コロナ ショック 大損。 2020年は、コロナショックでFXの失敗、大損、退場事例が大量発生?! | FX・為替の相場観音

コロナショックでFXポジ強制ロスカット、たった1日で80万円の損失でわかった極意

コロナ ショック 大損

2020年年明け早々、アメリカ軍がイランの革命防衛幹部のスレマニ司令官を殺害。 イランとアメリカとの間に緊張が高まり、株式相場は大きく下落することになりました。 少し落ち着いてきたかに見えた2月。 次は中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染が拡大しはじめます。 日本ではダイヤモンドプリンセス号の感染問題で、再び相場を押し下げる要因となりました。 この段階ではまだ、中国や日本、韓国などアジア圏内だけの問題でしたが、3月に入ると、ヨーロッパやアメリカでも感染が拡大。 相場はものすごいスピードで下落する展開となっています。 そうしたことから、恐怖指数と呼ばれるVIX指数もリーマン・ショックの89の次に高い84まで上昇。 個人投資家も大きな損失や含み損を抱えており、不安な毎日を過ごしている人も多いのではないでしょうか。 私自身も、今回の相場の下落で大きな損切りをする結果となってしまいました。 まだ収束が見えない状況の中で、メンタル面でどうすればよいのかを考えていきたいと思います。 気軽に投資をはじめることができるようになり、若い人にも投資が浸透しつつある中で起こった暴落相場。 私のところにも、はじめての経験で誰にも相談できないと不安になっていると相談がたくさんあります。 そんな中で、よく聞かれる言葉が、 「こんなに損をするなら投資なんてしなければよかった」 「他の商品にしていれば損失はもう少し少なくて済んだのに」 という後悔のひと言。 リーマン・ショックが起こった2008年当時、銀行勤めの私はよくお客様から同じような言葉を言われたのを思い出しました。 投資は無理をしてするものではありません。 もうやりたくないと思えば、やらないという選択肢も一つです。 でも、私は今後も続けていきたいと思っています。 今が絶好の「買い場」か? 今回の暴落相場で、おそらくほとんどの投資家が損失を抱えているのではないでしょうか。 長年投資をしてきたベテランの投資家でさえも、そうだと思います。 そんな状況で投資歴が15年程度の個人投資家である私が、損をせずに乗り切ることができるとは思えません。 リーマン・ショックのときよりも早いスピードで下落した今回の暴落相場。 損切りを判断するタイミングもなく、アッという間に落ちてしまいました。 そして、結局数百万円という大きな損切りをする結果となってしまい、少し落ち込みました。 けれど、このまま投資をやめてしまっては、その損失を出して終わりという結果になってしまいます。 冷静に考えると、相場が下落し続けることはありません。 リーマン・ショックのときも、もう経済はどうなるかわからないと、かなり悲観的になってしまいましたが、結局その後は米ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均も、最高値を更新するまでの上昇相場がやってきました。 リーマン・ショック後に投資をはじめた人は、ほとんどの人が大きな利益を取ることができたはずです。 まだ収束が見えない今回の新型コロナウイルスの感染拡大。 今が絶好の買い場と言っている人もいますが、まだ不安定な状況が続く可能性も十分にあります。 4月に入ってからは、3月の経済指標や米国企業の1~3月期の決算などが出てきます。 こちらの数字はかなり悪くなることが予想されていますので、実体経済への影響がどれくらいなのかを把握するまでは油断できないと考えています。 なので、今はじっとガマンして相場が落ち着くまでは待つつもりでいます。 経済指標が出ることで、政府がどれくらいの経済対策を行えばいいかもわかります。 ここで適切な対策が取られれば、株式相場も上向きに変わっていく可能性もあるのではないでしょうか。 今はまだパニック相場を落ち着かせるために、政府や中央銀行が動いている状況です。 本格的に投資を再開するには時期尚早と判断しています。 「暴落」の経験を生かす「前を向く」投資 今はまだ不安なメンタルの中で、次の投資を考えることなんてできないと思っている人も多いと思います。 まずは前向きになることが大事ですね。 これからやってくるであろう上昇相場にはなんとか乗っていきたいですよね。 過去を振り返ると大きな暴落は約10年に1回やってきます。 今回もその暴落の一つと考えれば、次の暴落までにできることはたくさんあります。 今は相場の様子をじっと見て、次に投資を再開するタイミングをしっかりと見極めていくことができることなのではないでしょうか。 含み損を抱えている人にとって、「待つ」というのはとても苦しいことだと思います。 一たん損切りして仕切り直すことも選択肢の一つだと思います。 しかし、リーマン・ショックのときもガマンして待ち続けていたので、損失を回避できたという結果もあります。 メンタルが大丈夫なら、「待つ」という選択肢もあります。 何をすべきかは人によって違います。 資産の状況や損失の大きさによってもできることは変わってきます。 でも、今の状況を後悔するのではなく、これからどうすべきかを前向きに考えていくことが大事ではないでしょうか。 そうすることで今回の暴落を経験したことはこれからの投資に生かされていくことでしょう。 (ひろこ).

