ヒーラー 最高 の 恋人 キャスト。 ヒーラー〜最高の恋人〜

キャスト & スタッフ

ヒーラー 最高 の 恋人 キャスト

2014年作品の 『ヒーラー』は『奇皇后』『THE K2』などに出演した チ・チャンウク主演のドラマです。 依頼があれば殺人以外は危険な事でも引き受ける便利屋のプロを演じます。 新作も早くて豊富で殆どが見放題!アクセスランキングに掲載される作品はクオリティーが高いコンテンツが多いです。 後半にサラッと他の動画配信サービスも紹介していますので、お得に観たい方にはお薦めです。 夢はお金を貯めて南の無人島でのんびり暮らす事。 ビジネスパートナーはおばさんハッカーのチョ・ミンジャだがお互い顔は知らない。 ミンジャが窓口となり全てを仕切って上手くやってくれていた。 ある日、ABS放送スター記者のキム・ミンホ(ユ・ジテ)から女の子を探して欲しいと依頼があり、その調査相手はネット新聞社に勤める芸能記者チェ・ヨンシン(パク・ミニョン)だった。 調べていくうちにジョンフは彼女の事が気になり出し、パートナーのミンジャの制止を無視してヨンシンの会社サムデーニュースに新入社員のパク・ボンスとして潜り込む。 ヨンシンは後輩として可愛がり、心を許していく。 そして、ある事件をきっかけにジョンフとヨンシンが何者かに狙われる様になるがジョンフは正体がばれない様に彼女を何度も守る。 危機にいつも助けてくれるヒーラーにヨンシンは強く惹かれていくが、いつも側にいるボンスが実はヒーラーとは気付かないでいた。 ジョンフはもう1人の自分との奇妙な三角関係に悩む。 しかし、彼女とは不思議な縁で結ばれていた。 ジョンフ、ヨンシン、ミンホの間には本人達も知らない親同士の因縁がありミンホはその事で苦悩してヨンシンを探していた。 そして、とうとうABS放送を辞め、サムデーニュースを買い取り社長としてヨンシンを一人前の記者として育てようと教育する。 その因縁とは・・・。 最初に観た時は韓国ドラマをよく知らなかったんですが、チ・チャンウクも脇役の俳優達も見たことある人ばかりで妙な安心感があった事を覚えてます。 知らないのはヒロインのパク・ミニョンでした 笑 このドラマは一言で面白い!と思います。 ストーリー展開も分かりやすいですが、なんと言っても主役以外の俳優陣がベテランばかりでガッカリする様な場面が全く無く、最後まで安心して観ていられます。 特にユ・ジテの功績は大きいのではないでしょうか? それに チ・チャンウクが普通にカッコいいです!韓国人とは思えない白人とのハーフかな?ってくらいの顔立ちで、一度見ると忘れないですね。 このドラマは一度は観て損はありません!.

次の

【ヒーラー〜最高の恋人〜】韓国ドラマ、キャスト、相関図、動画評価: 韓国ドラマあらすじ紹介ブログ

ヒーラー 最高 の 恋人 キャスト

そんな彼のもとに、1人の女性を捜してほしいという依頼が入る。 ターゲットは、三流インターネット新聞「サムデーニュース」の熱血記者チェ・ヨンシン(パク・ミニョン)。 依頼主は、ABS放送局のスター記者、キム・ムンホ(ユ・ジテ)だった。 難なく彼女を見つけ出し、仕事をこなしたジョンフだったが、さらにムンホから新たな依頼が届く。 それは、ヨンシンの夢を調べること。 奇妙な依頼を不審に思いつつも、彼女の身辺を調べるうち、その過去を知り、気になり出したジョンフは、新米記者パク・ボンスとして彼女の職場に潜入する。 そんな中、ある事件によりジョンフ、さらにヨンシンが狙われるように。 ヨンシンは後輩ボンスに心を許しつつ、自分の危機に現れる正体不明の男、ヒーラーに惹かれていくが……。 一方で、ムンホはある過去の出来事に苦悩し、ヨンシンを一流記者に育てようとしていた。 その裏には、ヨンシンやジョンフ、彼らの親たちの因縁が隠されていて……。 表情が豊かで、数秒のセリフがないカットでも感情が伝わってくる。 チャンウクの出演作の中でもヒーラーは最高!カッコ良過ぎ! 役自体カッコ良いけど、他の誰も出来ないんじゃないかというくらいハマり役だと思う。 可愛かったりかっこよかったりチャン君好きには堪らないです!! 今は一日中リピート、完全にハマりました。 闇の世界から抜け出そうと自分を変えようとする姿を ヒーラー、パクボンス、ソジョンフを通して表現されて才能がすごいと感じました。 OST「守ってあげる」チ・チャンウクさんが歌う歌唱力も素晴らしい! チ・チャンウクさんを応援したいです。 それ以来ポチってます。 ジョンルフの心の変化にドキドキしました。 ドレスアップして2人で記者会見に乗り込む前の腕をヨンシンに差し出す紳士な表情カッコ良すぎた。 チェヨンシンがケガして倒れているジョンフを助け正体に気づいていくところ、2人の恋が実ってからの片時も離れたくなくてキッチンでチェヨンシンの周りをくっつきまわるジョンフの可愛いらしさ最高です。 見てて気持ちいい。 ミニョンちゃんも本当にかわいい。 気がつけば日が浅いのに熱愛ファン認定中 私のNo. 1のあの方を差し置いて、"わたしのファン投票"トップに躍り出てます。 カッコいい!!!その一言に尽きます。

