七夕飾り 天の川 作り方。 七夕飾りの工作!幼児(2~5才)が折り紙で簡単に作るならコレ|30代ママの子育てとマイホーム

七夕飾りを折り紙で手作り 簡単な作り方8選~吹き出し・笹・短冊・天の川・星など~

七夕飾り 天の川 作り方

このライフレシピのもくじ 【】• 七夕には、お部屋などに七夕飾りをいっぱい手作りして飾ると、とてももりあがりますね。 子供と一緒に楽しく作りたいものです。 さて、そんな七夕飾りのメインは、やっぱり存在感のある「天の川」がおすすめ。 1つ作ったら、まわりに折り紙でつくった織姫と彦星を飾るのも素敵ですね。 ここでは、紙とハサミだけでできる、涼やかな「天の川」の作り方を紹介します。 用意するもの(1個)• 長方形の紙(ちらしや包装紙でも可)• はさみ 天の川の作り方 STEP1:上下の端を紙の真ん中の線にあわせて折る 紙を半分に折って折り目をつけます。 上下の端(赤線の部分)をその折り目にあわせるように折ります。 STEP2:半分に折る 縦に半分に折ります。 STEP3:さらに半分に折る さらに半分に折ります。 STEP4:端から上下交互に切り込みを入れる 端から上下交互に3ミリ程の幅で切り込みを入れていきます。 切り落とさないように注意しながら、ぎりぎりの所まで切り込みを入れます。 STEP5:広げる 破れないように、ていねいに広げます。 完成! 上に持ち上げるとビローンと伸びて、天の川になります。 きれいに飾り付けるポイント A4くらいの大きさの紙で作って、1. 5メートルくらいの長さになります。 大きめの飾りなので、上の方に飾るのがおすすめです。 上の方に飾ると全体の網目が伸びて、きれいな天の川になります。 おわりに 切り込みを入れるときは、途中で切り落としてしまわないように、集中して行いましょう。 今回は白色の紙で作っていますが、色のついた包装紙などで作るのもおすすめです。 飾る笹の大きさにあわせて、サイズは調節してくださいね。 Photo by 著者.

次の

七夕飾りを折り紙で簡単な作り方 あみや天の川を作ってみる

七夕飾り 天の川 作り方

7月7日は七夕ですね。 一年にたった一度だけ、 織り姫と彦星が天の川で逢える7月7日。 ご存知のとおりそれは七夕ですね。 願いごとを書いた短冊を、飾りとともに笹につるします。 笹の葉どうしがふれあう時の、サラサラとした音は神様を招くとされ、強い生命力と神秘性をもつ神聖なものとして、笹は古くから大事にされてきました。 スポンサードリンク お子さんが幼稚園や保育園に通っているご家庭では、園で作ったかわいい七夕飾りを持ち帰って、飾られていることと思います。 手作りの七夕飾り、最近飾ってないなぁ? という方も、今年は短冊に願い事を書いてみませんか? もちろん短冊だけではちょっとさびしいので、折り紙で飾りを作って、一緒にするしてみましょう。 七夕飾りの折り紙~シンプル簡単な星飾りの作り方 七夕は星のお祭り。 まずは星を作りましょう。 1枚の折り紙を折って切るだけ。 折って仕上げるので、吊るす際にも丈夫です。 スポンサードリンク ちょっとおしゃれに、つながる星です。 簡単に1枚の折り紙でできます。 動画のように小さいサイズで、カラフルな星をたくさん作り、ビンなどに詰めたり、またヒモでつなげてもとても素敵です。 これはきちんと折らないと形のよい星にならないので、少し難しいですが、丁寧に作ってくださいね。 ちょっと上質の折り紙や、モダンな柄の折り紙でもおしゃれに仕上がります。 スポンサードリンク 星は、作り方を知っているとなにかと便利です。 七夕に関わらず、クリスマスやパーティの飾り、またカードや手紙に貼ったり…と使い方いろいろ。 是非、ご自分のレパートリーに入れてください。 七夕飾りの折り紙~天の川作り方 織り姫と彦星がデートをする天の川も、作りましょう。 折って切り込みを入れて広げるだけなのですが、ポイントがあります。 切り込みは幅も長さも均等に入れるときれいに仕上がる• 広げる時は、そーっと丁寧に(やぶれやすいです)• グラデーションの折り紙を使うととてもきれい では、天の川の作り方をご紹介しましょう。 柄 や大きさをいろいろ変えて、友達とひたすら作りましたね。 スポンサードリンク 【簡単】手作りでおしゃれ!折り紙で作る七夕飾りまとめ15種類 その他にも簡単にできる折り紙の七夕飾りについて15種類をご紹介します。 写真で七夕飾り製作をまとめてチェック 七夕の折り紙飾りには、このようなものがあります。 これまでに作ったことのあるものはありましたか?それぞれ難易度や使う紙の枚数も異なるので、好みの飾りを作ってみてください。 スポンサードリンク まとめ 折り紙というのは、切るだけでもいいし、折ったり、いくつか合体させたり…超初級から超上級まで、本当に幅広く、技とアイディアとセンスを盛り込むことができる、魔法の紙だと思います。 折り目のない、新しいきれいに整っている折り紙を目にすると、何故か胸が高まり、大切にしたい気持ちが湧いてきます。 デザインなどは現代的なものもいろいろ出回りますが、基本は正方形の紙。 いつの時代も、小さい子供からお年寄りまで楽しめることも、とても素敵ですね。

