水木御大。 御大とは (オンタイとは) [単語記事]

水木御大、安らかに・・・

水木御大

橘井堂/水木しげるさん、ありがとうございました︎ 2015年12月3日 水木しげるさん、ありがとうございました。 そして、これからもよろしくお願いいたします。 水木しげるさんが11月30日にお亡くなりになった。 最後にお会いしたのは2008年、映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』の時だったけど、今年、山陰放送で制作された(12月6日 14:00〜14:54 山陰放送にて再放送)にインタビュー出演させていただいたので、一方的かもしれないけど、あれがご一緒させていただいた最後…という気持ちです。 同じ島根半島、水木さんは境港、こちらは松江。 出雲神話の地に育った空気は自然と身体に染み込んでいたので、水木さんの世界は自分のことのように少年時代から感じられていました。 とはいえ、そんなことも知らずに小学生の頃、少年マガジンで連載していた『墓場の鬼太郎』を読んではいたのですが…。 内中原町(小泉八雲の怪談『水飴を買う女』の大雄寺の近く)にあった中学校から自転車通学での帰り道、園山書店(漫画家、園山俊二のご実家だと聞いた。 島根半島には漫画の神様もいるのだ!! 園山俊二も好きだったなあ)で手に取ったサンコミックスの『日本奇人伝』。 その中の山田風太郎原作「大いなる幻術」は鳥取藩や浜坂温泉などの言葉が出てくるので、そういえば水木しげるは妙に山陰の匂いがするな…と思い始めた頃だった。 もう、それからは『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』『河童の三平』のみならず、読める水木作品は片っ端から読み、没頭した。 小学生の頃は『小学*年生』『少年』など、月刊誌か、近くの貸本屋で漫画を読むのが定番。 高学年になった昭和40年頃からは『少年マガジン』『少年サンデー』など週刊漫画にとって代わっていった。 低学年の頃に好きだったのは横山光輝や桑田次郎、手塚治虫といったロボットやSF的なものの方だったけれど、忍者ブームもあって白土三平の『サスケ』『カムイ伝』などに惹かれていき、そこからは水木しげるや梅津かずお、古賀新一、日野日出志など、おどろおどろしい作品にのめりこんでいった。 何度か述べてはいるが、『少年』に連載されていた「鉄腕アトム」の最終回で、アトムが太陽に突っ込んで自殺するシーンを読み、「それはないだろうっ!!! 」と裏切られた気になり、本を投げつけたあたりから、本格的な水木しげるの愛読者となっていったのだ。 『少年』『ぼくら』『少年画報』『少年ブック』などの月刊誌がなくなり、月刊漫画誌は手塚治虫の「火の鳥」などが掲載されている『COM』と、白土三平や水木しげるが読める『ガロ』となっていった。 サンデー、マガジン、COM、ガロ…漫画は子供達ばかりではなく、大学生たちのバイブルともなっていき、社会現象としてメディアでも取り上げられていたことを良く覚えている。 そんななか、貸本漫画時代の作品も再録されたサンコミックスなどは、より水木漫画の深さに触れることができ、繰り返し繰り返し愛読した。 『日本奇人伝』のなかの「約束」「魔石」など、ブラックウッドなど幻想怪奇作家を原作にしたものにも惹かれ、クレジットされていた翻訳の平井呈一が『吸血鬼ドラキュラ』の訳者であることにすぐに気づき、そこから幻想怪奇文学にのめりこんでいった経緯もあるので、まさに水木しげるありき!!! なのだ。 