浦和 中央 ボーイズ。 熊本中央ボーイズのホームページ

❏至2017年12月

浦和 中央 ボーイズ

武蔵狭山 ---------全国の壁---------- 2. 狭山西武 ----------決勝の壁---------- 3. 浦和、春日部 ----------埼玉4強の壁---------- 5. 越谷、日高、本庄、草加 ----------ベスト8の壁---------- 9. 深谷中央、東松山中央、坂戸、川越 ----------中堅の壁---------- 13. 所沢、吉川美南、八潮、杉戸 ----------2回戦の壁---------- 17. 浦和中央、大宮七里、久喜、鴻巣 ----------1回戦の壁---------- 21. 越生、三郷、川越初雁、上里北武 ----------まだまだこれから---------- 25. 埼北、さいたま、狭山中央、新座 ----------出場の壁---------- 28. 68 ID:vILlMOIY3 なにせ狭山西武ボーイズは1年生60人もいるんでね。 全員出すのが大変だ。 42 ID:vILlMOIY3 対したことないのにハードル上げない方がいいよ。 全然成長出来てない。 やっぱり成長するには人間性が大事だね。 46 ID:GLCv5nS6V 埼玉県 ボーイズリーグ 2019ランキング 1. 武蔵狭山 ---------全国の壁---------- 2. 狭山西武 ----------決勝の壁---------- 3. 浦和、春日部 ----------埼玉4強の壁---------- 5. 越谷、日高、本庄、草加 ----------ベスト8の壁---------- 9. 深谷中央、東松山中央、坂戸、川越 ----------中堅の壁---------- 13. 所沢、吉川美南、八潮、杉戸 ----------2回戦の壁---------- 17. 浦和中央、大宮七里、久喜、鴻巣 ----------1回戦の壁---------- 21. 越生、三郷、川越初雁、上里北武 ----------まだまだこれから---------- 25. 埼北、さいたま、狭山中央、新座 ----------出場の壁---------- 29. 02 ID:GLCv5nS6V おまえ、性懲りもなくまた来たのか。 もう書き込まないんじゃないのか。 51 ID:GLCv5nS6V 体験会の際には以下のことを聞いてみよう。 こういうチームは勝てなくなるとチーム内が荒れる。 そして2軍以下の選手は弱小チームのレギュラーより下手くそ。 でも一番ひどいのは勝ちにこだわっているのに、 中途半端な結果しか出ないチーム。 こういうチームは負けたけどうちは本当は強い! って書いたりするんだけど、、、 要するに勝ち方も知らない、指導もできない指導者だから、 悲惨な中学野球生活を過ごすことになる。 26 ID:BuBnyec2u 埼玉県 ボーイズリーグ 2019ランキング 1. 武蔵狭山 ---------全国の壁---------- 2. 狭山西武 ----------決勝の壁---------- 3. 浦和、春日部 ----------埼玉4強の壁---------- 5. 越谷、日高、本庄、草加 ----------ベスト8の壁---------- 9. 深谷中央、東松山中央、坂戸、川越 ----------中堅の壁---------- 13. 所沢、吉川美南、八潮、杉戸 ----------2回戦の壁---------- 17. 浦和中央、大宮七里、久喜、鴻巣 ----------1回戦の壁---------- 21. 越生、三郷、川越初雁、上里北武 ----------まだまだこれから---------- 25. 埼北、さいたま、狭山中央、新座 ----------出場の壁---------- 29. 25 ID:tkBWtLhFE 今年は武蔵狭山ボーイズが強いが、これ以上強くなるかは微妙。 もうピークがきてる。 狭山西武ボーイズはここから伸びそうだから、来春は武蔵より強いかも。 