眼鏡 市場 スマホ 用。 【楽天市場】眼鏡(カラー:シルバー)

眼鏡市場

眼鏡 市場 スマホ 用

株式会社メガネトップ(本社:静岡市葵区、代表取締役社長:冨澤昌宏)が展開している眼鏡専門店の「眼鏡市場」は、スマホ時代の疲れ目に対応したスマホ快適レンズ「アイリラックス」を12月4日(水)に発売しました。 また同社では、「アイリラックス」の発売に伴い新TVCM「アイリラックス篇」を製作し、全国エリアにおいて同日から放を送開始していますます。 スマホ快適レンズ「アイリラックス」は、レンズ構造がスマホなど近くを見る際の目のピント調節を助ける設計になっているため、目の緊張状態を和らげ、目の疲れを軽減することができます。 アイリラックスには、20代からの「R20」と、50代からの「R50」の2種類があり、スマホを使うあらゆる世代を対象にしたレンズとなっています。 原因は、スマホやPCによる目の疲れ。 その対策といえば、液晶画面が発するブルーライトをカットすることがこれまでは一般的でした。 今回、眼鏡市場が提案しているのは、デジタル社会で近くを見る機会が増えたユーザーの悩みを解決するためのレンズです。 メガネを作る場合、多くの人は遠くをよく見えるようにすることを考えて度数を決めます。 しかし、スマホを長時間見るということは、手元の近い距離を見つめていることが続くため、目には大きな負担がかかってしまいます。 近くのものを見るとき、眼球内でピントを合わせるため、水晶体を膨らます毛様体筋が働き、焦点を合わせます。 これを続けることで、毛様体筋は緊張状態となって疲労が蓄積。 結果、遠くを見るときにボヤけるということにつながります。 今回同社が提案するレンズ「アイリラックス」は、毛様体筋の働きをサポートすることで緊張を和らげ、ピントを合わせる際の負担を減らすことを目指して開発されたレンズです。 目の悩みは、世代によって全く違います。 近年はとくに、20代・30代がスマホやPCを見つめ続けることで目を酷使し、ピント調整力が低下する『スマホ老眼』が問題視されています。 2種類のレンズを用意することで、幅広い世代の悩みに応えてます。 価格は、ブルーライトをカットする機能も付いて、メガネ一式価格に+4,400(税込)となっています。 投稿ナビゲーション.

