マリルリ アクアジェット 遺伝。 【ポケモン剣盾】マリルリのおすすめ育成論を紹介!効率的な育て方とは?【ポケットモンスター(ポケモン)】

【ポケモン剣盾】マリルリの進化と入手方法【鎧の孤島】|ゲームエイト

マリルリ アクアジェット 遺伝

マリルリの歴史 第二世代 当時はなど登場していない上に全体的に能力が低い。 ただでさえ水タイプは層が厚いこともあり、大会レベルで活躍させるのは極めて困難なポケモンである。 ただし、金・銀のプロローグで出番を貰っており、では出現率・出現範囲が大幅に改善されたことから、同じ組のとは異なり目立ってはいた。 第三世代 ちからもちの獲得により二線級程度だが強力なポケモンの仲間入りを果たす。 ただ、当時はのラインナップが貧相であった上に、タイプはすべてであったためウエポンは恩恵を受けなかった。 それでも、期で既にタマゴ技でみがわりを覚えたため、実戦レベルのマリルリを育成するのは当初から比較的楽であった。 が採用されることすら珍しくなかった。 いわゆるマリルリの「ベイビィポケモン」にあたるが登場するも、をルリリにタマゴ技で覚えさせることができない都合上ルリリを孵化させることには戦略上の価値はなかった。 素早さに関してはポケモンリーグ2005中学生以上の部で優勝者したカビゴンのすばやさがカビゴン同士の素早さいたちごっこの末に実数値61にまで調整されたため、いじっぱり無振りなら素早さがV近くでないと安心できなかった。 第四世代 ばかぢから、アクアジェットの獲得によって一貫性や速攻性能が増した。 期にはの仕様の都合上、ルリリのとして覚えるすらもそこそこ使用された。 WCS2009日本大会グループBののFINALステージでは8人中1人が使用しており、そのプレイヤーが優勝を果たしていた。 そのマリルリはばかぢから、アクアジェット搭載型であった。 ただ、環境にはあまりにもが多かったため、フィニッシュ手段をマリルリに依存すると簡単にギャラドスに受けられてしまった。 第五世代 のを獲得するが、やはりちからもちマリルリが主流であった。 第六世代 じゃれつくの獲得、フェアリータイプの獲得、更にアクアジェットとはらだいこの同時遺伝可能が大きな変化となった。 レーティングバトルXYリーグではアクアジェットでやの弱点を突く形で(前者は状況にもよるが)上から叩けるポケモンとして猛威を振るった。 共に耐久無振り攻撃全振りいじっぱり個体とした場合、こだわりハチマキを持たせたマリルリは超高乱数1発でアクアジェットによりメガバシャーモを仕留めることができる。 やが流行していた中、他の多くのはらだいこアタッカーと異なり元の攻撃が低いためそれらが痛手になりづらかった。 同リーグシングルバトルでの使用率はおおむね1桁台を推移しており、シーズン4ではシングルバトルでの使用率5位という採用実績を残している。 他方ORASリーグではメガシンカポケモンによる高種族値での制圧が主流であったため、シーズン17シングルバトルで使用率8位を記録したものの10位台前半から後半が定位置であった。 単体で大幅強化されたのも然ることながら、と組んで積みサイクルを行う、いわゆる「マリリザX」がマリルリ入りの構築としては主流化した。 第七世代 やなどフェアリータイプの普及によってドラゴンタイプを流す高火力ポケモンとしては若干下火になり、特に同複合タイプのやの登場によって自身の複合タイプが唯一の個性ではなくなった。 中でも、カプ・レヒレは合計耐久指数でマリルリを上回っているため、これまで以上に最大の差別化点である物理火力を活かす必要が生まれた。 それでも、シーズン5のシングルバトルでは使用率29位にランクインしている。 