お 変わり なく お過ごし でしょ うか。 「お変わりありませんか」の意味と使い方!類語や例文も紹介

「お変わりありませんか」の意味と使い方!類語や例文も紹介

お 変わり なく お過ごし でしょ うか

「お変わりありませんか」の意味と使い方 「お変わりありませんか」の意味 「お変わりありませんか」は、相手に変化がないかと安否を問うあいさつです。 「以前と比較して何か変化がないですか」という意味で、どちらかと言うと悪い方の変化を問う場合が多いです。 「変わり」には、「前と様子や状態が変わること」や「変化すること」という意味があります。 「お変わりありませんか」の使い方 「お変わりありませんか」は大人の挨拶として、非常に便利な言葉です。 久しぶりに会った相手や久しぶりに電話やメールなどでやりとりする相手に「お変わりありませんか」と問うことで、健康面に関わらず相手の仕事面や趣味、住居、家族などあらゆるテーマでの変化を問う挨拶となります。 この「お変わりありませんか」は会話のテーマ選択を相手に握らせ、相手優位の会話に持っていくことができる挨拶であるのです。 「お変わりありませんか」の類語と例文 「お変わりありませんか」の別表現を使った例文• お久しぶりです。 元気ですか• お身体お変わりありませんか• ご無沙汰しています これらは「お変わりありませんか」と同様に、久しぶりに会った相手や電話もしくはメールでやりとりする相手に使う挨拶です。 「お変わりありませんか」という挨拶よりも、少し直接的な表現ではありますが、相手との関係によってはこのような聞き方でも問題ありません。 しかし直接健康面を問う場合は、体調を崩していたがあまり言及したくないなど相手にとってあまり好ましくない場合がありますので気を付けましょう。 「お変わりありませんか」のより丁寧な例文• お変わりございませんか• いかがお過ごしでしょうか• ご無沙汰致しております• お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか 「お変わりありませんか」は、比較的近しい間柄で使われる言葉です。 目上の人に使う場合など、より丁寧な表現を使いたいのであれば次の挨拶を使用すると良いでしょう。 これらは「お変わりありませんか」より丁寧な表現で、スマートな印象を与えます。 シーン別「お変わりありませんか」の使い方 ビジネスシーンにおける使い方 フォーマルやビジネスシーンでは、「お変わりありませんか」よりもう少しかしこまった表現を使うのがベストです。 ビジネスシーンでも特に親しくしている間柄であれば、安否を問う「お変わりありませんか」でも問題はありません。 そうでない相手であれば、表現を変えたほうが良いでしょう。 皆様方には、ご清祥のこととお喜び申し上げます• ご清栄のことと存じます• ご健勝のこととお慶び申し上げます 「ご清祥」は相手の無事や健康を祝う言葉。 「ご清栄」は相手の繁栄や健康を祝う言葉。 「ご健勝」は相手の健康を祝う言葉になります。 相手の安否を問うことよりも、相手が健康であることを祝う表現であり、ワンランク上のかしこまった印象になります。 年賀状における使い方 年賀状は日頃お世話になっている人に対して、新年を祝う言葉で挨拶を行うものです。 昨年の感謝と新しい年の変わらぬお付き合いをお願いします。 久しく顔を合わせていない相手に対して「お変わりありませんか」を使うのは、ここまでで説明してきた通り近しい相手に使うのであれば問題ありません。 目上の人や、ビジネス上で繋がりがある人には少し変化させて使うのが良いでしょう。 印刷された年賀状を使っている人は、手書きで一文「お変わりありませんか」と添えているだけで相手への気遣いを感じさせる年賀状になります。 メールや手紙における使い方 メールや手紙での「お変わりありませんか」の使い方も、年賀状と同様に相手によって変化させると良いでしょう。 プライベートのメールや手紙であれば、「お元気ですか」や「お久しぶりです」の方がフランクで親しみを感じて良いかもしれません。 「お変わりありませんか」に対する返事・返信 親しい間柄における返事 親しい間柄であれば、「おかげさまで元気にやっています。 」などと近況を伝えても良いでしょう。 ビジネスシーンにおける返事 ビジネスシーンなどで、久しぶりにあった相手から「お変わりありませんか」と尋ねられた場合はどのように返事をすれば良いのでしょうか。 親しい相手のように、近況を事細かに伝えてしまうと相手は対応に困ってしまうでしょう。 「ご無沙汰いたしております」「おかげさまで元気でやっております」などと形式的な返事をするのがマナーです。 ビジネスシーンなどにおける「お変わりありませんか」は、基本的にはビジネスシーンの挨拶の1つだと思っておくと良いでしょう。 まとめ 「お変わりありませんか」の意味や使い方について説明してきました。 しっかり理解して使いこなせるようになれば、ビジネスだけでなく様々なシーンで役に立つ挨拶です。 「お変わりありませんか」を使った気持ちの良いやりとりで、円滑な人間関係を築いていきましょう。

