車 2016 おすすめ。 【2020年最新版】人気の外車・輸入車おすすめランキングTOP20|SUVからコンパクト、ミニバンまでボディタイプ別に新車・中古車一挙紹介!

愛車の洗車に!カーシャンプーおすすめ30選!【カー用品店店員のおすすめやAmazon、楽天ランキングを紹介します!】【自動車Webマガジン】

車 2016 おすすめ

以前、おすすめの車高調として色々なメーカーを紹介させていただきました。 全整式であったり、ネジ式であったり。 結果的にネジ式がよく落ちるのはわかりましたが、全整式車高調でも• 車高が下がりやすいもの• 車高が下がりにくいものがあります その一つの理由が、シェルケースとショックの長さの関係性です。 仕組みを理解する まずは、全整式で車高が下がる仕組みを理解しましょう。 つまり、シェルケース部分にショックが入っていくことによって車高が下がるわけですね。 シェルケースに入っただけショックが短くなるんです。 ということは、同じショックで• シェルケースが短いもの• シェルケースが長いもの を比べた場合、単純にどちらが車高が落ちやすいでしょうか? これは2番のシェルケースが長いほうが車高の下げ幅は大きいですね!長いということはそれだけショックが中に入るわけですから、ショックの長さを短くすることができます。 単純に ショックが2cm縮むということは、車高が2cm下がるということです。 この差は大きいですね!タイヤまでしか下がらなかった車高がリム面までもっていけるかもしれません。 バネの長さ もう一つのポイントが バネの長さです。 バネ(スプリング)が長いと、それだけ長さを取ってしまいますので社交は落ちにくくなります。 しかし、バネにはそれぞれバネレートというものが決められています。 バネレートを確認 車高調に付属しているバネには「26k」などの数字が書いてありませんか? それは バネレートと呼ばれる数字です。 その数字があらわすものは バネを1mm縮めるのに必要な重さ です。 つまり、バネレートが大きければ大きいほど固いバネということです。 当然ながら乗り心地は固くなりますね。 短いバネは基本的にバネレートが大きいものである場合が多いです。 「28k」だったり、「36k」だったり・・・中には「100k」のバネもあります。 100kのバネを使用したことがありますが、ちょっとした小石でピョンピョン跳ねるので乗り心地は決してよく無かったですねw ・・・話がそれました。 つまり、バネレートが大きいものほど縮みにくいバネなので車高を下げたいだけならばなるべく短くてバネレートが低いものを選ぶべきです。 ショックとバネの関係性 以上の2点• シェルケースが長い車高調• 短いバネ を使用すれば車高が下がることは理解していただけたと思います。 しかし、勘のいい人はここで気づいたかもしれませんがシェルケースが長くなると自然と短いバネしか使えませんよね? ショックをどんどんシェルケースに縮めていくと、それだけバネのスペースが無くなっていきます。 バネの位置までショックが縮まった時点で限界になってしまうわけです。 となると、どうすればいいでしょう? シェルケースを切断 ここからは荒業になりますが、 限界まで来てしまったらシェルケースの頭を切断してあげましょう。 することでバネのスペースに余裕が生じるので、しっかりとバネをつけてあげることができますね。 すると、バネの上に空間ができてカパカパとバネが動きますよね? そのまま装着してあげれば、そのスペース分何も無く車高が落ちてくれるわけです。 この方法、 軽自動車にはあまりオススメできません。 普通車、セなどで行っても乗り心地にたいした差は無いんですが軽自動車の場合はとっても乗り心地が悪くなります!w 軽自動車は車体自体が軽いので、段差で跳ねたときにバネから浮いてしまうんですねw ま、ショックへのダメージも大きいですし、車高調自体へのダメージも大きいのであまりオススメできる方法ではありません。 とは特注のことですね。 あなたの車、車高、好みの乗り心地に合わせて車高調を作ってもらうことです。 tomo-mox.

次の

【2020年最新版】人気の外車・輸入車おすすめランキングTOP20|SUVからコンパクト、ミニバンまでボディタイプ別に新車・中古車一挙紹介!