USUMリーグシングルバトルシーズン7では30位を記録したが、カプ・レヒレに対する役割破壊が蔓延してそれがそのままマリルリに刺さることからはらだいこを積む余裕がなくなったこと、、、、、という主流の技構成では耐久型のを突破し切れなくなったことなどから、次第に採用率を下げて行き使用率ベスト30入りには恵まれなくなった。 USUMリーグシングルバトルでリザードンが使用率5位以内の常連になりいわゆる「スタン」が主流になっている中、アクアジェットに攻めを依存したマリルリを運用するにはメガリザードンYを他のポケモンで処理したりを書き換えたりしないとキツイ。 SMリーグシーズン4からが持ち物の1番手として脱落、USUMリーグでは4番手程度に落ち込んでいる。 代わりに1番手が、2番手がとなっており、3番手はとシナジーがあるとなっている。 第八世代 ソード・シールドの追加コンテンツ『鎧の孤島』でデータに追加されることが決定。 の再習得がの解析により判明。 はらだいこを積んでからを放つのはオーバーキルなので、基本はとで自身を強化してから解除後の ダイマックス中はの効果は解除される で全抜きを狙うことになるだろう。 はなどの対策になる。 一方、以前の世代でこだわり系アイテムを持った相手のウエポンを起点にはらだいこを積むことができたのが、今作ではダイマックスによってを解除できてしまうため、はらだいこを積む機会は少なくなるか。 ので有用なのはあたりか。 のベースになり、へのバフによってはらだいこによってHPが削れたところをケアできる。 シーズン8でランクバトルにおいて解禁されるなり使用率ベスト30入りを果たした。 一般的な育成論 が高い以外は突出した能力がないが、よりが2倍になるが登場し、一気に物理アタッカーとして出世した。 ステータスこそ控えめだが余分な能力が高く設定されておらず、耐久力もそこそこあることから能力に無駄が殆ど無いのが魅力。 よりタイプが追加されたことで、タイプが新たに弱点となり、フェアリーが弱点としているタイプはみずタイプでの相殺により等倍になったかわりに、、、、タイプに耐性が付くようになり、相対的に耐性がかなり上がった。 が最も苦手としているポケモンであり、を持つやの主力技に対応しやすいポケモンである。 攻撃技は、や低い素早さを補う先制技、フェアリータイプの技を中心に、、などが候補。 アクアジェットととの両立を考えないなら、も選択肢になる。 補助技としては最も有名なのが攻撃を最大限まで上げるはらだいこ。 はらだいことアクアジェットは第五世代までは同時遺伝ができなかったので完全な候補外の技だったが、第六世代に入りタマゴの仕様が変更され同時遺伝が可能となった。 素早さに割く場合は、オボンのみの回復量の効率を高めるために4の倍数 最大値は204 にできるように調整することが多い。 尚、はらだいこを採用しなくても、高いHPとそこそこ硬い耐久というだけでオボンのみを持たせる価値は充分高い。 努力値は基本的に攻撃は全振り、HPは前述のような調整、余りを、、に振ると良い。 素早さ調整に関しては、無暗に抜ける相手を増やそうとすると耐久が薄くなってしまい、中耐久後手アタッカーとして見た場合の旨味が落ちてしまう。 調整のいたちごっこになることが現実味を帯びる高レート帯で使用することを想定するでもない限り、基本的に素早さによる行動順のハンデはアクアジェットでカバーすべきである。 ではのが登場。 これにより本来苦手なくさタイプの技を無効化できるようになるが、ちからもちを失う事になるので、大きな長所であった攻撃力を諦める事になる(一度しか発動できず、発動してもちからもちの時よりも攻撃が劣ってしまう)が、同じ特性を持つポケモンでは特性を持つ対策として最善であり、草もドラゴンも無効に出来る。 ただし特性を消してしまうに注意すること。

