か んで 病院 事件。 精神科病院の男性患者を傷害致死容疑 准看護師ら2人逮捕 千葉

朝倉病院事件 / 患者全員に身体拘束、強制IVH、病室で手術 2000年

か んで 病院 事件

経緯 [ ] 事故発生 [ ] 1999年7月10日、男児が兄と一緒に教員である母親に連れられて、東京都杉並区で行われた大会に遊びに来ていた。 男児と兄はをもらって食べていたが、母親は、兄に「(男児を)見ていてね」と伝え、チケットを手に入れるためその場を離れた。 男児は綿菓子の割り箸を咥えたまま走っていたところ、午後6時5分ごろ、うつぶせに転倒し、その弾みで咥えていた割り箸が喉に刺さった。 刺さったときに割り箸は折れたが、男児は自力で割り箸を引き抜き 、引き抜いた割り箸の所在は不明となった。 受傷時、一時的な軽度のが見られたが、その後すぐに意識を取り戻した。 診察 [ ] 男児はに運ばれ、そこで看護師が口蓋にへこみのような傷があるのを確認したが、出血は完全に止まっていた。 午後6時11分、現場にが到着、救急隊長は傷口の出血はにじむ程度で、舌に血液の付着があることを確認した。 受傷時の軽度意識障害は救急隊員には伝えられなかったが、救急隊は男児は意識清明と判断した。 午後6時20分、で搬送され、午後6時40分ごろ、のを受診した。 救急隊長と病院看護師は再び一緒に傷口の確認をした。 病院看護師も特別な意識レベル低下を感じなかった。 6時50分頃、の医師の診察を受けた。 その際、医師は母親から「転んで割り箸で喉を突いた」旨を説明されたが、割り箸が折れた事実は誰からも知らされなかった。 医師は受傷部位を視診・触診したが、傷口の深さは不明だったが、裂傷があるものの小さくされており、硬いものなどが触れることもなかった。 救急車内や待合室ではあったものの意識・呼吸に問題なく、四肢の麻痺など神経症状もなかったことから、医師は軽傷と判断した。 そして、喉の傷を消毒、薬を塗布して、の外来受診および何かあったとき病院への連絡あるいは受診を指示し、の可能性も考慮して抗生物質を処方して、午後8時頃帰宅させた。 容態急変 [ ] 同日夜間、母親は徹夜で高校の成績処理をしていた。 その間、男児は二度ほど嘔吐した。 翌日の7月11日午前6時ごろ、母親が男児に声をかけたところ、まぶたや唇に動きがあった。 その後母親は寝入ってしまった。 午前7時半ごろ、男児の容態がおかしいことに兄が気づき、母親はただちに救急要請した。 救急隊到着時には男児は既に状態となっていた。 午前8時15分ごろ、再び同院に救急搬送されが施されたものの、午前9時2分に男児の死亡が確認された。 心肺蘇生中、2名の医師がの傷を視診及び触診したが、異物等は確認できなかった。 死亡後、割り箸の残存も疑われ頭部CTが施行されたが、それでも割り箸の有無などは分からず、死因不明であった。 杏林大学はとして21条に基づき直ちにに届け出た。 でも口腔内を観察したが、異物等は発見されなかった。 7月12日、が行われ、初めて喉の奥に深々と割り箸の破片が刺さっており、まで達していたことが判明した。 父親は警察から司法解剖の結果の報告を受け、頭蓋内に割りばし片が残存していたことを知り、警察に対してその事実を母親に伝えないよう依頼した。 7月13日、大学はを開き、事故が公となった。 その約2週間後、母親は父親から男児の頭蓋内に割りばし片が残存していたことを伝えられた。 裁判 [ ] 刑事訴訟 [ ] 7月、は診察に当たった耳鼻咽喉科の医師をなどの容疑でし、8月にはした。 また医師が後でカルテに情報を書き加えたことが発覚し、自分の落ち度を取り繕おうとしたカルテ改ざん疑惑も指摘された。 3月、は、カルテ改ざんの可能性を認めつつ医師の過失(違反)を指摘した上でも死亡とのを否定し、救命は困難だったとしてを下した。 側は第一審の判決を不服としてし 、第二審が開かれたが、11月の判決では、カルテの加筆は改ざん意図はないとする医師側の主張を認めたのみならず、医師の注意義務違反による過失そのものが否定されて無罪の判決が下り、側の主張が全面的に認められた形となった。 遺族はを希望した が、12月検察は断念、の次席検事が会見を開き「上告理由が見いだせない」と述べ、の無罪が確定した。 民事訴訟 [ ] また、両親は2000年にを起こし、病院側と医師を相手取り総額8960万円のを求め東京地裁に提訴した。 2008年2月、第一審判決では医師の診察に過失はなく、延命の可能性は認められないとされ棄却された。 4月に第二審でも同様の事実認定のもと棄却され 、遺族は上告をしない方針となり、一連の裁判は終結した。 医学的に見て [ ] 死亡後、のためがなされたところ、血性髄液の所見を認めた。 