つながる 新天地 服。 『牧場物語 つながる新天地』で自宅や牧場の見た目を自分好みにカスタマイズ! ファッションショーの審査員“デル・コッサ”も紹介

#つながる新天地 #牧場物語 ぼくもの小話つめあわせ

つながる 新天地 服

3DSの購入きっかけになった牧場物語。 今までプレイしたシリーズはN64版の牧場物語2、PS版ハーベストムーン(男の子・女の子両方)、ハードが何か忘れましたがミネラルタウンのなかまたち。 登場人物が牧場物語2の時とほぼ同じメンツ。 (一部リストラしていたり増えていたり) PS2版やDS等も沢山の作品を出していましたが、友人から借りてプレイしてもなかなか馴染めなくそのまま返してしまったりで、今作も続くかどうか不安でした。 体力管理が序盤特に難しい作品で、今までは力の木の実を頼ることができましたが今作はそういった体力上限UPアイテムは無く、ハートアイコンの体力ゲージを頼りに調整しないといけません。 まして古い道具達を頼りにものづくりをするため体力の消費が激しい。 特に序盤の序盤はキッチンナニソレ美味しいの?状態で、キッチン以前に自宅の増築から初めないといけない。 しかもテレビも初めは設置されて無くテレビもレシピ購入して材料を集め作らないといけない。 その為レーガ(婿候補)のレストランが最初お世話になります。 値段と回復量のコスパがいいものを選ばないと収入が厳しくなるため情報交換無しではかなり厳しいだろう、と思いました。 体力ゲージが0,5になってからあと少し…って無理をするとあっさり倒れます。 本格的な収入面を増やしやすくなったのは1年目秋ごろからだった覚えがあります。 サファリが開放されるため、そこの採掘場で宝石が取れることがあります。 綿花や亜麻や唐辛子を育てれるようになるまではかなりお世話になりました。 宝石は施設や家具類を作るのに必要な材料ですがお金がほしい時はそんなこといってられず、最低限必要な施設に使う材料数を除き全部売っぱらいました。 が、胴・銀・金・ミスリル等といった一部の鉱石は道具の強化に使うため無闇に売らない事を薦めます。 (銀・銀は特にアクセサリー作成にも使うのでかなり重宝します。 アクセサリー全種作るならかなりの個数が必要です。 ) 陣取り合戦で一部の施設はあってもなくても体力とゲーム時間の相談ですが。 体力消費無しで収入を得られる(しかも放置しとけば何日後かには収穫可能)ので、陣取り合戦・サファリが出てから本格的に金銭面が安定した覚えがあります。 亜麻・裁縫施設が出来てからは金のリネンを叩き売り、総合出荷額が上がってきてからバラの国まではさくさく 出てきました。 貿易国の方がイベントで「他の貿易国を出すには」という会話をしてましたが出荷額でカバーできるだろう、と思い一部貿易国の出現条件を調べもせず、お金稼ぎというなの金の亡者状態でプレイしてましたがいつま でも現れない為調べたら「トロピカル国」「氷の国」はジャンルの出荷数が条件でした。 発売してから少ししてのVerUPでの「しんまい牧場主」なら条件の70%で出現するらしく、個数も尋常なかったので「しんまい牧場主」に出来ないかと調べたら既存データでは不可能。 「しんまい牧場主」にするには1からデータをやり直す必要がありました。 亜麻というなの金稼ぎ(金のリネン)・家畜も愛情度MAX・結婚(その頃にはレーガと結婚済)・出産もあと少し。 増築も最大まで済ませている。 施設も作れるものは作った。 日数もその頃は2年目の夏終わりかけ。 この状態でやり直そうかどうかすごく悩み(大げさ)、これくらいならやり直せるかな?と考えましたが…ふとエッダさんの存在を思い出しました。 エッダさんは序盤廃墟になっている牧場がある程度整地されるまでチュートリアル期間(1週間)、食住 をお世話してくれるとても優しく、私の大好きなおばあちゃんキャラ(私の中でヒロイン)ですが。 またエッダさんに会える!というやり直す一歩手前を踏んだ直後、冬の強制イベントの事を思い出し 「またあの日を見ないといけないのか…」という悲しみに包まれて今の既存データのままにしました。 エッダさんの影響力は出荷数の作業量をも上回る何かを持っている。 料理が地味にきつかった(遠い目) 条件等は他の攻略サイトから確認できるので気になる方は検索してみてください。 条件の数値に関しては私も気になり調べたり検証しましたが ・出現貿易国の出荷数の全合計数(例:作物条件が15000個ですが、貿易国全部合わせて15000個) でOKらしいです。 (他のサイト様の情報では偏って15000個でもOKだそうです) 個数や条件に満たす数え方等は一部掲載されていましたが、自分自身文章解読力が乏しいのもあり、全部の国を合わせての合計数でいいのか悩んだためメモ。 短期勝負型に持ち込む性分なので、リアルタイム1週間の空き時間を出荷数稼ぎに使い無事貿易国全部出してエンディングへ。 それ以降も続けれるので、収入額は落ちたもののまったりプレイしています。 トロフィーも取れたら取りたいところだけど、イベントの優勝回数の問題で最低でも30年はプレイしないとむりじゃないか?ってものもあったので全部取れるかはわかりません。 まして釣りという私が一番苦手なコンテンツ(じっと出来ない)もトロフィーに含まれているという…。 プレイしたいゲームが無いときはまったり牧場物語をプレイしようかなとおもいます。 子供が立って歩いてる姿もまだ拝んでない! 記載忘れてましたがマルチも「一応」できます。 ただどうぶつの森や他対戦ゲームのようなマルチとは違い、ミニゲームもなく、できる事はおじゃました牧場の作物(品質UP ・動物(ストレスダウン)にステッキを叩きつけ…じゃない振るだけ。 ゲスト側からのお土産、ホスト側からのお土産の交換ができます。 (一部アイテムは不可) ですがおみやげの内容は通信が終わった時にしか確認できなく、野良の場合トラブルも多発してると聞きます。 エモーションとチャット機能はついていますがそれ以外はありません。 一応4人までですが4人未満でもプレイは可能。 ホストからいただくお土産はおみやげリストから選ぶのではなく、ランダムのようです。 知人にレンガ石と服を渡す時、遊び心で適当なものを空き枠に入れて、通信を終わらせたら空き枠うめに入れていた品物が当たったとかなんとか。 個人的な結論ですが、長時間のマルチには向いていなく、品質を上げたい人用の作業用って感想です。 マルチで盛り上がるには厳しいです。 長くなりましたが牧場物語の感想。 手帳に書くには自分なりに試行錯誤したり長時間プレイしたのもあり書ききれなかったため、また新しく内容が増えたら画像も含め追加したいとおもいます。