次の

『ヒーラー ~最高の恋人~』主要キャスト・相関図をご紹介!

ヒーラー 最高 の 恋人 キャスト

5枚組/1話? 5枚組/11話? 心に傷を持ち、人を避けて生きてきた孤独な青年と、同じ傷を持ちながら、人を信じて生きてきたヒロイン。 ある因縁で出会った2人が、互いを守り、癒し合う究極の胸キュンロマンス、「ヒーラー~最高の恋人~」。 クールでセクシーな仕事人の姿で、そのスマートさに酔わされる一方、世を忍ぶ仮の姿では、情けなくも憎めないキャラで母性本能くすぐり、そのギャップに心くすぐられてしまう。 脚本は、「シンイ-信義-」など、数々の名作を世に送り出してきたソン・ジナ。 本作でも、ロマンス、アクション、サスペンスといった多様な要素を、軽さと重さの絶妙なバランスで紡ぎ上げ、スリリングかつ痛快なストーリーを展開。 秘密を抱える男ジョンフと、明るく快活なヒロイン、ヨンシンの切なくも甘く、胸くすぐるほど愛らしいラブストーリーはときめき度満点。 3役、どれも選べない! 脚本を手掛けるのは、日本でも大ヒットした「シンイ-信義-」や韓国ドラマの金字塔とされる「砂時計」のソン・ジナ。 緻密な構成とテーマ性で定評のある彼女だが、本作でもその手腕は健在。 過去と現在を行き来しながら、社会の裏に潜む権力悪を暴きだしていく展開は、スリリングかつ痛快だ。 闇の便利屋「ヒーラー」ことソ・ジョンフ(チ・チャンウク)は、誰にもその顔を見られることなく、殺人以外ならどんな依頼も完璧にこなす業界屈指のレジェンドだ。 そんな彼のもとに、1人の女性を捜してほしいという依頼が入る。 ターゲットは、三流インターネット新聞「サムデーニュース」の熱血記者チェ・ヨンシン(パク・ミニョン)。 依頼主は、ABS放送局のスター記者、キム・ムンホ(ユ・ジテ)だった。 難なく彼女を見つけ出し、仕事をこなしたジョンフだったが、さらにムンホから新たな依頼が届く。 それは、ヨンシンの夢を調べること。 奇妙な依頼を不審に思いつつも、彼女の身辺を調べるうち、その過去を知り、気になり出したジョンフは、新米記者パク・ボンスとして彼女の職場に潜入する。 そんな中、ある事件によりジョンフ、さらにヨンシンが狙われるように。 ヨンシンは後輩ボンスに心を許しつつ、自分の危機に現れる正体不明の男、ヒーラーに惹かれていくが……。 一方で、ムンホはある過去の出来事に苦悩し、ヨンシンを一流記者に育てようとしていた。 その裏には、ヨンシンやジョンフ、彼らの親たちの因縁が隠されていて……。 その過去の真実とは? ジョンフとヨンシンの愛の行方は? 職業 : 闇の便利屋。 コードネームは「ヒーラー」 / 年齢 : 28歳 / 目標 : 無人島購入 最先端のデジタル機器を操る明晰な頭脳と状況判断力、動物的勘と高い身体能力を兼ね備えた業界レジェンド級の便利屋。 人を殺めること以外は何でも請け負うが、依頼人は企業から国家機関まで富裕層がメインで、仕事も韓国政治経済の不正と秘密に関わるものが多い。 依頼人の正体を聞かない代わり、自らの正体も明かさず、誰も顔を見たことがなければ、会うことも困難。 幼い頃に母に捨てられ、育ててくれた師匠にも去られた心の傷を持ち、人間を信じていない。 だったはずが、1人の女性に出会い、心に変化が起きる。 ヨンシンに近づくため、ジョンフが偽装した人物。 インターネット新聞社サムデーニュースの新入り記者として入社し、ヨンシンに付いて主にカメラ撮影と車の運転を担当。 虫が苦手で、怖い目に遭うと1人で逃げ出す傾向がある。 