バンコク ジジイ の たわごと。 海外生活ブログ 人気ブログランキング

政治ブログ メンバー一覧

バンコク ジジイ の たわごと

初めまして。 taoと申します。 2016年末にバンコクに来ました。 日本では毎日忙しく仕事をしておりましたが、夫の転勤が決まり、退職しこちらに来た次第です。 というより、面倒なので、一人でいっか。 そんなぼっち妻です。 たわいもない事をお喋りしていた同僚も、夜な夜な飲み歩いた親しい友人もいない新しい環境で、ま、いっかと思いつつも、ちょっとさみしくちょっと落ち着かず、ソワソワと暮らしております。 taoはタイ語でカメ。 カメのようにのんびりと、タイライフを楽しみたいのですが、気がつくとジタバタ焦ってばかり。 そんな私の、毎日の様に起こる驚くような出来事や、悩んで調べて少しずつ解決できた事、誰かに話したい美味しいお店や可愛いカフェなどを、このブログで紹介していきたいな、と思っております。 どうぞよろしくお願いいたします! 2017年2月6日 tao.

次の

ニュース感想 人気ブログランキング

バンコク ジジイ の たわごと

「海外生活ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• カリフォルニア大学ロサンゼルス校(かりふぉるにあだいがくろさんぜるすこう、英語: University of California, Los Angeles)は、米国カリフォルニア州ロサンゼルス市に本部を置くアメリカ合衆国の州立大学である。 1919年に設置された。 カリフォルニア大学校群中バークレー校に次ぐ歴史を持ち、カリフォルニア州の大学で学生数が最も多い総合大学。 大学の略称はUCLA。 5つの学部 School と7つの専門大学院 Professional School から構成され、2008年現在、約4千人の職員と約3万7千人の学生が在籍している。 アメリカ合衆国における有数の学術拠点であるほか、スポーツ分野でもNCAA(全米大学スポーツ連合)で過去最多の優勝を獲得するなどしており、プロ・スポーツ選手の輩出も多い。 1998年以来には、入学出願者数でも国内最多となっており、学生の出身地は全米50州、世界100カ国以上に及んでいる。 エジプト各地で2011年2月4日、イスラム教の金曜礼拝後に、ムバラク大統領の即時辞任を求める野党勢力が「追放の金曜日」と名付けた大規模デモを行い、首都カイロ中心部のタハリール広場には推定20万人が集結した。 ムバラク大統領は9月に予定される大統領選に出馬せず退陣する意向を表明したが、即時辞任の要求が依然強いことを示した。 30年間、強権的な体制を続けたムバラク大統領は一層窮地に追い込まれた。 中東の衛星テレビ、アルアラビーヤは、広場近くで小競り合いがあり、野党勢力の数人が投石を受け負傷したと報道。 市内の別の場所では大統領支持派もデモを行った。 野党勢力のデモには、エジプト元外相でアラブ連盟のムーサ事務局長が姿を見せたが、民主化を訴える国際原子力機関(IAEA)前事務局長のエルバラダイ氏は参加しなかった。 タハリール広場では2日以降、デモ参加者と大統領支持派が衝突。 流血の事態を懸念して軍は厳戒態勢を敷き、4日午前にはタンタウィ国防相も現場を視察した。 チュニジアの政変に触発される形で1月25日から起きている反政府デモは、節目ごとに参加者数が増加。 遂にムバラク大統領は辞め国外に「追放(逃走)」した。 新しい形のネットでの市民運動の勝利であり、周辺アラブ諸国に希望を与えた。

次の

タイでたわごと

バンコク ジジイ の たわごと

「海外生活ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• カリフォルニア大学ロサンゼルス校(かりふぉるにあだいがくろさんぜるすこう、英語: University of California, Los Angeles)は、米国カリフォルニア州ロサンゼルス市に本部を置くアメリカ合衆国の州立大学である。 1919年に設置された。 カリフォルニア大学校群中バークレー校に次ぐ歴史を持ち、カリフォルニア州の大学で学生数が最も多い総合大学。 大学の略称はUCLA。 5つの学部 School と7つの専門大学院 Professional School から構成され、2008年現在、約4千人の職員と約3万7千人の学生が在籍している。 アメリカ合衆国における有数の学術拠点であるほか、スポーツ分野でもNCAA(全米大学スポーツ連合)で過去最多の優勝を獲得するなどしており、プロ・スポーツ選手の輩出も多い。 1998年以来には、入学出願者数でも国内最多となっており、学生の出身地は全米50州、世界100カ国以上に及んでいる。 エジプト各地で2011年2月4日、イスラム教の金曜礼拝後に、ムバラク大統領の即時辞任を求める野党勢力が「追放の金曜日」と名付けた大規模デモを行い、首都カイロ中心部のタハリール広場には推定20万人が集結した。 ムバラク大統領は9月に予定される大統領選に出馬せず退陣する意向を表明したが、即時辞任の要求が依然強いことを示した。 30年間、強権的な体制を続けたムバラク大統領は一層窮地に追い込まれた。 中東の衛星テレビ、アルアラビーヤは、広場近くで小競り合いがあり、野党勢力の数人が投石を受け負傷したと報道。 市内の別の場所では大統領支持派もデモを行った。 野党勢力のデモには、エジプト元外相でアラブ連盟のムーサ事務局長が姿を見せたが、民主化を訴える国際原子力機関(IAEA)前事務局長のエルバラダイ氏は参加しなかった。 タハリール広場では2日以降、デモ参加者と大統領支持派が衝突。 流血の事態を懸念して軍は厳戒態勢を敷き、4日午前にはタンタウィ国防相も現場を視察した。 チュニジアの政変に触発される形で1月25日から起きている反政府デモは、節目ごとに参加者数が増加。 遂にムバラク大統領は辞め国外に「追放(逃走)」した。 新しい形のネットでの市民運動の勝利であり、周辺アラブ諸国に希望を与えた。

次の