オスマン イラスト。 【オスマン帝国の歴史を学ぶ】壮麗王スレイマン1世と「女人の統治」

5分でわかるオスマン帝国!概要や場所、皇帝、美女ヒュッレムなどを解説

オスマン イラスト

来歴 [ ] ギニア出身。 22人兄弟の四男。 卒業後、のにし、にギニアに入省。 同年、日本に開設されたギニアの大使館員(駐日親善大使 )として来日し8年間を日本で過ごす。 ・勤務を経て、にギニア外務省を休職して再来日。 同年、ギニア日本交流協会からの「ギニアを広めるため」との依頼もあって人気番組「」のオーディションに参加し、当時のプロデューサーとの出会いをきっかけに番組出演に至る。 当初は2か月に1回程だったが、後に火曜日のレギュラーとなった。 これを機に、タレント活動を開始する。 笑顔を絶やさない明るいキャラクターと、いわゆるで、、らとともに「変わり者の外国人タレント」として人気を博した。 お決まりのフレーズは、「 1コン2コン・サンコン!」。 「真夜中のサンコン探し」などのコーナーに対しては第三者から、差別を指摘したり、「外交官がそんな番組に出ていいのか」という意見も耳にした。 しかし、本人は肌の黒さにコンプレックスがなく、(その際の)みんなのジョークには愛情がこもっていたから番組を楽しめたと語っている。 の「」曲中で名前が使われることも快諾。 しかし、「 肌が黒いので 雪の上で目立つ」というフレーズが黒人差別ではないのかと指摘され、カットせざるを得なくなった。 このことも、サンコン自身が抗議したわけではない。 タレント活動の傍ら、講演活動、故郷のボッファに15年間日本の文具や衣類を贈るなどの活動を行っている。 』が放送されている。 2017年4月、を受章。 息子のDJヨンコン はグループのメンバーとして活動していた。 人物 [ ] 身長162cm。 ギニアのである、ギニアの土着語の、、、、の6カ国語を話すマルチリンガルである。 かつては6. 0のを持っていたが、長い日本生活で現在の視力は1. 2になってしまったとのこと。 少年時代に、で右足を骨折して入院したが、当時のギニアの医療設備・技術では完治に至らず、現在でも不自由で、日本の2級を持っている。 この出来事を体験したことが「ギニアの医療をはじめ、経済・生活水準などを先進国並みに発展させ、未来の子供たちに同じ思いをさせたくない」という、ボランティア活動の原動力になっていると語っている。 2級の資格を持っており、福祉の問題への関心も高い。 ギニアではが主であるため、の存在を知らなかった。 来日して初めて酒を飲んだとき「おいしい飲み物」と思い、それ以降酒好きになった。 また、豚肉を口にする習慣もなかったが、を豚肉と知らず食べてしまったときも「おいしかった」と語っている。 初めて仏式の葬儀に参列した際、他の参列者がをして「ご愁傷様でした」と言っている姿を「『ご馳走様でした』と言っているのだから何か食べているのだろう」と勘違いし、抹香を食べてしまったことがあった。 抹香の味は「酸っぱかった」とのこと。 「という言葉も日本で初めて聞いた。 ギニアにはないですね」と語る。 2018年8月19日、でのと結婚をすることを北山が自身のブログで公表した。 北山は第3夫人となる。 最近の活動 [ ] テレビの出演やCM出演はもとより、国内の行政、商工会、ロータリークラブ、ライオンズクラブ、青年会議所、学校(大学・高校・中学校)、教育委員会、全労済、企業等々のイベント、講演会、トークショー、安全大会に出演している。 又、母国にサンコン小学校を作る活動や日本の中古の医療機器を送る活動がよく知られている。 