平井呈一は小泉八雲を訳し、荒俣宏さんも平井さんの流れのなかから登場し、ラヴクラフトを世に広め、水木しげるの『地底の足音』へと循環した。 ラヴクラフト作品のドラマ化『インスマスを覆う影』で主演させていただいたり、やはりドラマ『オカルト勘平』に出演させていただいた時には「エーリッヒ・ツァンの音楽」を引用した。 また、映画『ゴジラ FINAL WARS』で神父を演じた時にはクトゥルーの邪神「ダゴン」を召喚させる呪文を唱え、ゴジラ=ダゴン説を実行し、やりたい放題だった。 我が師、唐十郎も水木しげるの絵をチラシやポスターに用いた『河童』で泉鏡花賞を受賞しているし、稽古場でも水木しげる作品のことは常に語られていた。 唐さんが上田秋成の『青頭巾』をモチーフに戯曲にしたのも、むしろ水木さんの『青頭巾』からヒントを得ていたからに違いない。 先日、篠原勝之さんが『骨風』で泉鏡花賞を受賞し、その授賞式に参列させていただいたが、単行本としては遺作となった水木しげる作品が『泉鏡花伝』というのも符合している。 金沢と泉鏡花、松江と小泉八雲…境港と水木しげる…この先、世の中がどうなるかはわからないけれど、何百年、いや、もっともっと語り継がれ、読み続けられるに違いない、水木しげる。 そんな源泉で産湯につかった僕は、俳優として、もっともっと夢と現を行き来できるような身体にならなければ…と決意する。 「夢枕に出雲の神様が出てきて、『もっと言ってもらわんといけん』って言われたけど、アンタもそうでしょ!? 」 初めて水木さんにお会いした時、そう言われた。 1997年、東映アニメのテレビシリーズ『ゲゲゲの鬼太郎』での声をやらせていただいた時だった。 この時はエリートが歌う曲の作詞作曲も任せていただき、レコーディングし、CDとしてリリースもされた。 切なく哀しいストーリーは、今でも自分の仕事の中での誇りだ。 その後、ラジオ『オールナイトニッポン』のスペシャル番組としてラジオドラマでは「吸血鬼ラ・セーヌ」を演らせていただき、中川翔子さんの猫娘との戦いも嬉しかった。 そしてテレビアニメの鬼太郎、ラジオドラマとも目玉おやじの声優、故・田の中勇さんとスタジオでご一緒させていただいたのも、子供の頃からの夢を叶えていただけたことのなかの大きなひとつだ。 テレビアニメの録音は、映画やドラマなどのアフレコというと今はブースのなかに一人づつ、自分のパートだけを録音して、相手とは会わないことがほとんどだが、鬼太郎の時は、CMを挟んだ前半、後半を声優さんたちが入れ替わり立ち代りマイクの前に進み、一気に一発で録る!! 他にもWOWOWの、京極夏彦さんの原作『巷説百物語』をドラマ化した『怪』の「福神ながし」の回では、京極さんはじめ、水木さんゆかりの文士たち、宮部みゆきさん、大沢在昌さん、脚本の山田誠二さんらと一緒に水木センセイも絵師の役で登場し、共演させていただきました。 監督が、何度もテストをし、和紙に筆で描いた目玉おやじの絵を描き終わるまでカットをかけず、5回もテストして、あとでみんなで山分けしたのもご愛嬌!? 我が家は全員水木ファンなので、この時ばかりは家族旅行も兼ねてカミさんと娘と繰り出した。 恐山にも水木さんや奥様、ご家族のみなさまとご同行させていただき、一番の想い出である。 