全 羅 監督 黒木。 「あれは誰?」山田孝之相手に堂々“伝説のAV女優” 森田望智に度肝抜かれる!

『全裸監督』黒木香役の森田望智、撮影中は「10時間くらい裸だった」山田孝之の撮影秘話も…

全 羅 監督 黒木

身長163㎝。 武正晴総監督をはじめ、監督たちにはそれが印象に残ったみたいです。 実は、私が参加する前から何度かオーディションは行われていたらしいのですが、なかなかピッタリの女優さんが見つからなくて、『ヒロイン役は、オーディションで選ぶのではなくオファーにしようか』という話まで出ていたとも耳にしました。 そんな状況のなか、監督たちが最後に私を選んでくれて、信じられないほど嬉しかったです」 そう話すのは、ネットフリックスのオリジナルドラマ『全裸監督』でヒロインを務めた、女優の森田望智 みさと 23 である。 8月8日に世界190ヵ国に同時配信された『全裸監督』は、配信直後から話題を呼び、翌週にはシーズン2の制作も決定した。 森田が演じたのは、往年のAV女優・黒木香 かおる。 高学歴でお嬢様風の美女でありながら、ワキ毛を生やしたり「ハメ撮り」に挑んだりしたことで、当時の人々を驚かせた伝説の女優だ。 「オーディションのお話をいただいたとき、迷わず『受けます』と答えました。 以前から尊敬していた武監督がメガホンをとるドラマだったので、絶対に出たくて。 黒木さんについては、『受けます』と答えた帰り道で詳しく調べて、あまりの個性の強さにビックリしました(笑)」 黒木が生きてきたAV業界は、森田にとって未知の世界。 「初めはストリップショーに出ている女性に対して、『なぜこの仕事をしているんだろう』と、一種の偏見のような感情も抱いていたんです。 でも、真剣に踊りや盛り上げ方を追求する彼女たちを見ていると、『女優やほかの仕事と何も変わらないんだ』と思うようになりました。 黒木さんに対する考え方も、役作りをするなかで変わっていきました。 私が考える黒木さんは、『人から愛されたいと願う純粋な女性』。 彼女は厳格な母親のもとで本心を抑えながら育った。 だから、どこかで『本当の自分を見てほしい』という気持ちがあったと思います。 ワキ毛を生やしているのも、あえて自然体でいることで、『そんな自分も愛してほしい』と言いたかったのではないでしょうか」 テレビドラマでは無理だった ネットフリックスで制作された『全裸監督』は、全世界1億人以上に同時配信されたため、注ぎ込まれた金額もケタ違いだった。 日本のテレビドラマの平均的な制作費が1話あたり2000万円ほどのところ、本作には1億円ほどかけられていると言われている。 「驚いたのは、セットの豪華さと緻密さ。 棚の中身まで再現されているし、『サファイア映像』(劇中で黒木が所属するAV制作会社)などの建物だけではなくて、街全体がセットとして作られている。 だから、屋内から窓越しに街の様子を撮ることもできて、表現の幅が広がります。 役者としても、屋内セットから出ても現実に引き戻されることがないので、常に役に入り込んでいられる。 リアルな演技ができたおかげか、海外のファンの方も増えました。 SNSでは英語、フランス語、中国語とさまざまな国の言葉で応援のメッセージをいただいています」 190ヵ国の視聴者から評価されたヒット女優・森田の次の夢は、「映画祭のレッドカーペットの上を歩くこと」だという。 ネットフリックスで世界的に知名度が上がった森田にとって、それはもはや夢ではなくなったのだ。 『全裸監督』は「ハメ撮りの帝王」と呼ばれたAV監督・村西とおるの人生を描いたドラマ。 写真は7月24日に豊洲で行われたワールドプレミア上映会のもの 「本当の自分を愛してほしい」 それが黒木さんの願いだった 今年3月に大学を卒業したばかりの森田望智。 『全裸監督』への出演も、現役大学生だったころに決まったという 本誌未掲載カット ドラマ『全裸監督』で女優・森田望智が「AV女優を演じたワケ」 スペシャルインタビュー 本誌未掲載カット ドラマ『全裸監督』で女優・森田望智が「AV女優を演じたワケ」 スペシャルインタビュー 本誌未掲載カット ドラマ『全裸監督』で女優・森田望智が「AV女優を演じたワケ」 スペシャルインタビュー 本誌未掲載カット ドラマ『全裸監督』で女優・森田望智が「AV女優を演じたワケ」 スペシャルインタビュー 『FRIDAY』2019年10月4日号より• 撮影:會田 園.

次の

『全裸監督』絶賛の嵐でシーズン2決定…伝説の女優・黒木香と訴訟トラブルの可能性も?