次の

株で大損した人にならない方法3つは?コロナショックで株式市場混乱!|投資の達人

コロナ ショック 大損

2005年、不動産の営業マンをして貯めた500万円を元手に専業デイトレーダーの道に入る。 破天荒なキャラやトレードをつづったブログ「 」が大人気に。 株のデイトレで資産を最高1億9,000万円まで増やすものの、大きく負け越したり、大逆転の挽回劇を演じたり、ドラマチックでスリリングなトレード技法は多くの個人投資家の注目を集めている。 最近は各種投資セミナーの講師も務める。 コロナ・ショックで資産は増えたor減った? 何売ったor何買った? Q:コロナ・ショックによる株価急落を見て、最初に行ったことはなんですか? A:保有銘柄の8割を売却し、キャッシュポジションへ転換! 米国のCDC(米疾病対策センター)が「アメリカでの感染爆発は避けられない」と警鐘を鳴らした2月末のNYダウ平均株価の急落で翌朝、日経平均株価も大きく下げて始まりました。 そのときに「これは危ないかも」と思って、持っていた株の約8割を売却しました。 投機資金の流出を感じたのが、過去の経験則と比べての大きな違和感でした。 危機を感じた後、具体的に売却したのは保有する株式の40%を占めていた投資銀行業のをはじめ、オンラインゲームの、アイドルのSKE48を抱えるエンターテイメント業の、がん治療のの4銘柄です。 現状、まだ保有しているのは フィンテックグローバル(含み損300万円)、投資情報会社の フィスコ(同200万円)、投資会社の ウェッジHD(同200万円)の3銘柄。 いずれも株価100円以下の低位株で、あとはオール現金です。 Q:コロナ・ショック後、新たに株を買ったりしましたか? A:気になる銘柄をいくつか購入、ただし現在は現金100% 僕の場合、すべて短期リバウンド狙いですぐに売ってしまいますが、日経平均先物が1万6,500円のとき、夜間取引で買いを入れたりしました。 初心者の方には真似してほしくないですが、株価が100円割れしている低位株のコンテンツ配信事業や液晶大手のの短期売買も行っています。 株主優待が欲しかったので急落したJALも、3月末の優待権利付き最終日の前に買いました。 こちらは割引優待航空券をもらうために購入しました。 ただし、これらの銘柄は含み損で保有しているものでなく、保有していて下げで損切りしたり、新規で買ったりし、その後損切りしたりと、約1,000万円近く負ける過程で損切りした内容になるので、現在保有している株はありません。 またJALは長期保有目当てでなく、優待の権利を取った後はすぐに売却しましたので、現在はすでに保有していません。 現状のポートフォリオは現金100%です。 Q:急落後、保有する資産は具体的にどれぐらい目減りしましたか? A:年初から1,000万円程度の資金減 フィンテックの含み損300万円など、年初から1,000万円ほど資金が減りました。 ただ、2月末時点でほぼ現金化を済ませたので、過去の僕の波乱に満ちた投資成績からすれば、それほど大きな痛手ではないかもしれません。 Q:多くの株がかなり割安な株価まで下落しましたが、買いたい株はありますか? A:リバウンド狙いのETF、コロナ影響薄の銘柄に注目中 こういう暴落相場では必ずリバウンドがあるので短期的なリバウンドを狙っては底値買いできるものならしたいです。 それ以外に、底値買いに興味がある銘柄ラインナップを挙げてみました。 銘柄名 コード 買いたい理由 TOKYO BASE 人気セレクトショップとしてまだまだ成長しそうだから サイバーステップ ゲーム株で実需に影響が少なそうだから フィンテックグローバル 負け続けているのでリベンジしたい ケネディクスREIT 高配当だから キムラタン 名前がかわいいから ミクシィ 高配当でまた一発何かで当てそうだから.