2011年(平成23年)3月11日に発生したには、真っ先にゆかりのある地に出向き、炊き出しや慰問活動も行ってきている。 震災の発生した3月11日はサンコンの誕生日ということもあって、ほかならぬ思い入れを抱き支援活動を行っている。 また、毎年多くの友人を招いて開催していた盛大な誕生会を2011年から自粛している。 2013年12月頃から、ギニアをはじめとする西アフリカにて流行し始めたに対し、緊急物資や義捐金の調達の呼びかけを行い、母国ギニア共和国に多くの支援活動を行っている。 著書・監修書 [ ]• サンコンのとっておきアフリカむかし話〈1〉(1989年、金の星社、)• サンコンのとっておきアフリカむかし話〈2〉(1989年、金の星社、)• 大地の教え(1992年、講談社、)• 0」が見たニッポン(1992年、光文社、)• サンコン少年のあふりか物語(1993年、講談社、)• オスマン・サンコンのアフリカ事典(1995年、国際開発ジャーナル社、)• 大地の教え(文庫版)(1996年、講談社、)• サンコン少年のアフリカ物語(文庫版)(2001年、講談社、)• 1コン2コン・サンコンと世界に旅立とう! 6カ国語会話集(オスマン ユーラ サンコン監修、武井こうじ著、2003年、河出書房新社、)• 僕がヘルパー2級になった理由(わけ)「介護サービスガイド帳」(2007年版、全国介護者支援協会) 音楽作品 [ ]• 「アフリカの女」(発売のデビューシングル。 作詞:、作曲:)• 「ジャングルブック」• 「JUMBO DANCE」(1993年、『』挿入歌) - 「アフリカン・ブラザーズ」名義、とデュエット• 「Alfred」(1996年、と山本アキヲとのユニットのアルバム『BUSINESS CARD』に収録)• 「でたらめな歌アフリカバージョン」(1999年、のアルバム『でたらめろでぃー』に収録) - ギニア語とアウサ語の内、ギニア語訳詞と歌唱参加• 「ほらみろ! 「・君の名はかぼちゃ ママの不倫!? すれ違い」(1988年、)• 「」 第1話(1989年、) その他のテレビ番組 [ ]• - ゲストツアー参加者• - 回答者• (1987年) - 「ゲゲゲのサンコン 夜は墓場でサンコン捜し」(通称「真夜中のサンコン探し」)コーナー (1988年・1989年も出演)• 新春お好み囲碁対局 プロ・タレント混合! ドキドキ連碁戦(NHK Eテレ、2014年1月3日)• (、2014年8月10日)• 世界の怖い話は本当に怖いのか! 世界怪談サミット2015(日本テレビ、2015年8月9日 CM [ ]• 「ミセスロイド」• 「」 - 「」で「にせヤキソバン」を演じる。 「ダイコロカード」• 奄美海援隊「サンコンウコン」(・で放映) ラジオ番組 [ ]• 」(2014年8月8日 - 、金曜日10:45-11:00) 脚注 [ ] []• 2011年8月霊友会京都創立祭資料より• - ZAKZAK、2013年3月15日• オスマン ユーラ サンコン監修、武井こうじ著 『1コン2コン・サンコンと世界に旅立とう! 6カ国語会話集』 、2003年、。 「心はすっかり日本人/オスマン・ユーラ・サンコンさん」『』 No. 325(2013年11月号) p. 芸名はサンコンの息子だからヨンコンというニックネームから。 0」が見たニッポン』「第2章:文明への疑問 ボクの視力は6. ところが…」より。 2011年8月霊友会京都創立祭資料より• 0」が見たニッポン』「第1章:フシギの国ニッポン 世界1のヨッパライ天国」より。 女性セブン2013年8月1日号• - フジテレビZOO• 外部リンク [ ]• - 2017年9月•