春日部ボーイズはこのまま終わらないと思うが選手の質的に限界。 浦和ボーイズは例年来夏位がピークw ただ今年はピッチャーがいない。 深谷中央ボーイズは選手層が薄くここ1、2年は我慢の時期。 草加ボーイズは伝統的に良いチームを作るが、今年は核になる選手が育っていない。 越谷ボーイズは人数が多い割に選手が育ってない。 この冬に期待。 坂戸ボーイズは暗黒期に入る勢い。 踏ん張りどころ。 本庄ボーイズはもう少し良い結果が出ていいと思うが、チームが噛み合わないのはなぜ? 鴻巣ボーイズ、ここでは文句言われるチームだが、バッテリーが悪くないから育てば面白い。 日高、所沢は名門だが今はその面影はない。 チームに改革が必要だ。 大宮七里、浦和中央あたりは強豪チームになり損ねた。 上位とはだいぶ差がついてしまい、厳しい状況。 久喜ボーイズ、吉川美南ボーイズはここ数年が勝負。 どこのチームも埼玉をダブルヘッダーで勝ち抜ける投手陣が不足してる。 春は左のエースを欠いた状態で横綱相撲の投手リレー、それに加えて左のエースが復活してくるとなるとね。 打撃は中学2年でピークなわけないしね。 他のチームが伸びてくることを期待だね。 先日の本庄市長杯で最後に登板していたし、来年復活すれば 武蔵狭山に敵う相手はいない。 狭山西武は戦力整っているが、武蔵狭山には及ばない。 春日部は残念ながら戦力が弱い。 若手コーチ陣がどこまで盛り立てられるかがポイント。 浦和は人数が多いため、数チームに分けて大会に参加。 ベストメンバーで大会に臨むことは少ないためまとまりに欠ける。 ベスト4止まりと予想。 深谷中央は人数少なく監督の評判も悪く心配。 本庄は若手のコーチが指揮を取るときは勝ち、 監督が指揮を取るときは負ける。 選手からの信頼関係できてない? 越谷は選手の人数多く期待できるも、ここ数年は 指導方法も方向転換しており、しばらくは我慢が続くか。 エースはそこそこなので2番手以降が育てば期待できる。 川越、東松山中央は勝ち上がってもベスト8が妥当。 60 ID:O0hZPiRqj ここ数年の浦和は勿体無い。 主要メンバー固定すれば全国も間違い無く行けてた。 それでも育成にこだわって全員出場させるのはすごいが、 全国大会出場はそんなに甘くない。 武蔵狭山の指導や運営方針は野球界からしたら当たり前。 中学から高校以上の厳しい競争や負荷を選手にかけることで、 どんな強豪高校に行ってもやりきれる精神力が生まれる。 でもそれは固定メンバーだけ。 控え組には厳しい現実が待っている。 浦和と武蔵狭山の中間的指導チームが狭山西武。 積極的なスカウトで早熟の良い選手を集め固定出場のAチーム。 そしてBチームの選手の為狭山中央を作り出場の機会を増やした。 ただ選手も保護者もお客様の為、野球以外の指導は皆無で緩い。 野球技術は伸びても精神面での成長は正直疑問。 そうなると一番バランスが良いのは春日部になる。 全国出場出来る力強さと控え組も、 積極的に出場させるバランスも持ち合わせている。 強さと人気と育成と、一番バランスが良いのは春日部。 今の1年は結構揃ってるから来年に期待だな。 24 ID:IxZRGEoLA Jr出身というだけで全然対したことないのに勘違い。 小学6年生がピークなんて悲しすぎる。 61 ID:8SMo9Xahg へぼいからへぼいチームからしか声がかからなかったと言うことに気づけないのがかわいそう。 99 ID:8SMo9Xahg 体験会の際には以下のことを聞いてみよう。 89 ID:nuscdwM1X 今年の戦力は武蔵狭山が圧倒的! 埼玉県 ボーイズリーグ 2019ランキング 1. 武蔵狭山 ---------全国の壁---------- 2. 狭山西武 ----------決勝の壁---------- 3. 浦和、春日部 ----------埼玉4強の壁---------- 5. 越谷、日高、本庄、草加 ----------ベスト8の壁---------- 9. 深谷中央、東松山中央、坂戸、川越 ----------中堅の壁---------- 13. 