次の

【ポケモンXY】マリルリ育成論 はらだいこ&アクアジェット型の努力値振りと使い方、遺伝方法まとめ

マリルリ アクアジェット 遺伝

主に川や湖に住み、基本的には水中で生活する。 極稀に水辺に浮かび上がってくることもある。 マリルの頃は長時間潜り続けられないのか、水場周辺の草むらや川や水たまりのある洞窟なんかでも出会うことができる。 体の模様は敵に見つかりにくくする為のカムフラージュの働きがある。 極めて優れた聴力と、息継ぎなしに一日中水中に居られるほどの肺活量の持ち主。 しかし、哺乳類型であるので、耳の中に水が入ってくるのは耐えられないらしく、耳を丸めている事も。 マリルの頃は水草を好むが、マリルリになると水中の獲物も狙うようになる。 隠れ特性は草食だが食生活は雑食のようだ。 しかしながら性格は穏やかで、空気の玉で即席の水中ヘルメットを作って溺れたポケモンを助ける事もある。 長い耳は水の中や外を問わず敏感なレーダーになっており、流れの激しい川でも獲物の種類を判別できるほど。 「ポケモン全キャラ2コマ全集」ではが川上でを聞いてしまったようで…。 そのファンシーでラヴリーな外見に反し 「」という強力な特性を持っており、「ふといホネ」持ちに匹敵するほどの破壊力を振るう最強クラスの物理アタッカーという一面もある。 その関係上「逞しい」ネタ絵が結構存在する。 ちなみに力を込めると尻尾が青く発光する。 図鑑にも何も書かれていないのでどういうことなのかは不明。 ゲーム中での特徴 第二世代で生まれた当時、元から数多くいるの中でそれなりの耐久を持つも、 超低火力でストーリー中でも進化前のが激レア(クリスタルバージョンでは出現率が若干上昇)でほぼ出会えないという何とも言えない存在意義の状態から始まった。 第三世代では特性「ちからもち」「あついしぼう」を獲得。 「ちからもち」は攻撃力こそを上回るものの、 当時みずタイプ技が全て特殊扱いだった為一切噛み合わず、相変わらず微妙さは拭えなかった。 地味にルリリという進化前が生まれたが、別に何があるわけでもなかった。 それでも当時稀少だった「」を早くから覚えられ、そこからの「」のコンボは予想以上の大ダメージを誇った。 耐久は元からある上に遅いので「みがわり」が残りやすく、かくとうが効きづらくても「」などで対抗できた。 「」は元が・半減ではあるものの、当時はみずタイプ単体でこの特性を所持しているのはマリルリだけ。 元々のタイプの都合で威力は半減されるものの、これらの技を使う相手に対してさらにローリスクで繰り出す事が出来るようになった。 第四世代では技ごとに物理特殊が分かれるようになり、「」「」の物理化や「」「アクアジェット」といった一致物理技の獲得によって特性「ちからもち」が本格的に開花。 ここからマリルリが本格的に戦えるようになりはじめる。 第五世代ではとして「」を獲得するが、元々「ちからもち」に依存してるポケモンである為特に流行らなかった。 初期~中期に増えたを始めとしたらには有利であり、シングル、ダブル共にある程度の採用率を保っていた。 一線級までには届かないものの、スペックそのものはそれなりには評価されていた。 第六世代では、大きな飛躍を遂げて 青い悪魔と言われるまでになり、特に 追加は大きかった。 はもちろん、他に6つものタイプに耐性を持つようになった。 多くのドラゴンポケモンがサブウェポンとして持つほのお、みずタイプのわざで弱点を突かれないどころか、元々の高い耐久から弱点を突かれても耐えることがあるため、新たなドラゴンタイプキラーとしての地位を獲得。 それに合わせてフェアリー物理技 「」も獲得し、フェアリー弱点を問答無用で狩れるようになった。 また、今まで止められていたやなど同じみずタイプにフェアリータイプの技が通るようになり、以前より止まりにくくなった。 さらに、遺伝技の仕様変更によって、これまではできなかった 「アクアジェット」と「」の両立が可能となり、本当の意味で一線級にまで到達した。 何かがおかしい このためマリルリと言えば「はらだいこ」のイメージが強くなってしまったが、「」で繰り出し性能を高めたり、「」を持たせてアクジェを連発する型なども存在する。 全く影響は無いが、種族値変更にてとくこうは微増した。 このように現在押しも押されもせぬメジャーポケモンの一角だが、勿論短所もしっかり存在する。 まず一つ目は技の火力が意外と低めなこと。 確かに「ちからもち」のおかげで攻撃力に関しては文句のない数値ではあるものの、一致技の最高威力は 90とやや不安であり弱点を突けないと意外と減らせない事も多い。 技自体も接触技ばかりである為、「」や「」のダメージ、特性「」も辛い。 