あいのりアンチ。 問題は投稿内容では?あいのり桃が誹謗中傷は「法的措置」宣言も違和感の声

『あいのり』随一の“炎上娘”でっぱりん「ネチネチしてるやつに私の何がわかんねん」

あいのりアンチ

好感度の低さが如実に表れてしまう結果になってしまった!? 恋愛バラエティー番組「あいのり」(フジテレビ系)に参加していたブロガーでタレントの桃が自身のブログを更新したのは6月28日。 自身に寄せられる誹謗中傷について弁護士に相談のうえ、今後は法的措置を取ることを発表した。 昨年9月から交際していた6歳下の一般男性と20日に再婚したばかりで、幸せいっぱいの桃だが、アンチからの誹謗中傷には相変わらず悩まされていた。 しかし、友人である人気ブロガーで作家のはあちゅう氏が匿名掲示板での誹謗中傷の書き込みに対する開示請求が認められたことを27日に報告したことを受け、今回のブログでは「本当に、誹謗中傷をした人たちに罰が下される世の中になったんだ…それを頑張って証明してくれたはあちゅう、ありがたすぎる…」と感謝のコメントを綴っている。 また、はあちゅう氏にどんな内容が誹謗中傷として認められるかについても確認済みとのことで、「私は『死ね』とか、ハードな内容でしか対応してもらえないと思ってたけど、ばばあとか、顔でかいとかの割とライトな書き込みでも対象になりうることがわかって、すごく、すごく嬉しいです」として「私のアンチ掲示板の内容なんて、ほとんどの書き込みが、『酷い誹謗中傷等の明白な権利侵害がある』と認めてもらうことが出来るはずです」と続けている。 そのうえで「今までのことは目を瞑ります。 ただ、今日からは誹謗中傷や、FOLLOW MEの内容をリークする人に対して、今後、はあちゅうの担当の優秀な弁護士さんにお願いしようと思っています」と自身も誹謗中傷を厳しく取り締まっていく意向を示した。 しかし、この報告を複数のメディアが報じ、それが大衆の目に触れるYahoo!ニュースにピックアップされるも、そのコメント欄を見ると「アンチではないけど…あなたの投稿にも問題があると思うけどな」「アナタにも節度ある投稿を希望します」「誰もが共感してくれるSNSなんてないよ。 あなたの場合は特段、アンチが多いだけでは?」「これだけアンチが多いのに旦那さんの写真を公開したりする心理が分からない」など、擁護の声がほとんどといっていいほど見受けられない。 「木村花さんの件もあり、ネット上での誹謗中傷に対しては減少傾向にもありますし、どんな経緯があろうと誹謗中傷が悪であることは間違いありません。 実際、はあちゅうが情報開示請求の進捗状況を報告していることを取り上げた記事がYahoo!ニュースにピックアップされても、公平な立場の人が多いこともあって、コメント欄のほとんどが、はあちゅう氏を擁護するコメントです。 しかし、桃の場合は連日ノロケ報告をしたりと、アンチとまではいかないものの、あまりいい感じを抱いていない人も多いと言えるのは事実です」(エンタメ誌ライター) 桃の認識としては自身のアンチ掲示板が荒れているという感覚なのだろうが、自身の好感度が低いことが嫌なのであれば、投稿内容を改善していく努力も必要なのでは? (田中康).

次の

あいのり桃はなぜアンチに嫌われる?理由ベスト5を発表!

