かたつむり 語源 由来。 タニシ/田螺【たにし】の名前の由来とは?|名前の由来語源なら《ユライカ》

かたつむりの「かた」とは何の意味?今日のグッドモーニングことば検定

かたつむり 語源 由来

カタツムリ 蝸牛 の語源 先ほどはカタツムリの漢字の由来について解説しましたが、そもそもなぜ『カタツムリ』という呼び名になったのかを解説いたします。 『カタツムリ』は『カタ』と『ツムリ』に分けることができます。 『カタ』の語源 『カタ』の語源については諸説ありますがどれが正解かわかっていませんので、それぞれを紹介します。 昔の傘が螺旋状に縫って作られていたため、その形状とカタツムリの渦巻模様が似ていることが語源となっている説• カタツムリの殻が固いからことが語源となっている説• カタツムリが殻から現れたり、消えたりする様子が、潮の満ち引きで現れたり、消えたるする干潟を連想することが語源となっている説 『ツムリ』の語源 『ツムリ』は古語の『ツブリ』という言葉が語源で、 巻貝を表す言葉である『海螺 ツビ 』が語源とされています。 漢字の『蝸牛』同様、日本語のカタツムリの語源も、特徴的な渦巻き状の殻が名前の由来となっていることがわかります。 カタツムリの呼び方はたくさんある これまでカタツムリの漢字の由来と、呼び方の語源について紹介してきましたが、カタツムリにはたくさんの別名があります。 童謡でも有名な『でんでん虫』をはじめ、『マイマイ』、『ツブリ』、『ナメクジ』などと呼ばれることもあります。 でんでんむし 近畿地方 マイマイ 中部地方・中国地方など カタツムリ 関東地方・四国地方 ツブリ 東北地方・九州地方 ナメクジ 東北北部・九州西武地方 正解! そして逆に、京都から距離が遠くなるほど、新しい言葉が伝わるのに時間がかかるため、昔からある古い言葉がそのまま方言として現在まで残っているという事なんです。 インターネットはおろか、ラジオやテレビさえなかった時代では情報の伝達速度が遅く、様々なカタツムリの呼び方が存在する原因となったというわけです。 なお、この傾向はカタツムリに限らず、他の言葉にもみられる事象で 『方言周圏論』という国語学の説としても有名です。 カタツムリにまつわる人気商品をご紹介! カタツムリの漢字や由来、語源や、でんでん虫などや他の呼び方などを紹介してきましたが、最後にカタツムリにちなんだ人気商品グッズもご紹介しておきましょう。 カタツムリに関連する商品としては、カタツムリのコスメが優れた効果があるとTVや雑誌などで取り上げられています。 漢方っぽい香りがします。 浸透が早く、ベタベタしません。 最近はクレアスのビタミンEクリームと混ぜて使っていましたが、ベースメイクとの相性もよく気に入っています。 カタツムリの粘膜から球状のタンパク質を抽出し精製したカタツムリコスメは、抜群に潤う基礎化粧品で、肌美人大国である韓国でも大人気のエイジングケアコスメです。 関連記事 続いては、食用カタツムリです。 エスカルゴ〜 — ハルジオンわたる harjion0910 『えっ!? 』と思われる方もいるかもしれませんが、カタツムリをフランス語でいうと『エスカルゴ』といいます。 『エスカルゴ』というとサイゼリアなどのファミリーレストランでも取り扱われていますよね。 どんな味かというと、、、実はエスカルゴ自体の味はあまりありません。 エスカルゴはその身肉を味わうというより、食感が醍醐味だそうです。 その食感はアワビやサザエを柔らかくした食感とのことです。 ただ、野生のカタツムリを食べる方法もあるみたいですが、カタツムリが何を食べているかわからないので基本的には市販されているものを使いましょう。 雨が降った後、風雨にさらされたコンクリートからは炭酸カルシウムが染み出てくるので、雨の日のなどにカタツムリが多いのはそういう理由があるのかもね。 まとめ• カタツムリ 蝸牛 の漢字は中国が起源• 『蝸牛』の『蝸』は殻の渦巻模様、『牛』は触角が牛のようだから• 『カタツムリ』の『カタ』は昔の傘と似ている、殻の固さ、潮の満ち引きなど説がある。 『ツムリ』は巻貝を表す言葉• 『カタツムリ』の別名には『マイマイ』『でんでんむし』『ツブリ』などがあり、京都中心に遠くの地域は古い名称を使われる カタツムリの漢字の由来を始め、カタツムリの語源や別名も含めトリビアを詳しくご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 身近な存在だけに、実際に見かけた際の話のネタになれば幸いです。

次の

カタツムリの漢字の由来と語源!そのほかの呼び方とは?!