を疑い頭部と撮影を行ったが、後頭蓋窩にと空気の混入が認められたものの、依然は不明であったという。 その後の司法解剖で初めて、頸静脈孔に嵌入し頭蓋底を越えまで穿通した約7. 6 cmの割り箸の断片が確認された。 刑事判決で認定された事実は、「男児が割り箸を咥えまま転倒し、自分で抜去したものの、割りばしの先端が残り、残った部分は頭蓋骨を損傷せず左頸静脈孔に嵌入して頭蓋腔に達して左の内腔を閉塞し、同部位から左S状静脈洞や左横静脈洞にかけて静脈内血栓を形成、これが死亡原因となった」というものである。 一方、民事判決では、「及びに伴い、最終的にないし循環中枢の障害により死亡したと認められるが具体的な機序は不明」としている。 杏林大学の過去10年前後のデータでは、何らかの物で口腔内を突いたケースは100例程度あったが、そのうち重大な問題を引き起こした例や死亡した例は一例もなかったという。 また、頭蓋底は厚く硬い骨であり、ふつう割り箸が貫通することは考えられない。 世界的に見ても頚静脈孔に異物が嵌入し小脳に到達するという症例報告は存在しない。 本症例は特異な例であった。 検察の取り調べ [ ] 医師が「前例がなく、機序の察しがつかないので予見できなかった」と供述すると、は激昂して「そんなことはないだろう。 現実にあったじゃないか」「(それならば)君の患者はみんな死ぬんだな」と結果論を述べ、怒鳴り散らした。 また調書の訂正点を医師に確認するため検察官がを読み上げる際に、小声で聞こえないところがあり、不審に思いその部分を聞き直したところ、「もう少し注意すればよかった」と恣意的に反省文の形式を意図的かつ不当に改竄されていた。 医師がこれに抗議しこの部分の訂正を求めたところ「これはな、検事さまが作るもんなんだ。 だから君が言う通りには訂正しない」などと怒鳴り、拒否した。 以上、医師の陳述による。 影響 [ ] 事件後、この事件を契機として、が大きく進行したと言われる。 それまで、大病院のはに見合わない低収入や過酷な勤務状況に対しても、不満を自ら封印して社会のために貢献してきたが、に基づいて行ったの結果が思わしくなかったという理由で、を問われる事態が起こり、が現場から立ち去っていった。 特ににおいては、日本では元々が少なく、こわごわと働く非救急専門医によって支えられている現状がある が、この事件を期に、医師は自分も犯罪者として糾弾される可能性があると考えるようになり、専門外の診療を避ける傾向が強まった。 また、財政上、24時間あらゆる事態に即座に対応できる体制にある病院は存在せず、多くの中小のは、を恐れて、救急医療から撤退した。 このような医師へのでの刑事責任追及に対して、の果たした役割は極めて大きく、割り箸事件についてののこそが、今日のの危機的状況を作り出したといわれている。 さらに、本件等での刑事事件化は、にも深刻な影響を及ぼしている。 現在、刑事責任につながる可能性があるとの思いから、やで、報告、報告が激減している。 もし報道機関がその場にいれば「過失あり」と報道されかねないため、学会に行っても相手の間違いを指摘する質問さえ、し難い雰囲気になっているという。 医師同士の医学的経験・情報の共有を阻害する可能性が示唆されている。 なお死亡した児童の母親によると刑事告訴の前後から遺族が激しい誹謗中傷に見舞われたという [ ]。 脚注 [ ]• 182。 2009年7月18日閲覧。 橋本佳子. 2018年12月9日閲覧。 要登録• 京都府保険医協会 2008年12月5日. 2020年1月15日閲覧。 「「割りばし事故」で医師無責刑事・民事で過失判断に違い」『日経メディカル』2008年5月。 亀甲綾乃 2008年11月20日. 日経メディカルオンライン. 2009年7月19日閲覧。 要登録• TBS. 2009年4月15日. の2009年4月19日時点におけるアーカイブ。 2009年7月19日閲覧。 朝日新聞. 2008年11月21日. の2008年12月2日時点におけるアーカイブ。 2009年7月19日閲覧。 吉澤信夫「」『歯科学報』第111巻第7号、2011年、 584頁。 日経メディカルオンライン. 2009年7月9日閲覧。 要登録• 吉澤信夫「 」 『歯科学報』、東京歯科大学、2011年。 小松秀樹『医療の限界』新潮社、2007年、33-34頁。 参考文献 [ ]• 杉野文栄『「割り箸が脳に刺さったわが子」と「大病院の態度」』。 橋本佳子 2009年7月9日 - 30日. com. 2019年8月29日閲覧。 要登録• 日経メディカルCadetto 2009 No. 3 P16-17「割り箸事件」に振り回された10年 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2009年12月27日アーカイブ分).

