低カロリーな豚ヒレ肉は、たくさん食べられるダイエット食材といえるわけです。

次の

豚ヒレ肉の人気レシピ!かたまり・ブロックで美味しい簡単豪華メニュー!

豚 ヒレ レシピ

豚ヒレ肉には糖質の代謝を促進するビタミンB1が含まれています。 ご飯やパン、甘いものなどの糖質を多く摂取すると、ビタミンB1が代謝のために大量に消費されます。 ビタミンB1が不足すると糖質の代謝がスムーズに進まなくなり、太りやすくなったり、エネルギー不足のために疲れやすくなります。 豚ヒレ肉には肉類の中でもビタミンB1が豊富なので、豚ヒレ肉を摂取することで糖質代謝を促進してダイエットや疲労回復効果を得ることができます。 L-カルニチンが脂肪燃焼をサポート さらに、豚ヒレ肉には脂肪燃焼をサポートするL-カルニチンも含まれています。 鶏肉もヘルシーで高タンパクですが、豚ヒレ肉にはその7倍ものカルニチンが含まれています。 肉といえば太るイメージがありますが、カルニチンの効果で痩せることもできるわけです。 ロイシンが食欲抑制&筋肉分解抑制 豚ヒレ肉に含まれている必須アミノ酸のロイシンは、食欲を抑える効果があります。 ダイエット中なのに食べ過ぎてしまうという人はロイシンの食欲抑制効果で無理なくダイエットを進めることができます。 また、ロイシンは筋肉の分解を防いでくれるので、筋肉量減少による基礎代謝ダウンも防いでくれます。 トリプトファンが睡眠の質アップ 豚ヒレ肉には必須アミノ酸の一種トリプトファンも含まれています。 不眠解消や集中力アップに効果がある栄養素です。 睡眠不足だと成長ホルモンの分泌量が減って脂肪が燃焼されにくくなったり、太りやすい夜中にカロリーを摂取してしまいますが、トリプトファンはそれを防いでくれます。 出典: 生の豚ヒレ肉にまんべんなく穴を開けておくことで、柔らかく仕上がります。 豚ヒレのビタミンB1の効果をアップしてくれるすりおろしニンニクを使うことで、糖質代謝アップ&疲労回復効果がアップしますよ。 豚ヒレ肉ブロックの全体にフォークを刺し、柔らかくする• フライパンにオリーブオイルをしき、3で休ませた豚ヒレ肉を中火で焼く。 ひっくり返しながら側面もまんべんなく焼く• 側面が焼け、中に火が完全に通るまえに火を止め、アルミホイルで包み冷めるまで放置(約30分)• 冷めたらアルミホイルからとりだし、厚さ1. 5〜2cmくらいの厚さにスライスする• スライスした断面はレア状態なので、もう一度フライパンで断面を焼く。 今度は弱火で火をしっかりと通す• トマトはお肉の脂肪燃焼効果を高めてくれるので、ダイエットにもぴったりです。 豚ヒレ肉に塩こしょうをし、食べやすい大きさにカット。 玉ねぎ・ニンニクは みじん切りにする• フライパンにオリーブオイル小さじ1を入れ、熱してから豚ヒレ肉を両面軽く焼き色が付くまで焼き、別の皿に移しておく• 同じフライパンにオリーブオイルを小さじ1入れ、玉ねぎ・ニンニクを弱火で色が付くまで炒める• 薄力粉を入れて、粉っぽさが なくなるまで炒める• 豚肉を戻し入れてまた煮詰める• 器に盛り付けてパセリを散らして完成 あっさりさっぱりヘルシー蒸しヒレ肉 出典: 豚ヒレ肉をタレに漬けておくだけで作れる焼き豚レシピです。 脂身の少ない豚ヒレ肉を使うことでカロリーをカットすることができます。 そのまま食べても、パンに挟んで食べてもOKです。 漬かった1を200度に余熱しておいたオーブンで20分焼き、途中で上下を返し、竹串を刺して透明な汁が出てきたら焼きあがり• 好きな大きさにスライスして召し上がれ 油で揚げないヘルシーカレーヒレカツ 出典: 「ダイエット中にトンカツが食べたい!」という時におすすめの油で揚げないヒレカツレシピです。 豚ヒレ肉を使い、パン粉を炒ってカツを揚げたように見せることでカロリーダウンできます。 カレー味なので食べやすいですよ。 マヨネーズを使えば卵などのつなぎは不要です。 材料(1人分) 豚ヒレ肉 100g マヨネーズ 大さじ1 カレー粉 小さじ1 パン粉 大さじ3くらい• フッ素加工のフライパンにパン粉を入れ、きつね色になるまで弱火で炒める• 豚ヒレ肉を1cmほどの厚さに切り、厚みが半分位になるまで包丁の背で叩く。 トースターを温めておく• ビニール袋にマヨネーズとカレー粉、2を入れて揉んで馴染ませ、1のパン粉を全体にまぶす• ホイルの上に乗せ、焦げ防止のために上からもホイルをかぶせ、温めておいたトースターで8〜10分程焼く 豚ヒレ肉のポン酢焼き 出典: クックパッドのレシピ本に掲載された豚ヒレレシピです。 15分で本格的なポン酢焼きができます。 ポン酢以外調味料は使わないので、シンプルなポン酢料理が好きな人におすすめです。 お弁当のおかずにも使えますよ。 材料(4人分) 豚ヒレ肉 500g 片栗粉 適量 ポン酢 100cc• 豚ヒレ肉は1cm幅のそぎ切りにする• ビニール袋に1を入れ、片栗粉を適量入れて、口を絞りよくふってまぶす• フライパンに油をひき、中火にして肉を並べて焼く(衣がはがれるので肉はいじらない!)• 3分くらいして、ふちが白くなり、肉が汗をかいてきたらひっくり返す• 裏面を1~2分焼く(いじらない!)• ポン酢を回しいれ、煮詰める(目を離さない!)• 汁気がある程度無くなったら火を止めて完成 豚ヒレ肉の甘辛ダレ焼き 出典: 日本人が大好きな甘辛味の豚ヒレレシピです。 このレシピでは砂糖を使いますが、カロリーカットしたいなら砂糖をパルスイートなどの低カロリー甘味料に変えてあげるといいです。 豚ヒレ肉を一口大に切って包丁の背で叩いておく• フライパンに少量の油を熱し、ヒレ肉を入れて弱火〜中火で焼き、中まで火を通すようにする。 8割がた火が通ったらひっくり返して強火にし、煮汁がなくなるまで炒め、焦げ目が付いたら完成 豚ヒレ肉のダイエット効果をアップする食べ合わせ 豚ヒレ肉のダイエット効果をアップさせるには、調理の時に組み合わせる食材選びも大切です。 食べ合わせによって効果を高めることができます。 ニンニクのアリシンがビタミンB1の働きをサポート.

次の