全国 空手道 選手権 大会。 【大会結果】第20回松涛連盟全国空手道選手権大会

第26回全国中学生空手道選手権ライブ

全国 空手道 選手権 大会

この大会の直前、極真会館総帥大山倍達総裁ご逝去。 大会の方は無事開催されたのだが、実はこの大会、前評判が非常に高かったのである。 関係者の間では、ゴールデンウィーク中の開催なので、出場申込の反応を懸念するむきもあったのだが、関東地区とはいわず、青森から九州の果てまで事実上全国からの応募者があったのである。 又、試合の模様がテレビ埼玉から放映されたこともあり、終了後の反響も絶大だった。 早くも全日本大会開催の要望が多く寄せられたのである。 こうして改名されたばかりの全関東の名称は、この歳一回限りで消滅することになったのだが、それは次の飛躍への大いなる選択でもあった。 第12回首都圏極真少年中学生空手道選手権大会 1993年(平成5年) 試合場を戸田市スポーツセンターの二階柔道場に移し、二面コートで行うようになったのは、第3回大会以降のことである。 回を重ねて12回、ここに至るまでに交流試合から空手道選手権大会へと衣替えし、ルールも定義され、制度も整備されていった。 女子は一年下げて出場することや、学年別トーナメント制の確率、それに出場拳士には想い出となる記念プログラムも発刊されるまでになった。 この頃には参加協力者の枠が、首都圏といった限定された区域をはみだしつつあったので、名称の変更にせまられていた。 手狭になった試合場も、同スポーツセンター内のより広い競技場(現在の会場)に替えて再出発することとなったのである。 第1回首都圏極真少年中学生交流試合 1981年(昭和56年) その日、極真会館埼玉県支部盧山道場に、首都圏各支部からいささか緊張気味の少年拳士たちが、三々五々と集まってきた。 壁にはトーナメント表が貼られてあり、道場の床には白いテープで試合場が形づくられてあった。 そこが第1回大会の晴れがましい舞台だったのである。 試合が始まると、つきそってこられたご父兄の皆様方の応援は熱を帯び少年大会独特の雰囲気に盛り上がっていった。 こうして始まった内輪の大会が今日の全ての原点となった。 ここから少年大会の歴史が始まったのである。 当時は小学生の部が3ブロック(小学1〜2年、3〜4年、5〜6年)中学生の部が1ブロック(全学年)のトーナメント制であった。 参加者も少なく、あらゆる点で未熟な大会ではあったが、日本初の本格的少年大会として注目を集めたものである。 何事につけ試行錯誤であった当初に比べ、今日の隆盛は隔世の感を禁じ得ないものがある。 Copyright c Kyokushin-kan International Honbu All rights reserved.

