資生堂 コロナ。 資生堂の美容部員も新型コロナ感染 富山市のSC「ファボーレ」勤務

コロナショック直撃「化粧品」に見える突破口

資生堂 コロナ

日本でも中国でも、実店舗の化粧品販売は苦境に立たされています(写真提供:AP/アフロ) 新型コロナウイルスの急速な感染拡大により、近年、中国人消費者による「爆買い」の恩恵を受けてきた、日本の美容業界にも大きな影響が出ている。 2月初旬には各化粧品大手の決算が発表された。 資生堂は2月6日に、2019年12月期決算を公表。 売上高1兆1315億円(対前年比3. 4%増)、営業利益は1138億円(同5. 1%増)で着地した。 また資生堂は今後の見通しとして、新型コロナウイルスの影響に関しても言及した。 同社は同日に行った決算説明会で、主要グローバルブランドである「SHISEIDO」「クレ・ド・ポー ボーテ」「NARS」「エリクシール」の中国での直近の売り上げの対前年比を公表した。 これらのブランドは1月1日から23日まで対前年比47%増と好調に推移していたが、24日から30日の期間には同55%減と一気に数字を落とした。 新型コロナで中国での売り上げを落とす さらに人々の動きが止まったことは免税事業であるトラベルリテールにも大打撃だ。 ところが中国政府が1月27日以降、海外への団体旅行禁止措置を取ったため、この影響を受けて、1月31日から2月1日の2日間で対前年比6%減と売り上げを落としている。 他方で資生堂では2月10日から現地で営業を再開する店舗も増加している。 同社の広報は「店舗は順次再開している。 ただしお客さまの肌に直接触れる活動(メイクアップやスキンケア)は自粛し、そのうえで、さらに接客時に手袋、マスクを着用している」と口にする。 【2020年3月11日14時30分追記】初出時、資生堂広報の上記コメントについて事実と異なる部分がありましたので、上記のように修正しました。 また物流や生産ラインもストップしていたが、「中国国内の2つの工場も2月24日には再開しており、供給に支障はない。 そのほかの新型コロナウイルスへの対応も緊急の対応を敷いており、今後の状況を慎重に見極める」と同社広報は話す。 資生堂は2020年通期の見通しを新型コロナウイルスの影響を除き、売上高1兆2200億円(対前年比7. 8%増)、営業利益1170億円(同2. 8%増)と発表している。 衝撃的な数字が飛び出したのは、ポーラ・オルビス ホールディングスだ。 同社は2月14日に2019年12月期の決算を発表。 同社では昨年年初に中国で施行されたEC法(代理購入の取り締まりを強化する法律)などの影響を受け、売上高は2199億円(対前年比11. 5%減)、営業利益は311億円(同21. 2%減)と減収減益だった。 さらに2020年12月期通期の売上高は新型コロナウイルスの影響を加味して、連結売上高が当初想定に比べて95億円減、ポーラ単体で75億円減になる見込みであることを発表。 また2020年1〜3月期(第1四半期)では当初計画比で最大70%減となる可能性があることも示唆する。 同社では2020年12月期の連結売上高を2170億円(対前年比1. 3%減)、営業利益を312億円(0. 2%増)で計画している。

