動物資源科学科。 日本大学 生物資源科学部 動物資源科学科

日本大学 生物資源科学部 動物資源科学科

動物資源科学科

アドミッションポリシー (入学者受入の方針) 動物科学科では、産業動物、実験動物、野生動物、展示動物などの様々な動物種および飼料作物などを対象に、広く生命科学の基礎知識を学習するとともに、関連した実験技術を修得します。 これらをもとに、人と動物が共生する地域社会の創造や動物関連産業の発展、生命科学の発展に貢献できる国際的視野を持った人材を育成します。 入学者に求める資質(求める学生像) (知識・技能・理解・思考力・判断力・表現力)• 生命現象の解明と応用を学ぶに相応しい基礎学力を有する人• 動物生産および動物科学に関する知識と技術の修得に相応しい基礎学力を有する人 (関心・意欲・態度・主体性・協働性)• 動物科学への強い関心を有し、課題の探求と解決に取り組む意欲のある人• 動物に関連した産業の諸問題の探求と解決に取り組む意欲のある人• 科目紹介 動物発生学 〈2年前期〉 動物発生学に関しての基礎的な知識を身につけるため、発生学の歴史、発生学の根幹をなす受精、胚発生、胎子発育・胎盤形成、また、これらの現象を制御する仕組みについての基本的な知識を学びます。 愛玩動物栄養学 〈3年後期〉 ペットフードの選び方や与え方を始め、日頃の健康管理に役立つ基本的知識を習得するため、イヌとネコそれぞれのヒトとの関わりの歴史や存在位置、体の構造的特徴と栄養特性、習性に基づく栄養特性などについて学びます。 動物行動学 〈3年前期〉 動物行動学を体系的に理解するため、行動の起こる仕組み、行動の機能、行動の発達、行動の進化、行動の分類、行動レパートリー(維持行動、社会行動、生殖行動、葛藤行動、異常行動)について、野生動物や産業動物などを例に学びます。 卒業研究テーマ例 2016年度、2017年度 平成28年度、29年度 動物科学課程卒業生の研究テーマです。 育成牛における第一胃発酵性状および血漿グルコース・ロイシン代謝に及ぼすグリセロール添加給与の影響• チロシン水酸化酵素阻害がSalsolinolにより誘起されるヤギのプロラクチン分泌に及ぼす影響• 機能性アミノ酸アルギニンの静脈内投与量がウシの受胎性に及ぼす影響• 採食物の種類および埋める深さが飼育ニホンアナグマの探査行動におよぼす影響• ヒツジにおける成長、消化機能およびメタン産生に及ぼすプロバイオティクス添加給与の影響• アトピー性皮膚炎モデル動物の皮膚バリア機能に対するエーテル型リン脂質の作用の解析• ヒツジ血漿抗酸化活性とアスコルビン酸の機能• 牛肉のテクスチャープロファイル分析によるパイナップル果汁のブロメライン濃度の推定• 飼料タンパク質源の違いがニワトリの血漿中グリコアルブミン濃度に及ぼす影響• マウスの妊娠初期に特異的なタンパク質の検索• メラトニンによるヤギのプロラクチン分泌修飾に関する研究-甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンとドーパミンの影響-• 飼料中大豆のユーグレナまたはパラミロンとの置換がニワトリの成長および小腸の免疫関連遺伝子発現に及ぼす影響• 混合飼育下におけるダチョウの場所利用• ウシ超早期妊娠因子モノクローナル抗体分泌クローン候補の作出• グルタチオンによるヒツジの抗酸化活性に及ぼす影響• 乳酸オリゴマーが脂質吸収に及ぼす影響• 温暖化が牧草生産性に及ぼす影響のモデルによる評価• 塩漬剤としてのKClが日本短角種牛肉の理化学特性およびテクスチャー特性に及ぼす影響• ブタ初期胚におけるmicroRNA関連因子の発現とその機能解明•

