紀子 さま 若い 頃。 紀子さまの若い頃がアイドル級に可愛いと話題(画像あり): GOSSIP速報

秋篠宮紀子の若い頃も性格はしたたかで大胆&積極的?叱責が陰湿か…?

紀子 さま 若い 頃

噂の内容 紀子さまへのバッシングの中で一番大きなものは、 なんといっても二度に亘る堕胎に付いてでしょう。 ハッキリした時期は分かりませんが、 早くも20年程前にはそのような噂を耳にしました。 あくまで私が聞いた噂ですが、 「紀子さまは二度も堕胎を余儀なくされた。 それについて、紀子さまのお父様である川嶋教授が両陛下に(または宮内庁に)苦情を申し上げ、結婚が決定した。 これは目白か高田馬場の近くにいる医師が言っていた」 ということです。 ですから、昭和天皇の喪中にも拘わらず、 1989年黒い服でのご婚約会見になったというのです (ご結婚は喪が明けた1990年です)。 また霊能者が 「紀子さまは五人の子供をお産みになる。 そのうち二人が男の子だ」 と言ったという話があり、 それに真実味を感じた人もいたようです。 噂の背景 皇室の方が堕胎などと言うことは、 一般の私達にはちょっと信じられないことですね。 天皇の血を引く命を殺してしまうことなのですから。 ただ、秋篠宮様が大学時代に創設された「自然文化研究会」が、 夜になるとみんなお酒を飲んで真っ赤な顔で写っている写真が公開されていることから、 友達との気軽な旅行や、 紀子さまと旅行に行くのが 目的だったのではないかと言う意見も聞かれました。 秋篠宮様は、子供の頃からやんちゃで知られていましたし、 大学に入ってからは、あまりに帰りが遅いので美智子様自らが 「もう帰ってらっしゃい」とお店かSPに電話をしたと言う話も伝わっています。 このような点からも妊娠の可能性を勘ぐってしまうのかもしれません。 新興宗教との関係 そんな中、この噂は一部の新興宗教の信者である 医師達が意図的に流している噂だとする説があります。 確かに私が聞いたのも、医師から出た話だと言うことでした。 小和田家は外務省の中にある、 この新興宗教のグループに属していますから、 まんざら嘘でもないのかもしれません。 それを聞いた私の伯母は、 自分によく電話を掛けて来るこの新興宗教の知り合いに直接 「小和田さんはあなたと同じ宗教なの?」と聞いていました。 すると、 「小和田さんは私達の宗教には入っていないけれど、顧問を頼んでいる」 という返事が返って来たそうです。 これはちょっとおかしいなと思いました。 何故なら、あの新興宗教が、 その信者でもない人に、顧問など頼むことがあり得るでしょうか? お二人の仲の良さがすべての原因かも 本当に新興宗教の人達が意図的に流した噂かどうかはわかりません。 そうする意味が判然としないからです。 真実はご本人たち以外わからないでしょうが、 もし、堕胎が本当なら、秋篠宮様はそれまでよりもっと紀子様を大事になさり、 紀子さまはそんな宮様の横でしっかり宮家を支えていくでしょう。 イギリスへ留学に旅立たれる礼宮様に涙を流された紀子さま。 目白のあるお店のマスターは、 「礼宮様が女性をお連れになる時はいつも同じ方でした」と言っていました。 いずれにしても、そんな悪い噂さえ、 お二人の仲が良いからこそ流れるのだと言えないこともないでしょう。 【関連】 【関連】.

次の

紀子様が怖いし正体がやばい…結婚の真の理由や堕胎と浮気の噂に震える…

紀子 さま 若い 頃

すぐ読める目次はこちら• 紀子様について 紀子様の簡単プロフィール 名前;紀子様(きこさま) 生年月日;1966年9月11日 出身;静岡県静岡市 紀子様の学生時代と出会い 最終学歴や学生生活について;1989年学習院大学を卒業して、同大学院進学後に社会心理学を専攻。 紀子様が学生時代からこのようにボランティア精神のある性格でみんなからも慕われていたそうですよ。 そして、秋篠宮様と完全なる恋愛結婚の中、お二人は結ばれました。 なぜ紀子様にこのようなワードが検索エンジンに出てくるのかが不思議ですが、 おそらく学生時代にサークルの仲間たちとよく旅行にいていたこともありましたし、紀子さまはとても綺麗な方なので、いろんな男性との噂が広まったのではないかと思います。 出産時の年齢と真実! 紀子様の最初出産時の年齢ですが、 結婚されたのが1990年6月。 当時23歳の時です。 第一子眞子様は当時25歳の時、1991年10月にお産みになられました。 そして、第二子佳子様をお産みになったのが28歳。 悠仁様は38歳という高齢出産になっています。 皇族のなかでは、最高齢懐妊となり、年齢が高齢ということもあり、世間では話題になっていましたよね。 真実ですが、2006年に悠仁様をお産みになったのですが、 予定より20日早い出産で当時は帝王切開による出産だったそうですね。 紀子様の堕胎の相手は誰という真相については、まずどこからそんな噂はでてきたのかは闇の中なのですが、学生時代に秋篠宮様とご旅行などをかなり楽しんでいらっしゃたようなので、そういった学生時代のうわさから生まれた可能性が高いと。 若い頃に恋人はいたのか? 若い頃に恋人はいたのか!という疑問についてですが、おそらくいらっしゃったと思います。 紀子様は皇族のなかでもかなり美人であることなど、大変注目も浴びていたそうで、学生時代ももててらっしゃったことも聞きました。 紀子様のかわいらしさからすると、中学生時代くらいにはきっと恋人がいたに違いありません。 秋篠宮様とは美男美女カップルだと当時も話題になっていましたよ。 紀子様は若い頃から美人? 紀子様はモテモテでしたし若い頃から本当にきれいだと言われていました。 写真を見ているといつも笑っているものばかりですよね。 年齢を重ねた今でも十分にお美しいのですが若い頃はとても初々しいです。 こうやって美しさから若い頃の噂が根掘り葉掘り出てしまったというのもあるのでしょうね。 残念なことです。

