ドラクエ 6 カジノ 攻略。 【ドラクエ11】カジノで効率良くコインを稼ぐ方法!【ドラクエ11S】|ゲームエイト

とかく: スマホ版ドラクエ6のカジノ攻略法

ドラクエ 6 カジノ 攻略

カジノ攻略法 カジノの基本は、セーブしてから挑戦して、ある程度儲かったらセーブし直し、ある程度損をしたらリセットすることです。 面倒に思えますが、結局はこうした方が早くコインが溜まります。 おすすめ手順 1 欲望の町までストーリーを進める 2 コインを200枚買う 3 ポーカーでコインを1万枚以上に増やす 4 100コインスロットに挑戦する サンマリノやロンガデセオのカジノは、コインを増やすのが大変ですし、教会も遠いです。 その時期に無理してカジノをするくらいなら、その時間を経験値稼ぎや熟練稼ぎに費やした方が効果的です。 ポーカー攻略 ポーカーのみで儲けるのは難しいのですが、その後のダブルアップで大儲けが可能です。 ダブルアップには、二通りあります。 「サンマリノ・ロンガデセオ方式」は、基準となるカードが判らないので、全くの運次第です。 「よくぼうのまち方式」は、基準となるカードを見てから上下を選べるので、狙うならこちらです。 「よくぼうのまち方式」は、基準となるカードから「たかい」と「ひくい」の確率を算出できます。 6から10は確率的に微妙ですので、コイン数によってはダブルアップを降りる判断も必要です。 基準 たかい ひくい A 2% 91% K 9% 83% Q 17% 75% J 25% 68% 10 32% 60% 9 40% 53% 8 47% 45% 7 55% 38% 6 62% 30% 5 70% 23% 4 77% 15% 3 85% 8% 2 92% 0% ポーカーもダブルアップも画面に集中しなければならないので、大量のコインを稼ぐならスロットの方が楽です。 スロット攻略 100コインスロットは、確率的に特別優れているわけではありませんが、1回の投入枚数が大きいので、当たった時に膨大な枚数が手に入ります。 リールの絵柄を調べたところ、どの100コインスロットも絵柄は同じで、期待値は1. 664倍でした。 詳細は以下の通りです。 664 900枚ずつ100回スロットをまわせば、59757枚の儲けが出る計算です。 単純作業ですので、テレビを見ながらでもスロットは回せます。 比較的出やすい大当たりが倍率100倍で、100コインスロットなら30000枚の当たりになります。 これを目標にして、15000枚以上増えたらセーブし、15000枚以上損したらリセットすると、確実にコインを増やすことができます。

