ラッキーテスト 濃い陽性 タイミング。 排卵検査薬の使用方法。たったのこれだけで妊娠できました!

排卵検査薬をフライングしてみた(ラッキーテスト・多嚢胞性卵巣症候群)

ラッキーテスト 濃い陽性 タイミング

元々は同じテルモのもっと簡易的な基礎体温計を使っていたんですが、3周期目から思い切って買い換えました! 今使っている方が舌の下に入れやすくてズレにくいのでラクです。 8月22日から実測という計測方法を知って取り入れ始めまして、体温少しでも安定すると思いきやご覧の通り結構ガタガタ。 高温期の時期はちょうど引越しの時期でもあったので、片付けにバタバタしていたし、環境も変化したのでそういった影響もあったかもしれません。 体温が下がった日の朝と、上がった日の朝の体の火照り感は全然違いました。 でもハイテスターはいまいちよく分からず 笑 というのも、線が薄くてよく分かんなかったんです。 「これ2本? 3本!?」みたいな… 笑 なので3周期目からは、海外の排卵検査薬『ラッキーテスト』を購入しました! これまたコスパがいいんですよ。 50本入りで4,000円とかなので惜しみなく使えます。 それでは、私の排卵検査薬を公開します! こんな感じです。 8月17日のが一番濃い強陽性で、翌日18日に少し薄くなり(陽性)、19日になるとスッと薄くなっています。 これを見て排卵日は19日かなとも思いました。 基礎体温も予測値ではあるんですが19日にストンと体温が落ちているからです。 一応ママリでも皆さんの意見を聞いてみると「18日」という意見もありましたので、18~19日のどちらかを排卵日としました。 下で詳しくお話しますね! なかよしのタイミング なかよしのタイミングに関しては、前回の周期を比べると大きな違いがあります。 前回の周期とまとめて公開しますね! ちょうど真ん中あたりの線で、2周期目と3周期目が分かれています。 見て分かる通り、2周期目は排卵日の前しかタイミングをとっていません。 まさに妊娠目的といいますか 笑 ですが、3周期目に関してはタイミングというか回数が多いんです。 そして排卵日以降にもなかよしをしています。 これはママリでとある方の書き込みを見て「なるほど!」と目から鱗だったので取り入れてみたことなのです。 ママリの書き込みに何と書いてあったのかというと、 排卵も終わってタイミングもばっちり。 これであとは着床を待つだけだと思っていたら、気になる記事を発見。 やってみたというか、自然な流れでそうなったというか。 ちなみに一番濃い強陽性が出た日に、朝夜の2回タイミングを取りました。 それも良かったのかもしれません。 まとめ 高温期がガタガタでもちゃんと着床してくれてお腹の中にいてくれました。 陽性が出たのはルナルナの生理予定日2日前です。 感度が良いと言われているドゥーテストでしっかり線が出てくれました。 今後たくさんの方に参考にしてもらうために、福さん式の子宮口やおりものの変化などについても記事を書いていこうと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。 ちなみに私が今週期から取り入れた事や、工夫した事、やってみたことについてはこちらにまとめてみましたので、お時間のある時に読んでみてくださいね。

次の

アメリカ製の妊娠検査薬と排卵検査薬のラッキーテストについて。生理周...