車 2016 おすすめ

もくじ• 【2020年】おすすめの中古車27選!車種別にランキングBEST3を紹介! 軽自動車の中古車おすすめランキング! 1位 2位 3位 ミライース おすすめ ワゴンR デイズルークス 予算50万円 予算100万円 予算120万円 コンパクトカーの中古車おすすめランキング! 1位 2位 3位 マーチ おすすめ アクア ノート 予算50万円 予算80万円 予算100万円 ミニバンの中古車おすすめランキング! 1位 2位 3位 フリードスパイク おすすめ ステップワゴン セレナ 予算100万 予算150万 予算200万 SUVの中古車おすすめランキング! 1位 2位 3位 CX-3 おすすめ エクストレイル ヴェゼル 予算150万円 予算100万円 予算200万円 セダンの中古車おすすめランキング! 1位 2位 3位 スカイラインHybrid おすすめ クラウンアスリートHybrid カローラアクシオ 予算200万 予算300万 予算100万 スポーツカーの中古車おすすめランキング! 1位 2位 3位 BRZ おすすめ フェアレディZ GTR 予算150万 予算100万 予算500万 ハイブリッドカーの中古車おすすめランキング! 1位 2位 3位 ノートe-power おすすめ アクア プリウス 予算100万円 予算80万円 予算120万円 外車の中古車おすすめランキング! 1位 2位 3位 ベンツCクラス おすすめ ゴルフTSI アウディA4 予算200万円 予算100万円 予算160万円 MT(マニュアル車)の中古車おすすめランキング! 1位 2位 3位 スイフトスポーツ おすすめ フィットRS コペン 予算120万円 予算150万円 予算160万円 おすすめの中古車を 車種別に27台厳選しました! それでは次に、どういった点がおすすめなのか?1台1台詳しくお伝えしていきますね。 まずは、軽自動車から紹介していきます! 軽自動車のおすすめ中古車3選! 車種 予算 おすすめ度 詳細 ミライース 50万円 5. 0 ワゴンR 100万円 4. 5 デイズルークス 120万円 4. 0 軽自動車の中古車は値が落ちない…。 と言われていますが、人気車種にこだわらず選択肢を広げることでコスパの良い車が見つかります。 それでは、軽自動車の中古車おすすめ3台を紹介していきましょう! 【軽自動車1位】ミライース(ダイハツ):予算50万円 出典: おすすめ度 5. 0 おすすめポイント• 燃費がよく維持費が安く済む• 狭い駐車場でも入れやすい• 通勤や買い物用に最適 相場価格 39. 8万円~148万円 燃費 32. 2~35. X ミライースは、第3のエコカーとして売り出された非常に燃費の良い軽自動車です。 ちなみにこの燃費はハイブリッドカー並です。 ワゴンRにはハイブリッド車もあります。 燃費重視ならハイブリッド、価格重視ならガソリン車を狙いましょう。 【軽自動車3位】デイズルークス(日産):予算120万円 出典: おすすめ度 4. 0 おすすめポイント• 視界が広く運転しやすい• 両サイド自動スライドドア• 室内が広い 相場価格 20万円~188 万円 燃費 18. 2~22. 室内の高さはハイトワゴンの中でもトップクラスで1400mmもあります。 小学4年生までの子どもなら、車内で立っても天井に頭がつかないくらいです。 2020年の春にモデルチェンジされるため、今後は中古車の値落ちが期待できるでしょう。 コンパクトカーのおすすめ中古車3選! 車種 予算 おすすめ度 詳細 マーチ 50万円 5. 0 アクア 80万円 4. 5 ノート 100万円 4. 0 現在コンパクトカーの新車はハイブリッド化が進み、車両価格が高くなっています。 しかし、中古車に目を向けると格安で状態のよい車が多く出回ってます。 ここでは、そんなコンパクトカーの中古車の中でおすすめできる3台を紹介していきます! 【コンパクトカー1位】マーチ(日産):予算50万円 出典: おすすめ度 5. 0 おすすめポイント• ガソリン車ながらも燃費がいい• 丸みを帯びたかわいいデザイン• コンパクトカーの中で低価格 相場価格 3. 8万円~165万円 燃費 18. 2017年式以降 狙い目のグレード• マーチ S• マーチ X Vセレクショ マーチは日産が販売するハッチバックタイプのコンパクトカーです。 