次の

ドラクエ6 カジノ攻略法

ドラクエ 6 カジノ 攻略

カジノのコインはベルガラックの竜骨の迷宮イベント、大王イカ退治でもらえます。 これを元手に増やしましょう。 パルミドのカジノにルーレットは無く、ベルガラックのカジノに設置されてます。 ベルガラックカジノの再開は、リブルアーチ通過後、呪われし仲間が戻ってきてからになります。 それでは、 3〜4時間で30万枚以上稼ぐ方法を紹介していきましょう。 カジノ ルーレット攻略法 ルーレットは、ナンバー0〜27、赤or青賭け、奇数or偶数賭け、前半or中半or後半賭け、シングル・ダブル・クワッド賭けができる等、数字の数こそ少ないですが、本物さながらのルーレットが楽しめます。 カジノルーレット攻略法: (1). RED or ODD まずは報酬のコイン(1000枚)で、 RED(赤)又は ODD(奇数)どちらかに直感で 500枚をまとめて一気に賭けましょう。 (なぜ 青ではなく 赤なのか、 偶数ではなく 奇数なのかは、下記の表を参照) 2000枚になるまで増えたらセーブ、破産したらリセットです。 (運が悪くても30分ぐらいで2000枚になります。 ) ルーレットは1ヶ所に500枚までしか賭けられません。 (2). 6マス賭け 2000枚になったら、 6マス賭けをし、一気に5000枚まで増やしていきましょう。 当れば6倍に増えます。 1回でも当たれば、黒字となります。 (3). 2マス賭け 1&2とか、5&8とか、2つの数字をまたいでコインを置きましょう。 当れば14倍になります。 5000枚になったら10000枚に増えるまで 2マス賭けをしましょう。 当たれば7000枚増えます。 元手600〜1000枚が10000枚になるまでおよそ1時間ぐらいで揃います。 (4). 2点賭け トドメは 1マス賭けを2点の大勝負で20000枚まで増やしましょう。 手持ちのコインが10000枚を超えたら始めましょう。 10000枚の元手を更に10000枚増やしていくのは、500枚の1マス賭け2ヶ所が一番効率が良いかと思います。 どちらか1マスが当たると14000枚になります。 10000枚で10回できて、一度でも当たれば黒字です。 10000枚を更に10000枚を増やすのにおよそ30分〜1時間ぐらいです。 ドラクエ8のルーレットでは9マス、4マス、3マス賭けは回収率が悪いので基本的にお勧めきません。 (以下の表参照) いずれもセーブ&リセットの繰り返しでいきましょう。 リセットからルーレットテーブルに着くまでの時間は、PS2の種類にもよりますが約2分程度です。 3DSなら中断後約30秒でゲームが再開できます。 数時間の洞くつ探検より早く良い装備ができるかもしれませんので、がんばりましょう。 これを倍々に増やしていきましょう。 (5). 4点賭け 上記の方法で地道に増やした20000枚の元手があれば、微妙な違いの回収率はほとんど関係ありません。 50000枚まで増やして、MAX賭けに挑みましょう。 1ヶ所に500枚しか賭けられませんので、どれか好きな 数字4個を決めて4ヶ所賭けしましょう。 1回当たると14000枚になります。 手持ちが10000枚減ったら、リセットしましょう。 セーブ&リセットを繰り返し、元手を20000枚を50000枚に増やすのに30分〜1時間。 運が良ければ15分で増えます。 (6). MAX賭け 元手50000枚あると、あとは楽です。 1つの数字を中心に、ブリッジで賭けてしまいましょう。 ここではドラゴンクエスト8にちなんで「8」を例に説明します。 6 9 12 5 8 11 4 7 10 8を中心に 関わる場所全てを賭けてしまいます。 