かたつむり 語源 由来

カタツムリは丸く膨らんだ笠を被った虫 かたつむりの語源は、「笠(かさ)+円ら(つぶら)」に由来しています。 頭に被る「笠」と、丸くふっくらとしている様子を表す「円ら」に因んでいます。 古語辞典を調べてみると、形容動詞の「つぶらなり」という言葉で出ています。 ちなみに、この「円ら(つぶら)」は「粒(つぶ)」と起源を同じくしています。 丸くて小さいものを「粒(つぶ)」と表現するわけですが、古くは「つび」と発音していた歴史があります。 「つぶ」と言うようになったのは室町以降とされます。 案山子ロードのかたつむりと彼岸花。 三匹のかたつむりの背後に、黄色い彼岸花の群生が見られました。 丘陵の頂近くには、一際巨大な金太郎が展示されていました。 こんなに大きな案山子を見たら、驚いて鳥たちも寄って来ないでしょうね 笑 かたつむりの異称に「でんでんむし」というのがありますが、これは「ででむし」の約まった形です。 ででむしとは、「出よ出よ虫」の意味であり、頭を殻の中に引っ込めるカタツムリの習性を言い表しています。 また、かたつむりのことを「まいまい」と表現することもありますよね。 広辞苑を紐解けば、舞舞螺(まいまいつぶり)と記されています。 案山子ロードにはカラスも展示されています。 巣の中にはたくさんの子ガラスが居て、子安地蔵がモチーフになっているようでした。 秋晴れの昼下がりに、仕事の合間を縫っておでかけした明日香村稲渕。 今年もカタツムリを始めとした様々な案山子たちが、ハイキング客の目を楽しませてくれています。

次の

梅雨の意味・由来・語源を子供向けに説明するには?

かたつむり 語源 由来

《スポンサードリンク》 数え方(読み方)・単位 一匹(いっぴき) 解説 意味 (「かたつぶり」の変化した語) 軟体動物、有肺類に属する大形陸貝の総称。 前鰓類のヤマタニシなど陸産の種を含めることもある。 殻は右巻きのものが多い。 頭や胴体の一部を殻の外に出して移動するが、乾燥時や驚いた時は殻の中にひっこめる。 頭に二対の触角があり、長い方の一対の先端に明暗を識別できる目がある。 短い方の一対は、化学物質を感じる器官といわれている。 柔らかい体の表面は粘液でおおわれる。 血管が網状に集まって肺の働きをする外套腔(がいとうこう)で呼吸する。 口にはやすり状になった歯舌があり、これで主に枯死した草や木の葉などをなめるようにして食べ、農作物に害を与えることもある。 雌雄同体で、土中に卵を産む。 ふつうにみられるオナジマイマイのほか、クロイワマイマイ、ウスカワマイマイなど日本では約六〇〇種ほど知られている。 でんでんむし。 かたつぶり。 かいつむり。 まいまい。 まいまいつぶろ。 まいまいつぶり。 かぎゅう。 ででむし。 全国的分布も複雑だが、大局的にはいくつかの類(同系の語)が一定の領域を占めている。 柳田国男は「蝸牛考」で、全国の「かたつむり」の方言をナメクジ系(A)・ツブリ系(B)・カタツムリ系(C)・マイマイ系(D)・デデムシ系(E)の五類とその他に分類し、京都を中心に分布するデデムシ系(E)を囲んで、ほぼABCDEDCBAの順に並んでいると判断し、これは京都でABCDEの順にことばが誕生し、地方に伝播していったために形成されたと考え、いわゆる方言周圏論の典型的な例とした。

次の