ナウル から 電話。 電話番号6746662267はナウルからの着信【注意】(オセアニアの国)

ナウル共和国(+674)から電話がきた、サギ?

ナウル から 電話

アレクさん「変なサイトみてないよ」 南太平洋の「最後の楽園」ともいわれる、オセアニアの島国・パプアニューギニア。 太平洋戦争中、旧日本軍が凄惨な戦いを繰り広げた場所としても知られる一方、現地の在留邦人が205人(2016年10月時点)ほどで、現代の日本にとって縁が深い国とは言い難い。 「知らん番号から着信やと思ったら明らか海外から。 国番号調べたらパプアニューギニアやねんけど何これ... 仕事したことねぇよ... 」 「パプアニューギニアから着信あったんだけど、折り返すべき?」 「バイト終わったらパプアニューギニアの電話番号から不在着信あって怖い」 これら不審な着信は「+675」から始まる何種類かの番号から、いわゆる「ワン切り」の形でかけられていた。 俳優として活動するアレクサンダーさん(34)も6月29日のブログで、この「謎の着信」があったと明かした。 「全く見覚えないぞ!! なんだこれ、、、、、怪しい、、、、 変なサイトみてないよ」 ほかにも、俳優の井澤勇貴さん(24)やレーサーの平川亮さん(23)などが、ツイッターで同様の証言をしている。 7月4日現在も、こうした電話攻勢は続いている模様だ。 ソフバンなら、30秒249円の通話料が 折り返し発信する人が増えたことで、キャリア側でもこの事態を把握した。 7月3日、公式サイト上でいち早く警戒を呼び掛けたのはソフトバンクだ。 ソフトバンクでは、パプアニューギニアへの発信は30秒で249円の通話料がかかる。 不用意にかけると、高額な料金が発生する可能性があるとして、「着信履歴で、心当たりのない番号への折り返し電話をされないようお願いします」と注意した。 KDDIも4日に同様の注意喚起を発表、NTTドコモの広報担当者も4日午前、J-CASTニュースの取材に対し、事態を確認し、社内で影響などを調査中だと述べた。 さて、では実際にかけ直すと、いったいどうなるのだろうか。 記者が4日、問題の番号のうちいくつかに発信してみたが、いずれも「話し中」でつながらない。 とはいえ、「それだけ」である。 往年の「ダイヤルQ2」のような有料番組につながるわけでもない。 かかるのは国際通話料のみだ。 各社の広報担当者も、「目的がわからない」と首をかしげる。 現地の電話会社も関与? そんな中、ITジャーナリスト・三上洋さんが「あくまで推測ですが」と言いつつ挙げるのが、現地の電話会社と、悪徳業者の「結託」説だ。 まず業者は、パプアニューギニア国内の番号から、今回のように「ワン切り」で大量に電話をかける。 日本からかけ直す人が出れば、現地の電話会社の懐には、高額の国際通話料が転がり込む。 「ワン切りから国際電話へと折り返させる、こうしたやり方は昔からよく行われています。 過去にはモルディブ、また少し手口は違いますがシエラレオネ、さらに以前には香港などから、似たようなケースがありました。 ほぼ、新興国の電話会社が使われているのが特徴です」.