二つ目は一致技が通らないみず・どく複合に手を出しづらいこと。 また、フェアリー追加の影響で対ドラゴン技を「」に依存している事が災いし、従来なら「」で仕留められていたくさ・どく複合にも手を出しづらくなってしまっており、止まる相手は意外と多い。 特には「れいとうパンチ」を覚えていても止められる。 要するに得意な相手には全抜きも可能だが苦手な相手にはあっさり倒される。 どのポケモンにも言えることだが、出す相手や戦い方をしっかりと見極めよう。 ……え? 全身筋肉質ならでもよかったのでは? そんなことしたらになってしまうだろ。 マリルリといいといい、どうやらポケモン界には筋肉質なウサギが多いようである。 では 『』では として君臨している。 こいつが出現するダンジョンのうち「しあわせの とう」は、レベル1から入場するエキストラダンジョンになっている。 つまり手持ちが一時的に弱い状態からスタートするため、可愛らしい進化前であってもまったく油断できない。 そして中層50Fに 超激レアポケモンがいるので、ラッキー目当てで今まで多くの救助隊が押し寄せてきたのだが、ここにでんと構えるマリルリが、• 何を間違ったのか 周りの敵よりも二回り強いステータス。 高層の敵と肩を並べる。 加えてHPが何と 125もある。 周りは70とか80とかなのに。 遠距離技「」、連続技「」でどこにいても追い詰めてくる。 特性「ちからもち」が本編と異なり「攻撃した瞬間に確率で 自分のこうげきステータスを1. 5倍に引き上げる」という効果(ポケダンは諸々の倍率が控え目に設定されているため、1. 5倍は強力を通り越して 凶悪)。 こんな有様のため、 ラッキーを拝むことすら叶わずマリルリに惨殺される事例が後を絶たない。 しっかり準備しても「ちからもち」の不確定要素があるため一切油断できない。 恐るべし。 ちなみに最近ポケダン界隈では マリルリ数列なるものも誕生したとか。 (とある実況者のポケモンが受けた「ころがる」のダメージが「1,1,2,3, 160(「ちからもち」発動)」であったことから) では このゲームに特性なんてものは存在せず、CP(能力)はを元に決められている。 その為HPこそ滅法高いが こうげきは貧弱そのもの。 さらに、タイプ相性における「こうかなし」が存在せず、原作では無効化できたドラゴン技も、本作では威力こそ半減できるもののきっちり喰らってダメージを受けてしまう。 どころか普通に押し切られかねない。 ジムに置こうにも耐久がある方とはいえそこまで高くなく、普通にやを置いた方がまだ場持ちがよいと言われる始末。 ……と散々な扱いだったが、2018年12月、 突如覚醒した。 トレーナーバトル実装により、最大CPや攻撃力が低くても活躍できる道が開けたのだ。 元々耐久はあるためCPの割に長生きで、しぶとく耐えてチャージ技で返すという戦法ができる。 特にスーパーリーグ(CP1500以下のみ出場可能)ではマリルリの持つ耐久力やタイプ相性が非常に有効で、何と スーパーリーグのエース格にまでなっている。 ただしマリルリ自身をレベル37程度にまで上げなければならず、育成はやや苦行。 また、幹部の1人であるアルロが繰り出すの攻略にも一応使える。 あちらが繰り出すドラゴン・ほのおのどちらのタイプにも耐性があり、こちらは一致技のゲージ技である「」をお見舞いすることで大ダメージを狙える。 ただし、マリルリは通常技で「」を覚えず、攻撃力も低いので、相手のシールドを使い切らせるのはともかく、倒すのには少々苦労することを覚悟する必要がある。 いずれにしても低い最大CPがここにきて生かされるとは、何があるか分からないものである。 そんなマリルリは、不定期でレイドボスに選ばれることがある。 元々のCPが低いポケモンなので、レイドボスになってもCPはわずか8989。 しかし、CPに惑わされてはいけない。 ゲットチャレンジはほとんどおまけ。 スーパーリーグ用に育てようと思うと相当なまでに育成しなければならず、野生で天候ブーストのかかったマリルを探して進化させた方がまだ効率的と思われる。 現在はマリルそのものの出現率が大幅に下がっているが、かつてはいたるところにわんさか出現していたので、その時にアメを集めておいたプレイヤーにとってはやっぱりあまり旨味がないと言える。 では が出演するサブストーリーにてお姉さんポジションのマリルリが登場したことがある。 CVは等でお馴染み。 普段は優しくておとなしいが、一度怒らせると手が付けられなくなる。 では 第4章で 幹部ののポケモンとして登場。 使い手が使い手なのでここでは 完全な悪役として登場している上に、目付きが悪くて愛嬌がない。 この個体は結構有名な模様。 主な使用トレーナー•