ラッキーテスト 濃い陽性 タイミング

使用方法• 「排卵周期測定一覧」を参照し、検査が始まってから排卵予知が出るまで一日一回測定してください。 陽性反応が出始め、排卵が近づいてくるようでしたら、12時間間隔で一日2回測定することによって、より確実に排卵タイミングを得られます。 朝一の測定を避けてください。 できれば毎日同じ時間帯に測定してください。 確実の結果を得るため、測定する前2時間以内、水を控えることです。 尿吸収体部分を採取した尿に5秒間~15秒間入れます (コントロールライン、テストラインが出る部分まで尿が吸い上げられたのを確認できるまで浸すことをお薦めします)。 取り出した後、水平なところに横に置き、測定ラインが出るまで待ちます。 強い陽性反応なら、40秒以内に測定ライン(C・T)を確認できます。 弱い陽性反応や陰性反応なら、5分~10分ぐらいで測定ラインの模様を確認できます。 結果は30分以内に判定してください。 30分過ぎると無効になります。 【排卵検査スティック】の場合 尿吸収体全体に3秒間尿をかけます。 紙コップの場合は5秒間~10秒間つけます。 尿吸収体を下に向けたままキャップをし、水平なとことにおいて1分間を待ちます。 陽性反応、LH上昇あり: はっきりとした2本のラインが表示されます。 テストラインが、コントロールラインと同色の場合、48時間以内に排卵する可能性が高いです。 テストラインが、コントロールラインより濃い場合、14~28時間以内に排卵する可能性が高いです。 陽性反応、LH上昇あり 排卵検査スティック : はっきりとした2本のラインが表示されます。 12~28時間以内に排卵することを意味します。 陰性反応、LH上昇なし: コントロールラインの1本しか表示されません。 またはテストラインが表示されても、コントロールラインの色より 薄い場合はLHの上昇は認められません。 排卵日はまだか過ぎたことを意味します 測定失敗、エラー: はっきりとしたラインが表示されません。 新しい検査紙でもう一度検査を行ってください。 生理周期が不規則• 検査開始日が間違った• 無排卵の場合• 分泌されるLHが低濃度あるいはLHサージが短時間で終了した場合• 大量の水分摂取等で、尿中LH濃度が低下したとき• 妊娠している場合• 分娩後• 流産後• 閉経期:成熟期以降、女性のLH濃度は年齢とともに増加する傾向にあります• 人工妊娠中絶後• 異常妊娠するとき(胞状奇胎など)• HCG産生腫瘍の場合• 不妊治療の薬物療法時 例え:hCg製剤 など• 内分泌障害の場合• 検査結果に基づく診断は、他の検査結果と合わせて総合的に判断することをおすすめします。

次の

排卵検査薬の使用方法。たったのこれだけで妊娠できました!

ラッキーテスト 濃い陽性 タイミング

使用方法• 「排卵周期測定一覧」を参照し、検査が始まってから排卵予知が出るまで一日一回測定してください。 陽性反応が出始め、排卵が近づいてくるようでしたら、12時間間隔で一日2回測定することによって、より確実に排卵タイミングを得られます。 朝一の測定を避けてください。 できれば毎日同じ時間帯に測定してください。 確実の結果を得るため、測定する前2時間以内、水を控えることです。 尿吸収体部分を採取した尿に5秒間~15秒間入れます (コントロールライン、テストラインが出る部分まで尿が吸い上げられたのを確認できるまで浸すことをお薦めします)。 取り出した後、水平なところに横に置き、測定ラインが出るまで待ちます。 強い陽性反応なら、40秒以内に測定ライン(C・T)を確認できます。 弱い陽性反応や陰性反応なら、5分~10分ぐらいで測定ラインの模様を確認できます。 結果は30分以内に判定してください。 30分過ぎると無効になります。 【排卵検査スティック】の場合 尿吸収体全体に3秒間尿をかけます。 紙コップの場合は5秒間~10秒間つけます。 尿吸収体を下に向けたままキャップをし、水平なとことにおいて1分間を待ちます。 陽性反応、LH上昇あり: はっきりとした2本のラインが表示されます。 テストラインが、コントロールラインと同色の場合、48時間以内に排卵する可能性が高いです。 テストラインが、コントロールラインより濃い場合、14~28時間以内に排卵する可能性が高いです。 陽性反応、LH上昇あり 排卵検査スティック : はっきりとした2本のラインが表示されます。 12~28時間以内に排卵することを意味します。 陰性反応、LH上昇なし: コントロールラインの1本しか表示されません。 またはテストラインが表示されても、コントロールラインの色より 薄い場合はLHの上昇は認められません。 排卵日はまだか過ぎたことを意味します 測定失敗、エラー: はっきりとしたラインが表示されません。 新しい検査紙でもう一度検査を行ってください。 生理周期が不規則• 検査開始日が間違った• 無排卵の場合• 分泌されるLHが低濃度あるいはLHサージが短時間で終了した場合• 大量の水分摂取等で、尿中LH濃度が低下したとき• 妊娠している場合• 分娩後• 流産後• 閉経期:成熟期以降、女性のLH濃度は年齢とともに増加する傾向にあります• 人工妊娠中絶後• 異常妊娠するとき(胞状奇胎など)• HCG産生腫瘍の場合• 不妊治療の薬物療法時 例え:hCg製剤 など• 内分泌障害の場合• 検査結果に基づく診断は、他の検査結果と合わせて総合的に判断することをおすすめします。

次の