ディズニーリゾート 天気。 東京ディズニーリゾートの天気

東京ディズニーリゾートの天気予報を知りたい!役に立つウェブサイトまとめ

ディズニーリゾート 天気

・パークチケット ・財布 ・スマートフォン ・モバイルバッテリー ・腕時計 ・カメラ(充電器) ・ハンカチ、タオル ・常備薬 3大必需品 言うまでもないと思いますが、パークチケット・財布・スマートフォンは絶対に必要なアイテムです。 パークチケットを事前に購入している方はお忘れなく! スマホサービスを利用するならモバイルバッテリーもお忘れなく 東京ディズニーリゾートではスマートフォンを活用したサービスが増えています。 下記サービスをパーク内で利用する場合は、モバイルバッテリーを用意しておくと安心ですよ。 サービス名 解説 東京ディズニーリゾート・アプリ 、、パーク内の施設の待ち時間の表示など、便利な機能が搭載されたサービス パークチケットをオンラインで購入したり、スマートフォンの画面上に表示して入園したりできるサービス カメラマンに撮影してもらった写真を閲覧・注文できるサービス パーク内のショップやレストランで対応(一部施設・サービスを除く) パーク内では時間をチェックすることが多い パーク内では、アトラクションの待ち時間やショーの公演時間など、常に時間をチェックしながら動くので腕時計を付けておくと便利です。 「時間はスマホで確認すればいいのでは?」と思われるかもしれませんが、パーク内では何かと手がふさがるシーンが多いです。 ・お土産を買って荷物が増えた ・ワゴンフードを買って食べ歩く ・日傘をさして歩く ・子供と手をつないだり抱っこしたりする こんな時、スマホを取り出すよりも腕時計をチェックする方が早いし楽ですよ。 パークを楽しむアイテム 出典: ・パスケース ・キャラクターのカチューシャ、ぬいぐるみバッチ、ポップコーンバケットなどの身に付けるアイテム(過去にパークで購入したことがある場合) ・サイン帳とペン ・予習のために購入したガイドブック ・レジャーシート(パークの開園待ち、ショーの鑑賞待ちをする場合) 紙のパークチケットはパスケースに入れて持ち歩こう 紙のパークチケットを利用する場合は、紛失防止のためにパスケースに入れて持ち歩くことをおすすめします。 普段使っているパスケースを持参してもいいですし、パーク内でもキャラクターモチーフの可愛いパスケースが販売されていますよ。 サインのもらい方やルールについては、こちらの記事で解説しています。 ・ウェットティッシュ ・ICカード ・折りたたみ式のサブバック ・ペットボトルホルダー ・ビニール袋 パーク内ではお手拭きがもらえない 東京ディズニーリゾート内のレストランでは基本的にお手拭きがもらえないので、ウェットティッシュの持参をおすすめします。 ポップコーンやチュロスなどの食べ歩きフードで手が汚れるシーンも多いので用意しておくと便利です。 リゾートラインはICカードでも乗車可能 東京ディズニーリゾート内を運行しているモノレール「ディズニーリゾートライン」を利用するには乗車券(大人260円)またはフリーきっぷ(大人1日660円)を購入する必要がありますが、ICカードを持っていればスムーズに乗車することができます。 雨の日 出典: ・傘 ・レインコート ・レインブーツ ・大きめのタオル ・ビニール袋 雨が強い日はレインコートが大活躍 降水量が多そうな日は傘+レインコートの使用をおすすめします。 東京ディズニーリゾートは海が近いため風が強く、傘をさしていても服がびしょ濡れになってしまう可能性があります。 せっかくのオシャレが台無しですし、体が冷えて体調を崩してしまったら大変です。 しかし、レインコートを着ていればこのような事態を避けられますし、ショルダーバックやリュック、カメラなどの上からレインコートを着れば大事な荷物を雨から守ることができます。 ただし、レインコートを着ていても足元は濡れてしまうので、デニム地のような厚手で乾きにくい素材のボトムスを履いていくのは不向きですよ。 レインブーツなら1日快適に過ごせる 東京ディズニーランドも東京ディズニーシーも、屋根の無いエリアが大半を占めています。 そのため、スニーカーで1日歩いていると雨水が染み込む可能性が高いです。 実際に、筆者は浸水したスニーカーの不快感に堪え切れずイクスピアリまで靴を買いに行った経験があります。 