仙台 市 10 万 円 給付。 仙台市の10万円給付はいつ?振り込みは6月?オンライン申請は?

「申請書も来ていない」…10万円の“定額給付金”支給率で自治体に“格差”

仙台 市 10 万 円 給付

約152万人の住民が暮らす神戸市では、対象となる世帯が76万4063件。 5月1日からオンライン申請、14日から郵送での申請書の送付を始め、5月18日に初めての振込を行った。 とはいえ、6月9日までの22日間で完了したのは、3万5988件に過ぎなかった。 ところが、6月10日、たった1日で7万4560件という大規模な振込を行った。 さらに、11日以降も1日約4万5000件のペースで振込を続けている。 このような大量の処理は、どのように実現したのか。 神戸市の特別定額給付金担当課長の浦川稔弘、給付金事務の委託先であるパーソルテンプスタッフの藤原理絵に、その舞台裏を聞いた。 給付金は、4月27日現在の住民基本台帳での世帯主に、その世帯の人数分が支給される規定となっている。 ところが、マイナンバーカードには世帯主か否か、何人の世帯かが記録されていないのだ。 そうなると、世帯主でない者が申請してきたり、住民票では世帯を分けている二世帯住宅に住む家族がまとめて申請してきたり、あるいは別居している高齢の両親の分まで一緒に申請してきたりするケースが続出した。 あまりに規定外でも申請できることから、浦川と藤原は、オンライン申請を「自由帳」と呼んでいる。 多くの自治体がオンラインを途中で中止したのは、これが理由だ。 間違った申請は、膨大な作業増加につながるのだ。 一方で、郵送申請は、世帯主にしか申請書が届かない。 さらに、住民基本台帳での世帯人数があらかじめ印刷されているので、間違えようがない。 5月1日にはじまった「自由帳」申請の実態を知った浦川は、一刻も早く、郵送申請をスタートするべきだと強く感じたという。 少し時間を巻き戻す。 4月20日の「特別定額給付金」の閣議決定から3日後に神戸市の特別定額給付金担当課長に指名された浦川は、事業を委託するパーソルテンプスタッフの藤原と話をした。 神戸市は2009年、国民1人当たり1万2000円(65歳以上と18歳以下は8000円を加算)を世帯単位に支給した「定額給付金」でも、同社と契約していた。 また、現在も神戸市の保育所の無償化申請などを委託している。 自治体が給付金支給のような業務を外部に委託するには、公募の競争入札で契約先を選ばなければならない。 だが、そんなことをしていれば契約まで1カ月以上はかかる。 今回の特別定額給付金では、緊急を要するという理由で、地方自治法施行令の規定により、任意に選んだ事業者と「随意契約」することが認められていた。 そこで神戸市は、11年前のノウハウを持ち、市の事情にも精通したパーソルテンプスタッフを選んだ。 「とにかく5月中に振込をはじめたい」という浦川のあまりにシンプルな指示に、藤原は驚いた。 すぐに、やるべきこととして、封筒と印刷機の確保、コールセンターの開設、振込データ作成システムの開発など、次々と藤原は提案した。 多くの自治体からの業務を任されている彼女だが「私の提案への回答の迅速さは、神戸市が群を抜いていた」と語る。 とにかく今回の作業では、郵送申請に必要となる封筒と印刷機をいち早く確保できたことが大きかった。 今年は、5年に1度の国勢調査の年であり、すぐに大量の封筒を手に入れるのが困難だったのだ。 しかも、大量の封筒や申請書に対応できる印刷機の数も限られている。 これらを押さえることに成功した神戸市は、5月14日に申請書の郵送を始めると、20日には全世帯への発送を終えた。 人口100万人以上の大都市の中で段違いの速さで、これがのちの大量給付への近道となった。 たちまち市民から返送されてきた膨大な数の申請書を見ると、不備がなく自動処理できる割合などから、全体の業務量やスケジュールが計算できるのだ。 郵送申請と並行して「振込データ作成システム」の開発を急いだ。 住民基本台帳の世帯主と世帯人数に、申請書に書かれた口座情報を統合し、銀行に送信するデータを作成する。 開発を進めながら、システムが稼働したときにデータを流し込んで処理できるように、申請書に書かれた口座情報は先行してエクセルシートに入力した。 6月1日、待ちに待ったシステムの試運転が始まる。 そして5日、神戸市の公金口座を管理する三井住友銀行に7万5000件を超える振込データが送られた。 「送信ボタンを押す指先が震えた」と浦川は語る。 銀行では口座情報に誤りがないかを念入りにチェックして、5日後の6月10日、一斉に振り込んだ。 こうして大量の振込が始まったのだ。 神戸市では6月22日現在で、52万4604件の支給を終え、全世帯に占める支給率は68. 7%に達した。 新型コロナウイルスの感染拡大への対応は、自治体に大きな負荷を与えた。 特別定額給付金の現場担当者ともなると、さぞかし苦労が大きかったことだろう。 ところが、そんなことは少しも口に出さず、自分たちの業務についてひたむきに語る2人の晴れやかな笑顔が印象的だった。 連載:地方発イノベーションの秘訣.