次の

マリルリ|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

マリルリ アクアジェット 遺伝

マリルリの歴史 第二世代 当時はなど登場していない上に全体的に能力が低い。 ただでさえ水タイプは層が厚いこともあり、大会レベルで活躍させるのは極めて困難なポケモンである。 ただし、金・銀のプロローグで出番を貰っており、では出現率・出現範囲が大幅に改善されたことから、同じ組のとは異なり目立ってはいた。 第三世代 ちからもちの獲得により二線級程度だが強力なポケモンの仲間入りを果たす。 ただ、当時はのラインナップが貧相であった上に、タイプはすべてであったためウエポンは恩恵を受けなかった。 それでも、期で既にタマゴ技でみがわりを覚えたため、実戦レベルのマリルリを育成するのは当初から比較的楽であった。 が採用されることすら珍しくなかった。 いわゆるマリルリの「ベイビィポケモン」にあたるが登場するも、をルリリにタマゴ技で覚えさせることができない都合上ルリリを孵化させることには戦略上の価値はなかった。 素早さに関してはポケモンリーグ2005中学生以上の部で優勝者したカビゴンのすばやさがカビゴン同士の素早さいたちごっこの末に実数値61にまで調整されたため、いじっぱり無振りなら素早さがV近くでないと安心できなかった。 第四世代 ばかぢから、アクアジェットの獲得によって一貫性や速攻性能が増した。 期にはの仕様の都合上、ルリリのとして覚えるすらもそこそこ使用された。 WCS2009日本大会グループBののFINALステージでは8人中1人が使用しており、そのプレイヤーが優勝を果たしていた。 そのマリルリはばかぢから、アクアジェット搭載型であった。 ただ、環境にはあまりにもが多かったため、フィニッシュ手段をマリルリに依存すると簡単にギャラドスに受けられてしまった。 第五世代 のを獲得するが、やはりちからもちマリルリが主流であった。 第六世代 じゃれつくの獲得、フェアリータイプの獲得、更にアクアジェットとはらだいこの同時遺伝可能が大きな変化となった。 レーティングバトルXYリーグではアクアジェットでやの弱点を突く形で(前者は状況にもよるが)上から叩けるポケモンとして猛威を振るった。 共に耐久無振り攻撃全振りいじっぱり個体とした場合、こだわりハチマキを持たせたマリルリは超高乱数1発でアクアジェットによりメガバシャーモを仕留めることができる。 やが流行していた中、他の多くのはらだいこアタッカーと異なり元の攻撃が低いためそれらが痛手になりづらかった。 同リーグシングルバトルでの使用率はおおむね1桁台を推移しており、シーズン4ではシングルバトルでの使用率5位という採用実績を残している。 他方ORASリーグではメガシンカポケモンによる高種族値での制圧が主流であったため、シーズン17シングルバトルで使用率8位を記録したものの10位台前半から後半が定位置であった。 単体で大幅強化されたのも然ることながら、と組んで積みサイクルを行う、いわゆる「マリリザX」がマリルリ入りの構築としては主流化した。 第七世代 やなどフェアリータイプの普及によってドラゴンタイプを流す高火力ポケモンとしては若干下火になり、特に同複合タイプのやの登場によって自身の複合タイプが唯一の個性ではなくなった。 中でも、カプ・レヒレは合計耐久指数でマリルリを上回っているため、これまで以上に最大の差別化点である物理火力を活かす必要が生まれた。 それでも、シーズン5のシングルバトルでは使用率29位にランクインしている。 