無洗米。 「無洗米」と「白米」の栄養素や価格の違い

無洗米はおトクなのか? [節約] All About

無洗米

無洗米 (むせんまい) 炊飯の際に米を研ぎ洗いする必要がないように、 あらかじめ加工された米のこと 無洗米の利点• 研ぎ洗う手間、時間が省略される• 研ぎ洗う作業をしないので節水になる• 研ぐ技術を必要としない 無洗米のしくみ 精米前の「玄米」の状態で付いている「ぬか」は、 精米することによって取り除かれる しかし、 精米では取り切れない「ぬか(肌ぬか 」があり、 通常、炊飯前に研ぎ洗うことによって取っている (「ぬか」を取らずに炊くと風味や食味が落ちる) 「無洗米」では、この「肌ぬか」を取り除く作業を あらかじめ機械によって行っている 無洗米の栄養価 無洗米は栄養価が少ないと思われることもあるが、 精米後の米と比べて栄養に大きな差はないとされる さらに、 無洗米の場合は米を研ぐ必要がないため、 水溶性(水に溶けだす)の栄養素が失われないとされる (無洗米の製法により水を使用した製法では失われる) 米研ぎ技術と無洗米 通常の方法では、研ぎ方に差が出る (肌ぬかを取り除く技術の差が出る) 米研ぎが上手に行われないと、 肌ぬかの除去が不十分であったり、 うまみ成分まで一緒に取り除いてしまったりする 無洗米では機械によって肌ぬかが除去されるため、 肌ぬかの除去に差は出にくい 無洗米の製法 乾式法 研米機やブラシなどでお米を磨き、ぬかを取り除く 水洗い式製法 水洗いでぬかを除去し、米を乾燥させる BG製法• 「Bran( ブラン:ぬか 」「Grind( グラインド:削る 」• 「ぬか」で「ぬか」を取る方法 (ぬかの粘着性を利用して、くっつけてはがす) NTWP製法• NTWP (ネオ・テイスティ・ホワイト・プロセス)• 水で表面のぬかを軟らかくし、タピオカに付着させる• タピオカを水で流し落とし、米を乾燥させる 鮮度• 精白米に比べ鮮度の低下が早いとされている• 酸化しやすい「ぬか」がなく、鮮度は落ちにくい など、相反する主張がある ただし、こういった部分においても、 無洗米の処理方法(製法)によって異なるため、 「無洗米」として一概にどうであるとはいえない 無洗米のイメージ 昔の無洗米は、製法技術が低い上、 安価で質の落ちる米で作られることも多かった また、品質に関する基準がなかったため、 肌ぬかの除去が不十分な商品もあった こういったことなどから、 「やはり洗米は必要」「無洗米はまずい」という イメージにつながっていった 現在の無洗米 現在は、 有名銘柄の米でも無洗米にて販売していたり、 無洗米工業会や無洗米協会などの団体によって 「無洗米の品質基準」が定義され、品質が向上 ただし、 その団体などの管理下にないものは、 十分な品質ではない可能性もあるので注意が必要.