所沢、吉川美南、八潮、杉戸 ----------2回戦の壁---------- 17. 浦和中央、大宮七里、久喜、鴻巣 ----------1回戦の壁---------- 21. 越生、三郷、川越初雁、上里北武 ----------まだまだこれから---------- 25. 埼北、さいたま、狭山中央、新座 ----------出場の壁---------- 29. 59 ID:JPHawYNsQ 982,983,984 悔しくてしょうがないんだね。 しつこい。 88 ID:nuscdwM1X 別にチェック内容は武蔵狭山に限らないだろ? この辺りチェックされると武蔵狭山は困るのか? 武蔵狭山が当てはまるって毎回書き込む人間も、 それに対していちいち突っ込む人間もしつこいしめんどくさい。 36 ID:hrot2aAVS 糞野郎。 地獄へ堕ちろ。 59 ID:8w4Lp9taf 991 あらららら。 88 ID:sEo69Djs4 はいはい。 07 ID:J9AfX2cPU 体験会の際には以下のことを聞いてみよう。 武蔵狭山 ---------全国の壁---------- 2. 狭山西武 ----------決勝の壁---------- 3. 浦和、春日部 ----------埼玉4強の壁---------- 5. 越谷、日高、本庄、草加 ----------ベスト8の壁---------- 9. 深谷中央、東松山中央、坂戸、川越 ----------中堅の壁---------- 13. 所沢、吉川美南、八潮、杉戸 ----------2回戦の壁---------- 17. 浦和中央、大宮七里、久喜、鴻巣 ----------1回戦の壁---------- 21. 越生、三郷、川越初雁、上里北武 ----------まだまだこれから---------- 25. 埼北、さいたま、狭山中央、新座 ----------出場の壁---------- 29. もうピークがきてる。 狭山西武ボーイズはここから伸びそうだから、来春は武蔵より強いかも。 春日部ボーイズはこのまま終わらないと思うが選手の質的に限界。 浦和ボーイズは例年来夏位がピークw ただ今年はピッチャーがいない。 深谷中央ボーイズは選手層が薄くここ1、2年は我慢の時期。 草加ボーイズは伝統的に良いチームを作るが、今年は核になる選手が育っていない。 越谷ボーイズは人数が多い割に選手が育ってない。 この冬に期待。 坂戸ボーイズは暗黒期に入る勢い。 踏ん張りどころ。 本庄ボーイズはもう少し良い結果が出ていいと思うが、チームが噛み合わないのはなぜ? 鴻巣ボーイズ、ここでは文句言われるチームだが、バッテリーが悪くないから育てば面白い。 日高、所沢は名門だが今はその面影はない。 チームに改革が必要だ。 大宮七里、浦和中央あたりは強豪チームになり損ねた。 上位とはだいぶ差がついてしまい、厳しい状況。 久喜ボーイズ、吉川美南ボーイズはここ数年が勝負。 武蔵狭山 ---------全国の壁---------- 2. 狭山西武 ----------決勝の壁---------- 3. 浦和、春日部 ----------埼玉4強の壁---------- 5. 越谷、日高、本庄、草加 ----------ベスト8の壁---------- 9. 深谷中央、東松山中央、坂戸、川越 ----------中堅の壁---------- 13. 所沢、吉川美南、八潮、杉戸 ----------2回戦の壁---------- 17. 浦和中央、大宮七里、久喜、鴻巣 ----------1回戦の壁---------- 21. 越生、三郷、川越初雁、上里北武 ----------まだまだこれから---------- 25. 埼北、さいたま、狭山中央、新座 ----------出場の壁---------- 29. もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。 総レス数 1001 217 KB.