8に1点(倍率28倍) 5-8ブリッジに1点(倍率14倍) 7-8ブリッジに1点(倍率14倍) 8-9ブリッジに1点(倍率14倍) 8-11ブリッジに1点(倍率14倍) 4-5-7-8ブリッジに1点(倍率7倍) 5-6-8-9ブリッジに1点(倍率7倍) 7-8-10-11ブリッジに1点(倍率7倍) 8-9-11-12ブリッジに1点(倍率7倍) コインを 4500枚を消費しますが、10回以上できます。 賭けた数字にはルーレット上で数字が光っていますが、実によく散らばってます。 ダブルMAX賭け 10000枚を超えたら、 お好きな2つの数字を中心に 20ヶ所に10000枚賭けします。 セーブした時点より4〜5万枚減ったら、リセットしましょう。 5万枚以上減った時点で56000枚を当てても無意味だからです。 8-jackpod. 8のブリッジ、縦3列、横1列、EVEN、BLUEに賭けてます。 8-おまけ. ラインMAX賭け 上記で説明した方法の他にも以下のような方法もあります。 右は、横一列に賭けた例。 9000枚を投資し、2・5・8・11・14・17・20・23・26のいずれかに当たれば、29500枚獲得できます。 約2万枚の資金で2回賭けることができ、3倍に増やすことができますが、リセット回数が多くなるのが難点です。 ドラゴンクエスト8カジノのルーレットでは、カジノコイン600枚の元手があれば、片手間3〜4時間で30万枚以上稼ぐことも可能です。 ムチはグループ攻撃ですが、グリンガムのムチだけは全体攻撃ができます。 グリンガムのムチの名前の由来って・・・ ロッテのグリンガム・・・? ・・・だと思ったのだけど、神話「ラグナロク」で戦いの時を告げる雄鶏「グリンガム」・・・のこと? はたまた、三又のムチの考案者グリンガム・・・なの? ・・・ってきり、 初期のドラクエ開発陣のおエラい誰かが、食べているロッテのグリーンガムをイライラしながら振り回していた・・・ 周りの社員達はそれを見ただけで震え上がった・・・ 振り回したガムが髪の毛に付こうものなら、肉体的にも精神的にも大ダメージ! いつしかそれが開発室での最強の武器から・・・ ドラクエ最強の武器になってしまった。 のかと思ってた・・・ つーか、20年間近くそう信じていたのですが・・・orz ってゆーか、ロッテのグリーンガムが由来であって欲しい・・・ いや、きっとそうに違いない・・・ いやいや、もーそーゆーことにしてしまおう・・・ 広告 カジノ スロット攻略法 スロットは、横3列賭け、斜め2方向賭けが可能です。 絵柄も本物のカジノっぽくもなりつつ、ドラクエモンスターキャラも登場してドラクエ色が出ています。 PS2版は絵柄の並びが違います。 スロット攻略法 手持ちのコインが10,000枚以上あるなら、100枚スロットに5ヶ所賭けでいきましょう。 100枚スロットは以下のように並んでいます。 136 期待値の合計は、1. 388。 回収率は、138. 8%ということになります。 の半分です。 PS2版では、 の期待値が異様に高く、その他の絵柄も合計すると261%もの回収率でした。 PS2版では、本当に儲かるのか真偽の程は確かではありませんでしたが、以下のような都市伝説じみた方法もありました。 ルーレットに飽きた方、 ゼシカのバニー姿を見てムラムラしたくなった方は、気分転換にどうぞ。 ゼシカをバニー姿( バニースーツ・アミタイツ・うさみみバンド)にさせ、夜に100枚スロットをやる! 実際にやってみたところ、 (10万枚)を15分以内に出せたのが3回。 (10万枚)と (2万枚)を10分ほどで出せたのが1回。 キャラクターに依存せずとも儲かるようになってますが、 ゼシカのバニー姿を見てムラムラしてみたい方は、夜中に試してみて下さい。 (これって、動物虐待?・・・いやいや、高給取りに違いない) タテ、ヨコ、ナナメの1列が揃うと「列ビンゴ」が成立します。 真ん中は最初から開いているので、最短ではナナメ、もしくはセンターラインに揃うと4ボールでBINGOします。 