ビジネス メール こちら こそ。 こちらこそは失礼?|敬語/意味・丁寧な使い方と例文

こちらこそすみませんという謝罪は正しい?こちらこその使い方や類語

ビジネス メール こちら こそ

ビジネスメールの締めの言葉として使用されることが多い、「今後ともよろしくお願いいたします」という文言。 普段の仕事の中で何気なく使っている方も多いと思いますが、正しい使い方をご存知でしょうか。 また、似たような表現で、こちらもよくビジネスシーンで出てくる「引き続きよろしくお願いいたします」がありますが、「今後ともよろしくお願いいたします」と「引き続きよろしくお願いいたします」の意味や使い方の違いも正確に説明できますでしょうか。 そこで今回は、『今後とものビジネスでの使い方』や『今後ともと引き続きの違い』について、また『今度ともを使ったメール例文』についてご紹介します。 ビジネスで今後の良好な関係性を築いていく上で、重要な表現となりますので、ビジネスメールなどで使える例文を交えて説明していきたいと思います。 Topics• 「今後とも」の読み方と意味 「今後とも」は「こんごとも」と読みます。 「今」は「現在」という意味があり、「後」は「そののち」という意味があります。 「とも」は「同じ」という意味で、3つとも名詞です。 よって、「今後とも」は、「現在から後も同じく」という意味で、「今後ともよろしくお願いいたします。 」は、 「現在から後も同じようによろしくお願いいたします。 」という意味の敬語表現です。 「今後とも」のビジネスシーンでの使い方 「今後とも」は、取引先の相手との別れ際や、ビジネスメールの締めの言葉としてよく使われる言葉です。 特に後者で使われることが多く、メールの結びに「今後ともよろしくお願いいたします。 」と入れることは、メールの初めの文章に「いつもお世話になっております。 」と入れるのと同じように、ビジネスメールでの常套句となっています。 「今後とも」は前述したように、これから先のことについてよろしくしたいとお願いする言葉ですので、 現在のお付き合いをこれから先も続けていきたいという気持ちを相手に伝えたい際に使われます。 また、この気持ちをさらに強めた言い回しとして、「何卒」という言葉を使うこともあります。 「何卒」という言葉には、「どうか」「なんとしても」という意味がありますので、 切実な願い入れの気持ちが追加されます。 「今後ともよろしくお願いいたします。 「今後とも何卒よろしくお願いいたします。 」 下の文の方が、よろしくお願いしたい気持ちが強調されていますよね。 「何卒」は「今後とも」に接続せずに、単体でも使います。 「何卒お願いいたします。 」と言った場合、「どうかよろしくお願いいたします。 」という意味です。 例えば、こちらの提案を相手方に了承してもらいたい際等に使うと、こちらの真剣な気持ちが伝わりやすいため有効です。 「今後とも」と「引き続き」の違い 「今後とも」の類語に「引き続き」という言葉があります。 「引き続き」も「今後とも」と同じく、これから先のことについて話す時に使われる言葉です。 「引き続きよろしくお願いいたします。 」と言うと、「これから先も同じようによろしくお願いいたします。 」という意味になり、「今後とも」とほとんど変わらない意味合いです。 しかし、この2つは使うシーンが少し違います。 「今後とも」を使うのは、取引が終了した時等、未来のことについてお願いする時です。 対して「引き続き」を使うのは、現在進行している取引がある時、そのことについてお願いする時です。 取引が終了した時に、「引き続きよろしくお願いいたします。 」と言ってしまうと誤解が生じてしまいますから、「今後とも」を使うようにしましょう。 「今後とも」をメールで使う際の例文 今後ともをビジネスメールに於いて使用する際の例文をご紹介いたします。 この度は、弊社のためにご尽力いただき、誠にありがとうございました。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 若輩者の私ですが、皆様のご要望に沿えますよう、努力する次第です。 今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。 今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 今後とも変わらぬお付き合いをさせていただきたく、何卒よろしくお願いいたします。 今後ともお引き立てくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 ただの常套句だと思わずに、次のビジネスにつなげるための重要な一言であるということを意識して使っていきましょう。 「今後とも」を使う際の注意点 万能に使えるように思える「今後とも」という言葉ですが、使わない方がいいシーンもあります。 まずは、自分がミスをした時に、お詫びのためのメールを出す時です。 【謝罪する場合】 「~の件についてご迷惑をおかけいたしました。 誠に申し訳ございませんでした。 今後ともよろしくお願いいたします。 」という文章を送ってしまうと、人によっては、厚かましさを感じる可能性があります。 全てがそうとは限りませんが、考えうるリスクは避けた方が良いでしょう。 一般的にお詫びのためのメールを出す際は、「今後とも」は使わずに、「この度は、大変申し訳ございませんでした」等の謝罪の言葉か、 「ご期待に添えず、大変申し訳ございませんでした。 この度は誠にありがとうございました。 」等、トラブルに対処いただいたお礼の一言をつけるのが適切です。 【継続的な付き合いをしない場合】 また、一度限りの仕事相手にも、「今後とも」という言い回しは避けるようにしましょう。 今回までで関係が終了するところに、今後の付き合いを示唆する「今後とも」を使うと話しがおかしくなってしまいます。 こういう時は、「今回はご尽力いただき、誠にありがとうございました。 失礼いたします。 」と締めるとよいでしょう。 はじめての相手に対して「今後とも」は使って良いのか? もう1点、「今後とも」の使い方で気になるのが、初めての相手に初めての挨拶において使ってもいいのか、という点ですよね。 結論から言いますと、使っても問題ありません。 実際に初対面の方にお会いして挨拶をする際にも、「〇〇です。 これからよろしくお願いいたします。 」と声をかけることが当たり前なので、むしろこれは最初の挨拶の際に言わねばならない一言です。 これからの関係を築いていくために、ぜひ使ってください。 注意すべき点は、最初のあいさつにあります。 ビジネスメールに於いて、「はじめまして」という言葉はあまり使いません。 初めての挨拶のメールを出す場合は、「突然のメール失礼いたします。 」や、「初めてメールを送らせていただきます。 」という言い回しをしましょう。 「今後ともよろしくお願いいたします」への返し方 「今後ともよろしくお願いいたします」や「引き続きよろしくお願いいたします」と相手に言われた場合、どのように返事をすれば良いかも、ここで押さえておきましょう。 こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。 こちらこそ、よろしくお願いいたします。 「こちらこそ」は、相手に同じことを伝えようとする場合に使います。 自分からむしろ言うべきという謙遜したニュアンスが含まれますので、相手に良い印象を与えることができます。 これからの良好な関係性を築いていくためにも、相手から言われた場合には、ぜひ使ってください。 「今度ともよろしくお願いいたします」の英語表現 「今後ともよろしくお願いします」の英語表現は以下になります。 Thank you for your continued support. We appreciate your continued support. I foresee a wonderful relationship moving forward. まとめ 今回は、「今後とも」という言葉について、詳しくご紹介させていただきました。 ビジネスにおける常套句として何気なく使っている「今後ともよろしくお願いいたします。 」というフレーズですが、詳しく学習してみると、意味合いを理解して使わないと失礼にあたることもある言葉でしたね。 常套句だからといって安易に使用せず、意味合いを踏まえたうえで使っていきましょう。 言葉の意味を考えて使用することは、相手の気持ちを慮ることにつながり、あなたのビジネスを高みへ向上させていくツールになるでしょう。