次の

裁縫・服

つながる 新天地 服

マーベラスAQLは本日(2014年2月26日),同社が2月27日に発売を予定しているニンテンドー3DS用ソフトの最新情報を公開した。 今回は,本作の魅力のひとつである 「アレンジ」に関する情報をお伝えしよう。 アレンジでは,自宅の模様替えをを楽しんだり,牧場や町の特定の場所に好きなオブジェを配置して風景を変えたりといったことができる。 なお,牧場に配置する建物やオブジェを作成するには, 工房が必要になるようだ。 また,町の住人 「デル・コッサ」のプロフィールが明らかにされている。 芸術評論家の肩書きを持つデル・コッサは,ファッション業界ではかなりの大物として知られており,世界の流行は彼の機嫌に左右されると噂される人物だ。 いよいよ明日発売!! 『牧場物語 つながる新天地』 自宅や牧場を自分好みに「アレンジ」しよう/町の住人「デル・コッサ」を紹介 2月27日(木)発売予定のニンテンドー3DS専用ソフト『牧場物語 つながる新天地』では、本日公式サイトを更新し、本作の魅力のひとつである「自宅の模様替え」や「町の装飾」に関する情報を公開しました。 また、お祭りイベントの審査員を務める「デル・コッサ」を紹介しています。 今回は、ファッションショーの審査員「デル・コッサ」を紹介します。 どこかの国の貴族で、お金が有り余っているため、世界中の服を持っている。 ファッション界ではかなりの大物で、世界の流行は彼の機嫌に左右されるというウワサも。

次の

『牧場物語 つながる新天地』で自宅や牧場の見た目を自分好みにカスタマイズ! ファッションショーの審査員“デル・コッサ”も紹介

つながる 新天地 服

マーベラスAQLは本日(2014年2月26日),同社が2月27日に発売を予定しているニンテンドー3DS用ソフトの最新情報を公開した。 今回は,本作の魅力のひとつである 「アレンジ」に関する情報をお伝えしよう。 アレンジでは,自宅の模様替えをを楽しんだり,牧場や町の特定の場所に好きなオブジェを配置して風景を変えたりといったことができる。 なお,牧場に配置する建物やオブジェを作成するには, 工房が必要になるようだ。 また,町の住人 「デル・コッサ」のプロフィールが明らかにされている。 芸術評論家の肩書きを持つデル・コッサは,ファッション業界ではかなりの大物として知られており,世界の流行は彼の機嫌に左右されると噂される人物だ。 いよいよ明日発売!! 『牧場物語 つながる新天地』 自宅や牧場を自分好みに「アレンジ」しよう/町の住人「デル・コッサ」を紹介 2月27日(木)発売予定のニンテンドー3DS専用ソフト『牧場物語 つながる新天地』では、本日公式サイトを更新し、本作の魅力のひとつである「自宅の模様替え」や「町の装飾」に関する情報を公開しました。 また、お祭りイベントの審査員を務める「デル・コッサ」を紹介しています。 今回は、ファッションショーの審査員「デル・コッサ」を紹介します。 どこかの国の貴族で、お金が有り余っているため、世界中の服を持っている。 ファッション界ではかなりの大物で、世界の流行は彼の機嫌に左右されるというウワサも。

次の