次の

動物資源化学

動物資源科学科

岡山大学 農学部紹介 ユニークな研究・教育体制 本学部の教育・研究体制は総合農業科学科1学科制を採用しています。 「総合農業科学科」1学科体制のもとで,コース制教育を導入しています。 この様な, ユニークな研究・教育体制により多様な学問領域からなる農学教育の一層の充実を図るとともに,時代のニーズに柔軟に対応できる専門性と総合性を兼ね備えた人材の育成を目指しています。 農学部を構成する4つのコース 岡山大学農学部総合農業科学科は,農芸化学コース・応用植物科学コース・応用動物科学コース・環境生態学コースの4コースによって組織されています。 幅広い基礎知識を修得することができ,その基礎の上にそれぞれの専門分野の知識を積み上げていくことができるのが特色です。 したがって多様化する社会的要請に対応でき,また幅広く応用力を発揮できる人材の養成が可能になります。 農芸化学コース 生命現象を化学的視点で理解する力を養い,生物資源や生物機能を人間生活に役立てるための基礎と応用を習得する。 応用植物科学コース 農業生産の基盤をなす植物を対象にバイオサイエンスとフィールドサイエンスの基礎と応用を習得する。 応用動物科学コース 動物の生命現象を科学的に理解し,動物資源を食品としてだけでなく広い観点から人間生活に役立てるための基礎と応用を習得する。 環境生態学コース 環境保全,安全安心で効率的な食料生産,および地域資源管理という課題に対して,環境科学的視点を通して基礎から応用にいたる教育研究を行う。 各コースの紹介ページ• カリキュラムの特徴 農学部のカリキュラムの特徴は,個々の学生の適正に応じ,指導教員との相談のもとに柔軟にカリキュラムを作成することができることです。 一年次には一般教養科目の履修と併行して,農業科学の概要を把握するための専門基礎科目からなる入門科目を履修します。 二年次前期には各コースに分属して,共通的な専門科目を通じて自分自身の適正を見いだし,二年次後期から順次,教育研究分野に所属して特定の専門教育を受けつつ卒業論文研究の準備に入ります。 四年次では卒業論文研究を通して実践的研究の場を経験して実社会に羽ばたきます。 さらに深い専門知識や技術の修得を目指す学生は,大学院へ進学します。 近年は科学・技術の著しい発展に対応するため大学院への進学者が急増しています。 また普通科のみならず農業など専門教育を主とする学科を持つ高校からの推薦入学,さらに,社会人入学,帰国子女入学などのさまざまな入学制度を採用し,多彩な人材養成も目指しています。

次の

岡山大学自然生命科学研究支援センター 動物資源部門鹿田施設

動物資源科学科

1年次は専門科目は必修が9割を占めており、選択は牧場実習のみとなっています。 専門科目では動物全般に関して生理や形態、また畜産業について基礎を学びます。 2年次以降から専門科目が忙しくなるので1年次の内に教養科目をできるだけ多く履修しておくことが推奨されています。 2年次は専門科目の数が必修も選択も一気に増えていきます。 内容は1年次に習った事をより細かくしたものの他、微生物や食品についても学んでいきます。 3年次は専門科目の必修は動物資源科学演習のみとなり、あとは選択で動物や畜産に関してより専門的な知識を身につけていきます。 生命工学や伴侶動物に関する講義もここで詳しく学べます。 研究室に所属する様になるのもこの年からです。 4年次は必修科目は卒業研究のみです。 教職課程や学芸員課程を取っている学生は教育実習や博物館実習も行います。 学校の施設が綺麗で駅からの距離が近いです。 全てにおいて情報が遅いのが気になります。 普通ではない特殊な学校に行きたい方、動物全般が好きな方等におすすめです。 化学が多めなので化学が苦手だと少し辛いかもしれません。 一二年で英語の必修がありますが、こちらは学力別でクラス分けされています。 先生にもよりますが一番下のクラスだとかなり緩く、上のクラスだと毎度課題が出る。 など格差が凄いですが貰える単位はおなじです。 2年次にもう一度クラス分けテストがあるのですが明らかにわざと落ちてきた人も見受けられました。 2年は必修の量が多いので1年の間に教養科目の必要単位数取得が望ましいです。 3年は資格のための授業が多いので、4年で就活や卒論に精を出したい方は3年までに計画的に単位を撮る必要があるります。 学科が多く、それぞれの学科が全く方向性の違うことを学んでいるため他学科に友達が出来れば新しいことを沢山知ることができます。 学食が3箇所あります。 迷ってる方は1度遊びに来てみることをオススメします。 楽しいです。 実習だけでなく、動物と関われるサークルもあります。 運動系のサークルも文化系のサークルも、学術サークルもあります。 キャンパス内に自然が多く、建物も大きくたくさんあります。 移動に時間はかかりますがのびのび学べます。 1年生の初めに体育祭があり、学科ごとの対抗戦です。 最初は友達が作れるか不安かと思いますが、そこで話す機会もたくさんありました。 また、体育祭の後は打ち上げもあるのでより親睦を深めることができます。 1年生の内は教養科目が多いので、少しずつ大学に馴染めていけるのではないかと思います。 英語の授業は、最初のテストでクラスわけされ行われます。 その分同じクラスの人と仲良くなれます。 また、外国の講師の方の授業もあるので勉強になります。 最寄駅 JR中央・総武線 市ケ谷 東京メトロ有楽町線 市ケ谷 都営新宿線 市ヶ谷 電話番号 03-5275-8110 学部 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 概要 日本大学は、東京都千代田区に本部を置く私立大学です。 通称は「日大(にちだい)」。 1889年に創立された日本法律学校を前身に、日本の法律を学ぶ学校として誕生しました。 2009年に120周年を迎え、「自主創造」を合い言葉に新しい時代に立ち向かう人材育成を主とした総合大学です。 建築界で「構造の日大」と呼ばれるほど例年多くの一級建築士を輩出し全国で活躍しています。 出身大学別社長数は全国1位の人数を誇り、社会でリーダーシップを発揮しています。 学部ごとに独立したキャンパスを持つため専門的な教育や研究に必要な設備が完備されていますので快適です。 日本大学は「大学図書館蔵書冊数」「学生数」「インターンシップ参加学生数」など全国トップクラスです。

次の