新車価格が120万〜150万ほどと安いことから、中古車の値段もほかのコンパクトカーに比べて安くなっています。 マーチは、2009年からモデルチェンジが行われていない不人気車です。 それゆえ、中古車市場では状態のよい車を安く購入することができます。 【コンパクトカー2位】アクア(トヨタ):予算80万円 出典: おすすめ度 4. 5 おすすめポイント• 圧倒的な燃費の良さ• ボディーカラーが豊富• 飽きない外観 相場価格 23. 8万円~250万円 燃費 33. 2016〜2017年式 狙い目のグレード• アクアS• アクアL アクアは、トヨタが販売するハイブリッド コンパクトカーです。 2012年モデルのガソリン車は、走行距離の少ない良車がたくさん出回っています。 ミニバンのおすすめ中古車3選! 車種 予算 おすすめ度 詳細 フリードスパイク 100万円 5. 0 ステップワゴン 150万円 4. 5 セレナ 200万円 4. 0 ミニバンを選ぶなら、車の性能のほかに後部座席の使い勝手も重視しておきたいですよね。 ここでは、家族や両親を乗せることも想定に入れ性能と使い勝手の両方ともおすすめできるミニバンを3台紹介していきます! 【ミニバン1位】フリード スパイク(HONDA):予算100万円 出典: おすすめ度 4. 0 おすすめポイント• ミニバンなのに小回りがきく• 4〜5人乗りに適したミニバン• 自転車2台を楽に積める 相場価格 9. 5万円~189万円 燃費 13. 2~16. リアシートをたたむとフラットなスペースとなり、自転車もらくらく乗せることができます。 2016年9月に販売終了となっているモデルです。 新車で200万円前後したフリードスパイクですが、4年落ちの中古になると半額の100万円で購入することが可能です。 【ミニバン2位】ステップワゴン ホンダセンシング(HONDA):予算150万円 出典: おすすめ度 4. 5 おすすめポイント• 乗り降りしやすいフラットな床• ベビーカーが楽に積める• 安全装備が充実している 相場価格 97万円~478万円 燃費 14. 乗降しやすいよう設計されたフラットな床や、縦横に開くリアゲートの使い勝手の良さが魅力です。 ホンダセンシングという、常に「ミリ波レーダー」と「単眼カメラ」で周囲の状況を認識し、ドライバーをサポートする安全装備の付いた「G ホンダセンシング」がおすすめです。 【ミニバン3位】セレナ(日産):予算200万円 出典: おすすめ度 4. 0 おすすめポイント• ミニバンの中でも室内が広い• シートアレンジが豊富• 踏み間違い衝突防止アシスト付き 相場価格 128万円~429万円 燃費 12. 6~16. ハイウェイスター• セレナ S セレナは、ミニバンの中で最も販売台数の多い人気車種です。 2019年1月〜6月の販売台数は53,662台を記録。 全車種の中でも第4位となっています。 中古車で購入するなら、現行モデルの1つ前の(4台目)がおすすめです。 2016年8月にモデルチェンジが行われたので、その直前あたりの車両が狙い目ですね。 SUVのおすすめ中古車3選! 車種 予算 おすすめ度 詳細 CX-3 150万円 4. 5 エクストレイル 100万円 4. 0 ヴェゼル 200万円 4. 0 今流行りのSUV車ですが、外観がカッコよくても室内や荷室が狭い車種もあります。 そこで今回こちらでは、室内や荷室が広いSUV3台を厳選しました。 【SUV1位】CX-3(マツダ):予算150万 出典: おすすめ度 4. 5 おすすめポイント• 燃料代が安い(軽油燃料)• トルクのあるディーゼル車• 立体駐車場にも対応 相場価格 99. 8万円~303万円 燃費 16. また、収納スペースも多く後部の荷室も意外と広く設計されています。 ディーゼル車といっても、昔のディーゼル車とは別です。 cx-3はクリーンディーゼルという、ガゾリン車より2割ほど二酸化炭素の排出量を抑えることができる環境にやさしいディーゼルです。 【SUV2位】エクストレイル(日産):予算100万 出典: おすすめ度 4. 0 おすすめポイント• SUVの中でも室内が広い• フロアやシートが汚れにくい• 価格が安い 相場価格 84. 8万円~372. 4万円 燃費 13. 8~20. 室内空間が広く、男性が4人乗っても足元に少し余裕ができるほどです。 また、フロアやシートが防水加工されているためで、砂・ドロ・水の伴うアウトドア利用に適しています。 