最初からレインブーツを履いてくれば良かったと後悔しました・・・。 パンプス型やショート丈のレインブーツなら長靴に抵抗がある人でも履きやすいのでおすすめです。 気温の高い時期 出典: 気温が高い夏のパークを楽しむには、「日焼け対策とこまめな水分補給」が課題となります。 ・帽子 ・日傘 ・日焼け止めクリーム ・水筒 ・サングラス ・ミニ扇風機や扇子 ・クールタオル ・ボディシート 外にいる時間が長いので日焼け対策は欠かせない 紫外線が強い季節は、帽子・日傘・日焼け止め・アームカバー・UVカットパーカーなどの日焼け対策グッズを用意しましょう。 特に、ショー待ちをする予定の人はこれらのアイテムが必須となります。 曇りの日でも気付いたら首の後ろが真っ赤になってた!なんてことがあるので油断大敵ですよ。 水筒があればいつでもどこでも水分補給できる アトラクション内やグリーティング施設は、食べ物や飲み物(ストロー付きのカップタイプのドリンク)を持ち込むことができません。 しかし、水筒なら持ったまま中に入れるので、整列中に水分補給することができます。 また、パーク内で購入するドリンクは料金が高めに設定されているので、水筒やペットボトルを持参すれば節約できるというメリットもあります。 夏のパークでは熱中症や脱水症状にならないよう注意してくださいね。 ・防寒具(手袋、マフラー、耳当てなど) ・カイロ ・ブランケット ・保温シート付きのレジャーシート 手袋はスマホ操作可能なものをチョイス 着用したままスマホ操作できる手袋なら、東京ディズニーリゾート公式アプリを使用する際や、友達と連絡を取り合ったりする際にいちいち外さなくて済むので便利です。 パーク内で販売しているミトン(親指だけ分離したタイプの手袋)は可愛いですが実用性に欠けます。 カイロは多めに用意 使い捨てカイロはパーク内でも購入できますが、スーパーや薬局で買っておいたほうが安く済みます。 かさばる物ではないので多めに持っていきましょう! 冷え性の方は靴底や靴下にに貼るタイプのカイロがおすすめですよ。 同じ場所でじっと待機していると凍えるほど身体が冷えてくるので、正直ブランケットにくるまっていても寒いですが、無いよりはマシです。 また、床も冷たくてお尻が冷えてしまうので保温シート付きのレジャーシートを用意しておきましょう。 パーク内にはベビーセンターがあり、おむつや粉ミルクなどを販売しているので、忘れてしまった物や足りなくなった物があっても安心ですよ。 ベビーカーはパーク内で借りることができますが、パーク外でも使用したい方は持っていきましょう。 また、お子さまは急に体調を崩すことがあるので、万が一に備えて保険証は必ず持っておいてくださいね。 持ち込みNGな物 東京ディズニーリゾートには持ち込みが禁止されている物があります。 ・酒類 ・カン、ビン(ペットボトルならOK) ・お弁当 ・ハードケース、スーツケース、キャリーケース等のカート類 ・一脚、三脚、自分撮りスティック ・ドローンやラジコン等 ・刃物や火薬類および一般的に危険物と呼ばれるもの(模倣品を含む) ・その他、他のお客様に迷惑となるおそれのあるもの 危険物が持ち込み禁止なのは当然のことですが、お弁当・キャリーケース・自分撮りスティックあたりはうっかり持ち込んでしまいそうなアイテムですね。 まずお弁当ですが、基本的に食べ物をパーク内に持ち込むことはできません(おやつ程度であれば容認されています)。 お弁当を持参したい場合はパーク外にあるピクニックエリアをご利用ください。 テーブル・イス・パラソルが設置されたエリアが東京ディズニーランドに1ヵ所、東京ディズニーシーに2ヵ所あります。 ハードケースやスーツケースは、他のゲストにぶつかったら危険なのでパーク内に持ち込めません。 入園前にパーク外の大型荷物専用のコインロッカーに預けておきましょう。 また、若い方や外国観光客の方が自分撮りスティックを使用している姿を時々見かけますが、こちらも他のゲストとぶつかったり通行の妨げになる恐れがあるため使用しているとキャストさんに注意されてしまいます。 ゲスト全員が気持ちよく安全に過ごすための大事なルールなので覚えておいてくださいね。 まとめ 大抵の物は東京ディズニーリゾート内で購入することができます。 ただ、普通に買うよりもちょっと高いというデメリットがあるので、余計な出費を抑えたい方はしっかり準備して当日を迎えましょう。

