ドコモ光 派遣。 ドコモ光が無派遣工事になる場合とは?無派遣工事の工事料金やONUの前日手順について

料金プランとサービス

ドコモ光 派遣

ただし、転用と同時にプランの変更を行ったり、機器の変更を希望した場合のみ派遣工事が必要になる場合があります 2. 他社コラボからドコモ光への事業者変更の場合 現在ソフトバンク光やBIGLOBE光など、他社の光コラボを利用している場合。 そのままドコモ光へ乗り換えをする時には、事業者変更という手続きになります。 事業者変更の場合も基本的には引き込みされている回線や機器はそのまま継続利用となり、回線を提供している事業者だけが入れ替わります。 その為転用と同じように、派遣工事は不要で機器の変更などもありません。 ただし光回線と言っても、NURO光やauひかりなどの他社の光回線ではNGです。 NTTのフレッツ系列の光回線でないと、そのまま利用することができません。 部屋の中に光コンセントがある 以前フレッツ光や他社光コラボ回線を引き込んでいた部屋であれば、部屋の中に『光コンセント』というものが設置されています。 光コンセントの種類は2種類あり、壁などの他のコンセントなどと一緒になっている一体型と、光コンセントのみ単独の分離型があります。 この光コンセントが部屋のどこかになければ、無派遣工事はできません。 なのでこれから引っ越し先を決める場合には、部屋の内見時などに確認してみてもいいかもしれませんね。 また光コンセントがすでにあっても、実際にインターネットを利用したいと思っている場所と離れてしまっている場合もあります。 そんな時は派遣工事を依頼して、光コンセントを新たに使いたい場所に設置してもらったほうがいいかもしれませんね。 もしくは無線でインターネットを接続するしかありません 光コンセントが部屋に合った場合は、実際に使用する場所との距離なども確認しておきましょうね。 ドコモ光の担当者から『無派遣工事ができる』と言われる もし部屋に光コンセントがあったとしても、必ず無派遣工事ができるわけではありません。 1番大事な条件として、ドコモ光の工事日を決める手続きをする際に、担当者から『無派遣工事ができる』という案内がなければ派遣工事になります。 これはドコモ光の担当者も、システム上で確認して案内していることなので、いくら光コンセントがあって以前自分がフレッツ光を使っていたという事実があったとしても、派遣工事を案内されると無派遣工事は諦めるしかありません。 システム上で無派遣工事が可能という確認が取れない限りは、ドコモの担当者も無派遣工事を案内してくれないんですよね ここは自分の力ではどうすることもできない部分なので、派遣工事を案内されたら諦めるしかありません。 ただし、担当者も人間です。 もしかすると無派遣工事ができるにも関わらず、間違って派遣工事を案内しているということも考えられなくはありません。 もし部屋に光コンセントが確認できているのに派遣工事を案内された場合は、『光コンセントが部屋にあるのにどうしても派遣工事が必要なのか?』ということを確認してみてもいいと思います。 もし間違えて案内してしまっていた場合は、その一言で気づいてくれるかもしれませんよ。 機器の受け取りと接続設定ができる 無派遣工事で開通をする場合は、必ずドコモ光のレンタル機器を受け取る必要があります。 もちろん宅急便などでの配送になるので、必ず自宅にいないといけないわけではなく、宅配ボックスなどでも大きさが問題なければ対応可能です。 また無派遣工事の際には、必ず自分で機器を光コンセントに接続し、インターネットの設定をする必要があります。 それができなければ、いくら無派遣工事ができてもインターネットが使えるようになりません。 そこまで難しいことはないのですが、そういって接続などに自信がなく自分ではやりたくないといった場合は、無派遣工事を案内されても派遣工事へ変更してもらったほうが安心ですね。 無派遣工事ができるかはいつわかる? 無派遣工事ができるかどうかって、できれば前もって知りたいですよね。 特に引っ越し前などだと、部屋に光コンセントがあるかどうかもわからないので余計に気になると思います。 けれど、ドコモ光の無派遣工事ができるかがわかるのは、実際にドコモ光を申し込みしてみてからになります。 直接ドコモの担当者と工事日を決める段階になって、初めて無派遣工事ができるか教えてもらえるんです。 1か月以上先なんてこともあるんですよ それが無派遣工事の場合は、早ければ約1週間ほどで開通することができます。 遅い分には指定すれば問題ないので、引っ越しの日に合わせて開通したり、また自分がいない日を開通日に指定することもできるんです。 もちろん開通までに機器の受け取りと接続をしておく必要があるので、前もって準備はしておかなければいけません。 けれど立ち合い工事がないだけで、かなり開通が楽になるのが1番のメリットですね。 メリット2. 無派遣工事だと工事料金が安い 2つ目のメリットとして、無派遣工事の場合はドコモ光の開通工事費用がかなりお安くなるんです。 基本的な派遣工事の場合は、戸建てで18,000円、マンションタイプでも15,000円かかるところが、なんと無派遣工事だと 2,000円だけで工事できてしまうんです! また、もし派遣工事で来ても壁の中にあった配線を利用して開通した場合でも、7,600円の工事費用は掛かります。 現在ドコモ光は 工事費無料キャンペーンを実施しているので、派遣工事でも無派遣工事でも工事費用はかかりません。 特に派遣工事になる場合は、キャンペーン中に申し込みするのがおすすめですよ! 