作家 辻 仁成。 辻 仁成

【画像】南果歩の息子の父親は辻仁成!画家の卵で留学中に学生結婚!

作家 辻 仁成

7月にミュージシャンで作家の辻仁成と離婚した女優の中山美穂が、16日発売の女性誌「美ST」(光文社)の表紙を飾り、辻との離婚について初めて告白した。 同誌では、離婚に至るまでの苦悩などを告白した上で、「私は過去を否定するつもりはありません。 覚悟を持って決めたことなので、これからは新しい人生を可能な限り生きてみたいと思っています」と前向きに語ったが、世間ではほとんど話題になることはなかった。 「中山といえば、離婚成立直後に『あまり多くは語りたくありませんが、きちんとした媒体でお話させて頂くつもりです』 とTwitterに書き込んだ。 そのため、離婚について相談している社長がいる大手出版社か、離婚協議中であることをすっぱ抜いた一部スポーツ紙での独占告白が予想されていた。 ところが、離婚騒動渦中の5月、女性誌で音楽家・渋谷慶一郎氏との不倫交際が発覚し、風向きが変わってしまった。 そのため、多くの『きちんとした媒体』が中山の告白掲載に難色を示した結果、同誌が名乗りを上げた。 しかし、スポーツ紙やテレビのワイドショーはどこも触れず、発売日から数日して芸能サイトが話題にしたぐらいだった」(芸能デスク) 不倫交際も要因だったのか、10歳になる長男の親権は辻に取られてしまったが、離婚後、辻とは見事に明暗が分かれてしまったようだ。 爆笑問題と同じ事務所に所属したこともあり、テレビ番組やイベントのオファーが殺到。 一方、中山はシングルマザー役を演じたBS放送の主演ドラマ『プラトニック』で下着姿を披露するなど体当たりの演技を見せたが、まったく話題にならず。 事務所は離婚後にシングルマザーとしてクリーンなイメージで売り出そうとしたが、もはやコントロールが利かず、不倫のイメージダウンでオファーもなかなかない状態。 話題になりそうなことといえば、残るは久々の歌手活動再開ぐらいか」(テレビ関係者) 中山の場合、芸能活動よりも、堂々と交際できるようになった渋谷氏との再婚があるかどうかが注目されることになりそうだ。

次の

「渡仏15年」辻仁成が東京に戻らない理由 フランスより日本のほうが怖い

作家 辻 仁成

今日はイランとアメリカの緊迫した状況が気になり家でずっとテレビを見ていた。 するとカルロス・ゴーンさんについての特集番組があった。 その中に「風を読む(風の中)」という辛口批評人気番組があり、それがかなり的を得ていて面白かった。 その説明の前に、まず、ネット新聞各紙のコメント欄の、一般のフランス人の反応をご紹介しよう。 とくに今回のような歴史的ストライキをやっている労働者たちは当然、大金持ちのゴーンさんを敵視しているし、けっこう罵っている。 ゴーンさんを肯定的に捉えているフランス人はほとんどいなかったし、代表的な意見としては、特権階級の一部の人間の悪いモデルで許せるものではない、というものだった。 で、この「風を読む」でも、周囲の反対を押し切って(丸め込んで)自分の給料をどんどんアップしていく彼の手法が詳細に報じられており(年間で18億円くらいの給料)、番組全体としてはカルロス・ゴーンへの批判で終始していた。 しかし、それ以上に批評家らが問題視したのは、日本人の長閑なゴーン対応であった。 日本人は人を疑うこともなく、のほほんとリスペクトし過ぎで、ここまで寛容な国は他にはない、と恥ずかしくなるような意見が続いた。 保釈をするのに、なぜGPS付きのブレスレットをさせなかったのだ、と批判の口火を切ったのはゴーンさんを長年取材し続けているジャーナリストだった。 国内移動でパスポートの提示を必要としない国は日本くらいで、オリンピックを前にして、しかもイランとアメリカが戦争をしようかというこのタイミングでテロ警備も入国審査もアマアマな日本は本当に大丈夫なのか、と皮肉っていた。 サムライの国だから、恥は死ぬことと思っているようだが、恥などなんとも思っていない経営者も多い、と。 逃げたもん勝ちというのが欧州スタイルで、ゴーンさんのように逃亡をして逃げ延びている人たちが多い。 映画監督のポランスキーさんもアメリカで訴えられ、逃げていまだに逮捕されていない。 世界的なトップ経営者は逃亡などしない、と頭から思い込んでいる時点で日本人は不見識であった、と司会者がまとめた。 悔しいけど、その通りかもしれない。 そもそも、税金の問題は裁判中だから触れないにしても、パスポートコントロールを通過しないで、一人の人間が、楽器ケースに潜り込んで日本を出国することは犯罪である。 そのことだけでも逮捕が当然。 世界中がそのことを知っているというのに、強く抗議できない対応が心配だ。 政治の障害になりかねない人間の排出に目を瞑ったのじゃないか、と勘繰りたくもなる。 その前に、ずっと疑問に思っていたことだが、飛行機の手荷物であろうとエックス線検査があるのが当然で、だとするならばこれほどの逃亡劇はあまりにリスクが高い。 なのに、楽器ケースのエックス線検査がまるで最初から無いことを知っているかの行動じゃないか。 彼は最初から切り抜けられる自信があった。 そうじゃなければ、あのような007並みの逃亡劇をやれなかったはずだ。 出国前にハリウッドの映画プロデューサーと面会している時点で、彼には確信があった。 絶対成功するという確信である。 「風を読む」のコメンテーターが「グレッグ・ケリー(日産の前代表取締役)は手術のために一度アメリカに出国しているのに日本にちゃんと戻って来たじゃないか。 彼のことは信用できるね」と発言し、全員が頷いているところだけは和めた。 ケリーさんはゴーンさんの逃亡劇に対し「驚いている」とコメントしていた。 ところで、フランスは今日、ゴーン氏の引き渡しはしないと言いながら、きちんと調査をやり裁判に持っていくぞ、と脅しをかけた。 フランスにとってカルロス・ゴーンは現時点で招かれざる客なのだ。 いつか彼は彼を必要とする大国にすり寄るだろう。 そういう国は驚くほどにあり、日本が引き渡せと遠くから吠えても、せせら笑われて終わるのが目に見えている。 今回の逃亡劇でよくわかったことは、つまり、日本が甘ちゃんだったいう一点に尽きる。