あいのりアンチ

もくじ• あいのり桃の元旦那佐藤寿一の顔画像 あいのり桃さんと離婚した元旦那さんについても調べてみました! 元旦那さんは、佐藤寿一(さとうとしかず)さんという方で、桃さんがアルバイトをしていたコールドストーンクリーマリーの店長をしていました。 桃さんの3歳年上で、桃さんいわく岡村隆史さんに似ているんだとか! 確かに岡村隆史さんの面影はありますね! 岡村隆史さんよりもキングコングの梶原さん似かも!? 2010年10月14日に結婚し、2018年7月ブログで離婚を発表しています。 あいのり桃の元旦那・佐藤寿一の現在は? 2018年7月に桃さんが離婚を発表した後の元旦那さんは現在どうしているのでしょうか? 調べてみたところ、2017年にコールドストーンクリーマリーのスーパーバイザーという役職についていたことが分かりました。 コールドストーンクリーマリーのホームページに掲載されている画像の中に、佐藤寿一さんを見つけました! コールドストーンクリーマリーは、2019年版日本における働きがいのある会社ベストカンパニーに選ばれていて、佐藤寿一さんも貢献されているのでしょうね! 元旦那の佐藤寿一さんは現在も飲食店業界で活躍しているようです。 スポンサーリンク 元旦那佐藤寿一がかわいそう? あいのり桃さんの元旦那さんの佐藤寿一さんが、 かわいそうだったという声があがっているようなので理由を調べてみました。 元旦那さんと結婚していた時、あいのりの桃さんは家で食事を作らないで外食することが多かったようです。 なのに元旦那と離婚後、新しい彼氏には桃さんが家でご飯を作ってあげることが多くなっているので、格差があって「かわいそう」と言わていました。 しかも元旦那の佐藤寿一さんと結婚していた時は、あいのりの桃さんは友人と遊びにいって家を開けることも多かったようです。 人の家のことは他人は口出しできませんが、SNSなどでそういった行動をアップしていたから、批判的なことを言われてしまったよでしょう。 あいのり桃はなぜ人気なの? あいのり桃さんといえば、常にアメーバブログランキング上位のトップブロガーです! あいのり桃さんの人気の理由の一つが、弱いところも隠したいところも見せる姿勢ではないでしょうか。 二重にする整形手術を受けた経過をブログで報告したり、特に恋愛に関しては、そこまで正直に話さなくても大丈夫だよっていうところまで告白してくれます。 そんな桃さんの告白に共感する女性が多く、桃さんの人気を支えているんですね。 チャンネル登録者数は2. 4万人いるのに、この評価はかなり厳しいです・・・。 これもアンチが多いからなのでしょう。 桃さんのアンチの方には「芸能人じゃないのに芸能人気取り」とか「年甲斐もなくぶりっ子」とか「言わなくてもいいことまでブログで話し過ぎ」だとか言われています。 でも、このアンチの方がブログチェックするから、桃さんがトップブロガーでいられるという見解もあって、桃さん自身どんな理由でも自分のブログを見てくれるのはうれしいと語っていました。 めちゃくちゃポジティブ思考なんですね。 人気があれば、アンチが出てくるのは仕方ないのでしょうね。

次の

問題は投稿内容では?あいのり桃が誹謗中傷は「法的措置」宣言も違和感の声

あいのりアンチ

com ラブワゴンに乗って世界を恋愛しながら旅するTV番組『あいのり』で、あいのり史上最強のモテ女として人気のあった桃。 梅男とカップルになって日本に帰ってきた後は、半分タレントのような感じで、人気ブロガーとしても活躍しています。 ところが、その活躍ぶりが鼻につくというか、気に入らない桃アンチを生み出しているのです。 アメブロでもものブログが、常に並居るタレントの中でも上位に居続けるのは、もものアンチが多いからとの噂も? なぜ、あいのり桃は、そんなにアンチに嫌われるのか、理由を探ってみました。 スポンサーリンク あいのり桃ってどんな人? あいのり桃プロフィール• 名前:桃(旧姓:遠山桃子)• 生年月日:1985年3月12日• 出身地:東京都出身• 血液型:A型• 身長:157cm• 体重:45kg• 兄弟:4人兄弟の次女で末っ子• 学歴:立命館大学文学部心理学科卒業 あいのり桃は、イギリスで海外生活をしていて帰国子女で、裕福な家庭に育っています。 兄2人と姉1人の4人兄弟の 末っ子なんですね。 わがまま甘え上手なのはこの辺に理由があるのかもしれません。 あいのり桃がアンチに嫌われる理由ベスト5 あいのり桃はなぜアンチに嫌われるのか勝手にまとめてみました。 アメブロでも芸能人部門でトップレベルに居続けています。 タレントでもないのに何で?と思われる方も多いのですが、その人気の一旦は、実は桃アンチが見ているからとのもっぱらの噂です。 人気ブロガーともなれば、毎日ネタを提供し続けなければなりません。 美味しい料理を食べたり、エステに行ったり、エア妊活宣言してみたり、男友達を遊んだり、猫と遊んだり。 それもブロガーとしての仕事のうちでもあるのですが、桃がやると全てが憎らしい。 桃のキャラクターがそうさせるのでしょうね。 タレントでもないのに、何を調子に乗ってるんだよ(怒)といったところです。 末っ子のイメージってどうでしょうか?甘えん坊でわがまま、それでいて世渡り上手。 末っ子の方が読まれていたら失礼ですが、だいたい世間のイメージってこんな感じではないでしょうか? 年上の兄弟が親の家事を手伝ってくれるので、末っ子は手伝わずに済むそうやって育つと結婚生活で苦労をします。 料理も美味しくなさそう。 ブログの様子を見ていると、あまり料理も作らず、家の中も散らかっていたりしています。 桃アンチからしたら、家事やれ、料理つくれ、掃除しろというところでしょうが、桃は家事が苦手なんです。 特にかっこいい男性との2ショット写真があったりして、既婚女性としてはもう少し慎ましやかにして欲しいと思う方も多いですよね。 番組内でも、男性に馴れ馴れしかったり、自然に甘えたりしていました。 桃にとっては当たり前で、天性のものがあるかもしれませんが、桃アンチにとっては旦那ほっといて何やってんだ(怒)となるのも無理はありませんよね。 よくわからないけど、ふんわりしフワフワした感じの桃のフェイスは、男が好きになってしまうけど、女性には嫌われるタイプの顔です。 半顔メイクなんかが更に桃アンチの神経を逆なでしますよね。

次の