又、「列ビンゴ」以外にも「同色ビンゴ」が揃っても当たりになります。 オレンジ色 1 6 11 16 21 緑色 2 7 12 17 22 黄色 3 8 13 18 23 ピンク色 4 9 14 19 24 青色 5 10 15 20 25 4ボール以降ボールが増えるだびに配当額が減っていきます。 まれに、8〜10ボールで2列のビンゴができることがあります。 また、8〜10球目に2列同時にビンゴになることもあります。 この場合は、配当がさらに10倍になります。 ビンゴ攻略法 ビンゴは、5枚きざみで、パルミドカジノは100枚まで、ベルガラックカジノは1000枚まで賭けられます。 最高配当は1,000枚賭けで最大で80万枚になります。 BINGOの回収率計算方式は、実は非常に複雑です。 攻略法はもちろんセーブ&リセット。 色ビンゴ、2列できた場合のボーナス配当もあるので、 長時間やればやるほど儲かる設定になっています。 コインでゴールドを稼ぐ ドラゴンクエスト8カジノは、イチかバチかの大バクチではありません。 ルーレットを使えば、着実に楽しく稼げます。 スロットでも100コインスロットで が来れば10万枚になります。 ルーレットの究極のジャックポッド 7万枚もルーレットを28回廻せばきっと当たります。 ビンゴは、メダル王女の城、道具屋の弟君であるホイミスライム君を見たさに楽しみましょう。 長時間やればやるほど儲かる設定にはなっています。 報酬でいただいたコインのご利用は計画的に・・・ さて、集めて余ったコインでお金(GOLD)も稼げます。 3DS版では、カジノコイン換金よりももっと効率の良いゴールド稼ぎができるのでこちらを参照して下さい。 パルミドカジノ景品 景品名 コイン 店売値 コスト まほうのせいすい 100枚 150G 1. 5 シルバートレイ 500枚 100G 0. 2 はやてのリング 1000枚 1550G 1. 55 パワーベルト 1500枚 1500G 1. 0 ルーンスタッフ 3000枚 3150G 1. 05 プラチナヘッド 5000枚 2050G 0. 41 ベルガラックカジノ景品 景品名 コイン 店売値 コスト いのりの指輪 1000枚 1500G 1. 5 スパンコールドレス 3000枚 2350G 0. 78 聖者の灰 5000枚 150G 0. 03 はやぶさの剣 10000枚 5000G 0. 5 はぐれメタルよろい 50000枚 4750G 0. 095 グリンガムのムチ 200000枚 10000G 0. 05 表の「コスト」は、アイテムの店売値/コイン枚数=コイン1枚の価値となります。 上記によると「はやてのリング」が最も価値のあるアイテムになります。 コイン1万枚分で、15,500Gに換金できることになります。 さてさて、実際の換金ですが、余ったコイン数万枚を「はやてのリング」換金で良いのでしょうか? コインはたくさんあれど、急遽45,000G(ふっかつの杖代)が必要になった時? そんな時は「はやてのリング」が最も効率が良いですが、少しのゴールドが必要な場合は、「まほうのせいすい」のまとめ買いがお勧めかと。 買う時は9個ずつしか買えませんが、売る時はまとめ売りが可能です。 「まほうのせいすい」はそのままでも使えますし、錬金釜で「せかいじゅのしずく」を作る時にも使えます。 「はやてのリング」は、計算違いで多く買ってしまったら、あまり使い道ないですが、お急ぎの場合は「はやてのリング」をどうぞ。 それにしても・・・ ロッテのグリンガムのムチのコストが0. 05G/コインとは・・・ さすがリーザスのお嬢様、お高い物がお好みなようで・・・ DQ8攻略WEB サイト内検索 AND OR ブログ、Twitter、掲示板での紹介、リンク大歓迎。 全ページリンクフリーです。