次の

全日本空手道選手権大会 栄光の記録

全国 空手道 選手権 大会

全日本空手道連盟主催 [ ] は、毎年12月第2土・日曜日になどで開催している。 競技は男女別の組手競技の個人団体と個人形競技の計6種目が行われ、空手道日本一を決める大会である。 2016年以降の競技日程は初日が団体戦、2日目は個人戦となっている。 組手競技は男女それぞれ各都道府県代表1名(東京都と大阪府は2名)、実業団連盟代表1名、学生連盟代表2名、高体連代表1名、前年度優勝者1名の54名、形競技は北海道、東北、関東、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州の各9ブロックから1名ずつと実業団連盟1名、学生連盟1名、高体連1名、前年度優勝者1名の13名のトーナメント方式で争われる。 組手個人優勝者には(2016年以降)、団体戦優勝チームにはが授与される。 2016年の第44回大会にはがご臨場され、として開催されたが、は病気のため欠席した。 大会の模様は2日目のみで放映される。 2016年までは中継録画だったが、17年は生中継で放映された。 歴代優勝 [ ] 出典: 公益財団法人 全日本空手道連盟 年 男子個人組手 女子個人組手 男子個人形 女子個人形 男子団体組手 女子団体組手 飯田紀彦 未実施 未実施 未実施 東京A 未実施 大石武士 未実施 未実施 未実施 大阪 未実施 村上邦夫 未実施 未実施 斉藤とし子 東京 未実施 森俊博 未実施 未実施 山口和歌子 東京 未実施 浜口淳一郎 宮野広征 山口和歌子 軽量級:松尾清忠 中量級:川人芳一 重量級:杉田隆二 無差別級:村瀬一三生 宮野広征 宇治田倫子 軽量級:松尾清忠 中量級:神門修 重量級:高桑直美 無差別級:村瀬一三生 小山正辰 中山三枝 軽量級:前田利明 中量級:西村誠司 重量級:太田英喜 無差別級:村瀬一三生 小山正辰 中山三枝 西村誠司 小西智子 内田順久 小西智子 内田順久 小西智子 西村誠司 清水裕正 清水裕正 河野慶子 河野慶子 1992年 清水裕正 迫祐子 1993年 阿部良樹 未実施 未実施 1994年 広瀬久美 阿部良樹 横山久美 未実施 未実施 1995年 阿部良樹 三村由紀 未実施 未実施 1996年 国分利人 米田由公子 阿部良樹 未実施 未実施 1997年 米田由公子 阿部良樹 未実施 未実施 1998年 阿部良樹 若井敦子 未実施 未実施 1999年 水月晃 阿部良樹 若井敦子 未実施 未実施 2000年 若井敦子 未実施 未実施 2001年 松崎沢宣 土屋秀人 若井敦子 未実施 未実施 2002年 松崎沢宣 土屋秀人 若井敦子 未実施 未実施 2003年 松崎沢宣 土屋秀人 若井敦子 未実施 未実施 2004年 松崎沢宣 土屋秀人 若井敦子 未実施 未実施 2005年 未実施 未実施 2006年 藤原菜希 豊見城あずさ 未実施 未実施 2007年 片田貴士 未実施 未実施 2008年 松久功 片田貴士 京都 東京 2009年 古川哲也 宇佐美里香 京都 東京 2010年 松久功 宇佐美里香 京都 東京 2011年 荒賀龍太郎 小林実希 大木格 宇佐美里香 京都 埼玉 2012年 松久功 小林実希 宇佐美里香 京都 東京 2013年 香川幸允 喜友名諒 京都 東京 2014年 荒賀龍太郎 染谷香予 喜友名諒 清水希容 京都 千葉 2015年 荒賀龍太郎 喜友名諒 清水希容 京都 京都 2016年 荒賀龍太郎 植草歩 喜友名諒 清水希容 京都 千葉 2017年 渡邊大輔 植草歩 喜友名諒 清水希容 京都 千葉 2018年 香川幸允 植草歩 喜友名諒 清水希容 神奈川 千葉 2019年 喜友名諒 清水希容 大阪 千葉 国際空手道連盟極真会館主催 [ ] は、毎年11月に「オープントーナメント全日本空手道選手権大会」を開催している。 「オープントーナメント」とは、極真会館以外の流派や団体に所属する人間も参加できるという意味である。 基本的にと杉板のが行われる。 全日本選手権はだが、体重制を取り入れた「」も毎年開催している。 なお、大会の模様はのみで録画放映されている。 全世界空手道連盟新極真会主催 [ ] は、原則として毎年10月になどで開催している。 選手権大会はのオープントーナメント方式で行われ、新極真会以外の流派や団体に所属する人間も参加できる。 2006年の第38回大会からは女子の部も同時開催している。 大会の模様は・『』で放映他、新極真会の公式チャンネルでも配信されている。 極真空手道連盟極真館主催 [ ] は、毎年11月に「オープントーナメント 全日本空手道選手権大会」を開催している。 「オープントーナメント」とは、極真館にかかわらず他派閥の極真カラテを含めた全ての他流派や団体に所属する者でも参加を受け入れる大会である。 試合形式は、従来の手技による顔面攻撃を禁止したフルコンタクトルールでありながら、あくまで元来の空手を意識し手技顔面攻撃に対する間合いを保つことをルールに組み入れられている。 このルールの確立によって、手技による顔面攻撃禁止によって問題となっていた弊害が取り除かれ、勝ちによる試合が増えた。 全日本極真連合会主催 [ ] は、毎年11月に「」を東京で開催している。 「オープントーナメント」とは、極真連合会以外の流派や団体に所属する人間も参加できるという意味である。 全日本選手権はだが、体重制を取り入れた「」も毎年6月に大阪で開催している。 国際大山空手道連盟主催 [ ] は、毎年11月に開催している。 競技は軽量級、重量級、より女子部、より壮年部が加わり計4種目が行われる。 新日本空手道連盟正道会館主催 [ ] は、毎年9月に「全日本空手道選手権大会」を開催している。 開催当初は「ノックダウンオープントーナメント」を謳い文句にリングを使用し、再延長時にはグローブをはめて顔面攻撃有りのルールを導入していた。 現在では、いわゆるフルコンタクトルールによる体重別の大会へと変更されている。 国際空手拳法連盟白蓮会館主催 [ ] は、毎年11月に第1競技場で開催されている。 当初は「全日本拳法選手権大会」と少林寺拳法を源流に持つ大会名称だったが、現在では、「ファイティングオープントーナメント全日本空手道選手権大会」として、体重別(男子3階級、女子2階級)の大会が開催されている。 脚注 [ ] [].