2008年の映画12月4日、21:00よりフジテレビ系列にて放送)では遺作となった緒形拳さんのぬらりひょんや韓流スター、ソ・ジソブさんの夜叉との共演で蛇骨婆ァを演らせていただいたが、室井滋の砂かけ婆あとの対決も忘れられない。 あの時は、またまた水木プロに取材にお邪魔したり、完成披露試写の時にも水木さんもいらしたりとご一緒させていただき嬉しかった。 映画をご覧になった水木さんは「そのままじっとしていればいい。 あんまり頑張ってはイカン」とダメだし。 …と決してご満足いただけたようではなかったが、まあ、それでも、こちらも戦っていた。 一作目の映画で、鬼太郎に両目があるので、「あれは義眼だったというシーンを付け加えて欲しい。 そうすれば出演させていただく」と、僕にしてはエラク強気な発言をし、それはちゃんと反映されたので監督やプロデューサーのみなさまには、感謝、感謝!! なのでありました。 『ゲゲゲの鬼太郎』の幽霊族の末裔として生まれた鬼太郎の出生の秘密に関わる「目玉」問題ゆえ、ここは譲れませんでした!! 映画の完成披露試写でお会いした時、ちょうど僕が写真展を開く時で、その案内ハガキを差し上げたら、喰い入るようにご覧頂いた。 緒形拳さんも。 なにしろ、そこには氷詰めになった(ように見える)娘の八雲の姿が映し出されていたので。 嬉しかったなあ。 芥川賞受賞前の、ピース又吉さんとの共演、幻想怪奇の世界を共に生き、嬉しくて嬉しくて…文学の話も一緒に結構してました。 想えば、小学生、中学生、高校、芝居の道を歩み始めてから、状況劇場を辞めた頃、いつもクヨクヨした時には水木さんの漫画を読んで救われていた。 特に、唐さんの下を離れ、途方に暮れていた時、神田神保町をうろついては貸本漫画時代の稀覯本は手が出せなかったけれど、桜井文庫という、文庫版で貴重な水木作品が読める私家版のようなシリーズがあり、求めたものでした。 そうして、映画の世界に足を踏み入れ、その映画『夢みるように眠りたい』は江戸川乱歩のような世界でしたから、幻想怪奇を映像で生きる喜びに打ち震え、ならば水木しげるや『ゴジラ』の原作者、香山滋作品も映像化できないものかと(まだ諦めてません!! 「不死鳥を飼う男」もそのなかのひとつだったので、夢のいくつかは叶ったのですが…まだまだ!! 世の中も、NHKのドラマでや戦記物がドラマ化されたりと、僕は出演できなくとも、嬉しくて、嬉しくて…。 ドラマで田中好子さんと夫婦役を演じた時、共演者の一人にいた、まだ正直言って青白い青年…といった印象が拭えなかった向井理さんが『ゲゲゲの女房』を期に、俳優として大きく変わったのも印象的でした。 聞けば水木さんに「ぼ〜っとしてろ」「監督の言うことは聞くな」と言われたからだそう。 いいねえ〜!!! まずは、自分の身体で感じない限りは、何をやってもダメだということ…「これはいただき!! 」と参考にしております。 戦地で、一度は失っていたかもしれない水木しげるさんの命。 それが、こうして、日本の、世界の、多くの人々の救いになっていることの素晴らしさ!! 水木さんの作品が、世の中の流れを、ひとりひとりの人の身体を大切にし、守られ、二度と戦争なんぞに巻き込まれることのないよう、警鐘を鳴らしつつ、笑いの絶えない世界に導いてくださるよう、これからもお願いしたいです。 亡くなっても、こんなに存在している水木しげるさん。 妖怪のひとつとして、人間が万物と共存しているのだと水木さんから教わったのですから、あの世とこの世を、これからも、自由に往来していただけますよう、これからもよろしくお願いいたします。