次の

「お変わりありませんか」の意味とビジネスでの使い方、類語、返し方、英語表現を解説!

お 変わり なく お過ごし でしょ うか

いかがお過ごしですか。 は書き出しの次にもってくる。 手紙では、書き出しで時候の挨拶を述べたあと、相手の安否をたずねる言葉を続けます。 たとえば、11月の中旬に出す手紙でしたら「初霜の便りも聞かれる今日この頃、いかがお過ごしですか。 」といった具合に書きます。 この場合、「初霜の便りも聞かれる今日この頃、」が時候の挨拶で、「いかがお過ごしですか。 」が、相手の安否をたずねる言葉になります。 いかがお過ごしですかの言い換え例文|丁寧な表現 ビジネス文書や上司・目上の人に宛てる手紙やはがきの中で、時候の挨拶の次にもってくる相手の安否をたずねる言葉「いかがお過ごしですか」「ご機嫌いかがですか」「お元気ですか」「お変わりありませんか」の言い換え例文を一覧にしました。 丁寧な表現を使いたいときの常套句(じょうとうく)です。 いかがお過ごしですか。 の言い換え例文 ・いかがお過ごしでしょうか。 ・いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 ・お障りなくお過ごしでいらっしゃいますか。 ・お障(さわ)りなくお過ごしでしょうか。 ・つつがなくお過ごしでしょうか。 ・つつがなくお過ごしのことと存じます。 ・つつがなくお過ごしでいらっしゃいますか。 ご機嫌いかがですか。 の言い換え例文 ・ご機嫌いかがでいらっしゃいますでしょうか。 ・ご機嫌うるわしくあらせられることと存じます。 ・ご機嫌いかがでいらっしゃいますか。 ・ご機嫌うるわしくお過ごしのことと存じます。 ・ご機嫌のほどいかがでございましょうか。 お元気ですか。 の言い換え例文 ・お元気でいらっしゃいますか。 ・お元気にてお過ごしでしょうか。 ・ご健勝にてお過ごしですか。 ・ご健勝にてお過ごしのことと存じます。 ・ご健勝にてお暮らしのことと存じます。 ・お健やかにお過ごしのことと存じます。 ・お健やかにお過ごしのことでございましょう。 ・お健やかにお過ごしでしょうか。 ・ますますご健勝ののことと拝察いたましす。 ・ますますご清栄のことと存じます。 お変わりありませんか。 言い換え例文 ・お変わりございませんでしょうか。 ・お変わりなくお過ごしのことと存じます。 ・ご無事にお暮らしでございますか。 ・お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・お風邪など召されてはおりませんか。 ・お風邪など召されてはいませんでしょうか。 ・体調などくずされてはいらっしゃいませんか。 いかがお過ごしですかの言い換え文例|一般的な表現 知人や友人などに宛てる手紙やはがきで、相手の安否をたずねる「いかがお過ごしですか」という言葉は、「お元気ですか」または「お変わりありませんか」という言葉に言い換えることができます。 「いかがお過ごしですか」の言い換えに使える慣用句を一覧にしましました。 お元気ですか。 言い換え文例 ・お元気ですか。 ・元気でやっていますか。 ・お元気にお過ごしでしょうか。 ・お元気でいらっしゃいますか。 ・お元気でお過ごしですか。 ・お元気でいらっしゃいますか。 ・お元気でしょうか。 ・お元気でご活躍のことと存じます。 お変わりありませんか。 言い換え文例 ・お変わりありませんか。 ・お変わりございませんか。 ・お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・お健やかにお過ごしですか。 ・体調を崩していませんか。 ・風邪などひかれていませんか。 ・お風邪など召されてはいませんか。 いかがお過ごしですか。 を使ってはいけない場合 いかがお過ごしですか。 を使ってはいけない場合もあります。 お悔やみの手紙、お見舞いの手紙、死亡を知らせる手紙、葬儀に参列していただいたお礼の手紙、そのほか緊急の要件を伝える手紙などは、時候の挨拶と相手の安否をたずねる言葉は省略します。 たとえば、お悔やみの手紙の書き出しに「さわやかな秋晴れの日が続いています。 お元気でいらっしゃいますか。 」などと挨拶文を書いたら(身内を亡くした)相手に対して、たいへん失礼にあたります。 1月から12月まで月ごとに文例をまとめてありますので、そのままお使いいただけます。 