次の

960で始まるモルディブからの国際電話に注意!間違いなく詐欺。

ナウル から 電話

Contents• 674-666-2264なるおかしな番号。 調べてみたらナウル共和国という名前すら知らないとこだった。 ようするに詐欺電なので無視しましょうってあったので無視する。 皆様もお気を付けて。 先日のアセンション島に続きから2回目の海外からの電話。 海外に知り合いもいないし、放っておいたけど、着信に応答すると高額な通話料が発生する可能性があるので、折り返しの電話をしないよう注意してください! — あらくん y1226a ナウル共和国から着信あった。 先日のアセンション島に続きから2回目の海外からの電話。 海外に知り合いもいないし、放っておいたけど、着信に応答すると高額な通話料が発生する可能性があるので、折り返しの電話をしないよう注意してください! — あらくん y1226a 全く見慣れない電話番号から着信があったんで、検索してみたらナウル共和国🇳🇷からだった。 これは一体何なのでしょうか? いきなり知らない国から電話が書かってきたらビックリしますよね。 ナウル共和国ってどこ? では、問題のナウル共和国ってどこなのでしょうか?地図の場所を見るとここになります。 何処だここは?って感じですよねw赤道直下のオセアニアのパプアニューギニアの東に浮かぶ島国です。 ナウル共和国(ナウルきょうわこく)、通称ナウルは、太平洋南西部に位置するナウル島にある共和国である。 リン鉱石の輸出によって栄えた。 1980年代には太平洋地域で最も高い生活水準を享受し、公共料金や税金は無料という生活を謳歌していた。 しかしリン鉱石の枯渇により1990年代後半から経済は破綻状態となり、再建に向け模索が続いている。 という事です。 人口は2018年時点で、1,1万人という事ですので、かなり少ないですね。 人種は主にナウル人が占めているそうです。 国土面積は21キロ平方メートルという事で、メチャクチャ狭いです。 なぜこんなところから電話がかかってくるのでしょうか? ナウル共和国から電話がかかってくる理由は何? では、この赤道直下の辺境の島国であるナウル共和国から電話がかかってかかってくる理由は何なのでしょうか? 実際のところ、詳しい事はよくわかってはいませんが、建設的な理由でない事だけは確かでしょう。 通常ですと、スマホからの国際電話は申し込み不要ですぐにかけることが出来る契約になっています。 国際電話は当然高額であり、30秒から料金が発生するようになっています。 この様に、訳の分からない国から突然電話がかかってくる現象は、今回が初めてではありません。 つい最近ではアセンション島から電話がかかってくる現象がありました。 今回のナウル共和国からの電話も同じ様な現象と考えられます。 アセンション島の時は、日本の詐欺グループが電話会社に電話番号を渡して無差別迷惑電話が行われているのではないかと言った指摘がありました。 ハッカー集団が売り渡したか、もしくはアセンション島の電話会社が日本にかけまくって儲けた一部をバックマージンとして詐欺グループに渡してるなんて指摘もありました。 ハッカー集団が個人情報を収集していると言った声には以下の様なものがあります。 アセンション島から着信2件。 1件目は着信削除済。 調べると国際電話料金詐欺の可能性が高く、ハッカー集団の個人情報収集の可能性もあるとか。 着信時間は短かく回数も多いので、折り返しでの国際電話料金搾取かなという印象。 — レガリア358 bR706BSozvYnZy9 今回も、同じような事例である可能性が多分に高いでしょう。 ですので、もしも見知らぬナウル共和国から電話がかかってきたら、必ず無視を決め込みましょう。 最後までお読みくださりありがとうございました。

次の

今日の昼に、迷惑電話がかかってきました。ナウルからです。いつも迷惑電話は...

ナウル から 電話

ナウル共和国(Nauru)への国際電話 日本国内からナウル共和国(Nauru)宛の国際電話のかけ方について、一般的な固定電話、docomoの携帯・スマートフォン、softbank携帯電話・スマートフォン、au携帯電話・スマートフォンからの国際電話のかけ方を詳細に説明いたします。 発信先 国番号 コメント ナウル共和国(Nauru) 674 一般的な注意 国際電話をかける場合には相手の 市外局番に該当する番号の先頭に注目が必要です。 市外局番が ゼロ(0)の場合には ゼロ(0)はダイヤルしない• 市外局番がゼロ(0)以外の場合には そのままダイヤルする 固定電話からナウル共和国(Nauru)への国際電話の発信方法 一般的な固定電話などは次の順にダイヤルします(010からダイヤルを始める)。 使っている電話は• 国際電話の利用金額が制限を越えていないか?• 電話の料金が滞納していないか?(特に固定電話を使っている場合の市外局番が安くなる電話会社自動選択機能(LCR/ACR)の場合にはNTT以外にも料金請求が発生している)• ビジネスフォンの場合、社内の交換機側の設定で国際電話利用が禁止されていないか?(この場合には交換機側の設定を変更してもらわない限り発信はできないので交換機を設定した業者に連絡が必要となる)• 海外の発信先電話番号の市外局番に該当する部分のゼロを外していないで発信していないか? 外国語のメッセージが流れる場合 一応海外までは通じていると判断されるので相手側から相手が加入している電話会社への問い合わせが必要となる• 相手側の留守番電話が対応しているのでメッセージを残す必要がある• 相手側の電話会社の留守番電話が対応している場合(この場合には相手側でこのボイスメールボックスナンバーを教えてもらう必要がある)• 該当の電話番号が間違えている場合 関連ページ.

次の