無派遣工事をしたら違約金も安くなる? ドコモ光の契約は、2年更新になります。 2年ごとに更新月が来るので、そのタイミングで解約するなら違約金はかかりません。 けれど更新月以外での解約となると、解約料が戸建てタイプで13,000円、マンションタイプで8,000円かかります。 無派遣工事の場合はなんとなく、この違約金も安くなるんじゃないかな? って思いがちかもしれませんが、違約金に関しては派遣工事でも無派遣工事でも同じですよ。 スポンサーリンク ドコモ光 無派遣工事の手順を詳しく説明! もし無派遣工事ができると案内されたら、自分で機器の接続をしなければいけません。 初めての場合はちょっと不安に感じるかもしれませんが、難しくはないので大丈夫ですよ。 しっかりと手順を追ってご説明するので、これから無派遣工事をするという人は確認しておいてくださいね。 ドコモ光の担当者と無派遣工事の日程を決める まずは無派遣工事の日程を決めなきゃ始まりません。 ドコモの担当者に無派遣工事が可能と案内されれば、基本的には利用開始したい日を工事日に指定しましょう。 ただし朝1から使えるわけではないので、午前中から使用したいなら前日を指定するほうがベストです。 また開通日までに必ず、ONUと呼ばれる機械を受け取っておく必要があります。 長く留守にしてしまう場合など受け取りができないようであれば、工事日も調整する必要がありますよ。 工事の前日までにONU 回線終端装置 を受け取る 無派遣工事の前日までに、ONUを受け取りしましょう。 宅配業者は地域によっても異なりますが、郵便局やヤマト急便など宅配業者になります。 機器を受け取ったら、念のために開封して中身を確認しておきましょうね。 ONU(もしくは光電話ルーター)• ACアダプタ• 光ケーブル• LANケーブル• ONUの取扱説明書 以上の5点が入っているか、必ず確認しておいてくださいね。 また光コンセントの位置とインターネットを有線で使いたい場所が離れている場合は、自分で長いLANケーブルを用意しておきましょうね。 工事日前日までにONUを光コンセントに接続しておく 機器を受け取ったら、無派遣工事の前日夜までには光コンセントに接続をしておきましょう。 接続方法はとっても簡単で、光ケーブルで光コンセントとONUを接続、またACアダプタで電源コードをコンセントに差し込むだけです。 こちらの動画がとってもわかりやすかったので、ぜひ参考にしてくださいね。 工事当日に機器が接続されていない場合 工事日当日にNTT側から信号を流しても、 機器が接続されていないと開通工事が完了しません。 工事予定日後2~3日であれば接続してもつながりますが、4日以上たってしまうとNTT側で機器の接続が確認取れないということで、工事を中止してしまいます。 そうなると、もう一度無派遣工事の日程を決めるところからになってしまうので、開通までにもさらに時間がかかってしまいます。 インターネットの設定はすぐにできなくても問題ないので、必ず機器だけは工事日前日までには接続をしておくようにしてくださいね。 工事当日 インターネットの設定をする 無派遣工事は、基本的にはNTT側のタイミングで行われるので何時という指定はできません。 午前中の場合がほとんどですが、場合によっては午後の場合もあります。 なので接続設定を確実にしたいなら、工事日当日の夜に設定してみてくださいね。 早く使いたいという人は、お昼頃に設定してみてつながれば、午前中に工事が完了していたということになります。 ぷららやGMOトクトクBBなど、各プロバイダから前もって会員情報が送られてきているはずなので、そちらで設定してくださいね。 有線でPCなどと接続する場合は、パソコンとONUや光電話ルーターをLANケーブルでつないで設定すればすぐに接続ができます。 接続方法については、機器の取扱説明書に詳しく書かれています。 またこちらの動画がわかりやすいので、ご紹介しておきますね。 無線ルーターとONUをLANケーブルで接続して、電源を入れる• 無線で接続したい機器(スマホやPC)で、Wi-FiをONにする• 認識した無線ルーターを選択する• PWを入力する(ルーターの裏側やシールなどに記載有) これだけで簡単に無線の設定もできてしまうので、とっても楽ですよ。 また家族みんなで無線を利用していたり、無線接続している機器がたくさんあって設定を変えるのが大変という人も多いですよね。 そんな場合は無線の設定を、今現在のルーターのPWのまま引っ越しできる機能がついた無線ルーターが最近は販売されています。 そういったものを選べば、無線ルーターの設定を変えるだけでそれぞれのスマホなどの設定は変えなくて済むので、とっても楽チンですね。 さらに訪問サポートも無料でしてくれるので、機器の接続や無線の設定などがわからないといった人は無料で来てもらって設定までお願いできてサポートも万全! キャンペーンもキャンペーン内容もとっても手厚いので、ドコモ光のプロバイダなら1番人気のGMOトクトクBBが私のおすすめです。 ドコモ光の無派遣工事 まとめ ドコモ光で無派遣工事ができる場合や、できない場合についてお伝えしました。 なるべくお安く手軽に工事を完了するには、やっぱり無派遣工事はとっても魅力的ですよね。 けれど実際は自分で派遣、無派遣を決めることはできませんし、引っ越し先で無派遣工事ができるかどうかは運次第という感じになってしまいます。 ですが部屋に光コンセントがあるのであれば、無派遣工事ができる可能性は高くなりますし、もし派遣工事と案内されても無派遣でできないか自分から聞いてみるのもいいと思いますよ。