次の

水木しげるサイン会を見守る会レポート当日編

水木御大

先月30日、「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめとする様々な漫画の生みの親として愛されてきた水木しげるさんが、93歳で亡くなった。 言うまでもなく、戦後日本漫画界を支えてきた大家であり、特に妖怪というコンテンツで社会的なブームを巻き起こした大人物だ。 NHK総合では、亡くなった水木さんを偲び、12月5日から3回にかけて、2010年に放送された連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」総集編を放送した。 僕も放送当時にはリアルタイムで朝から視聴していただけに、懐かしさに駆られてつい全放送回を観てしまった。 (文:松本ミゾレ) 子どもの心を捉えて離さない水木先生の妖怪たち 僕は1984年生まれ。 出生当時は既に水木さんは大御所だった。 近年になって取り上げられるようになった、赤貧時代の水木さんのことはドラマや著書を通してしか知らない。 80年代には「ゲゲゲの鬼太郎」のアニメ3期版が放送され、僕は毎週これを家の柱の影に隠れながら観ていた。 エンディングの最後に、画面の四隅から妖怪が飛び出してきて脅かすんだけど、あれがもう分かっていても怖かった! 水木さんの妖怪画を基に、子供にも分かりやすい説明文を載せた妖怪図鑑も持っていた。 精緻なイラストの数々は、江戸時代の画家、鳥山石燕のそれをブラッシュアップしてよりリアリティを増したものであったり、バックベアードのような水木さんの創作妖怪であっても、実在するのではないかという説得力があった。 当時は子供向けの雑誌にも、水木さんの短編が掲載されていたものだ。 考えてみれば、僕の幼少時代は水木さんの作品に囲まれていたと言っても良いかもしれない。 大物漫画家にもあった苦労時代に共感 感受性の豊かな子供時代のこと。 妖怪と言う、僕らの見えないところで蠢いていそうな存在は、たまらなく魅力的に感じられていた。 「ゲゲゲの女房」では、水木さんがそうした妖怪を活躍させる漫画を生み出すまでの苦労が描かれている。 時にはスランプに陥ったり、原稿料をもらえないという危機も描写された。 僕なんかペーペーの物書きだけど、初期の貧乏をしている時期の描写については、思わず「あるある」と感情移入する場面もあった。 水木さんのような大物漫画家にもそういう時期があったのか、と驚いたものだ。 そういう苦労人が次々に誕生させる妖怪のほとんどは、各地の伝承に基づいてデザインの肉付けが行われている。 つまり、水木さんのセンスで造形される部分はあれど、大半の妖怪は言い伝えにしっかりと沿う姿をしているということだ。 限りなく伝承に近い姿をする異形。 まさに、水木さんのペンを通じて自分たちの存在をアピールするかのようだ。 怪奇!つむじ風が通ったあとに脚に大きな傷が さて、突然おかしなことを書くが、僕は以前妖怪を見たことがある。 それも二度。 一度目は、恐らく4、5歳ぐらいの頃だ。 当時僕は原因不明の就寝中の耳鳴りに悩まされていて、ひっきりなしに病院に行っていた。 ちょうどその時期、ある晩、祖母と2人で寝ていると、障子で仕切られた炊事場が突然明るくなり、それで目が覚めた。 するといつものように耳鳴りが始まった。 さらには障子越しに、何か奇妙な人影が騒ぎ立てるかのように動き回るのが見えた。 祖母をゆすり起こそうとするが、一向に起きない。 人影を凝視していると、どうやら太鼓を打ち鳴らしているようだ。 そこではたと気が付いた。 耳鳴りの音が、太鼓の音色と瓜二つだったということに。 後年、「家鳴り」という妖怪の話を耳にしたとき、この当時の記憶が甦った。 家鳴りとはちょっと毛色が異なるが、似たような妖怪だったのかもしれない。 二度目は高校生の頃だ。 親友といっしょに部活を終えて河川敷を歩いていたときのこと。 川辺まで降りてみようとすると、いつの間にか目の前に綺麗な形の小さなつむじ風が発生していた。 「珍しいな」なんて言いながらぼんやり眺めていると、つむじ風は茂みの中に突っ込んで消えた。 と思ったら、そこからのそのそとイタチのような動物が這い出てきた。 イタチはしばらくその辺をうろついた後、また茂みの中に消えた。 一部始終を見守ってから帰路に着くことにしたんだけど、気が付くと僕の膝と親友の脛に、結構な大きさの切り傷が出来ていた。 不思議と痛みはなかったが、若干血が染み出ていた。 後になってなんとなく「この間のアレは、かまいたちだったのかもな」なんて話したものだ。 僕はあんまり幽霊とか心霊現象とか、そういう類のものを信じている質じゃない。 だけど、一応自分が経験したことは事実なのだから受け入れようと思っている。 そして水木さんは、僕よりもはるかに多くの奇妙な体験をしたことを記録に残している。 人の完全な死の時期とは、命を落として、さらに誰の記憶にも残らなくなった時だという話がある。 これは別に、人間に限ったことではないような気がする。 妖怪も、自分の存在を誰かに認識されている限り、永遠に僕たちの身の回りに存在し続けるように思えてならない。 水木さんは、そういう意味で多くの妖怪の命を現代までに繋いできた、妖怪たちの救世主だったのかもしれない。 改めて、先生のご冥福をお祈りいたします。 あわせてよみたい:.

次の

水木しげる御大のアナウンサーの発音が変わってしまったことの考察

水木御大

2020年• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2005年• 01月• 02月• 03月• 04月• 05月•

次の