テラス ハウス 花。 「テラスハウス」木村花さん母が人権侵害でBPOに申し立て(文春オンライン)

「テラスハウス」木村花さん逝去で悔やまれるチュート徳井の“不在期間”

テラス ハウス 花

自ら命を絶った木村花さん(享年22)の母・響子さん(43)が、7月15日、BPO(放送倫理・番組向上機構)に対し、放送による人権侵害があったとして審議を申し立てたことが、「週刊文春」の取材で分かった。 自殺の原因となったのは3月31日にNetflixで配信された第38話「コスチューム事件」。 花さんが同居人の帽子をはたくシーンが流れ、花さんのSNSに誹謗中傷が殺到した。 配信当日、精神的に追い詰められた花さんが自殺未遂を起こしたにもかかわらず、フジは5月14日にYouTubeで「コスチューム」事件の続編(未公開映像)を3本立て続けに公開し、5月23日には地上波で本編を放送した。 その5日後の5月23日、花さんは自ら命を絶つ。 響子さんは「週刊文春」の取材に対し、「コスチューム事件」の撮影において、スタッフから花さんに対し「ビンタしたらいいじゃん」などとやらせ指示があったことを証言。 それを裏付ける花さんのLINEメッセージも携帯電話に多数残されていた。 また、帽子をはたかれた同居人の小林快さんも、 生前の花さんから「(帽子をはたいたのは)本心からではなくスタッフに煽られた行為だった」と謝罪を受けていたことを明かし、やらせの常態化も告発した (7月9日発売号)。 花さんら出演者がスタッフからの理不尽な要求に従い続けた背景には、フジ側と交わした「同意書兼誓約書」の存在がある。 28項目ある誓約書の中には「演出指示に従うこと」をはじめ、「途中リタイアしないこと」「写真週刊誌などの雑誌に口外しないこと」「(制作側に)SNSのアカウント情報を開示すること」などという文面が並び、これらの誓約条項に違反し、放送・配信が中止になった場合は、出演者が放送回分の制作費を無条件に賠償すると記載されていた。 パワハラや名誉棄損問題に詳しい大城聡弁護士が指摘する。 制作側による演出の態様によっては、憲法13条の自己決定権が奪われていたことになる。 また、凶暴な悪役という虚像が本当の人格として視聴者に結びつけられ、SNSの炎上は生まれた。 この点から放送によって人格権も侵害されていたともいえる。 BPOではやらせがあったかどうかの放送倫理の問題だけでなく、人権侵害があったかどうかも審議されるべきです」 フジは7月3日の社長会見で、「無理強いはしていない」「感情表現をねじ曲げるような指示はしていない」「花さんと話し合った上で撮影や配信を行った」と主張。 また、社内調査中だとし、検証結果は遺族感情を踏まえながら公表するとしている。 こうしたフジの説明に不信感を抱く響子さんは7月15日付でBPOの放送人権委員会に申し立てを行い、「週刊文春」の取材に次のように答えた。 「花や共演者、スタッフの証言から分かってきたのは、フジテレビさんが花を人間として扱ってはいなかったということ。 フジ側はあたかも制作側と花が対等かのように説明していますが、これはイジメやパワハラの論理と同じです。 「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年7月23日号.

次の

テラスハウス木村花、自殺未遂?リスカ写真「さようなら」プロレスファンから心配の声、テラハ

テラス ハウス 花

terrace-house. html 名前:木村花(きむらはな) 生年月日:1997年9月3日 出身:神奈川県横浜市 身長:164㎝ 体重:58㎏ 得意技:ビッグ・ブーツ、ミサイル・キック 木村はなさんは、日本人の母とインドネシア人の父との間に生まれたハーフです。 母親がプロレスをやっていて、以前からプロレスに誘われていたといいます。 「あなたは普通の会社員とか無理だから、プロレスラーになりなさい」 そう言われて、決意した花さんは、18歳でプロレスの世界に入りました。 プロレスの衣装をテラスハウスで着て、メンバーに見せてくれていましたね。 小さい頃の花さん、かわいいですね。 母娘で共演もしていたんですね~ 花さんのお父さんはインドネシア人ですが、馴れ初めがすごいんです。 なんでも、母がバックパッカーをしているときに父親に出会ったのだそうです。 けれど、今はその父親とは一緒におらず、響子さんは2016年に総合格闘家のISAO選手と再婚しました。 ISAO選手は30歳だったので、年齢差が12歳差。 しかし、2018年3月に 離婚されています。 母と娘の仲はとても良いみたいです。 親子で支え合って暮らしているのでは、と思います。 お母さんもちらっとでも、テラスハウスに出てくれたら嬉しいですね。 テラスハウスの過去の動画が見たい! 湘南編、昔の東京編、ハワイ編、軽井沢編を始めから見たい! という方へ。 過去のテラスハウスを無料で見る方法があります。

次の

「テラスハウス」木村花さん母が人権侵害でBPOに申し立て(文春オンライン)

テラス ハウス 花

木村花さんの「刈り取られた人間性」 リアリティショーとして評判の高かった『テラスハウス』ですが、私もここしばらくきちんと観ていなくて、いま向き合っている自分の人生がリアルすぎて時間がなかったんだと言い訳しつつも、亡くなられたと聞いて観直したりしておりました。 ネットが当たり前に使われるようになって、番組とネット SNS とが視聴者によって自由に行き来できる状況になると、ある種「テレビの中の、映像作品上の演出」が、そのまま本人の評判、ブランディングに直結してしまう。 それが本人に対する誹謗中傷では収まらない、非常に強いバッシングに繋がっていってしまうのは往々にしてあります。 テレビ番組出演者の方の本当の人格など分かるはずもないのに、テレビ番組を面白くするために行った編集や演出で、それがその人の本性だと視聴者は思い込んでしまい、気に入らないとバッシングして当然、となってしまう。 番組の中、ネットの向こうにいるリアルな人格と演出で刈り取られた人間性とを重ねてしまうわけですね。 そういう状況で、自らの命を散らしてしまったテラスハウス出演の木村花さん、本当に残念です。 「ネット上での誹謗中傷」とどう向き合うか、それから「リアリティショー」の抱える問題について、でも解説してみました。 photo by Gettyimages いろんな論考が出回っていますけれども、個人的には、誹謗中傷の舞台となったSNSに責任をおっかぶせ、他人を中傷するのはけしからんということは重要だけど、その背景にかかる議論があまりないのは残念です。 もちろん中傷の場となってしまったのはネット上のSNSではありますが、それはあくまで視聴者のリアクションに過ぎないのであって、その原因を作ったのは番組に他なりません。 そして、何よりも、この木村花さんというのはどういう人物であったのかも含めて、きちんと偲んで、散った若い命を惜しむ寄り添い方が少ないように見えたのも、悲しい気分になります。 もしも私の息子たちや、生れたばかりの娘がそういう労苦に苛まれることになったらどうしようとも思います。

次の