次の

コロナショック直撃「化粧品」に見える突破口 ライブ配信やSNSのコスメ販売で挽回目指す

資生堂 コロナ

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 日本の化粧品市場は、国内需要とインバウンド需要の両方で伸びてきました。 新型コロナで大きな打撃を受けましたが、中国では3月後半から徐々に需要が戻っており、4、5月にはネット通販や店頭も含めて大きく伸びています。 中国での新たな動きとしては、ライブストリーミングがあります。 店員さんがユーチューバーのようにライブ動画で商品のことを語り、それを見たお客さんがネット上で商品を買っている。 弊社のビューティーコンサルタント(美容部員)も堂々と出演して、売り上げに貢献してくれました。 日本でもぜひやりたいと考えています。 商品需要にも変化があります。 新型コロナでマスクをするようになったため、口紅などは市場が縮小しています。 一方で健康や食生活、睡眠に気をつけるようになり、スキンケアへの需要は高まっています。 日本でも店舗の営業が再開されましたが、店頭ではなるべく時短や交代制にするなどして、従業員が人と接触する時間を減らしていきます。 オフィスの方も在宅勤務を基本とし、出社率は最高で5割を目標にしています。 実際に5割を下回っています。 根本的に大切なのは人事評価制度です。 来年1月から一般社員3800人をジョブ型の人事制度に移行します。 「この仕事は何が必要か」を細かく説明し、一番ぴったりあう人を配置します。 ジョブ型はよく成果主義と言われますが、それは短絡的で、究極の適材適所です。 男性、女性、若い人、外国人、外部の人でも、ぴったり合う人ならいい。 ダイバーシティー(多様性)につながります。 果たすべき役割がしっかり決まっていると、会社に来なくても仕事ができるようになるんです。 (聞き手・栗林史子).