次の

東京ディズニーランドの14日間(2週間)の1時間ごとの天気予報

ディズニーリゾート 天気

カメラ ショーやパレード、ディズニーの写真をきれいに撮りたいならカメラも必需品! コンデジや一眼レフカメラ、ミラーレス一眼などさまざまな種類がありますよね。 コンデジ以外はかさばるものなので、持って行く際は気を付けましょう。 SDカードなども入れ忘れていないかチェックしてくださいね。 また1日中、カメラを使う予定なら予備バッテリーも1つは持って行った方がいいです。 1つしかバッテリーを持っていないという方は充電器も一緒に持って行きましょう。 ディズニーランド、ディズニーシーともにカメラ関係のショップにて充電サービス(無料)を行っています。 開園待ちをしない、アトラクションのみという方は必要ないと思います。 レジャーシートの代用品になるものは、ポータブルクッションや折りたたみ椅子などがありますよ。 一番の寒さ対策は、着込んでいくことですが、持ち物でも寒さ対策をしておきましょう。 カイロはパーク内でも販売していますが、多めに持って行くのが良いかもしれません。 おすすめの持ち物はブランケット! ブランケットがあるとかなり寒さを和らげることができます。 パーク内でもブランケットは販売していますよ。 年越しディズニーに行った際は、絶対寒いと思っていたのでブランケットを2枚持って行きました(笑) 冬のディズニー持ち物 ・カイロ ・ブランケット ・マフラー ・手袋 ・耳当て ディズニーへの持ち物【タイプ別】 次は、タイプ別にディズニーへの持ち物をご紹介。 一緒に行く人によってディズニーの持ち物は変化しますよね。 また乾きにくい素材の服、または夕方公演を観賞希望の場合は着替えが必要です。 せっかくディズニーで楽しく過ごせたのに後日、風邪を引いてしまっては後味が悪いでしょう。 お手洗いでの着替えは禁止されているので、気を付けましょう。 車で来ている方は車内、ホテル宿泊の場合は客室では着替えが可能です。 夕方に観賞する場合や乾きにくい素材の服の場合は、レインコートなどを着て濡れない対策をした方が賢明かもしれません! ディズニーの持ち物【天候別】 持ち込み禁止のもの ディズニーリゾートには「SCSE」というルールがあり、キャストさんの行動と判断基準になっています。 (1)Safety:安全 (2)Courtesy:礼儀正しさ (3)Show:ショー (4)Efficiency:効率 ディズニーも安全第一ということですね。 安全第一というルールがあるので、持ち込み禁止のものが定められています。 ディズニーシーではアルコールドリンクの提供があるため、アルコールを飲みたい方はディズニーシーに行くようにしましょう。 お弁当については、ディズニーのイメージを壊しかねないという点と、万が一食中毒などになった場合を考慮して禁止となっています。 ただし、ピクニックエリアでお弁当を食べるのは可能です。 また、アレルギーなどがある方は、お弁当やレトルト食品を持ち込むことができます。 撮影補助機材も持ち込みできないので、気を付けましょう。 自撮り用スティックを持ち込んでいる方を多く見かけますが、原則、持ち込み禁止です。 ディズニーの手荷物検査 コインロッカー ディズニー内で持ち物が多くなりすぎた場合は、コインロッカーに預けてしまうのも1つの手ですよ。 筆者もコインロッカーを使うことがたまにあり、コインロッカーを使う日は行く前から荷物を2つに分けて出かけるようにしています。 コインロッカーに入れる荷物と、持ち歩く荷物を分けておくことで、預ける作業を簡単にするためです。 例えば、朝の開園待ち、夜のショー待ちのときだけに使いたいダウンジャケットやブランケットは、日中持ち歩くとなると大変ですよね。 日中の気温がある程度高いときは、コインロッカーの出番だったりしますよ! 夜、寒くなったら防寒グッズを出しに行けば日中は身軽に動くことができます。 また、午前中にお土産をたくさん買った場合もコインロッカーに預けちゃうのもありですよ。 多くのゲストが夜のショーや閉園間際にお土産を買うため、ショップ内が混雑します。 午前中は比較的店内も空いていて品定めもたっぷり時間を使ってできます。 荷物が重くて仕方ないと思っていた筆者ですが、減らそうと思えば減らすことができました。 自分が必要だと思う持ち物をしっかり見極めることが大事なのかもしれませんね!.