次の

おしゃれで簡単!七夕飾りの折り紙~星飾りと天の川の作り方

七夕飾り 天の川 作り方

【七夕の折り紙一覧】• 七夕の折り紙 織姫 折り紙は、ぜひ和紙や古典柄を使って下さいね。 折り紙の柄によって雰囲気が変わるので、 青色系の折り紙で折っても素敵ですよ。 天の川 天の川は、一年に一度織姫と彦星が逢える場所として有名ですよね。 実際に、夏に夜空を見上げると、雲のような光の帯を見ることができます。 実は、これが天の川で、私たちの太陽系がある銀河のことなんですよ。 スポンサーリンク 四角つながり 七夕飾りのひとつで、四角の形を交互に折ったものです。 切って広げるだけなので、忙しいときでも、簡単に作れちゃいますよ。 星つづり 星のフレームを折り紙で作ってたくさん繋げてみました。 色違いで作ると、とっても可愛いですよ。 星飾り 切り紙の星を繋げて、可愛い飾りを作りました。 切った星は交互に並べるので、両面折り紙がおすすめです。 スポンサーリンク 菱飾り 七夕の菱飾りは、星が連なる天の川をイメージしたものです。 でも、四角い折り紙を繋げただけだとつまらないですよね。 そこで、ちょっとひと工夫してみました。 短冊 七夕の短冊は、もともとは五色の糸を飾っていました。 これが糸から布に変わり、今では紙に願い事を書くようになったんですよ。 紙衣 七夕飾りに作る着物の折り紙は、紙衣(かみころも・かみこ)といいます。 本物の着物を選ぶように、素敵な柄の折り紙で作って下さいね。 スポンサーリンク 貝飾り 飾りに使うときは、同じものをたくさん作ってのりで繋ぎ合わせて下さい。 色違いで作ると、カラフルで素敵ですよ。 吹き流し 吹き流しは、織姫の織り糸を表しています。 七夕に飾る吹き流しには、 織姫のように機織が上手になりますように という意味があるんですよ。 透ける素材や、和紙で作ったら一層、雰囲気がでますよ。 星 ハサミで切るだけで、こんなにちゃんとした星が出来上がりました。 真ん中に線が入る形になるので、ちょっと変わった出来上がりになりますよ。 折り紙を1枚使って、星を折る方法です。 思ったよりも簡単にできるので、ぜひ、作ってみて下さいね。 2枚の折り紙を使う星の折り方です。 とっても簡単なので、小さいお子さんでも作れちゃいますよ。 さんまいぼし(三枚星)は、3枚の折り紙を使って、星を作ります。 これは、私が知っているなかで一番簡単に、星が出来ちゃいますよ。 5枚の折り紙を使って、立体の星を作りました。 5枚の折り紙の色を変えるとグラデーションになって素敵ですよ。 スポンサーリンク ラッキースター 小さくて可愛い立体の星を作りました。 ぷっくりとしていて、こんぺいとうの星型に似ていますよ。 星のお皿 星の形をした入れ物を作りました。 大きいサイズで作れば、小物入れとしても活躍しますよ。 菊の花のくす玉 6個の菊の花を貼り合せるだけなので、とっても簡単に出来ちゃいますよ。 中が空洞なので、七夕飾りにも最適ですね! スイカ とっても簡単で、夏にぴったりなスイカの折り方です。 これなら小さなお子さんでも一人で作れちゃいますよ。 スポンサーリンク まとめ 七夕は、一年に一度の願い事を星にお願いする日です。

次の