次の

料金プランとサービス

ドコモ光 派遣

ドコモ光の回線工事 図を見たら何となくわかりましたか? 光回線が電柱から宅内に配線されていて光コンセントが既に設置されている状態の場合、ドコモ光の初期工事はNTT局舎内の工事だけで済みます。 この状況にある工事を無派遣工事といいます。 そして、光回線が電柱から宅内に配線されておらず光コンセントが設置されていない場合、配線と設置の工事が必要となるため工事担当者が現場に派遣されることになります。 この状況にある工事を派遣工事といいます。 無派遣工事 無派遣工事とは、つまり、工事担当者が光回線の配線作業をしないで済む状況にある工事のことをいいます。 工事はNTT局舎内のみで済むため、利用者宅内での工事は不要です。 尚、宅内に設置する回線終端装置(ONU)、VDSL終端装置、ドコモ光電話対応ルーターなどの機器は事前に送付されるので、機器が届いたら利用者自身で取り付ける必要があります。 取り付けるといっても光コンセントやモジュラージャックと届いた機器をつなげるだけの単純作業なので安心してください。 派遣工事 派遣工事とは、つまり、工事担当者が光回線の配線作業をする必要がある状況の工事のことをいいます。 工事は、光回線を電柱から宅内に引き込み、光コンセントを設置して回線終端装置(ONU)などの機器に接続できる状況にします。 NTT局舎内工事も行います。 尚、宅内に設置する回線終端装置(ONU)、VDSL終端装置、ドコモ光電話対応ルーターなどの機器は原則工事担当者が持参してくれます。 ドコモ光の工事費 ドコモ光の回線工事費は、新規・転用申し込みで異なります。 フレッツ光の利用者で速度変更をしない場合は工事料金0円。 ドコモ光を新規申し込みする場合は、戸建タイプ18,000円、マンションタイプ15,000円です。 新規申し込みの工事費 ドコモ光の工事料金 最大速度そのままで転用の場合 0円 転用時に最大速度を変更する場合 2,000円〜15,000円 回線工事料金は代表例ですので、別途料金が必要になる場合もあります。 ドコモ光の申し込み時に工事費の総額を確認しておきましょう。 ドコモ光の回線工事【派遣と無派遣の違いって何?】まとめ ドコモ光の回線工事は、利用者宅内の回線引込み作業が必要な 派遣工事と、利用者宅内の回線引込みが済んでいてNTT局舎内作業のみの 無派遣工事があります。 工事費は 2,000円から18,000円で、申し込み種別や住居タイプ、工事内容などにより変わります。 ドコモ光の申し込みでお得な特典が貰えるキャンペーンサイトを厳選して2つご紹介します。