次の

【事件】岡山 入院患者が別の患者を殺害 南区の病院、容疑で男逮捕

か んで 病院 事件

時々介護施設での 高齢者虐待に関するニュースが報道されますが、 以前にもそれと似たような 大きな事件がありました。 それは 朝倉病院事件です。 埼玉県玉県庄和町にあった 精神科を専門とする朝倉病院で、 2000年11月に高齢の患者が40人が 不審死を遂げていることが発覚しました。 発覚したきっかけは元職員による告発があったからだそうです。 この病院は主に 認知症の症状がある 東京のホームレスの高齢者を中心に受け入れていた とのことですが、 沢山の患者達はベッドに拘束され 自由に身動きが取れない状態にされていました。 それだけなら最近も度々ニュースでそのような施設が 報道されることがありますが、 朝倉病院では 自分で食事が摂れる患者にも不必要な静脈注射をしたり、 普通の病室で他の患者もいる中で手術が行われたりもしていました。 これだけではなく立ち入り調査が行われた所、 診療報酬を不正に請求していたことまで判明しました。 殺人事件としては扱われていませんが、 これは立派な 殺人事件です。 事件後廃業となった病院は 心霊スポットとしても話題になっていますが、 2017年現在では解体が進んでいるようです。 この事件が本当に怖い理由は、 多くの患者が亡くなったことだけではありません。 当時の院長である朝倉重延は医師免許を剥奪されておらず、 数年前の情報によると未だに医師として勤めているということです。 被害者を出さない為にも この事件があったことを風化させてはいけません。 都道府県&カテゴリから探す• 386•