次の

【楽天市場】平野商会 3D

眼鏡 市場 スマホ 用

By: ランニングするときにはコンタクトを着けて走ってます。 メガネはJINSで買った安くて太い重い黒縁しか持っておらず、運動に適していません。 ランニングは朝6時に起きてから始めるので、朝っぱらからコンタクトを着けるのは正直しんどい。 そこで、ランニング用のメガネを探したトコロ、Jins・Zoff・眼鏡市場でそれぞれ安価なスポーツメガネを売り出していたので比較っぽいのをしてみます。 ホントは実店舗に行ったほうが絶対イイけどね(笑) JINS:Air frame SPORTS・EDGE SPORTS・JINS SPORTS スポーツ用をまとめると3シリーズが発売中みたい。 「Air frame SPORTS」と「EDGE SPORTS」、「JINS SPORTS」の3つ。 まずは「JINS SPORTS」は除外。 色眼鏡は要らんのや。 日常生活でも使えるようなメガネのほうがイイ。 デザイン的にはAir frame SPORTSがいいかな~と。 EDGEは名前の通り色使いとかが尖り過ぎてるかな。 評価も概ね高いようだし購買欲が湧きました! 値段も安い!7900円。 ただ、肝心の重量が記載されてない。 まぁAir frameの名前を関しているのだから伊達じゃないのは確かだろう。 Zoff:Zoff Running with Q・Zoff Athlete ゾフからは「Zoff Running with Q」と「Zoff Athlete」の2シリーズ。 前者の「Zoff Running with Q」は度付きサングラスだから除外。 必然的に「Zoff Athlete」になる。 うん、ちょっとアスリート過ぎる。 日常の中でも使用するのでスポーティー過ぎるデザインも困ったものだ。 走るためだけなら文句なしなんだけど… 値段もさっきのJINSより安い、7000円。 実際にかけてみたら意外とアリなデザインかもしれんな。 追記: 眼鏡市場:アイアスリート 一番カッコ良いやん! 正直眼鏡市場はナメてました。 JINSやZoffとは同列ではない高めの価格設定で、ペヨンジュンだったし。 高齢者御用達ってイメージでした。 ごめんなさい。 いや~カッコいいよ。 メタル素材まであるし。 そこまでスポーティー過ぎてない感じも良し。 ただ、あまり「軽量」っていうのを押してはいませんね。 実際に試着したいねコレは。 …お値段、心配ですか? やはり眼鏡市場なので、JINSやZoffのようにはいきませんね。 2万円します。 でも、昔と比べると安いですよね。 フレームもレンズも込みで2万ですから。 しかも薄型レンズ。 …でももうちょっと安かったらいいのにな~。 クリスマスとか年末年始とかでセールやったりしないかな。 ランニング用メガネはJins・Zoff・眼鏡市場どれがオススメなのか。 まとめ 現在のところ、眼鏡市場のアイアスリートに惹かれてます。 でもまぁ実際に買うのはそれぞれを試着してからですけどね。 JINSのも良いんだけどな~JINSはな~。 今、着けているメガネがJINSのなんですけど、合ってないんですよね。 買った時のフィッティングしてくれる店員さんがチャラチャラした兄ちゃんだったし不安ではあったんですけど。 案の定あってません。 再調整してもらいに行けばいいんですけどね。 JINSの店員は信用ならなくなって…バイトとかなんかな。 それはさておいて。 三連休のうちに3つの店舗回れたらいいなぁ~。 - 1988年生まれ、熊本在住。 ゲーム、コーヒー、料理、ネット上で稼ぐ方法、アウトドア、レザークラフトに興味があります。 カテゴリー• 976• 169•

