西友 ネット スーパー。 不在時にネットスーパーの「留め置きサービス」が超便利!イオン・アピタなど

楽天西友ネットスーパーの口コミ・評判 | みん評

西友 ネット スーパー

他の方が投稿された以下のクチコミ通りです。 「食べ物は一定の常識や良識の合うところとお付き合いしたい」とお考えの方には合わないと思います。 ポイント付与分を含めると他社より僅かに安いが、配達員、梱包方法、商品鮮度、賞味消費期限、個人情報等より、手数料や送料を多く支払ってでも、他社を利用します。 法的に問題なければ良い、問題があったら対応するという姿勢の運営会社(楽天西友、西友合同、委託運送会社)なのでしょう。 批判等をされたい方はご自由にどうぞ、各社のメリット、デメリットとの事でした。 商品やサービス等、個別の質問にもお答えできません、係る理由もお答えできません。 失礼ですが、不信感や不誠実を通り越して、言葉の通じない国にでもいるように不気味。 ここで上位に入るのも不思議です。 事故で足が悪く、重いものも持てません。 なのでそんな時に出会ったネットスーパーは本当に助かっています。 置き配達に変わったその日、私は通知に気が付いていなかったため 困りました。 今のコロナの時期だけかなと思い、ドアをあけ放ち、玄関に箱を置き ドアの外だと私は運べないから、ここに入れてほしいとお願いしました。 いつも来てくれる配達員さんは、杖を突き歩く私を気の毒に思ってくれて 今までのように家の中にといっても玄関ですが、入れてくれて 次からも言ってくれたら、中にいれますからねと声をかけてくれました 今回、3日後でないと注文できない状況で3日前に注文した 冷凍食品・アイスが全部欠品になっていました。 置き配達にするのなら、その商品は溶けてダメになるから 注文できなくしたのかなと思いました。 生協などは置き配達ですが、しっかりしたクーラーボックスです 楽天・西友はビニール袋に入ったものが並べられるような 形みたいです。 楽天は楽天商店でも送料問題でも弱者をくるしめました、なんだか アマゾンの真似をして悪化しているように思います 半年近く使用していました。 安いしポイントたまるし、気に入っていましたが、売り切れや欠品、商品変更が多いです。 先日、お茶の特定の味(秋の商品だった)の物が欲しくて、商品画像がその味のものだったのでまとめ買いしたら、別の味(夏の味)がとどきました。 すぐにお客様センターに問い合わせたところ、「確かに秋味の写真を使用していますが、商品ページには『商品画像はイメージであり、商品は予告なく変更となる場合があります』と書いてありますよね」と、ドヤった口調で言われました(謝罪の言葉はなし) 「でも味違うものですよね?その味のものが欲しくて画像を探して特定して購入したのですが」と言うと、 「しかし全く違う商品ではなく同一名の商品をお届けしていますし、食品なので返品交換はう承れません」と言い切られました(まだ謝罪なし) 偉そうな態度が頭にきたのでもう使わないと思い「そうですか。 わかりました。 失礼します」といったら切る間際にようやく「申し訳ありませんてした」とマニュアル的に言われました。 商品画像と違うものを届けておきながら客を見下したような物言いをする対応をされたため、これは一発アウトと思いました。 安くてポイントもたまるので楽しく使用できていましたが、安かろう悪かろうだなと思いました。 ステーキ肉を注文して大人のグラム数大きいステーキは来たけど同じ銘柄の子供用のグラムのステーキだけ欠品で大人サイズのものでも代替え品で持ってきてくれれば良いのにと思い問い合わせたら代替え品は同等以上の他銘柄の為、代替え品可にチェックしてても代替え品には出来ないと言われた。 また商品も個別の要望を受けれないとのこと。 自分で選べないからしょうがないのか、なんだかモヤモヤしました。 なにしろ欠品が多いです! 商品の注文数にあわせた発注が出来ていないと思われます。 100%希望商品が購入出来るとは思いせん。 悪く言えば「売り切れごめんなさい」です。 常に定量の発注だと品切れして当たり前ですね。 週に2回ほど利用していますが、ちなみにトマトは一回も購入出来ていませんし、パンも超塾6枚が1回購入出来ただけです。 現在コロナ対応で大変とは思いますが、パンなどまとめ買いされにくい商品など、一家族が何袋も買うはずが無いのに欠品状態が続く商品も多いです。 注文当日には買えたのに納品着前で売り切れとなり購入出来ない事も発生します。 ニュースなどでは商品は潤沢にあるのでまとめ買いは不要と報道されていますが、西友の場合は豊富ではないようです。 西友の発注システムがどうなっているのかは解りませんが、仕入れ方法に問題がありそうです。 イオン、ヨーカドーなど大手の複数のネットスーパーと比べると欠品率がかなり高いと思いますので、併用したほうが良いかもしれません。

次の

楽天西友ネットスーパーってどう?お得な活用術を紹介!