1987年7月5日生まれ。 182cm、AB型。 08年、映画『スリーピングビューティー』でデビュー。 09年の「ソル薬局の息子」で純朴な末っ子役でお茶の間の人気者に。 「笑って、トンヘ」で主人公に抜擢され、以降主演俳優として着実に実力を重ねる。 12年の「蒼のピアニスト」では初の悪役を熱演。 続く「奇皇后」で大ブレイク。 ミュージカル俳優としても活躍し、13年のザ・ミュージカル・アワードで新人男優賞を受賞。 人は疑うより信じるタイプで、明るく勇敢だが、お節介な面も。 口が上手く、一度顔を見たら忘れない記憶力と鋭い勘を持つ。 5歳の時に捨てられ、施設を5回変わった後、8歳で今の養父の元に。 かつての養子先で虐待に遭い、トラウマから暴力行為を見ると発作を起こす。 顔も見たことのないヒーラーに恋心を抱くが… 1986年3月4日生まれ。 164cm、O型。 CFクイーンとして注目される中、06年の「思いっきりハイキック!」でヒロインに抜擢され、女優デビュー。 時代劇から現代劇まで演じられる若手演技派として、多様なジャンルの作品に出演。 最新作は、中国ドラマ「V Love」(中国版「ゴシップガール」)。 【出演作】「Dr. I am Sam? 弱者の立場に立った報道、歯に衣着せぬ物言いで、進歩的な文化人として支持され、出演するたび話題にあがるABS放送局の花形記者。 立ち振る舞いがスマートで機知に富んでいるが、自分のことは決して人に話さず、謎も多い。 少年時代のある出来事に罪悪感を抱き続け、償うためにヒーラーにある依頼をする。 兄嫁ミョンヒを大切に思う一方、大手新聞社のオーナーの兄ムンシクとは確執が。 1976年4月13日生まれ。 188cm、AB型。 モデルとして活躍後、映画『パイジュン さらば愛しき人』でデビュー。 映画俳優として活躍する一方、演劇製作者や映画監督としての活動も展開。 短編映画の世界で評価され、12年、初の長編監督作『Mai Ratima』が釜山映画祭で上映された。 祖父が著名な政治家でもある。 大学時代、海賊放送を一緒にやっていた仲間のミョンヒに想いを寄せ、同じ仲間で彼女の夫だったギルハン亡き後、彼女を妻にし献身的な愛を注ぐ。 廃車場を細々営んでいたが、過去の事件を機にある人物と取引し、脅威の出世を遂げる。 1959年4月5日生まれ。 79年、演劇俳優としてデビュー。 ミュージカルを含め、舞台で活動する一方、ドラマでも活躍。 ソン・ジナ作家&キム・ジョンハクPD作品の常連の1人。 ハッキングを得意とし、先端通信技術と全国のCCTVを駆使してヒーラーの仕事を補佐する。 ジョンフとは互いに会ったことがないが、誰よりもジョンフの境遇や性格を理解している。 元刑事らしいが…。 1963年10月14日生まれ。 1985年、演劇の舞台で活動開始。 ソン・ジナ作品の常連でもあり、一見冷たそうで、実は情深いキャラクターを得意とする。 刑事訴訟専門弁護士で、副業でカフェを営む。 面倒見がよく、過去に弁護した前科者が出所後も慕ってやってくるほど。 人を疑うのではなく信じることをヨンシンに教え、深い愛情で見守っている。 1968年1月27日生まれ。 1966年、映画『ボス』でデビュー。 コミカルな役どころを得意とする個性派俳優として活躍。 80年代、海賊放送の護衛役を担っていたが、政治犯として入獄。 ジョンフが一人前になると同時に姿を消す。 1962年8月28日生まれ。 演劇の舞台で俳優デビュー。 詩人、作家としても活動。 【出演作】「ナイショの恋していいですか!?

次の