次の

コロナショック直撃「化粧品」に見える突破口

資生堂 コロナ

今回の記事の内容• 業績悪化?資生堂の2019年通期決算の内容は?• 資生堂の業績が好調な要因は?• 2020年通期業績予想は?• 2020年1〜3月期決算の結果は? 投資歴20年のかいまるです。 日本株を中心で1千万円以上の資産を運用しています。 資生堂の業績は好調です。 インバウンド需要は落ち着きましたが、中国事業などの海外事業の業績が伸びており、 2019年通期の純利益はプラス19. 8%の増益となりました。 資生堂は、言わずと知れた日本市場のシェアNo1化粧品メーカーで世界でも第5位の規模。 世界の約120カ国・地域で事業を展開していて、海外売り上げ比率が5割を超えるグローバル企業です。 それゆえ、海外の動向に影響を受けやすく、2019年は香港のデモや日韓関係の悪化により海外事業の伸びが鈍化。 11月に通期業績予想を下方修正しているんですよね。 そこで、今回は2020年2月6日に発表された資生堂の2019年12月期通期決算と5月12日に発表された2020年1〜3月期決算を振り返ります。 新型コロナの影響により、今後の業績に影響が出てくるのか分析です。 国内化粧品市場は、新型コロナの拡大に伴う消費者の外出自粛や小売店の営業時間短縮や臨時休業、訪日外国人旅行者の減少に伴うインバウンド需要が急減速。 海外化粧品市場は、中国やその他アジア地域は2月から、欧米では3月から急減したとのこと。 参考記事: (日経新聞) この業績を受け、翌日の資生堂の株価はマイナス4. コロナショックによる下落もあり2020年初は8000円近くあった株価も6300円台に沈んでいます。 資生堂のようなグローバル企業ですら、新型コロナ拡大の影響もあり大幅減益。 やはり株はリスクが高い、株価暴落が怖い…という方もいると思います。 そういう方は1株からの少額投資から初めてみてはどうでしょう? 少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。 詳しくは以下の記事にまとめています。 資生堂の2019年通期決算は好調だったの? 国内化粧品メーカー最大手である資生堂の2019年12月期通期決算の結果を見ていきましょう。 以下が2020年2月20日に資生堂が発表した2019年通期の業績です。 出典: ポイントをまとめると、 ・主力化粧ブランドの売り上げは堅調な伸び ・中国・欧州、免税店などの海外事業が好調 ということ。 クイックに見ていきます。 主力化粧ブランドの売り上げは堅調な伸び 以下の図は、ブランド別の売上高増減実績(前年比)です。 これを見ると 主力グローバルブランドが軒並みプラス成長していて、トータルで12%増となっています。 資生堂の化粧品ブランドの利益がしっかり伸びていることが、業績の好調を維持できている要因ですね。 中国・欧州事業・免税店が売上増を牽引 次に事業別の状況を見ていきます。 以下の図は、セグメント別の売上高増減実績です。 これを見ると、昨年プラス11%をなった日本事業の伸びが完全に止まっていますね。 営業利益はマイナスとなっています。 日本事業での売上高の約2割に当たる約960億円がインバウンド客によるもので、この多くが中国人の旅行客。 インバウンド需要が落ち着いて来たことが日本事業伸び悩みの要因です。 他方、 中国事業の売上高は前年同期から19%も増加、欧州事業も11. 8%増加となっていて、好調な海外事業が資生堂の成長の原動力となっていることがわかります。 加えてトラベルリテール事業の売上高も1年で19. 4%増加。 このトラベルリテールは、主に空港などの免税店での自社商品の販売で、そして主な買い手は、代購(ソーシャルバイヤー)と呼ばれる中国人の代理購買者と言われています。 インバウンド需要が落ち着いてきたとはいえ、中国人旅行者からの売り上げは大きいことを考えると、 資生堂の業績は中国の依存度が高くなってきていると言えそうです。 資生堂の2020年通期業績は悪化? 2019年通期の決算発表に合わせて通期の業績予想を発表しました。 その内容は以下のとおり。 売上高1兆2200億円、営業利益1170億円とそれぞれプラス7%超えの増収増益計画。 しかし、ここに新型肺炎の影響が盛り込まれていません。 新型コロナの影響で、中国事業は春節明けの2月10日以降に一部の店舗の再開が遅れることは確実。 さらに、日本事業でも中国人の団体旅行客が減っていることから、デパートやドラッグストアからの売り上げ減少が見込まれます。 なお、この業績予想については新型コロナ拡大によって業績が大幅に悪化したことから、取り下げられました。 「資生堂の業績は悪化する?」まとめ 今回は、資生堂の業績は悪化、2019年通期決算の概要、業績などについて述べてきました。 純利益19. 8%増と業績好調の資生堂。 主力化粧ブランドも堅調に伸びていて、主に海外事業や空港免税店の売り上げが好業績を牽引しています。 他方、中国事業の売り上げが増加、中国人旅行者のインバウンド需要など資生堂の業績における中国への依存度が高まっていることは間違いありません。 資生堂は、 2020年は増収増益を予想しているものの新型肺炎の影響を考慮していないということを考えると、業績の下方修正が行われる可能性が高いと考えられます。 2020年業績はかなり厳しいものになると予想されます。 最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。 1株から格安手数料で少額投資する方法 少額からリスク控えめに投資したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないんですよね。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下の記事にまとめています。 >> 相場を気にしないで年率1. 5〜6%で運用する方法 コロナショックの大暴落をみてしまうと株式投資はちょっと…。 相場を気にしないで運用したい方はソーシャルレンディングのが最適な選択肢かもしれません。 の最大の価値は 株やFXのように相場の値動きを常にチェックして売買を行う必要がないこと。 日々の相場の動きを気にする必要がありません。 その特徴は、集めた資金を上場している大企業などに貸し付けること。 なので比較的低いリスクの案件に投資できるので、手堅い運用ができます。 年利回りは1. 5%〜6%(税引き前)が中心。 銀行に預金するよりもかなり高い利回りを期待できますね。 詳しくは以下の記事にまとめていますのでぜひご覧ください。 関連記事・おすすめ記事 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。 この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。 読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。 ぜひご覧ください。 新型コロナウイルスの拡大によって日本経済に大きな打撃が走っています。 外出自粛やインバウンド消失など、この状況下でおすすめの銘柄についてまとめました 化粧品株の今後の見通しについてまとめました。 インバウンド需要、アンチエイジング、男性化粧品など、化粧品は国内事業の伸びが期待できる数少ない分野。 おすすめの銘柄は? 株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。 新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。 是非ご覧ください。 好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。 景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。 こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。 マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか? アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。 米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。

次の