次の

5分でわかるオスマン帝国!概要や場所、皇帝、美女ヒュッレムなどを解説

オスマン イラスト

オスマン帝国の人々 主要人物 皇帝スレイマン1世 歴史上のスレイマン オスマン帝国第10代皇帝。 領土を広げ法律をつくりオスマン帝国の最盛期を作った人。 トルコの歴史では偉大な皇帝として知られています。 遠征好きで何度も外国と戦って領土を広げました。 その一方でハレムでは問題が多く、ハレムの人々が政治に口出しするきっかけを作ったともいわれます。 詩が大好き。 ムヒッピー(恋する者)というペンネームで詩を書いていました。 名前のスレイマンは「ソロモン」をトルコ語にしたもの。 ソロモンとは古代イスラエルのソロモン王から。 ドラマのスレイマン ドラマでは家臣には厳しい皇帝。 逆らうものは容赦しません。 服従したものには寛大です。 女性(とくにヒュレム)に振り回されるちょっと情けない面もあります。 宝石加工が趣味。 劇中でもポエム(詩)を披露します。 イスラム教徒にしては珍しくヨーロッパの文化に理解があります。 ドラマでは青年期から晩年まで一人で演じるせいか見た目はおじさん。 実際には若いです。 シーズン1は26~31歳の設定。 スレイマン1世の詳しい説明はこちら ・ 皇帝妃ヒュッレム 歴史上のヒュッレム 本名はアレクサンドラ・アナスタシア・リソフスカ。 ルテニア地方(現在のウクライナ)出身。 父はキリスト教(正教会)の司祭。 アレクサンドラもキリスト教徒(正教徒)でした。 故郷がクリミア・タタール人に襲われ奴隷として売られます。 歴史上はオスマン帝国でイブラヒムに買われたあと宮廷に献上され側女になりました。 ハセキスルタンの称号で呼ばれました。 オスマン帝国では改宗してヒュレムと呼ばれました。 ヨーロッパではロクセラーナのニックネームで呼ばれます。 歴史上は母后ハフサ・アイシェが生きている間は特に問題は起こしていません。 ハフサ・アイシェの死後、マヒデブランを陥れスレイマンの寵愛を独占。 皇妃(ハセキ・スルタン)に上り詰めます。 政治にも口を出して「スレイマン皇帝が魔法にかけられた」といわれるくらい影響力をもちました。 5男1女を出産。 息子のセリムが次の皇帝になります。 ドラマのヒュッレム ドラマではタタール人に拉致されたあと宮殿に献上されました。 かなり気が強くて嫉妬深い性格。 周囲の人を疑いがち。 スレイマンに気に入られるためイスラム教に改宗するもののイスラムの習慣にはあまり馴染んでない様子。 感がするどく策略を考えるのが得意です。 ヒュッレムの詳しい説明はこちら ・ 大宰相イブラヒム 歴史上のイブラヒム ヴェネツイアのパルガ出身(現在はギリシャ領)。 子供時代にデヴシルメ(徴用)されオスマン帝国で育ちます。 皇太子時代のスレイマンと出会い信頼を得て仕えます。 スレイマンが皇帝になると大宰相に出世。 皇帝の代理人として大きな権力を得ました。 宰相としても優秀でヨーロッパ諸国との交渉で活躍。 ムスタファ皇子を次の皇帝にしようと支持していました。 もともとキリスト教徒だったこと、パルガ出身の奴隷だったことから、周囲の高官から軽蔑されることが多かったようです。 スレイマンに気に入られて出世したことも周囲の妬まれるる原因になりました。 俗説では皇女ハティジェと結婚したといわれます。 ドラマではハティジェと恋仲になり結婚します。 ヒュレムとは対立します。 ドラマのイブラヒム ドラマではパルガル(パルガ人)とあだ名されることもあります。 スレイマンに信頼され、小姓頭から大宰相に大出世します。 普段は冷静ですがたまにキレます。 イブラヒムの詳しい説明はこちら ・ 母后ハフサ・アイシェ スレイマン1世の母親。 母后(ヴァリデスルタン)と呼ばれます。 先代の皇帝セリム1世のカドゥン(側室)。 ロシアとトルコの中間にあるイスラム教徒の国、クリミアハン国の王族。 ヴァリデスルタンはハレムでは一番の影響力を持っています。 クリミアハン国はオスマン帝国の属国。 事実上の人質としてセリム1世のハレムに来ました。 しかし皇帝の母になったことで大きな権力を手にします。 熱心なイスラム教徒なのでヨーロッパの文化には理解がありません。 ドラマではハレム内で次々と問題が起こるのでいつも頭を悩ませています。 ハフサ・アイシェの詳しい説明はこちら。 ・ 皇帝妃マヒデブラン マヒデブランは「美しい人」という意味。 ギュルバハル(春の薔薇)の別名も持ちます。 スレイマン1世の夫人。 ドラマでは2人め(歴史上は3人目)の夫人。 スレイマン1世がマニサで皇太子をしているときにハレムに来ました。 息子のムスタファを産んだことで後継ぎの母親として地位を高めました。 