次の

紀子様の学生時代の素行や恋愛遍歴がスゴイ?怖い正体が結婚後に発覚したのは本当?!

紀子 さま 若い 頃

雅子さまの華麗なる経歴!出身大学が凄い! 雅子さまが皇太子さまのお妃候補にあがったときは、こんなスーパーエリートの女性が皇室に入るなんてもったいないと、言われたほど、本当に華麗なる経歴の持ち主です。 雅子さま誕生 1963年(昭和38年)12月9日、東京に小和田恆(ひさし)・優美子夫妻の第1子(長女)として雅子さまが誕生します。 父親の恆さんは、 外交官と東京大学講師の仕事に就き、母親は チッソ会長の長女で、 結婚前はエールフランスで秘書の仕事をするなど、上流階級の家庭で雅子さまはお育ちになります。 雅子さまには、 3歳年下の礼子さん・節子さんという双子の妹がおられます。 幼少期は海外で生活 父親の仕事の関係で、1歳の頃にソビエト連邦(ロシア)、それからアメリカでも幼稚園時代を過ごしています。 そして帰国後は、母親のたっての希望で 皇后美智子さまが雙葉小学校附属幼稚園に通園していた当時の担任教師が開いた塾に通い、 編入試験の勉強を一年経て、田園調布雙葉小学校に入学します。 この頃から、美智子さまと関わりのある雅子さま。 何かしらの縁を感じますね。 田園調布雙葉小学校は、カトリック系の学校で、多くの良家の子女が通う名門校。 入試偏差値は69と高く、東大合格者も多く輩出する非常に優秀な学校として有名です。 高校2年から再びアメリカへ ハーバード大学入学 高校2年生に頃に父親の仕事で再び、アメリカへ。 高校は、ボストンのベルモント・ハイスクールへ編入し、そこで 最優等学生に選ばれ、 アメリカ政府が国の上位5%の生徒に贈る「ナショナル・オーナー・ソサイティー」を受賞します。 アメリカの学生の5%に編入してきた日本人が入るなんて、相当なレベルだと思います。 幼少期の海外生活のおかげで、語学力も英語だけでなくドイツ語も素晴らしかったようです。 そして大学は ハーバード大学経済学部へ。 ハーバードといえば、 大学ランキングでは常に、 最上位にランクされるアメリカ屈指の名門校 です。 その全世界から優秀な学生が集まる中で、雅子さんは卒業論文は評価され、マグナ・クム・ラウデ、優等賞を受賞しています。 その論文を完成させるために、毎晩遅くまでパソコンで作業していたそうで、相当な努力家だったことが分かります。 女性初のキャリア官僚として外務省へ ハーバード大学を卒業後は日本に帰国し、外交官を志し、外交官試験に合格し、 外務省入省が決まります。 この当時、 女性初のキャリア官僚 スーパールーキーと話題になったほど、女性が外務省に入省することは珍しいことでした。 時はバブルの時代、皆ががむしゃらに働き、女性だからといって特別扱いもされず、雅子さんは深夜まで激務をこなし続けました。 そして、外務省に5年ほど勤めた頃、皇太子のお妃候補と報道され、マスコミの報道が過熱し、世間の関心も高まっていくのです。 皇太子さまのお言葉と皇室からの説得 雅子さまが、皇室に入ることを決意されたことに、まずは皇太子さんのプロポーズの言葉にあります。 「僕が雅子を一生、全力でお守りします。 」 「外交官として働くのも、皇室の一員になるのも、国のために働くという意味では同じではないですか」 外交官を辞めたくなかった雅子さまでしたが、将来、日本の天皇になる人にこんな言葉を言われては断れない気もします。 そして、皇室関係者からの説得も、仕事熱心な雅子さまには魅力的な言葉でした。 「皇室外交の担い手になって、海外のご公務に精力的に活動してほしい。 」 これまでの雅子さまのキャリアや能力を生かし、仕事が続けられるのでは?と思い 皇室に嫁がれることを決意したのです。 このころは、美人で育ちが良く年齢も近い、紀子さまと比べられるような報道もよくなされていましたね。 自分を表現し、能力を最大限発揮して表に立つことは皇室らしくない振る舞いとされ否定されることばかり。 海外生活で国際派と呼ばれていた雅子さまと、伝統と慣習に厳格な宮内庁との間でいつからか、ひずみが生まれ、 雅子さまは、適応障害と診断されて長期ご療養に入られました。

次の