次の

【ディズニーリゾート】千葉県浦安市・舞浜 天気予報

ディズニーリゾート 天気

このページをご覧いただき、ありがとうございます。 ここでは、東京ディズニーリゾートに持って行くと便利な持ち物・服装についての情報を確認する事ができます。 季節によって、当日の天気によって、個人の目的のよって、持ち物や服装が変わります。 どんなものを持っていけばいいの?ではなく、どんなものがあると便利なの?という視点でアドバイスができればいいと考えています。 夏は暑い、冬は寒いのは、誰でもわかると思いますが、東京ディズニーリゾートがどれだけ暑く、寒いのか?また、それらの対策をする為に持っておくと便利なものはないか?下記のように分類してみました。 月別 12月〜2月 とても寒いです。 半端ではない寒さです。 東京ディズニーリゾートは海の上にある為、風が冷たく、地面もコンクリートですので、寒さも倍増です。 寒さ対策を怠らないで下さい。 また、冬でも天気の良い日は日差しが強いので、日焼け対策も必要です。 3月〜5月 比較的過ごしやすいです。 日影や日没後など肌寒く感じる場所や時間もありますので、上にひっかける長袖があればいいと思います。 日差しがかなり強くなるので、日焼け対策は十分にしておいた方がいいと思います。 日傘なども必要です。 花粉症の方には、つらい時期です。 マスクやゴーグルなど、しっかりと花粉症対策もしておきましょう。 6月〜9月 目玉焼きの気持ちが分かるくらい、ジリジリと暑いです。 太陽が上から、コンクリートの暑さが下から襲ってきます。 熱中症や日射病対策が必要です。 必ず帽子、日傘は必要です。 また、タオルやハンカチなど水に濡らして首などにかけておくと、暑さはマシになります。 ペットボトルや水筒を用意し、常に水分補給ができるようにして下さい。 水飲み場はたくさんありますので、ペットボトルや水筒に水を入れて携帯しておくと、大変便利です。 雨の日は真夏でも気温が低下し、肌寒く感じる事が多いです。 また、レストランなどエアコンがききすぎて、寒い場所もありますので、真夏でも長袖は必要と思います。 10月〜11月 暑さも和らぎ、涼しくなる時期ですので、比較的過ごしやすい時期です。 日没の時間も早くなり、日没後は寒くなりますので、Tシャツの上にトレーナーを着るくらいが丁度いいと思います。 涼しくなる時期ですが、日焼け対策は 怠らないで下さい。 日焼け止めを塗らないと、顔が真っ赤になってしまいます。 さらに詳しく 天候別 晴れの日 日焼け対策、熱中症・日射病対策、脱水対策が必要です。 曇りの日 少々寒く感じるときもありますので、長袖の防寒具は準備しておいた方がいいと思います。 また、折りたたみ傘はかばんに入れておいた方が安心です。 雨の日 雨の日は、傘だけではなく、レインコートがあればいいと思います。 パーク内にも雨具が売っていますので、荷物になるのが嫌だという人は現地調達をして下さい。 気温は低下するので、防寒具を忘れずに。 また靴も防水加工したものを履いた方が良いです。 靴下までびしょびしょになる可能性が高いです。 防水加工の靴がない人は、靴や靴下の替えがあるといいかもしれません。 また地面が滑りやすくなりますのですべりにくい靴も必要です。 その他 <寒さ対策で必要なもの> 貼るタイプのカイロ(背中に貼ると暖かい)、帽子、耳あて、マフラー、ひざかけ(毛布)、携帯用座布団、手袋、あったか靴下、服(パンツ)の下に着る(履く)インナー、防寒加工の靴 <日焼け・熱中症・日射病対策に必要なもの> 日焼け止めクリーム・サングラス・タオル・ペットボトルか水筒・日傘・帽子・長袖の上着 <防水対策に必要なもの> 傘・レインコート・タオル・ビニール袋・防水加工、滑り止めのついた靴・長袖の上着 <その他、必要なもの> カメラ、サインペン、サイン帳(キャラクターと写真を撮ったり、サインをしてもらったりする時に使う)レジャーシート・携帯用座布団(パレード・ショーの場所取りに必要)常備薬(パーク内に救護室はありますが、頭痛薬、胃腸薬、傷薬、傷テープくらいは、緊急時の為に持っておくと便利です。 ) <交通機関で必要なもの> 歯ブラシセット(夜行バスで行く人は、翌朝のはみがきの為)ひざかけ(夏でもエアコンがきいているので、防寒具にもなり便利です)エアー枕(首の固定と安眠の為)耳栓(安眠の為)、乗り物酔い止めの薬 東京ディズニーリゾートでの体験談 持ち物や服装は本当に気になりますよね。 パークに行き出して最初の方。 私は持ち物や服装は気にしなかったです。 なるべく荷物は少なく、服もおしゃれを重視して、旅行者なのに、小さなカバンで必要最小限の荷物で行きました。 持っていたのはカメラ、携帯電話、ティッシュ、ハンカチ、翌日の着替えくらい。 あとは現地で調達すればいいと何も持って行かなかったのです。 そしたらどうでしょう?寒さが最高潮のクリスマスの時期。 マフラー、手袋、帽子、ジャケット、カイロ、耳当て…全て。 現地調達をすることになりました。 まだパーク周辺に店が充実していなかった時代ですから、パーク内でしか調達ができず、かなりの額になったことを覚えています。 おみやげを買う余裕はありませんでした。 事前に確認していなかった為、様々な失敗をしてきました。 なので、事前に持ち物と服装の情報はしっかりと確認し、準備しておくことが大切だと思います。 行く度に荷物が増え、今では5泊用キャスター付きバックをいっぱいにしてパークに向かいます。 準備万端にしていれば、何も怖いことはありません。 荷物が多いのも大変なので、情報をしっかり入手し、事前に準備しておくことをおすすめします。 information 東京ディズニーリゾート 東京ディズニーランド 東京ディズニーシー 【住所】 〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-1 【電話番号】.

次の