皇族と同じ扱いの「スルターナ」の敬称で呼ばれます。 ヒュレムとの確執は有名で様々な作品の題材になりました。 息子のムスタファが処刑されたあと王宮を追放されます。 晩年は侍女と共に苦しい生活を送りましたが、セリムが即位後は年金を支給され平穏に暮らしました。 ドラマではヒステリックな女性として描かれます。 母后ハフサ・アイシェのお気に入り。 マヒデブランの詳しい説明はこちら。 ・ 王族 皇女 ハティジェ スレイマンの妹。 ハフサ・アイシェの娘。 一度結婚して宮殿を出ていましたが夫と死別したため宮殿に戻って暮らしています。 イブラヒムと恋仲になり結婚。 お嬢様育ちで気弱なところがあります。 ・ 皇帝妃 ギュルフェム スレイマンの皇帝妃。 ドラマでは1人目(歴史上は2人目)。 ハティジェと仲がよく良い相談役。 王子を出産したものの幼い頃に死亡。 現在はスレイマンに相手をされなくっていますが、王族に近い待遇で生活しています。 ・ 皇子 ムスタファ スレイマンとマヒデブランとの間に産まれた唯一の皇子。 マヒデブランの教育の影響で将来は自分が皇帝になると思ってます。 ちょっと生意気な男の子。 歴史上は兵士たちに人気のある皇子でした。 ・ 皇子 メフメト スレイマンとヒュレムの間に産まれた1番目の皇子。 ・ 皇女 ミフリマーフ スレイマンとヒュレムの間に産まれた皇女。 ちょっとませている。 ・ セリム皇子 スレイマンとヒュレムの間に産まれた2番目の皇子。 後の皇帝セリム2世 ・ バヤズィット皇子 スレイマンとヒュレムの間に産まれた3番目の皇子。 ハレムの人々 ここに載せているハレムの人々はすべて架空の人物です。 ハレムの出来事は外に伝わることがほとんどないので記録がないからです。 ダイエ・ハトゥン 母后付女官長。 皇族付の女官は他の女官よりも地位が高い。 若い頃からハフサ・アイシェに仕えています。 スンビュル・アー 宦官長。 ハレムで側女達をまとめる役人。 ヒュレムや母后たちの間に挟まれていつも苦労している。 ニギャールとは喧嘩友達。 ニギャール・カルファ 女官長。 ハレムで側女たちの指導を行う女官。 ハレムでは数少ないヒュレムの理解者。 シーズン2ではイブラヒムと不倫関係に。 ギュルシャー・ハトゥン マヒデブラン付きの使用人。 マヒデブランの命令で動くことが多いですが、やりすぎることもあり問題を起こします。 ギュルニハル・ハトゥン(マリア) ヒュレムと一緒に売られてきた側女。 アレクサンドラ時代のヒュレムを知る人物。 ヒュレム付きの使用人になります。 おかげで事件に巻き込まれることが多く苦労が耐えません。 エスマ・ハトゥン ヒュレムの使用人。 実はヒュレムと同じころにハレムに入った側女の一人。 アイシェ・ハトゥン 個室を持つスレイマンお気に入りの側女。 ヒュレムと対立しますが事件に巻き込まれ死亡することに。 サドゥカ・ハトゥン(ヴィクトリア) ハンガリーの伯爵夫人。 夫の仇を討つためにスレイマンのハレムに潜入。 シェーカー・アジャ 料理長。 宮殿の台所を仕切ってます。 ニギャールやスンビュルとよく会話しています。 オスマン帝国の人々 ピリー・メフメト大宰相 オスマン帝国の大宰相。 セリム1世、スレイマン2世に仕えました。 ロードス島遠征では作戦失敗。 その後、大宰相を引退して、イブラヒムに譲る。 「パシャ」は宰相を意味する敬称。 アフメト宰相 オスマン帝国の第三宰相。 奴隷出身のイブラヒムに敵対心を持つ。 エジプト州の長官に任命されました。 現地で反乱を起こすものの部下の反乱にあって死亡。 アヤス宰相 オスマン帝国の宰相。 イブラヒムとともにスレイマンに仕えます。 ・ その他の人々 マトラークチェ 宮廷史家。 歴史書の編纂や記録用の絵画をかいていたオスマン帝国の役人。 出身国のボスニアでは有名な人物。 ボスニアのレオナルドダヴィンチといわれます。 ・ アルヴィーゼ・グリッティ ヴェネツィア共和国国家元首の息子。 オスマン帝国で生まれ育ちました。 裕福な商人。 しかし庶子なのでヴェネツィアに戻れません。 オスマン帝国の外交顧問になります。 歴史上はオスマン帝国の援助で決起してハプスブルク家に捕まり処刑されます。 ・ レオ ヒュッレム(アレクサンドラ)の元恋人。 アレクサンドラを探しながら彷徨っていた。 絵の上手さを評価されてオスマン帝国で働くことになる。 ヒュッレムからは立ち去るように言われるがなかなか出ていかない。 最終的にはイブラヒムに身元がばれて命を断つことに。 架空の人物。 ドラマの演出は面白くしているので歴史と違うこともあります。 背景がわかってるともっとドラマが楽しめるのは間違いありませんよ。 関連記事 ・ ・ ・.