次の

内閣総理大臣杯 第62回全国空手道選手権大会 結果

全国 空手道 選手権 大会

全日本空手道連盟主催 [ ] は、毎年12月第2土・日曜日になどで開催している。 競技は男女別の組手競技の個人団体と個人形競技の計6種目が行われ、空手道日本一を決める大会である。 2016年以降の競技日程は初日が団体戦、2日目は個人戦となっている。 組手競技は男女それぞれ各都道府県代表1名(東京都と大阪府は2名)、実業団連盟代表1名、学生連盟代表2名、高体連代表1名、前年度優勝者1名の54名、形競技は北海道、東北、関東、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州の各9ブロックから1名ずつと実業団連盟1名、学生連盟1名、高体連1名、前年度優勝者1名の13名のトーナメント方式で争われる。 組手個人優勝者には(2016年以降)、団体戦優勝チームにはが授与される。 2016年の第44回大会にはがご臨場され、として開催されたが、は病気のため欠席した。 大会の模様は2日目のみで放映される。 2016年までは中継録画だったが、17年は生中継で放映された。 歴代優勝 [ ] 出典: 公益財団法人 全日本空手道連盟 年 男子個人組手 女子個人組手 男子個人形 女子個人形 男子団体組手 女子団体組手 飯田紀彦 未実施 未実施 未実施 東京A 未実施 大石武士 未実施 未実施 未実施 大阪 未実施 村上邦夫 未実施 未実施 斉藤とし子 東京 未実施 森俊博 未実施 未実施 山口和歌子 東京 未実施 浜口淳一郎 宮野広征 山口和歌子 軽量級:松尾清忠 中量級:川人芳一 重量級:杉田隆二 無差別級:村瀬一三生 宮野広征 宇治田倫子 軽量級:松尾清忠 中量級:神門修 重量級:高桑直美 無差別級:村瀬一三生 小山正辰 中山三枝 軽量級:前田利明 中量級:西村誠司 重量級:太田英喜 無差別級:村瀬一三生 小山正辰 中山三枝 西村誠司 小西智子 内田順久 小西智子 内田順久 小西智子 西村誠司 清水裕正 清水裕正 河野慶子 河野慶子 1992年 清水裕正 迫祐子 1993年 阿部良樹 未実施 未実施 1994年 広瀬久美 阿部良樹 横山久美 未実施 未実施 1995年 阿部良樹 三村由紀 未実施 未実施 1996年 国分利人 米田由公子 阿部良樹 未実施 未実施 1997年 米田由公子 阿部良樹 未実施 未実施 1998年 阿部良樹 若井敦子 未実施 未実施 1999年 水月晃 阿部良樹 若井敦子 未実施 未実施 2000年 若井敦子 未実施 未実施 2001年 松崎沢宣 土屋秀人 若井敦子 未実施 未実施 2002年 松崎沢宣 土屋秀人 若井敦子 未実施 未実施 2003年 松崎沢宣 土屋秀人 若井敦子 未実施 未実施 2004年 松崎沢宣 土屋秀人 若井敦子 未実施 未実施 2005年 未実施 未実施 2006年 藤原菜希 豊見城あずさ 未実施 未実施 2007年 片田貴士 未実施 未実施 2008年 松久功 片田貴士 京都 東京 2009年 古川哲也 宇佐美里香 京都 東京 2010年 松久功 宇佐美里香 京都 東京 2011年 荒賀龍太郎 小林実希 