20Xのグレードには5人乗りと7人乗りがあります。 価格差は数万円なので、6人以上乗るなら7人乗りを選んでおきましょう。 【SUV3位】ヴェゼル(HONDA):予算200万 出典: おすすめ度 4. 0 おすすめポイント• 安全装備が充実• 後部座席・荷室が広い• 高級感のある外装・内装 相場価格 98万円~333万円 燃費 17. 外観・内装ともに高級感のあるデザインが施されているのが特徴です。 エクストレイルに次ぐ室内・荷室の広さがあります。 ヴィゼルにはハイブリッド車もありますが価格が高くなります。 もし予算200万円で抑えたいなら、ガソリン車の選択となります。 セダンのおすすめ中古車3選! 車種 予算 おすすめ度 詳細 スカイライン Hyvrid 200万円 4. 5 クラウンアスリート Hybrid 300万円 4. 0 カローラアクシオ 100万円 4. 5 おすすめポイント• 新車価格の半額で4年落ちの中古車が見つかる• スポーティーなデザイン• パワーがあるけど燃費がいい 相場価格 69万円~459万円 燃費 9. 5~18. 2019年7月に行われたマイナーチェンジ前のモデルは、日産が国外で展開している高級車ブランド「インフィニティ」のエンブレムが使われています。 2014〜2015年式なら、新車で550万以上する最上級グレードSPが250万円ほどで出回っています。 (新車の半額以下…!) 【セダン2位】クラウンアスリートHybrid(トヨタ):予算300万円 出典: おすすめ度 4. 0 おすすめポイント• 豪快な加速を感じられる• 街乗りでも燃費がいい• 段差乗り越え時の衝撃が少ない 相場価格 125万円~485. 6 万円 燃費 9. 6~23. 2012年から2018年まで製造されていましたが、現在は販売終了となっています。 高速道路や渋滞の少ない道路を走行するなら、23. 【セダン3位】カローラアクシオ(トヨタ):予算100万円 出典: おすすめ度 4. 0 おすすめポイント• トランクが広い(ゴルフバッグ4個入る)• アクセル踏み間違いを緩和するシステム搭載• コンパクトサイズで小回りがきく 相場価格 26. 8万円~259. 2万円 燃費 16~34. 5X カローラアクシオは、トヨタが販売するコンパクトセダンです。 外観は派手さも面白さもありませんが、ハンドル操作・燃費・安全性など車の性能面では高い評価を得ています。 アクセルの踏み間違いで起こる衝突を緩和するシステムも装備されているので、ご年配の方でも安心して乗ることができます。 ガソリン車とハイブリッド車がありますが、おすすめはハイブリッド車です。 走行距離5万キロを超えてくると100万円以内で購入できる車両も出てきます。 スポーツカーのおすすめ中古車3選! 車種 予算 おすすめ度 詳細 BRZ 150万円 4. 5 フェアレディZ 100万円 4. 0 GTR 500万円 4. 0 こだわりを持つ方の多いスポーツカー。 今回こちらでは、性質の違う3台のスポーツカーを紹介します! 【スポーツカー1位】BRZ(スバル):予算150万円 出典: おすすめ度 4. 5 おすすめポイント• カスタマイズせずそのまま乗れる• 初心者でもスポーツ走行が楽しめる• 外観がかっこいい 相場価格 79. 8万円~340万円 燃費 11. 6~13. 兄弟車にトヨタ86がありますが、運転のしやすさ、操作のしやすさはBRZが上です。 走る・曲がる・止まるの基本性能が高いと評判のスポーツカーです。 【スポーツカー2位】フェアレディZ(日産):予算100万円 出典: おすすめ度 3. 5 おすすめポイント• ホイールベースが短く小回りがきく• 高速道路の合流や追い抜きが楽• パーツが多く出回っている 相場価格 88万円~569. 8万円 燃費 9~9. 現在のモデルは2008年に発表された6代目(Z34)となっています。 10年以上モデルチェンジしていませんが、内装外装ともに古さを感じません。 100万以内で購入できるのは10万キロオーバーの車両です。 所有するには細かなメンテナンスが必要になるので、車いじりの好きの方におすすめです。 【スポーツカー3位】GTR(日産):予算500万円 出典: おすすめ度 3. 5 おすすめポイント• 非日常を味わえる車• 新車は高くて買えなくても中古ならどうにかなる…。 3秒で100km出る加速! 相場価格 398万円~2080万円 燃費 8. 