次の

無洗米の通販【ポンパレモール】

無洗米

無洗米と精白米どっちがいいの? 米を研ぐのは大変… 皆さんは無洗米を使ったことがありますか? 無洗米は米を研いだり洗ったりすることなく水を入れるだけですぐ炊ける便利なお米ですが、普通の精白米と比べてどちらがお得なんだろう?と思ったことはないでしょうか。 米を研がなくても良いということは、水道代もかからないし排水も出ない。 でも店頭で見る無洗米は、まったく同じ銘柄だった場合精白米よりも割高です。 今回は、無洗米と精白米を比べ、コストはもちろん利便性や栄養価などトータルでどちらを使うのがお得なのかを考えたいと思います。 無洗米のメリット・デメリットまずコスト以外の部分で、一般的に言われているメリットやデメリットはどのようなものがあるのかを見てみましょう。 【メリット】 ・研ぐ手間が省ける ・米を研ぐための水道代がかからない ・冬場の冷たい水で米を研ぐ辛さがなくなる ・栄養成分が残っている ・とぎ汁の排水が出ないので環境にやさしい 【デメリット】 ・価格が割高 ・洗わなくて良いのか不安(衛生面など) ・品種がある程度限定されてしまう さて。 まず手間や冷たい水での米研ぎの大変さをなくすというのは全くその通りです。 水道代がかからないのもその通りですが、米自体の価格が精白米よりも割高となると、両者のトータルコストを考える必要がありそうです。 栄養価は微量ですが無洗米の方がビタミンB1が多いということなのですが、「栄養価がある」という基準で選ぶほどの大差はないという感じです。 衛生面については、無洗米は洗わないのでなんとなく不衛生なような気がする、という方もいるようですが、実際細菌検査等から全く問題ないという結果が出ています。 環境への影響ですが、無洗米はとぎ汁が出ないので排水で水質汚濁をしてしまう心配はありません。 ですが、無洗米を製造工程においての環境負荷はどうでしょうか。 製造やぬかの処理など、普通の精白米より製造時に電力を消費するわけですからCO2の排出量としては上ということになります。

次の

無洗米

無洗米

無洗米 (むせんまい) 炊飯の際に米を研ぎ洗いする必要がないように、 あらかじめ加工された米のこと 無洗米の利点• 研ぎ洗う手間、時間が省略される• 研ぎ洗う作業をしないので節水になる• 研ぐ技術を必要としない 無洗米のしくみ 精米前の「玄米」の状態で付いている「ぬか」は、 精米することによって取り除かれる しかし、 精米では取り切れない「ぬか(肌ぬか 」があり、 通常、炊飯前に研ぎ洗うことによって取っている (「ぬか」を取らずに炊くと風味や食味が落ちる) 「無洗米」では、この「肌ぬか」を取り除く作業を あらかじめ機械によって行っている 無洗米の栄養価 無洗米は栄養価が少ないと思われることもあるが、 精米後の米と比べて栄養に大きな差はないとされる さらに、 無洗米の場合は米を研ぐ必要がないため、 水溶性(水に溶けだす)の栄養素が失われないとされる (無洗米の製法により水を使用した製法では失われる) 米研ぎ技術と無洗米 通常の方法では、研ぎ方に差が出る (肌ぬかを取り除く技術の差が出る) 米研ぎが上手に行われないと、 肌ぬかの除去が不十分であったり、 うまみ成分まで一緒に取り除いてしまったりする 無洗米では機械によって肌ぬかが除去されるため、 肌ぬかの除去に差は出にくい 無洗米の製法 乾式法 研米機やブラシなどでお米を磨き、ぬかを取り除く 水洗い式製法 水洗いでぬかを除去し、米を乾燥させる BG製法• 「Bran( ブラン:ぬか 」「Grind( グラインド:削る 」• 「ぬか」で「ぬか」を取る方法 (ぬかの粘着性を利用して、くっつけてはがす) NTWP製法• NTWP (ネオ・テイスティ・ホワイト・プロセス)• 水で表面のぬかを軟らかくし、タピオカに付着させる• タピオカを水で流し落とし、米を乾燥させる 鮮度• 精白米に比べ鮮度の低下が早いとされている• 酸化しやすい「ぬか」がなく、鮮度は落ちにくい など、相反する主張がある ただし、こういった部分においても、 無洗米の処理方法(製法)によって異なるため、 「無洗米」として一概にどうであるとはいえない 無洗米のイメージ 昔の無洗米は、製法技術が低い上、 安価で質の落ちる米で作られることも多かった また、品質に関する基準がなかったため、 肌ぬかの除去が不十分な商品もあった こういったことなどから、 「やはり洗米は必要」「無洗米はまずい」という イメージにつながっていった 現在の無洗米 現在は、 有名銘柄の米でも無洗米にて販売していたり、 無洗米工業会や無洗米協会などの団体によって 「無洗米の品質基準」が定義され、品質が向上 ただし、 その団体などの管理下にないものは、 十分な品質ではない可能性もあるので注意が必要.

次の