次の

眼鏡市場からスマホによる疲れ目を軽減するレンズ「アイリラックス」が発売

眼鏡 市場 スマホ 用

最近は、メガネがお洒落グッズとして定着していますね。 現在の眼鏡業界は、有名なメーカーのフレームを取り扱う眼鏡専門店と低価格のメガネを販売する格安メガネ店、という2つの市場に分かれています。 メガネ市場で売り上げを伸ばし、「メガネはファッションアイテム」と世間に認知させた格安メガネ店ですが、その中でも人気があるのがJINSとZoff、そして眼鏡市場です。 今回は、メガネの購入を検討している方向けに、格安メガネ店の代表的存在のJINSとZoff、と眼鏡市場の違いは何か、についてお話していきます。 JINSとZoffの安さの理由は? 格安メガネ店の代表格といえるのが、JINSとZoffです。 各社ともに、価格帯は レンズセットで5,000円(税抜)からメガネの販売をしています。 ではなぜ、何万円もしていたはずのメガネを1万円以下で、しかも5,000円から販売することができるのでしょうか? 製造から販売までを自社システムで統一 JINZやZoffでは、 SPA(製造型小売業)方式という手法で、部品の製造にかかる原価を削減しています。 ちなみに、これまでの眼鏡店では取り扱っているフレーム・レンズは外注商品が主でした。 それぞれに外注先のメーカーから仕入れて販売をするので中間マージンが発生し、そのぶん商品価格も上がります。 ですがJINZやZoffではSPA方式を取り入れ、 フレーム・レンズともに自社生産をすることで中間マージンを削減し、原価を抑えてロープライスでのメガネ販売を実現させているのです。 自社生産のパーツについても、フレーム製造は中国、レンズは韓国製と海外で生産をすることで更なるコスト削減を実現させているのも特徴的です。 販売コストも削減 JINZやZoffでは中間マージン以外にも、 販売コストを削減してロープライスを実現させています。 販売コストに含まれているのは、人件費や宣伝・販促費という部分です。 眼鏡店では1店舗に3~4人の社員が常駐し、検眼・接客・加工・調整を行うのが一般的でした。 これに対し、JINZやZoffでは、1店舗当たり平均1~2名の社員、その他はアルバイトを採用して人件費を削減しています。 JINZやZoffの販売スタイルは、半分セルフサービスのような接客スタイルで、お客様が好きなフレームを何本でも自由にかけ比べて、気に入った物を選ぶという印象がありますよね。 じつはこの手法も、人件費の削減に効果的なのです。 なぜならば、これまでの眼鏡店での接客方法は、1人のお客様に対し平均20分~45分程度の接客をするのが一般的でした。 イメージとしては、販売員が付き添ってお客様の好みなどをヒアリングしながら、おすすめのフレームをチョイスするといった感じでしょうか。 どちらかというと、百貨店などの接客スタイルですね。 しかし、この接客スタイルは好みが分かれるのも事実でした。 格安メガネ店では、これまでの寄り添うような接客スタイルが苦手な客層にも注目し、気軽に眼鏡選びができるメガネ店というスタイルを確立しました。 そしてこの手法は、従業員が接客に時間を割くことがないため、少ない従業員数でも店舗運営できるというメリットも併せ持ち、結果的に人件費削減にも功を奏しています。 広告費に関しても、大手眼鏡店で有名な芸能人を起用したCMを作成するのに対し、格安メガネ店ではモデルなどを起用してオリジナリティーのある広告を作成するなど工夫をして広告費用を抑えているのも特徴的です。 JINSとZoffの仕上りの早さの理由は? JINZやZoffが人気となった理由には、メガネの仕上りの早さも関係しています。 これまで、眼鏡店でメガネを購入した場合には、仕上がり迄に5~7日かかるのが一般的でした。 その固定概念を破り、当日にしかも最短45分程度でメガネの受け取りができるというのは、格安メガネ店でメガネを購入するメリットの一つに挙げられるほどとなりました。 では、どうして短時間での仕上りが可能になったのか、じつはここにもSPA(製造型小売業)方式と販売コスト削減が関係しているのです。 自社製品に絞ることで加工作業をスピーディーに 一般的なメガネ店(大手眼鏡店を含む)と比べて驚くほどスピーディーな仕上げは、フレームとレンズを自社製品で揃えて作業工程を減らし、さらに高性能な機械を導入して 加工作業を自動化することで現実化させました。 調整や仕上げに手間のかかるフレームは少ない また、販売されているフレームを見てみると、ツーポイントやナイロールといった精密な加工が必要なフレームが少ないことにも気付かされます。 加工後術や精密な調整が必要となるフレームの扱いを減らし、 比較的加工のしやすいフレームをメインに商品化を進めている点も、格安メガネ店の売りとなっているスピード仕上げを実現化するための戦略ともいえるでしょう。 