次の

パリ改造

オスマン イラスト

19世紀半ばすぎのパリの、付近の様子。 道がかなり狭く、道の両側には多層の建物が建ち、中層以下には太陽の光は直接はほとんど当たらず、風通しが悪く、糞や汚物の臭いがたちこめていた。 道の中央あたりに一応、小さな溝が作ってあるのが見えるが、溝は細くて浅いものなので、糞や汚物などが容易に詰まって溜まってしまったり、周囲の道路まで溢れてしまい、歩行者の靴や足にまでそれが付き、臭くて住民を悩ませ、(糞や汚物はも含み)非常に不衛生で、やの原因となった。 19世紀半ば頃までのパリは生活環境・都市衛生は極めて劣悪だった。 暗く、風通しが悪く、非常に不衛生で、病気や疫病が蔓延する街だった。 当時のパリは建物と建物の間隔が狭く、細い道ばかりで、その細い道の両側に多層階の建物が建てられているので中層から低層にかけては光が当たらず、風通しが悪く、が立ち込めていた。 細い道は、一応は(フランス語: 、)で舗装がなされているものも多かったが、当時のパリではが放し飼いにされている状態であったし、住民は日々の生活で出るや汚物を通りに投げ捨てるため、道の(中央の)窪みや溝(屋根に降った雨水が道に落ちたものを流すために作られたもの)には、実際には、だけでなく、動物の糞・廃棄物・汚物などが流れ込み溜まり、うまく流れても溝を伝って低いほうへと汚物が街中を流れてへと流れ込み、セーヌの水も汚染した。 また、パリの住民はその川の水を飲料水などに使用していた。 そして、19世紀半ばのパリでは急激な人口の増加があった。 19世紀当時は工業都市に仕事を求めていくことが一般的であったが、産業革命などの動きが本格的になっていた政治中心都市のパリにもフランス国内から仕事を求めて移住する人が急激に増えた。 人口が増えると同時に人口密度も高まっていった。 そのため、一人当たりの居住面積は10㎡にも満たない状況であった。 また、科学的に一人当たり12㎡から14㎡の空気が健康的な生活を送るために必要とされていたが、当時のパリはせいぜい3㎡から4㎡の空気の中で暮らしていた。 このような人口増加・人口密度の高まりに加えて、パリの街並みの不衛生な環境が重なったことによりパリ中で疫病(コレラ)が広がった。 このコレラ襲撃により多数の死者が出でしまい、王政は都市計画に本腰を入れることとなった。 対策 [ ] オスマンは1853年から1870年まで17年にわたってセーヌ県知事を務めたわけだが、の構想に沿って大規模な都市改造を企てた。 改造では、パリの衛生状態を良くすること、またそのために光と風を入れることも目的として掲げられた。 オスマンは街路を計画するとき3つの原則を掲げた。 そして、セーヌ川に平行または垂直な基盤目模様の街路と同心円状のバイパスとを繋げ、都市部から新街区に延びていく斜交路を重ねることによって、パリの街並みとして有名なエトワール広場から外側を同心円状の道路が走り、そこから12本の道がほぼ同一の角度で放射状に出ている形が出来上がった。 また、オスマンは都市景観へのこだわりがあり、それを象徴するのがシュリー橋である。 この橋はナポレオン3世との間で大きく意見の相違があったところである。 ナポレオン3世はサン・ルイ島と左岸を結ぶ橋についてセーヌ川に対して垂直に整備する考えを持っていたのに対して、オスマンはセーヌ川に対して斜めに架かる橋は落ち着きが悪いとし、その橋はサン・ジェルマン通りとアンリ4世通りの延長上に整備すべきであるとの考えを持っていた。 そうすることによって、バステイーユ広場の7月の塔とパンテオンのドームが一直線上に見ることができ、都市景観の統一性が保たれることになった。 また、計画街路に面している建築物に対しても色や形の統一性が図られた。 そして、街区の内側にを設けてを行い、開放的で衛生的な街を整備した。 それを実現するためにという手法を取り入れ、計画地にある建物を強制的に取り壊した。 都市整備により経済を活性化するとともに、迷宮のような(貧民窟。 貧乏人や犯罪者が集まって暮らす猥雑な建物群や地区)を取り壊し、そこに住む人々(行政府を敵視し、しばしば騒乱(暴動)を起こしたり警察と対峙してそこに立てこもるような人々)を立ち退かせてしまおう、という目的も実はあった。 