次の

カジノ攻略法|ドラクエ8 3DS DQ8攻略WEB

ドラクエ 6 カジノ 攻略

カジノ攻略 ドラクエ6のカジノはゲームの種類が少なく、ポーカーとスロットの2種類のみです。 どちらも稼ぎやすいので、元手を用意して繰り返し挑戦すれば短時間で大量のコインを獲得することも可能です。 カジノの基本攻略法 セーブしてから挑戦する カジノに入る前に必ずその町の教会でセーブしましょう。 大きく負けてしまった場合でもリセットしてやり直すことができます。 まずは元手を確保する ポーカーもスロットも最初の数回で稼げることは少なく、何度も挑戦しているうちに突如として大当たりが出る場合がほとんどです。 したがって、繰り返し挑戦できる枚数のコインをあらかじめ用意しましょう。 100枚(2000G分)あれば1コインスロットに5枚賭けで20回、300枚(6000G分)あればポーカーに10枚賭けで最低30回挑戦できます。 最初だけお金がかかりますが、当たって大きく稼げた後は、そのコインを使ってどんどん増やしていけます。 お金で解決する? カジノのゲームが面倒な場合、思い切ってお金で大量のコインを買ってしまうのも手です。 コインは1枚20Gなので、20万ゴールドあれば一気に1万枚のコインを購入できます。 普通の方法でそれだけのゴールドを集めるのは困難ですが、ゲームをクリアした後でカジノに初めてチャレンジするような場合は、の方法でお金を稼いで大量のコインを買ってもよいでしょう。 コインが増えたらセーブ 大当たりが出てコインが増えても、その後の挑戦で負けが続けば水の泡になってしまいます。 コインがある程度貯まったら、面倒でもいったんカジノを出て教会まで行き、セーブしてから再挑戦しましょう。 ポーカー攻略 最初に1~10枚のコインを賭け、カードの役(下表参照)をそろえると、賭けたコインが所定の倍率に増えて手元に戻るゲーム。 ジョーカーについて ジョーカーはどんなカードの代わりにもなります。 たとえば4枚のカードが「4568」で、もう1枚がジョーカーの場合は、ジョーカーは7の代わりになり、「45678」のストレートが完成します。 ダブルアップ 役が完成した場合、所定の倍率のコインをもらえますが、そのコインをそのまま賭けて「ダブルアップ」に挑戦することもできます。 失敗した場合はその場で終了し、獲得コインは0枚となります。 ダブルアップゲームには次の2種類があります。 どのカードもランダムに決まるので、 左のカードより高いカードが無い場合もあります。 このダブルアップで一攫千金を狙うのは難しいでしょう。 カードの強弱を当てる(欲望の町) カードが2枚並べられ、左のカードよりも右の伏せられたカードが高いか低いかを当てるゲーム。 引き分けの場合はリトライとなります。 成功して次のダブルアップにも挑戦する場合、前回めくったカードがそのまま左のカードとなり、それよりも高いか低いかを当てます。 上述の「高いカードを選ぶ」ゲームよりも以下の点で有利です。 「絶対に負けるケース」が存在しない。 2回目以降のダブルアップでは、挑戦前から左のカードの数字が見えている。 特に2つめのメリットは大きく、左のカードが2や3、KやAならば、高い確率でダブルアップが成功します。 ダブルアップこそポーカーの真価 ポーカーで倍率の高い役ができる確率は極めて低く、仮にロイヤルストレートスライムができたとしても、もらえるコインは最大で5000枚です。 役だけで大きく稼ぐのは難しいので、ダブルアップに続けて挑戦し、コインを倍増させていきましょう。 最初の獲得コインが10枚でもダブルアップに連続で成功すれば、 10連勝で10240枚、 15連勝で327680枚、 20連勝で5242880枚になります。 コインの最大所持枚数は999万9999枚なので、21回連続で成功すればカンストできることになります。 スロット攻略 コインを入れるとリールが周り、図柄が3つ以上連続で並ぶと、所定の倍率のコインを入手できるゲーム。 リールは自分で止めることはできず、完全に運任せとなります。 3色のスロットマシン スロットマシンには次の3色があります。 緑(1コインスロット)• 青(10コインスロット)• たとえば10コインスロットの場合、真ん中のラインを有効にするのに10枚、上のラインを有効にするのにもう10枚、下のラインを有効にするのにさらに10枚のコインが必要です。 当たった時の獲得コインは10倍になります。 リール数 3リール 3つの列が並んだスロット。 1コインスロットにのみ存在するタイプです。 コインを1~3回入れれば横のラインが有効になり、さらに4~5回入れれば斜めのラインが有効になります。 最大獲得コイン枚数はすべてのマスがセブンで埋まった場合(欲望の町のみ)の5000枚です。 5リール 5つの列が並んだスロット。 10コインスロットと100コインスロットはすべてこのタイプです。 3リールと違って斜めにそろえることはできませんが、横に最大5つの図柄をそろえることが可能で、2リール目や3リール目から同じ図柄が3つ以上連続した場合でも役になります。 コインを4回以上(最大9回)入れると、同じラインの倍率が2倍・3倍になります。 スロットの配置• 5リールスロット タイプ 図柄の総数 セブン BAR スイカ ベル プラム チェリー 5A 6 6 8 13 22 25 5B 5 9 11 16 18 22 5C 8 14 14 15 13 16 5D 11 10 11 13 14 21 5E 5 5 19 17 21 13 スロットの上手な使い方 コインが少ないうちは3A(サンマリーノ・左端の1コインスロット)がおすすめです。 チェリーや壺がそろいやすく、大当たりは出ないものの着実に稼ぐことができます。 欲望の町まで進んでいるなら3Eでも同じことがいえます。 ある程度コインが貯まったら10コインスロットに切り替え、やはり小当たりの出やすい5A(サンマリーノ・右から2番目のスロット)から始めるとよいでしょう。 最終的には100コインスロットで大当たりを狙いたいものです。 100コインスロットは各カジノに1台ずつあり、どのスロットでも図柄の配列は同じです。 スイカで30万枚を狙う 100コインスロットではスイカの図柄が多く、1リール目では必ず1つ以上のスイカが止まります。 常にコインを900枚賭けてすべてのラインを3倍にしておけば、 スイカが5個そろった時に30万枚のコインを獲得できます。 セブンやBARは各リールに1つしか図柄がないので絶望的ですが、スイカならば当たる可能性は十分にあります。

次の