4~8. わずか3秒で速度が100kmに到達するという恐ろしく加速力のある車です。 10年落ちにはなるものの、1,000万円以上する個体が半値の500万付近で購入できます。 ハイブリッド・エコカーのおすすめ中古車3選! 車種 予算 おすすめ度 詳細 ノートe-power 120万円 5. 0 アクア 80万円 4. 5 プリウス 100万円 4. 5 中古のハイブリッド・エコカーを購入するなら、どの車種がいいのか?燃費だけでなく、総合的におすすめできる車を3台厳選しました。 【ハイブリッド・エコカー1位】ノートe-power(日産):予算120万円 出典: おすすめ度 5. 0 おすすめポイント• アクセルを離すと減速・停止する新技術を採用• 渋滞している道路でも足が疲れない• モーターパワーで走行する 相場価格 15. 5万円~269. 9万円 燃費 18. 2~37. 2X ノートe-powerは、日産が販売するモーターパワーで走行する低燃費車です。 エンジンとモーターの両方を動力にするハイブリッドとは違って、エンジンは発電専用となっています。 アクセルを踏めば加速、アクセルを放せば減速・停止が可能なeペダルという新技術が使われています。 この技術によって渋滞の多い街中での走行が非常にらくになります。 【ハイブリッド・エコカー2位】アクア(トヨタ):予算80万円 出典: おすすめ度 4. 5 おすすめポイント• 圧倒的な燃費の良さ• ボディーカラーが豊富• 飽きない外観 相場価格 23. 8万円~250万円 燃費 33. 2016〜2017年式 狙い目のグレード• アクアS• アクアL 燃費のいいハイブリッド・コンパクトカーとして圧倒的人気のアクア。 新車販売台数が多いことから、中古車も多く出回っています。 アクアのボディーカラーは14色あるので、好きな色も見つかりやすいでしょう。 アクアは、2021年にフルモデルチェンジされる可能性があります。 なので、今後は中古車の値段が下がってくると予想できます。 【ハイブリッド・エコカー3位】プリウス(トヨタ):予算100万円 出典: おすすめ度 4. 5 おすすめポイント• 中古車の台数が多い• 荷室が広い• 1つ前のモデル3代目が安い 相場価格 109. 7万円~380. 9万円 燃費 34~40. 1つ前のモデルなら、走行距離5万キロ前後の車両が100万円ほどで出回っています。 新車だと200万円以上するので、中古はかなりお得ですね。 外車のおすすめ中古車3選! 車種 予算 おすすめ度 詳細 ベンツCクラス 400万円 4. 5 ゴルフTSI 100万円 4. 0 アウディーA4 200万円 4. 0 デザインがかっこよくステータスも感じられる外車。 ここでは、中古車で購入するならコレ!といった外車を3つ紹介していきます。 【外車1位】メルセデス・ベンツ・Cクラス(メルセデス・ベンツ):予算400万円 出典: おすすめ度 4. 5 おすすめポイント• 日本の道路に合ったコンパクトなサイズ• Sクラスと似ている上質なデザイン• ステータス性がある 相場価格 168. 8万円~689. 7万円 燃費 12~20. Cクラス以上のベンツは圧倒的な迫力を感じます。 一度はベンツに乗ってみたいと思うなら、比較的安く購入できるCクラスがおすすめです。 【外車2位】ゴルフTSI(フォルクスワーゲン):予算100万円 出典: おすすめ度 4. 0 おすすめポイント• ボディーが頑丈• 長時間乗っても疲れない• 輸入車で初めて日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞したモデル 相場価格 44. 8万円~548 万円 燃費 12. 6~23. 7代目にあたる現行モデルは、輸入車で初めて日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞したモデルとなっています。 ゴルフTSIは、一部の車種を除いてハイオクガソリン仕様です。 燃料代が気になるところですが、3年落ちの中古車を100万円ほどで購入できるのは魅力です。 【外車3位】アウディーA4(アウディ):予算200万円 出典: おすすめ度 4. 0 おすすめポイント• 安全装備が充実• 荷室が広い• 1つ前のモデル3代目が安い 相場価格 210万円~598万円 燃費 15. 5~18. 