これは後の経済界の要請にも沿うものであった。 パリ改造は近代・建築活動に大きな影響を与え、近代都市のモデルとして見做された。 詳細 [ ] 界隈の広く直線的な大通り から放射状に並木が配されたと呼ばれる広い12本の(大通り)を作り、以来の複雑な路地を整理した。 オスマンの計画によって破壊されたパリの路地裏面積は実に7分の3に上ったという。 このようにして交通網を整えたことで、パリ市内の物流機能が大幅に改善された。 また、で反政府勢力を助けた複雑な路地がオスマンの都市改造によって大方なくなったため、反乱が起こりにくくなった。 現在では観光名所として名高いなどがあるの中州に位置するは、19世紀当時においては貧民層が集まっていたが、ここもオスマンによって改善され、パリの清潔な空間の一部となった。 また、上下水道を施設し、学校や病院などの公共施設などの拡充を図った。 上下水道の施設や、学校における教育により、衛生面での大幅な改善がみられ、当時流行していたの発生をかなりの程度抑えることになった。 パリ改造を通して市街地がシンメトリーで統一的な都市景観になるよう、様々な手法を取った。 例えば、(道路幅員に応じて)街路に面する建造物の高さを定め、軒高が連続するようにしたほか、屋根の形態や外壁の石材についても指定した。 さらに当時名を馳せた建築家を登用してや(1874年竣工)などの文化施設の建設も進めた。 大通りに並ぶ街灯の数も増やされ、で訪れた日本人もその風景をたたえている。 超過収用 [ ] 街路の整備にあたって超過収用の手法が取られた。 当時の法令によれば、道路建設で(公共事業に必要な土地を、補償を行ったうえで強制的に公有化すること)が認められるのは、道路に必要な部分のみであるが、パリ改造では道路に加え、(条件付きではあるが)その沿道の土地も収用できる規定を適用した。 そして街路や区画を整備した後、資産価値の上がった沿道の土地を売却し、事業資金に充てた。 これは開発利益を還元する手法である。 整備されたパリの街は「世界の首都」と呼ばれるようになり、フランス国内にとどまらず各国における都市建設の手本とされた。 首都の大規模な改造は、ナポレオン3世の威光を高めることにつながり、当時の政権の寿命を延ばしたといえる。 パリ改造は混乱した社会状況を受け、それに対して極めて合理的にその解決を行ったと考えれば、まさに近代的都市計画の出発点と呼ぶに相応しいものだと評価できる。 一方、スイスの建築史家はその著書『空間・時間・建築』のなかで、改造後のパリの街を「まるで衣装棚のように、画一的な大通りの裏側にあまりにもひどい乱雑さが隠されている」と批判している。 この大規模な都市改造は反面、都市としての防御力をなくしてしまうことになり、ではパリを防衛することが出来なくなり敗戦する原因となった。 スラムを一掃したことは下町の自治共同体を解体することにもなり、パリ市民は現代東京のように隣の住民の顔も知らないような住民ばかりになり、多くのコミュニティが破壊された。 さらに、や、らの文学者が作品において描写した当時のパリの街並みが失われたことから、これらの作品の内容を理解することが難しくなった。 脚注 [ ]• 「失われたパリの復元」第1回、1月号 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2019年7月)• 安藤忠雄 著 『建築に夢を見た』 日本放送出版協会、 2002年4月、• ギーディオン 著、 訳 『空間・時間・建築1 新版』• 柴田三千雄 著 『フランス史10講』 岩波書店、2006年5月、• 河田浩樹 著 『生まれ変わったパリ〜19世紀パリの密集市街地整備』 財団法人 建設経済研究所 平成20年3月• 松井道昭 著 『フランス第二帝政下のパリ都市改造』日本経済評論社 1997年3月21日 関連項目 [ ]• ():フランスの版画家。 パリ改造前のパリの街並みのほぼ全てを版画で記録に残した。 外部リンク [ ]•

次の