全 羅 監督 黒木

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況 秘 報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。 12月5日(木)の放送では、ドラマ「全裸監督」でセクシー女優役を演じた女優・森田望智さんが激ヤバすぎる撮影現場の裏側を大暴露! 80年代後半から一世を風靡したAVの帝王・村西とおる監督の半生を山田孝之が演じたドラマ「全裸監督」は世界190ヵ国以上で配信。 日本でもNetflixで配信されて大反響となった。 本作品で、まさかのわき毛で衝撃を与えたセクシー女優・黒木香を演じたのが、セクシー女優でもなく無名に近かった新進気鋭の女優・森田望智だった。 スタジオ収録時は、彼女を「情熱大陸」が密着取材中。 それだけ注目度が高いということだ。 森田さんは14歳でCMデビュー。 それまでほぼ無名だったが、ドラマ出演で状況が180度激変。 SNSでアラビア語や韓国語など外国の方からのコメントが届くようになり、フォロワー数も3万人増えたそう。 ある日、二子玉川で友達とご飯を食べていたら、インド人から「Are You Netflix?」とちょっとおかしな英語で声をかけられ、思わず「Yes! I'm Netflix 私はNetflixです 」と同じくおかしな英語で答えたというエピソードも。 オーディションにより役を手にした森田の演技は、"黒木香さんが乗り移ったようだ"と話題に。 黒木は個性的でしゃべり方も独特だったため、森田は役作りのためにバラエティの映像をたくさん見て研究。 常に芝居のことを考えていたそうで、普段の状態でもマネージャーから「 黒木さんに なってるよ」と言われるほどの憑依っぷりだったそそう。 さらに、バラエティなどでは見せない黒木の素の部分に近づくため、「性に対しての関心意欲が強い方だったので、そういう世界を見ました。 ストリップショーとか、鶯谷 の風俗街 とか、ちゃんと目で見て」と、役への取組みを明かした。 そして、作品に欠かせなかった全裸でのベッドシーン。 "村西軍団"という撮影隊に囲まれての撮影ながらも、「他の方に見られているのは気にならなかった。 自分のことで精一杯すぎて」と、当時の心境を。 絡みのシーンは長時間に及び「10時間くらいずっと裸だった」そうで、「最後の方には(共演者の)満島真之介さんが『裸を見すぎて何も感じなくなった』と言うくらい」慣れてしまったのだとか。 本作では村西監督役の山田の演技も鬼気迫るものがあった。 森田によると、山田本人は村西に寄せようとは思ってなかったそうで、「最終的に終わってみたら"似ているな"と気付いたみたいです」と意外な真相が明らかに。 撮影は、一発撮りの長回しが多く、しかもなかなかカットがかからなかったため、「(村西監督役の山田は)必然的に台本にないセリフをしゃべり続けなければならなくて、そこで出てくるアドリブが面白かったですね」と裏話を。 そのスゴさに驚いた森田が山田に尋ねたところ、事前に考えるのではなく「テストの時の緊張感で『どうしようかな』と考えて出てくるのを言っているとおっしゃっていました」と、演技派俳優の役作りの一旦が垣間見えた。 今回の「全裸監督」でブレイクを果たした森田。 今後について聞かれると「もっと自分から遠いような役をやってみたいという思いがありますね。 黒魔術師とか 笑 」と語っていた。 この番組は、現在で限定配信中!.

次の

The Naked Director

全 羅 監督 黒木

Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督」が8月8日より配信開始となった。 「放送禁止のパイオニア」として世間を騒がせた村西とおるの伝記本「全裸監督 村西とおる伝」をベースに作られた本シリーズは、フィクションなのか、ノンフィクションなのか、目を疑うような衝撃の内容がてんこもり。 クオリティの高さもあいまって、全8話を一気見するという異例のハマり具合を発揮し、熱狂する視聴者が後を絶たない。 ときは1980年代。 冴えない英会話教材のセールスマン・村西(山田孝之)は、先輩のアドバイスによって売上トップに輝くも、突如、会社が倒産。 挙句の果てに妻の不倫現場に遭遇してしまう。 失意の底でトシ(満島真之介)と出会った村西は、「エロは金になるんだよ」の言葉を受け、性欲を金に換える仕事に勝機を見出す。 ビニ本、アダルドビデオと当て、時代の寵児となっていく村西だが競合他社や警察は、彼を放ってはおかなかった。 今回は、漫画家・峰なゆかに、「アラサーちゃん」などで女性の恋愛・性事情を描いてきた峰さんならではの視点で、「全裸監督」について語ってもらった。 観る前は「8話もあるの!? 」と思っていたんですけど、続きが気になって1日で一気見しちゃいました(笑)。 まさか村西さんを主人公にするとは思ってもみなかったですし、テレビ局だとやりづらいテーマだろうから映像化に驚きました。 私、アホっぽい感じのキャラクターが、アホじゃない人間にならざるを得ない…という展開が、すごく好きなんです。 うまく描かれていたと思いました。 本作で黒木香を演じた森田望智 そうですね。 黒木さんは、村西さんに若干、恋愛感情的なものがあるわけじゃないですか。 ワキ毛を受け入れた瞬間に、普通の監督、女優以上の関係性があるわけなので。 だから、黒木さんは、村西さんのいう「ありのままの自分を見せる」ことが普通にできた、珍しい例だと思うんです。 すごく幸運なパターンだな、と感じました。 建物の美術もこだわっていましたし、トシちゃんの変な柄シャツ(笑)とかの服装を見るのも毎回楽しみで、演出がとにかく細かかったですよね。 一方で、基本的な人間関係については、今とあまり変わらないんだなと思いました。 村西さんのメーカー内で、みんなで手作りのご飯をひとつの机で食べるシーンが結構出てきたじゃないですか。 きっと、お給料とかもそんなに出ていない中、みんなが「村西さん」という人を信じて、一致団結しているんですよね。 昔も今も変わらず、経営者のカリスマ性があってこそ成り立つ空気はあると思います。 日本独自の文化で、大きい規模で動いている事業なんだから、もっと世界にいっていいと思います。 アジア圏で一番多くAVを撮っているのはおそらく日本だろうから、実際どんなふうに作っているのかを世界の人が観たら、なおのこと面白いのかなと思います。 VHSは1本1万円くらいと高いから、誰もが失敗したくないんですよね。 だから、レビュー記事を読んで、高得点のVHSを買って、何度も何度も一生懸命観ていたわけなんですよ。 でも、今は無料の動画もあるし、「1回観たら終了」という感じで、観る側が真剣ではない。 撮る側は、昔も今も変わらず真剣にやっているので、ここら辺で撮る側と同じくらい、「もうちょっと真剣に観てみようかな」という気持ちになってもらえるといいですよね。

次の