次の

【必読】新型コロナウイルスのパニック相場(コロナショック)における個人投資家の心得

コロナ ショック 大損

新型コロナウイルスによる影響で、NYダウが過去最大の下げ幅を記録し、原油も急落するなど、金融市場は深刻な事態に陥っています。 これに相まって、為替市場も大きく変動し、円高の勢いが加速しています。 2020年3月9日の急落に、私のFXのポジションは耐えられず、 人生はじめての強制ロスカットを経験しました。 その額およそ 80万円。 家族を養う普通の会社員にとっては大き過ぎる損失です。 こうした経験を踏まえ、 ・どのようにして、80万円を失ったのか ・80万円を失ってわかったFXの極意 を中心にお届けしたいと思います。 私のような悲惨な目に合わないようにきっちりと対策をしてください。 本当に地獄ですからね。 FX投資のきっかけ 勤務先の社内規定により、個別銘柄への投資は禁止されていました。 要は、トヨタとか楽天の株式には投資してはいけない、というルールです。 そんな環境にいる私にとっての有力な投資候補はETFやFXであり、気軽な気持ちでFX投資をスタートさせました。 FX投資で選択した通貨 私がチョイスした通貨は「 オーストラリアドル」と「 カナダドル」の2つです。 理由は以下の2点です。 ・円よりも 金利が高い ・ 経済が比較的安定している こんな弱すぎる理由で約400万円の運用を始めました。 元手は80万円でしたので、レバレッジは概ね5倍です。 投資スタンス(購入して以降ずっと放置) FX投資をスタートした当初は含み益がでたりしていましたが、しばらくしてからは、ずっとマイナス域をウロチョロしていました。 ロスカットはしたくなかったので、為替画面をほとんど見ることさえしない文字通り 「塩漬け」投資となりました。 結果として、この放置という対応が、最も大きな反省点であったのです。 コロナショックで無事死亡 2020年3月9日、コロナショックによる急激な円高により、私のポジションは 強制決済 されてしまいました。 この日1日の決済による損失はなんと80万円。 この画面を見て足がガクガクしました。 妻にも言えません・・・ 同じような境遇のひとも、この画面を見て安心してください。 強制ロスカットで気付いたFXの極意 現在の相場を見て「今が底値でしょ」「これだけ落ちたら上がるだけ」と呑気に語るひとが いますがそんなに甘くはありません。 一時的に勝ってもそれは運です。 運は続きませんのでいずれ負けます。 というか、 負けるまで続けるだけです。 コロナショックによる大損を経験し、反省に反省を重ねました。 今後は以下の点に留意し、少しでも取返したいと思います。 <コロナショックで無事死亡した私のFX極意> ・ 放置はしない。 放置するならレバレッジかけない。 ・ レバレッジはかけない。 レバレッジをかけるなら放置はしない。 ・運では勝てない。 ・根拠のない感覚はアテにしない。 ・まずは有料教材で 体系的な理論を勉強する。 まとめ いかがでしたでしょうか。 これから資産運用を始める方もいらっしゃると思いますが、ムキにならず、運に頼らず、感覚はアテにせず、きちんと準備(勉強)をしてからはじめるようにしましょう。 私のように80万円の損失をださないようにね。

次の