次の

仙台市 10万円給付(特別定額給付金)申請方法やスケジュール(いつから?)など

仙台 市 10 万 円 給付

イメージ画像 国から支給される政府の布マスクは皆様のお手元に届きましたでしょうか? サイズ感でもたびたび話題にあがっておりましたが、大きい小さい丁度良い、皆様にとってフィット感はどのようなものでしたでしょうか? 我が家にはまだ届きませんが、国民全員がお揃いのものを持つというある種不思議な現象にワクワク感は高まります。 しかし政府の布マスクより楽しみな支給物と言えば、やはり特別定額給付金ですね! 仙台市では郵送による申請書の発送を2020年5月26日から順次進めておりましたが、今ちょうど半数ほどの配送が終わったところだそうです。 政令指定都市で人口も多いため、6回に分けて配送する手順となっており、来週半ば6月11日をもって配送完了予定だそうですよ。 配送済みの世帯数は約26万9千世帯。 今後、残る半数の世帯については以下の予定で郵送されるとのこと。 郵送申請による入金は、申請書を返送し、不備なく受理されてから2~3週間後が目安だそうです。 早ければ6月中に着金くらいの心づもりでいたほうが良さそうですね。 新型コロナウイルス感染症による経済的影響への緊急経済対策の一施策として支給されるこの特別定額給付金、皆様はどのような使途でご使用になる予定でしょうか? 新型コロナウイルス禍で収入が落ち込んでしまった分の生活費に充てる、家賃に充てる、学費に充てる、落ち込んだ地域経済を潤すために活用する、新型コロナウイルスが落ち着いてから旅行などで一気に使う、欲しかった家電製品をGETする、車の頭金に充てる、応援する団体に寄付する、、、使用方法は無限大です。 自粛に協力した対価としても、ご自分のスタイルにマッチした目的でぜひ有効活用してくださいね! 名古屋市の給付金が遅いと話題ですが、 他都市と比べてみると対応差がわかりますね。 個人的には給付金の支給が遅い早いよりも、明確に、各進捗の日付をお知らせできているかどうかが重要な気がします。

次の

仙台市の10万円給付はいつ?振り込みは6月?オンライン申請は?

仙台 市 10 万 円 給付

仙台市、オンラインは今月下旬に支給開始 10万円給付 仙台市議会臨時会が1日開会し、市は過去最大1384億6155万円を増額する本年度一般会計補正予算案など議案5件を提出した。 郡市長は本会議の答弁で1人一律10万円の「特別定額給付金」に関し、オンライン申請は今月下旬に支給を開始すると表明した。 郡市長は、マイナンバーカードを使うオンライン申請は「今月半ばすぎに受け付け開始できるよう全力を挙げる」と説明。 郵送方式は今月中に申請書を発送し、受け付けも始めるものの、支給開始は「速やかにできるよう最大限の努力を傾ける」と明言しなかった。 市は1日付で市民生活課に担当課長を配置し、同課の2人を専従させた。 システム構築や申請書の印刷、発送、申請内容の審査は民間事業者に委託し、120人規模の事務センターを設置する。 郵送方式は申請書に世帯主の氏名、住所、生年月日を印字して発送し、記入の負担を軽減する。 郡市長はPCR検査の拡充に関し、濃厚接触者でも無症状の場合は原則対象外となる状況の改善を表明。 「今後は陽性患者の家族は(症状の有無を問わず)検査対象とし、個々の状況に応じて可能な限り柔軟に対応していく」と語った。 追加の緊急経済対策を求めた議員には「これで終わりだとは到底思っていない。 緒に就いたところだ」と語気を強めた。 「大胆かつ柔軟な事業の見直しと予算の組み替えは不可欠」と述べ、本年度事業の見直しを指示したことを明かした。 菊地崇良(自民党)鎌田城行(公明党市議団)村上一彦(民主フォーラム仙台)菅野直子(共産党市議団)小山勇朗(社民党市議団)加藤健一(蒼雲の会)伊藤優太(市民と未来のために)の各氏が質問した。 会期は2日まで。

次の