0 TFSI アシスタンスパッケージ アウディA4は、全世界で累計1,200万台の販売実績を誇るベストセラーモデルです。 右折時に反対車線を走る車を警戒するターンアシスト、周囲の車や歩行者を警戒する「Audiプレセンスシティ」など、安全装備が充実しています。 中古車を購入するなら、Audi正規ディーラーが認めた認定中古車がおすすめです。 MT車(マニュアル)のおすすめ中古車3選! 車種 予算 おすすめ度 詳細 スイフトスポーツ 150万円 5. 0 フィットRS 120万円 4. 0 コペン 160万円 3. 5 AT車(オートマ)が主流の今、あえてMT車(マニュアル)を選びたい方に、おすすめのMT車3台紹介していきます! 【MT車1位】スイフトスポーツ(スズキ):予算150万円 出典: おすすめ度 5. 0 おすすめポイント• シフトアップしても回転が落ちにくい• ギアの繋がり感が抜群• マニュアルの走りを快適に楽しめる 相場価格 68万円~289万円 燃費 16. スイフトスポーツの評判はめちゃくちゃいいですね。 カーセンサー、グーネット、価格. comの口コミ評価では、どれも星4. 0以上の高評価でした。 【MT車2位】フィットRS(HONDA):予算120万円 出典: おすすめ度 4. 0 おすすめポイント• 走りと燃費の両方を満たせる• 内装がかっこいい• 中高速の加速性がいい 相場価格 9万円~238万円 燃費 19. トランスミッションは6速MT。 エンジンは「1. 5L 直噴 DOHC i-VTECエンジン」が採用されています。。 スイフトスポーツと同じく、コンパクトカーとは思えない走りを体感できます。 コペンはMT操作を楽しめる車種としてマニアに人気です。 値落ちしにくい車種なので、売却するときに高く売れるでしょう。 欲しい車種が決まったら、中古車の販売情報をチェックしよう! おすすめの中古車27台を車種別に紹介してきましたが、「これいいな〜!」と思った車種は見つかったでしょうか? 欲しい車種が決まったら、早めに中古車の販売情報をチェックしておきましょう。 状態の良い車は、すぐ商談中になってしまうからです。 中古車販売情報は、カーセンサー・グーネットなどの中古車情報のほかにも、希望条件を入力するだけでマッチした中古車を無料で探してくれるサービスもあります。 両方とも活用して、状態の良い中古車を見つけましょう!.

次の

おすすめ車高調!落ちる車高調はここが違う!

車 2016 おすすめ

今回は、トヨタのハイブリッドカーの中でも、また日本車のコンパクトカー の中でも最も販売台数の多い、 トヨタアクアについて、その特徴と、おすすめの 買い方、等をご紹介します。 アクアは日本で最も売れているコンパクトカー アクアは2011年に、プリウスより小型のコンパクトカー としてトヨタより発売されて、発売以来、圧倒的な売り上げで、 昨年の2016年にも2015年同様、日本の小型車の新車登録台数 ランキングのナンバー1となっています。 アクアの特徴は、トヨタお得意のハイブリットシステムを、コンパクトな 車体サイズに採用して、お値段も170万円からとかなりお買い得な価格設定に なっている点です。 現在改良を重ねて、 カタログ燃費はリッター37kmとなっていて これだけ燃費の良い車で撮り回しの良い5ドアハッチバックが、 リーズナブルな値段で購入できるということで、沢山売れていますので、 街中でもかなりの台数を毎日見かけることが出来ると思います。 トヨタアクアのメリット、デメリットは? メリット 1、圧倒的な燃費 アクアの一番のメリットというのは、他の車、同じトヨタの他のハイブリッド車に 比べても圧倒的に燃費が良いところが挙げられます。 プリウスが新型になるまで、リッター37Kmの燃費性能は市販車ナンバーワンでした。 今は新型のプリウス(50系)が一部グレードでリッター40kmを超えましたが、 軽自動車も含めて、燃費の最も良い車というのは間違いありません。 2、重心が低いことによる、走行性能の高さ アクアは実はかなり、ハンドリングの良い車で、プリウスに比べて非常に 重心が低く設計されています。 また空気抵抗を極限まで低くしているので、高速道路などでの安定性も 非常に高い車なのです。 エコだけでなくて、実は走らせても面白い車です。 3、車重の軽さ アクアは車体の軽量化を非常に追及していて、コンパクトカーということを 考えても他車と比べて非常に軽いです。 