次の

「ご連絡ありがとうございます」とは?使い方・メール例文・返信の仕方・英語表現を解説

ビジネス メール こちら こそ

「こちらこそ」という敬語はなにげなく使われているだけに、時には人を不快にしてしまうリスクがあります。 「こちらこそ」を使う場合には、注意が必要なのです。 例えを使ってご説明していきますね。 お礼を言われた時に「こちらこそありがとうございます。 」と、つい返事をしがちですが、この表現では失礼に感じる人が少なからず存在するのです。 それでは敬語になりませんよね。 一体どうしてなのでしょうか? それは、何に対して感謝をしているのかという、感謝の内容が省略されてしまっているからです。 ビジネスシーンでよくある事例ですが、相手から「先日はお時間を取っていただき、ありがとうございました。 」とお礼を言われたとします。 それに対して「こちらこそありがとうございました。 」と返すと、先に相手が示した感謝の内容に乗っかって省略した形になってしまいます。 これではせっかくの敬語が生かされていません。 特に目上の人に対して配慮が必要なビジネスの場面では、こういった失礼がないよう注意が必要です。 せっかく敬語を使うのですから、正しい使い方でお互い気持ちよくやりとりをしたいものですね。 では、敬語として正しい「こちらこそ」の使い方をご説明します。 まず先ほどの例でいくと、「こちらこそお時間をいただき、ありがとうございました。 」と返すのが良いでしょう。 「お時間をいただき」という感謝の気持ちが述べられているので、これならきちんとした敬語の表現になります。 「〇〇いただき(〇〇には感謝の内容が入ります)」という言葉を加えると、丁寧で正しい「こちらこそ」の使用方法になるのです。 他には、「とんでもないことでございます。 」という言葉を前置きして、一旦相手からの感謝を否定するのも一つの手です。 謙遜することで、相手をより一層立てるといった方法ですね。 「とんでもないことでございます。 こちらこそお時間をいただき、ありがとうございました。 」と返答すれば、相手を立てた感謝の意を伝えることができます。