大木格 宇佐美里香 京都 埼玉 2012年 松久功 小林実希 宇佐美里香 京都 東京 2013年 香川幸允 喜友名諒 京都 東京 2014年 荒賀龍太郎 染谷香予 喜友名諒 清水希容 京都 千葉 2015年 荒賀龍太郎 喜友名諒 清水希容 京都 京都 2016年 荒賀龍太郎 植草歩 喜友名諒 清水希容 京都 千葉 2017年 渡邊大輔 植草歩 喜友名諒 清水希容 京都 千葉 2018年 香川幸允 植草歩 喜友名諒 清水希容 神奈川 千葉 2019年 喜友名諒 清水希容 大阪 千葉 国際空手道連盟極真会館主催 [ ] は、毎年11月に「オープントーナメント全日本空手道選手権大会」を開催している。 「オープントーナメント」とは、極真会館以外の流派や団体に所属する人間も参加できるという意味である。 基本的にと杉板のが行われる。 全日本選手権はだが、体重制を取り入れた「」も毎年開催している。 なお、大会の模様はのみで録画放映されている。 全世界空手道連盟新極真会主催 [ ] は、原則として毎年10月になどで開催している。 選手権大会はのオープントーナメント方式で行われ、新極真会以外の流派や団体に所属する人間も参加できる。 2006年の第38回大会からは女子の部も同時開催している。 大会の模様は・『』で放映他、新極真会の公式チャンネルでも配信されている。 極真空手道連盟極真館主催 [ ] は、毎年11月に「オープントーナメント 全日本空手道選手権大会」を開催している。 「オープントーナメント」とは、極真館にかかわらず他派閥の極真カラテを含めた全ての他流派や団体に所属する者でも参加を受け入れる大会である。 試合形式は、従来の手技による顔面攻撃を禁止したフルコンタクトルールでありながら、あくまで元来の空手を意識し手技顔面攻撃に対する間合いを保つことをルールに組み入れられている。 このルールの確立によって、手技による顔面攻撃禁止によって問題となっていた弊害が取り除かれ、勝ちによる試合が増えた。 全日本極真連合会主催 [ ] は、毎年11月に「」を東京で開催している。 「オープントーナメント」とは、極真連合会以外の流派や団体に所属する人間も参加できるという意味である。 全日本選手権はだが、体重制を取り入れた「」も毎年6月に大阪で開催している。 国際大山空手道連盟主催 [ ] は、毎年11月に開催している。 競技は軽量級、重量級、より女子部、より壮年部が加わり計4種目が行われる。 新日本空手道連盟正道会館主催 [ ] は、毎年9月に「全日本空手道選手権大会」を開催している。 開催当初は「ノックダウンオープントーナメント」を謳い文句にリングを使用し、再延長時にはグローブをはめて顔面攻撃有りのルールを導入していた。 現在では、いわゆるフルコンタクトルールによる体重別の大会へと変更されている。 国際空手拳法連盟白蓮会館主催 [ ] は、毎年11月に第1競技場で開催されている。 当初は「全日本拳法選手権大会」と少林寺拳法を源流に持つ大会名称だったが、現在では、「ファイティングオープントーナメント全日本空手道選手権大会」として、体重別(男子3階級、女子2階級)の大会が開催されている。 脚注 [ ] [].

次の