次の

【2020年7月版】ドコモ光契約時キャンペーンの比較方法!ネット契約だけで高額キャッシュバックを貰うには…

ドコモ光 派遣

ドコモ光について検討している場合、誰もがまず最初に知りたいと思うのは 月額料金 ではないかと思いますが、その次に関心を持たれるのが 工事料金についてではないでしょうか。 ドコモ光の新規契約の場合には、戸建であれば必ず 派遣工事が発生しますし、転用の場合でも場合によっては派遣工事が必要となるケースもありますので、いずれにしても無関心ではいられない点だと思います。 しかし、ドコモ光の工事料金に関しては、自宅の状況や現在の利用環境などによってさまざまなケースがありうるので、なかなかどれくらいの料金がかかる、と断言しにくい部分があるようです。 そのためドコモ光の工事料金を知りたい場合には、実際に申し込みしてその過程で光サービスセンターなどに問い合わせてみるのが一番ではあるのですが、それでも結局「自宅の環境によって・・・」という部分は実際に工事業者の方が自宅に来てみないとわからない部分もあるらしく、はっきりと断言はできないようです。 とはいえ、検討段階である程度の工事料金の見積もりができないと、なかなか実際に申し込みをする気にならないということもあると思いますので、とりあえずドコモ光を申し込みした場合にかかる料金を、ある程度ではありますがわかりやすくまとめてみようと思います。 関連記事:「」 目次• ドコモ光の派遣工事 ドコモ光の新規契約、転用、移転、最大速度変更時に、ドコモ光設置住所で屋内配線工事やONU(回線終端装置)機器の設置などが必要となる場合に、工事担当者が自宅にやってくる工事のことを、 派遣工事といいます。 この派遣工事が実施された場合、実際に人がやってくる手間がかかりますので、工事料金も高めにかかってきます。 特に注意すべきは 集合住宅の場合で、マンションやアパートによっては マンションタイプが適用されず戸建タイプの料金になる場合もあり、その場合には直接光ファイバーを外から引き込む形になるため、屋内配線の工程がある場合の戸建、つまり 18000円がかかる形となります。 逆にしっかりマンションタイプが適用される集合住宅で、加えてLAN配線方式の場合には7600円で済むなど、工事料金の幅はかなり広いです。 自分の住んでいるアパートやマンションがどのタイプかわからないうちは、工事料金は最も高くかかる可能性があるとして考えておいた方が間違いないかもしれません。 そのほか、 転用の場合には基本的に、同一品目(プラン)のままの転用であれば工事料金はかかりません。 これはつまりどういうことかというと、ドコモ光は元々「フレッツ光ネクスト」と同等プランで、 最大1Gbpsの速度が出るサービスなのですが、フレッツ光にはそれ以前に展開されていた最大100M/200Mbpsのプランがあり、それを変更することなく使い続けているユーザーも存在するわけです。 そこからドコモ光に転用する際に、そのまま100M/200Mbpsの速度のままで転用を実施することもできるのですが、その場合には工事料金はかからない、ということです。 ただ、一般的にはドコモ光に転用する際には最大1Gbpsのプランに変更することが推奨されているため、その場合には同一品目ではなく別の品目への変更が伴うため、後述する「 無派遣工事」が必要となります。 その際の工事料金は、一般的には 7600円です。 これは、Bフレッツが2017年11月30日をもって終了、光プレミアムが2018年度の第4四半期を目途に終了予定という内容を受けての優遇措置となっています。 