次の

辻仁成(つじ ひとなり)

作家 辻 仁成

辻仁成の出身地は、東京都日野市 辻仁成さんの 実家の場所や出身地はどこか ということから 見ていきます。 辻仁成さんの出身地は 東京都日野市です。 日野市は、 東京都多摩地区にある わりとこじんまりした町です。 中央線沿線にあり、 立川市の付近にあり、 都心部への通学通勤者が多く住みます。 辻仁成は日野、福岡、帯広、函館などを転々と 辻仁成さんは 生まれた当初は、 日野市多摩平にある、 多摩平団地に住んでいました。 しかし 辻仁成さんは、 父親の職業上の関係で、 子供時代をずっと 日野市で過ごしていたのではありあません。 辻仁成さんは、 父親の転勤にともない、 福岡県や帯広市、函館市など、 日本各地を転々としました。 辻仁成の実家の家族構成と、兄弟は? 辻仁成さんの 実家の家族構成とか 兄弟の人数といったことを 見ていきましょう。 辻仁成さんの実家の家族は 父親、母親、辻仁成さん、弟、 という構成であり、 4人家族でした。 辻仁成さんは 2人兄弟で 弟が1人いるのですね。 辻仁成の父親の名前と職業は? 辻仁成さんの父親はどんな人なのか、 書いてみましょう。 辻仁成さんの父親の名前は 辻信一さんというそうです。 辻仁成さんの父親の職業は 会社員でした。 大手生命保険のエリート会社員であり、 猛烈に働いていたといいます。 社長になるのではないか… と言われていたほど、 仕事ができた方だったみたいです。 しかし 辻仁成さんは子供の時は、 そんな仕事一筋の父親に対して、 反抗心を持ったようです。 辻仁成さんは 父親は反面教師だった、と、 お話されています。 辻仁成の実家はお金持ち? 辻仁成さんの実家は お金持ちなのではないか、 といったことが ネット上で話題になることもあるので、 それについても触れておきましょう。 辻仁成さんの 父親の職業は、 さっき見たように 大手生命保険のエリート会社員であり、 社長候補とまで言われていた方ですから、 もちろん 辻仁成さんの 実家はお金持ちだったのでしょうね。 辻仁成の母親は福岡県在住 そして 辻仁成さんの母親は、 どんな人なのでしょうか。 辻仁成さんの母親の年齢は、 1935年生まれくらいのようで、 80代です。 現在は 福岡県の博多に住んで、 実家をきりもりしているようです。 辻仁成さんは すでに父親をなくされていますので、 母親には、 もっと長生きしてもらいたい、 と考えているようです。 辻仁成の親戚には、童話作家の東君平がいる 辻仁成さんの 実家の家系には、 有名な方もいます。 辻仁成さんの母親の従姉妹・英子さんが、 童話作家の 東君平さんの妻、 という親戚関係があり、 辻仁成さんは 身近に作家の方がいたのです。 辻仁成さんは、 東君平という童話作家が身近にいたことで、 将来、音楽や文学で身を立てるという決意を 強くしたといわれています。 辻仁成の親戚には将棋記者の東公平さんも また、 辻仁成さんの親戚の叔父さんである 東君平さんの兄は、 東公平さんといって、 将棋の観戦記者として有名な方です。 東公平さんは、 日本のチェスチャンピオンでもあります。 このように 辻仁成さんの家系図を見てみると、 親戚にはいろんな人がいるんですね。 というわけで、 辻仁成さんの 「実家はお金持ち? 地元は福岡県? 父親の職業は? 母親や兄弟、家族構成は? 」 といった話題をお送りしました。 最近の投稿• アーカイブ アーカイブ カテゴリー• 1,731• 130• 142• 971• 111• 145• 204• 87 メタ情報•

次の