次の

「こちらこそ」は英語でどう言う?

ビジネス メール こちら こそ

日本語を勉強中の中国人です。 ビジネス日本語についてお伺いします。 「こちら」、「当方」、「当社」、「弊社」の使い分けを教えていただけないでしょうか。 特に、最初の三つはどんな時に使うのかまだよくわかりません。 少し思いつけません。 申し訳ないのですが、ここまで書いていてまた二つの言い方が頭に湧いてきました。 それは「先方」と「向こう」です。 これはまたどんな時に使う表現なのでしょうか。 質問が多すぎて申し訳ありません。 質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 ビジネス文書は常に会社を代表した遣り取りです。 会社としての意志の遣り取りです。 「当社」又は「弊社」が一般的です。 「当社」は特定多数の人を相手にした社外報などで使われます。 経営者側が従業員に対して方針や業績を告知する際には「当社」が使われます。 「弊社」は明確に相手が特定できる場合に使われます。 「弊社」の方が丁寧な表現です。 この場合には相手に対しては「貴社」又は「御社(おんしゃ)}が使われます。 ただし、不特定多数が相手であっても、消費者向けの謝罪広告のような場合には、「弊社」が使われます。 銀行の場合には「当行」「弊行」が使われます。 商店の場合には「当店」「弊店」が使われます。 正式な交渉の前段階として、担当者どうしが遣り取りする場合には「こちら」「当方」が使われます。 会社としての意思表示ではなく、担当者同志の意志の表示として使われます。 「当方として異存はありませんが、社内で調整したうえで再度御返事いたします」というような使い方をします。 あくまでも、業務上の遣り取りですので「私は」などという私人としての言葉は使われません。 正式な企業体としての意志表示の際に「こちら」「当方」を使うと尊大な印象を与えます。 場合によっては、会社としての意志表示なのか否かを確認されることがあります。 担当者どうしであっても丁寧に表現する場合には「私ども」「手前ども」が使われます。 ビジネス文書では「そちら」は使われません。 個人対会社などの時には「そちら」「そちら様」「お宅」「お宅様」などがつかわれますが、あくまでも私信扱いです。 会社が個人に対して、正式な遣り取りをする場合は個人の苗字に様を付けて使います。 ビジネス文書では「むこう」は使われません。 あくまでも「先方」が使われます。 三者間での遣り取りなどの際に使われます。 上司が部下に対して「先方の意見を確認してこい!」という言い方をします。 問題となっている相手先の意見を確認してこい、という意味です。 丁寧に言う場合には「向こう様」「先様(さきさま)」が使われます。 二者間での遣り取りには使われません。 「貴方」という表記は「あなた」と読まれてしまいますので、誤解を避けるために使われません。 但し、最近はこの使い分けが不徹底な企業が散見されます。 慣れない場合は「弊社」「御社」「先方」を使うのが無難です。 #1です。 >1、「方角を借りた」、「対位を借りた」の意味は何でしょうか。 : 相手に直接対しては失礼で、位置を遠くに持っていったり(対位)、向くべき角度を直角にずらしたり(方位)して、更に対位と方位を重ねて、なおかつ所在を韜晦する形で、より敬意を高めるようにしています。 1)話者が謙るべき相手への対象位置(対位)「~こ(処)」や「~ち(方)」を遠く表すほど敬意が高まります。 こちら < そちら < あちら >2、「対面での敬譲語」と「口頭での敬譲語」の違いは何でしょうか。 : 「対面」は直(じか)に応接した場合です。 「口頭」は会話語として、例えば聞き手を意識したスピーチやレポートなどを含みます。 Q 先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo.

次の