まとめると、新規契約時は上記表参照のこと、転用時は基本的には工事料無料、品目変更が伴う場合にのみ無は兼工事代7600円、NTT西日本エリアのBフレッツ/光プレミアムユーザーからのドコモ光への転用時には工事料無料、という形となります。 ドコモ光工事料【タイプC】 工事パターン 工事料 新規契約の場合 [戸建] 18,000円 税抜 [マンション] 15,000円 税抜 ドコモ光タイプCについては、かなり狭い地域限定プランなので現状あまり利用者が多くありません。 そのため、対象ユーザー以外の方は気にする必要はありません。 上記は新規契約時の工事料金ですが、転用の場合には工事不要となり工事料はかかりません。 提携CATV ケーブルテレビ での光インターネットサービス契約時に利用していた機器 D-ONU 光回線終端装置 も、継続して利用することができます。 ドコモ光の無派遣工事 ドコモ光の新規契約や転用、移転、最大速度変更時に、ドコモ光設置住所内での工事が不要なため、工事担当者が派遣されない工事のことを「 無派遣工事」と言います。 実際に人はやってこないのですが、現地に来ないだけで工事は行われますので、工事料金はかかります。 また、ドコモ光の利用を開始した後、1ギガ対応無線LANルータ廃止に伴うルータ機能停止の工事も、無派遣工事となるということです。 無派遣工事では、担当者が誰も自宅にやってこないため、工事完了後の接続や設定等はすべて、ユーザー自身で行う必要があります。 とはいえ、派遣工事でも接続設定をやってくれるわけではないので、基本的には同じことです。 もし自分で接続・設定する自信がない場合には、あらかじめ、またはの申し込みをしておきましょう。 ネットトータルサポートセンター: 0120-825-360 受付時間:年中無休・午前9時~午後8時 派遣工事の際に用意しておく必要があるもの 最後に、派遣工事の際に用意しておく必要があるものをまとめておきます。 無線LAN環境だからいらない、という人でも、うまくWi-Fiがつながらなくなった時に、何が悪いのかを切り分けるためにLANケーブルはやはりどうしても必要です。 さらに、ONUの電源、Wi-Fiルーターの電源、パソコンの電源など、コンセントをたくさん利用する形になるので、差し込み口が最低三つほどついたOAタップ、電源タップなどが一つほしいところです。 自宅に買い置きや使っていないものがあればそれでももちろん問題ありません。 基本的にパソコンは設定の際に必要になるので、準備しておきたいところですが、据え置きの無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を所有していれば、パソコンがなくてもスマホやタブレットがあれば設定は可能です。 ドコモ光工事料金まとめ ドコモ光の工事料金はわかりにくい、と思っていたのですが、こうしてまとめてみるとそれほどわかりにくいということもなかったかもしれません。 ただ、上記本文で書いた通り、マンションタイプが適用するのか、マンションやアパートだけど戸建タイプになってしまうのか、など、自分の住宅の状況がわからないと工事料金も判断しにくいのは間違いないですし、何より戸建でも自宅の作りによってはさらなる工事料金が発生するというリスクは必ずついてくるので、あくまで上記料金は参考程度に考えておくのが間違いないかもしれません。 あと、今回は触れませんでしたが、ここにドコモ光電話が絡むと、さらに工事料金は変わってきてかなりややこしくなりますので、もしドコモ光電話が絡む場合には、おとなしくドコモ インフォメーションセンターなどで確認してみるようにしましょう。 関連記事:「」.

次の