今の車は軽自動車でも1000kg位ある車がある中で、一番軽いグレードは 1050kg!しかありません。 これはライバルのコンパクトカーの中でも最も軽く、 同じトヨタのプリウス(30系) と比べても300kgも軽く作ってあります。 軽量化は燃費だけでなく、ハンドリングや、ブレーキ性能の向上等 車にとってはメリットだらけです。 走らせても軽快でハンドリングが良いのは、車体の軽さも大いに貢献していると思います。 デメリット 1、リアシートが狭い 口コミを調べてみると、割と多かったのが、 リアシートの広さを指摘する 声が上がっていますね。 アクアは空気抵抗を良くするために、ルーフの後ろが 低くデザインされています。 また、ルーフ後方の絞込みもけっこうされているため、リアシートは 天井が低い感じはありますし、サイドウインドーの天地が低い為、閉塞感 がかなりあるのは確かです。 特に黒系の内装だとより狭く感じるようですね。 実際にみても確かにライバルのフィットハイブリットなどと比べて アクアは背が低いですので、リアシートの居住性は一歩譲るところは否めないです。 しかし、いつも大人5人乗りとかする状況ではなければ問題ない広さです。 大人が4人以上乗ることがめったにない人なら、気になるレベルではないと思います。 2、内装の質感 最近のトヨタの小型車は、軽量化や環境のことも考えた樹脂部品で 内装のパネルを作っているため、以前のトヨタ車より、樹脂の質感が 車によっては安っぽく感じるところもあるようです。 アクアの場合も、最近のトヨタのコンパクトカーのセオリーに従った 樹脂のデザイン&質感なわけですが、樹脂ならではの明るい色味や 造形などで、逆に個性的なデザインがなされていたりするわけですので、 スポンサーリンク オプションでパネルの色を変えて楽しんだりもできますし そこを逆に楽しんでもらえれば良いのかな?と思ったりします。 私の場合、色々な減税や優遇措置があるうえ、数年後のリセールもまずまず 期待できる、トヨタのハイブリットは割と新車で買って丁寧に乗った あと2回目の車検までに手放す方がメリットがあるかな?と思えるのですが、 アクアの場合はデビューしてから数年がたちタマ数も豊富な上、だいぶ 値段もこなれています。 ざっくり50000キロの走行距離だと100万円から110万円台が ボリュームゾーンです。 以前のハイブリットと違って最近のトヨタのハイブリットでしたら 10年くらいまでなら交換せず十分使用可能でしょうから、5年落ちで購入しても あと、5年は交換なしで乗れる計算になります。 以前のプリウスなどでは、ハイブリット車のバッテリー交換に30万円とか かかるなんて言われていて、ガソリン代が節約できても、長い間乗る場合 結局損ではないか?なんて話もありましたが アクアはバッテリーと工賃で15万円くらいだそうですよ。 いぜんに比べるとだいぶ安くなってきましたよね! では、アクアのおすすめ結論は? 新車で買うなら 上級グレードGかX-URBANでボディーカラーはパールか黒 中古車で買うなら 5年5万キロくらいで車両本体100万円前後で様々な車種から検討可能。 かわいい色味や、ポップなカラーは、逆にお値段が相場より安いので、 中古車で購入する場合狙い目かも? と、値段的にはだいぶこなれてきた感のある アクアですが… 2017年にアクアはフルモデルチェンジ?新型アクアが出る?? という噂がありますね。 これは、かなり現実的な話で、 おそらく今年中には新型アクアが導入されてくるだろうと 思われます。 アクアがデビューしたころと比べて、コンパクトカーのクラスの 燃費競争はさらに激化して、強力なライバルが出てますかね~ 特に日産のノートのe-powerの快進撃はトヨタとして、指を加えて見ているわけには いきませんよね。 ほぼ生産型と言っても良いような、かなり現実的な次期モデルの プロトタイプも出ていますので、 モデルチェンジも時間の問題のような気がします。 最新のトヨタのデザイントレンドであるキーンルックを採用して、 今のアクアよりアグレッシブなデザインですが、個人的には好きですね。 ということで、 今のアクアの中古車は新型が出たら、さらに値段が安くなるのは 間違いありませんので、(トヨタの傾向としては、新型出たらたぶん30%位 値段が下がります)ちょっと待たれた方が良いかもしれませんね。 逆に… アクア手放そうと考えているかた、早くしないと損しちゃいますよ! 急げ!!!.

次の