USUMリーグシングルバトルシーズン7では30位を記録したが、カプ・レヒレに対する役割破壊が蔓延してそれがそのままマリルリに刺さることからはらだいこを積む余裕がなくなったこと、、、、、という主流の技構成では耐久型のを突破し切れなくなったことなどから、次第に採用率を下げて行き使用率ベスト30入りには恵まれなくなった。 USUMリーグシングルバトルでリザードンが使用率5位以内の常連になりいわゆる「スタン」が主流になっている中、アクアジェットに攻めを依存したマリルリを運用するにはメガリザードンYを他のポケモンで処理したりを書き換えたりしないとキツイ。 SMリーグシーズン4からが持ち物の1番手として脱落、USUMリーグでは4番手程度に落ち込んでいる。 代わりに1番手が、2番手がとなっており、3番手はとシナジーがあるとなっている。 第八世代 ソード・シールドの追加コンテンツ『鎧の孤島』でデータに追加されることが決定。 の再習得がの解析により判明。 はらだいこを積んでからを放つのはオーバーキルなので、基本はとで自身を強化してから解除後の ダイマックス中はの効果は解除される で全抜きを狙うことになるだろう。 はなどの対策になる。 一方、以前の世代でこだわり系アイテムを持った相手のウエポンを起点にはらだいこを積むことができたのが、今作ではダイマックスによってを解除できてしまうため、はらだいこを積む機会は少なくなるか。 ので有用なのはあたりか。 のベースになり、へのバフによってはらだいこによってHPが削れたところをケアできる。 シーズン8でランクバトルにおいて解禁されるなり使用率ベスト30入りを果たした。 一般的な育成論 が高い以外は突出した能力がないが、よりが2倍になるが登場し、一気に物理アタッカーとして出世した。 ステータスこそ控えめだが余分な能力が高く設定されておらず、耐久力もそこそこあることから能力に無駄が殆ど無いのが魅力。 よりタイプが追加されたことで、タイプが新たに弱点となり、フェアリーが弱点としているタイプはみずタイプでの相殺により等倍になったかわりに、、、、タイプに耐性が付くようになり、相対的に耐性がかなり上がった。 が最も苦手としているポケモンであり、を持つやの主力技に対応しやすいポケモンである。 攻撃技は、や低い素早さを補う先制技、フェアリータイプの技を中心に、、などが候補。 アクアジェットととの両立を考えないなら、も選択肢になる。 補助技としては最も有名なのが攻撃を最大限まで上げるはらだいこ。 はらだいことアクアジェットは第五世代までは同時遺伝ができなかったので完全な候補外の技だったが、第六世代に入りタマゴの仕様が変更され同時遺伝が可能となった。 素早さに割く場合は、オボンのみの回復量の効率を高めるために4の倍数 最大値は204 にできるように調整することが多い。 尚、はらだいこを採用しなくても、高いHPとそこそこ硬い耐久というだけでオボンのみを持たせる価値は充分高い。 努力値は基本的に攻撃は全振り、HPは前述のような調整、余りを、、に振ると良い。 素早さ調整に関しては、無暗に抜ける相手を増やそうとすると耐久が薄くなってしまい、中耐久後手アタッカーとして見た場合の旨味が落ちてしまう。 調整のいたちごっこになることが現実味を帯びる高レート帯で使用することを想定するでもない限り、基本的に素早さによる行動順のハンデはアクアジェットでカバーすべきである。 ではのが登場。 これにより本来苦手なくさタイプの技を無効化できるようになるが、ちからもちを失う事になるので、大きな長所であった攻撃力を諦める事になる(一度しか発動できず、発動してもちからもちの時よりも攻撃が劣ってしまう)が、同じ特性を持つポケモンでは特性を持つ対策として最善であり、草もドラゴンも無効に出来る。 ただし特性を消してしまうに注意すること。

次の