次の

浦和中央ボーイズ一覧

浦和 中央 ボーイズ

熊本西部ボーイズさんと熊本中央ボーイズが参加した、ソフトバンクホークス野球教室が行われました。 工藤監督が登場された際は、感動ものでした。 工藤監督は、「練習のひとつひとつに目的があるので、目的を自分たちで考える。 練習をただやるだけでは駄目だよ。 」と言われてました。 選手たちは肝に銘じて欲しいものです。 工藤監督にはピッチャーひとりひとりのピッチングを見ていただき、アドバイスをいただきました。 選手ひとりひとりと対決もしていただきました。 野球教室の最後は、皆で記念撮影。 お母さんたちには、炊き出しもしていただきました。 工藤監督も選手たちとカレーを堪能され、コミュニケーションを図られてました。 選手は忘れれられない経験をしたのではないでしょうか...

次の

❏至2017年12月

浦和 中央 ボーイズ

1 K. USUI 21 41 61 81 2 S. KITAI 22 H. YAMAGUCHI 42 62 82 3 Y. SHIMADA 23 R. KAI 43 63 83 4 R. KOSHIDAKA 24 T. MORITA 44 M. SAKAMOTO 64 84 5 T. ICHIKAWA 25 A. OGITANI 45 65 85 6 R. SATO 26 M. SHIMIZU 46 66 86 7 M. NAKAJIMA 27 47 K. ISHIWATARI 67 87 8 T. SUNAGA 28 S. TANAKA 48 68 88 K. IZUMI 9 T. KOSHIKAWA 29 S. INABA 49 I. TAKADA 69 89 S. SUGISAKI 10 H. ISHIWATARI 30 NOMOTO 50 70 90 11 S. SERIZAWA 31 Y. YAMAMOTO 51 S. IYODA 71 9 1 12 S. AMANO 32 M. HONMA 52 72 9 2 13 Y. SAKURAI 33 H. SHIKAKURA 53 73 9 3 14 S. INOUE 34 D. SATO 54 I. NAGATA 74 9 4 15 K. ADACHI 35 55 75 9 5 16 T. TSUCHIYA 36 56 76 9 6 17 37 57 77 N. SAGAWA 9 7 18 Y. IKEDA 38 58 78 9 8 19 Y. TOMITA 39 59 79 9 9 K. OGASAWARA 20 J. SHIBASAKI 40 60 80 01 T. MOTEGI 1 K. USUI 21 S. NAGAHARA 41 61 81 2 S. KITAI 22 H. YAMAGUCHI 42 62 82 3 Y. SHIMADA 23 Y. KAMIYAMA 43 63 83 4 R. KOSHIDAKA 24 T. MORITA 44 64 84 5 T. ICHIKAWA 25 A. OGITANI 45 65 85 6 T. KAWAI 26 M. SHIMIZU 46 66 86 Y. JYOGASAKI 7 K. MORI 27 Y. KANEKO 47 K. ISHIWATARI 67 87 8 28 48 E. YOSHIDA 68 88 9 T. KOSHIKAWA 29 S. INABA 49 69 89 10 H. ISHIWATARI 30 NOMOTO 50 70 0 0 M. FUKUSHIMA 11 R. SHIMABUKURO 31 Y. YAMAMOTO 51 S. MIURA 71 0 1 T. MOTEGI 12 S. AMANO 32 M. HONMA 52 72 0 2 13 Y. MORI 33 53 73 0 3 14 S. INOUE 34 D. SATO 54 I. NAGATA 74 0 4 15 K. ADACHI 35 55 H. OMI 75 0 5 16 D. OHUCHI 36 56 76 0 6 17 H. ISHIGE 37 57 77 N. SAGAWA 0 7 18 H. YAMAGUCHI 38 58 78 0 8 19 Y. TOMITA 39 59 79 0 9 20 K. UCHIDA 40 60 80 0 S. HIROTA 1 21 41 61 81 2 22 42 62 82 3 23 Y. KAMIYAMA 43 63 83 4 R. KOSHIDAKA 24 44 64 84 5 25 A. OGITANI 45 65 85 6 R. FUKAYA 26 46 66 86 Y. JYOGASAKI 7 K. MORI 27 Y. KANEKO 47 67 87 8 T. KANEKO 28 48 E. YOSHIDA 68 88 9 H. KANG 29 S. INABA 49 69 89 10 30 50 70 0 0 M. FUKUSHIMA 11 R. SHIMABUKURO 31 51 S. MIURA 71 0 1 12 32 52 72 0 2 13 Y. MORI 33 53 73 0 3 14 34 54 I. NAGATA 74 0 4 15 K. ADACHI 35 55 H. OMI 75 0 5 16 D. OHUCHI 36 56 76 0 6 17 37 57 77 0 7 18 H. YAMAGUCHI 38 58 78 0 8 19 Y. TOMITA 39 59 79 0 9 20 K. UCHIDA 40 60 80 0 S. HIROTA.

次の