仕事で出す手紙の場合は、相手の安否を気づかうというよりも、相手の繁栄や健康を喜ぶ、といった形式の慣用句を使います。 どちらかというと「形式的」な意味あいが強いです。 (文例)早春の候、皆様にはますます健勝のこととお喜び申しあげます。 /新緑の候、ご一同様にはますますご清祥のことと拝察いたします。 /晩秋の候、ますますご壮健でご活躍の由、何よりと存じます。 /余寒の候、ますますご勇健の段、慶賀の至りに存じます。 目上や上司に宛てて出す手紙|書き出し文例 (1月)寒さが一段とつのってまいりましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 (2月)立春とはいえ、まだまだ厳しい寒さが続いております。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 (3月)花のつぼみもほころぶ季節となりました。 つつがなくお過ごしでしょうか。 (4月)花吹雪舞う季節となりました。 お健やかお過ごしのことと存じます。 (5月)すがすぎしい若葉の季節となりました。 お変わりございませんでしょうか。 (6月)うっとうしい長雨が続いておりますが、体調をくずされてはおりませんか。 (7月)日ごとに暑さがつのってまいります。 ご健勝にてお過ごしですか。 (8月)暦の上では立秋を過ぎましたが、いまだ残暑の厳しい毎日。 お元気でいらっしゃいますか。 (9月)九月も半ばを過ぎ、ようやく秋めいてまいりました。 お障りなくお過ごしでいらっしゃいますか。 (10月)すがすがしい秋晴れの続く毎日、お元気にてお過ごしでしょうか。 (11月)紅葉の美しい季節となりました。 お健やかにお過ごしのことと存じます。 (12月)初雪の便りが届くようになりました。 ご機嫌のほどいかがでございましょうか。 知人や友人に宛てた手紙|書き出し文例 (1月)底冷えの毎日ですが、いかがお過ごしですか。 (2月)残暑の中にも梅の便りが聞かれる時節となりました。 お変わりありませんか。 (3月)桃の節句も過ぎ、春らしくなってまいりました。 お元気でお過ごしですか。 (4月)うららかな春日和になりました。 お元気ですか。 (5月)風薫る五月、お変わりなくお過ごしでしょうか。 (6月)梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、体調を崩していませんか。 (7月)夏本番となりました。 元気でやっていますか。 (8月)立秋とは名ばかり。 うだるような残暑が続いています。 お変わりございませんか。 (9月)日中はまだ夏の名残を感じますが、ようやく秋めいてまいりました。 お元気にお過ごしでしょうか。 (10月)朝夕はめっきり冷え込んできました。 風邪などひかれていませんか。 (11月)日ごとに秋が深まってきました。 お元気でいらっしゃいますか。 (12月)寒さが身にしみる季節になりました。 お健やかにお過ごしですか。

次の

「お変わりありませんか」の意味と使い方!類語や例文も紹介

お 変わり なく お過ごし でしょ うか

いかがお過ごしでしょうか / 時候のあいさつに続けて、安否を尋ねるあいさつ文に使われることが多い慣用表現。 晩夏の候、どことなく秋の気配が感じられる昨今、課長様はじめご一同様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。 日増しに冷気加わるこの頃、叔父様にはその後いかがお過ごしでございましょうか。 春爛漫の季節となりましたが、いかがお過ごしでいらっしやいましょうか (4月)• 暑さひとしお厳しい毎日、いかがお過ごしでしょうか (8月)• 今年は例年になく寒気が厳しいようですが、ご一同様いかがお過ごしでございますか• 余寒まだ去りやらぬこの頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか、お伺い申し上げます。 久しくご無沙汰いたしましたが、皆さま、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。 お伺い申しあげます。 今年の夏の暑さは格別に厳しいようですが、皆様にはご機嫌よくお過ごしのこととお喜び申し上げます。

次の