次の

【精神科外来】松沢病院に歴代異常犯罪者が集まりすぎている…

か んで 病院 事件

安田病院診療報酬詐取事件 平成9年(1997年) 平成9年7月28日、大阪地検特捜部は安田病院グループの安田病院長・安田基隆(77)ら幹部5人を巨額の診療報酬を不正受給していた詐欺容疑で逮捕した。 逮捕されたのは、安田院長のほか事務長2人、大阪円生病院の婦長、経理責任者2人であった。 安田院長は、安田病院(大阪市住吉区)、大阪円生病院(同東住吉区)、大和川病院(大阪府柏原市)のワンマン経営者だった。 大阪府の調査では3病院が報告していた医師78人のうち11人が、看護師345人のうち157人が退職した職員や架空の職員だった。 不正で得ていた診療報酬は、過去2年間だけで20億円に達していた。 病院に支払われる診療報酬は、「入院患者数に対する看護師の数」で決まっている。 これを基準看護料と呼ぶが、安田病院と大阪円生病院は基準看護として入院患者4人に対し看護師が1人と届けていた。 この「4対1」の基準看護料であれば、入院患者1人当たり1日4240円を得ることができた。 また大和川病院は「6対1」として3170円を受け取っていた。 しかし安田病院グループの実際の看護師数は、基準看護料では最低ランクの1日1420円(安田・大阪円生)、1320円(大和川)に過ぎなかった。 この基準看護料の差額が2年間で20億円になっていた。 安田病院グループは人件費を極端に少なくし、行政へは看護師数を大幅に水増しして報告、その差額を荒稼ぎしていた。 安田院長が中心になり、事務幹部が架空の職員や退職した看護師のニセの勤務表や出勤簿、タイムカード、賃金台帳をつくっていた。 それは医療ではなく、診療報酬を利用した錬金術であった。 大阪府は安田病院グループに医療監査を行い問題なしとしていたが、それは3病院が同時に監査を受けることがなかったからである。 医療監査の日程は、2週間前には当局から病院に通知されていたので、3病院のうちの1病院に監査が入る日には、ほかの2病院の職員を動員して、マイクロバスに乗せて病院に運び、架空職員になりすませていた。 看護補助者や付添婦にニセのバッジを付けさせ、看護師の格好をさせていた。 安田病院グループは、身寄りのない老人や厄介な患者、麻薬中毒患者、アルコール依存症患者などを積極的に入院させていた。 ほかの病院が敬遠する患者でも入院できたので、家族、病院、行政にとって都合のいい病院だった。 病院にとっては、生活保護患者や公費医療補助の老人は確実に収入となった。 しかし病院の環境は最悪で、電気代節約のため冷暖房の使用を制限し、夏は蒸し風呂、冬は冷蔵庫の状態であった。 患者への暴行、無資格診療が日常的に行われ、紙おむつ代の水増し請求も発覚した。 職員全員が安田院長に逆らえず過重労働を強いられていた。 患者が死亡すると、担当職員は「罰金」として2000円から最高36万円が給与から天引きされた。 安田病院グループの評判は良いものではなく、摘発される4年半前には大和川病院で患者が3人の看護人に暴行を受け死亡する事件が起きていた。 この事件をきっかけに、安田病院グループは内部告発などで黒い噂(うわさ)が立つようになった。 安田病院グループの大規模な不正は長い間見逃されてきたが、平成8年12月、大阪府はこの黒い噂に対し3病院の一斉調査を行った。 平成9年3月10日、読売新聞が安田病院グループ3病院の不正疑惑を報じ、3月25日の紙上では「平成8年12月の調査を前に、安田院長が国会議員や府議、厚生省の局長らに調査を先延ばしするように働きかけた」と報じた。 安田院長は旧大阪帝大医学部卒の医学博士で、大阪の高額納税者番付の14位にランクされていた。 大阪府医師会理事などのポストを歴任し、大阪府社会保険診療報酬支払基金の審査委員を務めていた。 数年前から不正請求の内部告発があったが、支払基金の審査員をしている病院への監査は甘かった。 昭和63年、安田院長は「安田記念医学財団」を設立し、政治家、官僚、医師などを役員にしていた。 このようにして厚生官僚、大阪府の高官、政治家との親密な関係をつくり上げ、関連する役所には返品しにくい生鮮魚介類などの贈答品を贈っていた。 コネを利用した実例として、3病院同時の立ち入り調査の情報が入ると、厚生省保健医療局長、健康政策局長、国会議員、府議などに働きかけ、3病院同時調査を止めるように働きかけていた。 強制捜査が行われ、院長室から100キロの金の延べ板(時価1億3000万円相当)と1億5000万円の札束が見つかった。 銀行の貸金庫には、総額5億円の定期預金証書があり、安田院長のマンションから1億数千万円の札束が見つかり、約20カ所の土地や住宅を購入していることが判明した。 安田病院グループの資産は総額約60億円で、診療報酬の一部がこのような巨額の資産形成に使われていた。 医療法では「知事が病院の開設許可を取り消す」ことができた。 大阪府は安田病院グループの不正が明らかになったことから、3病院の保険医療機関の指定を取り消し、平成9年10月1日、3病院は廃院となったが、職員の給料や退職金は十分に支払われなかった。 大阪地検特捜部の調べに、安田院長は「悪いのは事務長ら4人。 私はだまされていた」と関与を否定したが、公判では裁判官の心情をよくするためか、起訴事実を素直に認め、約 24億円を返還した。 平成10年4月14日、大阪地裁は安田基隆に懲役3年の実刑判決を言い渡し、即座に収監された。 二審の大阪高裁でも、西田元彦裁判長は「医療従事者としての責務を忘れ、不正受給を続けた犯行は実刑が相当」と一審の実刑判決を支持。 安田基隆院長は上告したが、上告中の平成11年6月17日、前立腺がんで死亡した。 平成9年6月に健康保険法改正案が成立し、健康保険の自己負担が1割から2割へ引き上げられた。 国民全体の負担は2兆円増になったが、その一方で金儲けに走った安田グループは医療提供側のイメージを極端に悪くした。 病院が不当に得た巨額の資産は、国民の税金や保険料によるもので、腐敗した日本の医療を一気に露呈させた。 安田院長にとって、患者は金儲けの道具にすぎなかったが、この事件は医師性善説を大きく変えることになった。

次の