眼鏡市場は格安メガネ店と眼鏡専門店の中間ポジション JINSやZoffと同じように、眼鏡業界で売上を伸ばしたのが「眼鏡市場」です。 格安メガネ店とは一味違ったイメージを感じる方も多いと思いますが、JINSやZoffとともに顧客の定着化に成功しています。 眼鏡市場も、一般的なメガネ店に比べると低予算でメガネを作ることができますよね。 ただ、価格帯で見比べるとJINSやZoffよりも若干高めの価格設定になっていて、 取り扱っているフレームやレンズも、格安メガネ店とは少し違います。 眼鏡市場の価格帯は? 眼鏡市場で眼鏡を作った方は、「JINSとZoffに比べると少々高い」という印象を持った方も多いかも知れません。 眼鏡市場は眼鏡業界大手のメガネトップのグループ会社で、これまでの一般的な眼鏡店に比べると低価格な商品展開となっています。 眼鏡市場では、• すべてのメガネがレンズ一式価格• 薄型レンズも遠近両用レンズも追加料金0円は、眼鏡市場だけ というキャッチコピーを掲げているのも特徴です。 また、ブルーライトカット機能やカラー加工などのオプションは、一式価格+3,240円(税込)で追加することも可能となっています。 眼鏡市場はフレームの選択肢の広さと一流メーカーレンズの使用で差別化 眼鏡市場の価格帯とともに、JINSやZoffとの違いが大きいのが、商品展開です。 フレームの種類やレンズの品質についてご紹介していきましょう。 眼鏡市場のフレームはどんな種類? 眼鏡市場では、SPA方式を取り入れたオリジナルブランド商品と、一般のブランド商品を合わせて販売しています。 ブランド商品の取り扱いは• MARY QUANT• Jill by JILLSTUART• ルコック• marimekko• Ungrid• POLICE• BURBERRY• Cath Kidston• RODENSTOCK• TAKEO KIKUCHI• UNTITLED など、一般的な眼鏡店と変わらない品揃えです。 自社製のオリジナルフレームは、メガネフレームの聖地ともいわれる 福井県鯖江市の自社工場で作られていますから、品質にこだわりを感じられます。 眼鏡市場のレンズは国産を中心とした一流メーカー製を使用 JINSやZoffでは海外生産をしたレンズを使用しているのに対し、眼鏡市場では「国産を中心とした一流メーカーレンズ」を使用しています。 眼鏡市場で使用しているレンズメーカーは• HOLT(HOYAグループ)• SEIKO• Nikon• Showa といった、一般の眼鏡店にかなり近いメーカーレンズを展開しています。 JINSとZoff、眼鏡市場、目的に合わせて使い分けよう 格安メガネ店として定着したJINSとZoff、そして格安メガネ店と大手眼鏡店の中間ともいえる眼鏡市場ですが、「どこで眼鏡を作ろう?」と悩んでしまう場合には、 あなたの目的に合わせてお店選びをしてみましょう。 ここでは、目的別におすすめのお店をご紹介していきましょう。 薄型レンズ・遠近レンズならJINSか眼鏡市場 JINS・Zoff・眼鏡市場の三社ともに「メガネ一式価格」を採用していますが、周囲しておきたいのが「オプション価格」です。 Zoffでは、薄型レンズ(片面非球面・両面非球面)や遠近・中近などの両用レンズ(累進レンズ)はオプションレンズの部類に属しているので、フレーム料金+オプション料金がかかります。 薄型レンズ ¥5,000~15,000までの5段階 累進レンズ ¥5,000~9,000までの3段階 JINSでは、薄型レンズの片面非球面は一式価格内で作ることができます。 遠近両用などの累進レンズはオプション価格となり、フレーム+オプション料金がかかります。 薄型レンズ 片面非球面は標準装備 累進レンズ ¥5,000 そして眼鏡市場では、 薄型レンズ、遠近両用の累進レンズともに一式価格で購入することができます。 単焦点で安さ、早さ、流行のフレームを求めるならJINS・Zoff 薄型レンズや多焦点の累進レンズは必要なく、遠くや近くのどちらかにピントを絞った単焦点レンズで眼鏡を作りたい、とにかく 早く受け取りたい、 流行している型のフレームで眼鏡を作りたいという場合には、オプションレンズを選ぶ必要はないので、 JINSとZoffがおすすめです。 JINSやZoffは、流行の型のフレームを大量生産しているので、当然ながら在庫数も確保しています。 安くて速い仕上がり、おしゃれな眼鏡をというニーズにはぴったりの眼鏡店です。 まとめ 格安メガネ店が業界内に進出したことで、メガネは服装や目的によって使い分ける時代に突入しました。 眼鏡店として定着したJINSとZoff、眼鏡市場も、実はそれぞれに特徴があります。 こうした特徴を知って、「自分が購入する眼鏡の目的」に合わせてお店の使い分けをすると、上手な眼鏡選びができると思います。

次の