西友 ネット スーパー

ネットスーパーのデメリットを解消 ネットスーパーで注文をしたことがある方は、「配達時に在宅しておかなければならない」ということに不便を感じたことがありませんか?あるいは、ネットスーパーを利用したいけれど「在宅する必要がある」ということで、ネットスーパーを敬遠されていた方もいるかもしれません。 ネットスーパーでは、商品の注文時にある程度の配達時間は選べるものの、時間帯に2~3時間の幅をもって配達時間が設定されています。 そのため、「その時間帯は他の予定が入れられない」というデメリットがありました。 また、配達時に不在にしていると「不在票」が入れられて「再配達」を依頼しなければならなかったり、不在だったという理由で注文がキャンセルになるということもありました。 そのような不便を解消してくれるのが、「留め置きサービス」なのです。 不在時に「留め置きサービス」って、何? ネットスーパーで配達をお願いした時間に在宅が難しい、という場合でも配達の方が商品を届けてくれるのが「留め置きサービス」です。 ネットスーパーによってシステムは異なりますが、基本的には玄関先や宅配ボックスといった事前に指定しておいた場所に、商品をきちんと置いておいてくれます。 もちろん、セキュリティや食材などの品質保全にもしっかりとした対策が考えられています。 また、ネットスーパーによっては有料のレンタルロッカーや受け取りボックスを届け先に指定することができる場合もあります。 このように、「自宅に不在時でも商品が受け取れる」というのが「留め置きサービス」なのです。 「留め置きサービス」の利用には制限もある 商品の配達時に不在でもOKなら「留め置きサービス」を利用してネットスーパーの利用を始めよう、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、利用する前に知っておきたい注意点もあります。 事前の申し込みが必要 留め置きサービスを利用する際は、事前に利用の申請をしておく必要があります。 商品を届けてくれる時間ギリギリになって「家に帰れない」と申請をすることはできませんので、気をつけましょう。 また、初めての注文時には「留め置きサービス」を使うことができない、という規則になっているネットスーパーもありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。 配送不可の商品がある 冷凍された食品やアイスクリームなど、溶けてしまうものは「留め置きサービス」利用時には注文ができないことが多くあります。 また、梅雨から夏の時期にかけて、品質保持が難しいと判断される商品も「留め置きサービス」が利用できない場合があることを知っておく必要があります。 さらに大きな商品を注文した場合なども、サービスの対象外になることがありますので、事前に各ネットスーパーに確認が必要です。 支払い方法が異なる 通常、ネットスーパーの支払いには「代金引換」が選べるようになっていますが、「留め置きサービス」を利用した場合には「代金引換」を使うことができません。 また、例えばイオンのネットスーパーではWAONを使った支払い方法も選べますが、「留め置きサービス」を利用した場合にはWAONでの支払いをすることができません。 手数料がかかることがある ネットスーパーでの買い物は、通常一定額以上の商品を購入すると配送料が無料になるシステムを導入しています。 ですが、「留め置きサービス」利用時には、品質保全・セキュリティのために専用の資材を用意してくれます。 商品が申込者に回収された後、それらの資材をネットスーパー側が回収する作業もあるため、「留め置きサービス」利用時には利用手数料がかかることがあります。 留め置きサービスが可能な主なネットスーパー 各ネットスーパーにより留め置き可能な条件が異なりますので、詳しくはホームページでご確認ください。 イオンネットスーパー• 西友ネットスーパー(SEIYUドットコム)• アピタネットスーパー• イズミヤ楽々マーケット• カスミネットスーパー• ヤオコーネットスーパー• サンエーネットスーパー このようなことをしっかりと把握しておけば、ネットスーパーの「留め置きサービス」はとても便利で魅力的なサービスと言えそうですね。

次の

【楽天西友ネットスーパー】使って分かった! 裏ワザ利用方法と注意点

西友 ネット スーパー

2018年8月NEW! 「SEIYUドットコム」は「楽天西友ネットスーパー」に生まれ変わりました! 家事や子育てや仕事に忙しい主婦にとって、買い物の時間確保も悩みのタネではないでしょうか? スーパーに行く時間が取れない時こそ、自宅にスーパーの品物を配達してくれる「ネットスーパー」の活用が欠かせません。 私はネットスーパー愛好家と言うほど、毎週のようにネットスーパーを活用して食費の管理を頑張っております。 たまに買いすぎて失敗しますが(汗)、時間の節約になっていてとっても便利です。 や、 など色々と試してきましたが、今回は西友のネットスーパーであるを試してみました。 なぜ今まで利用しなかったのだろう? 実際に利用してみて、驚きの安さでびっくりしてしまいました。 西友のネットスーパーのメリットとデメリットは、一体どんな所なのでしょうか? それでは実際に利用してみましょう! もくじ• 西友ネットスーパーの利用方法は、とっても簡単! まず西友のネットスーパーを利用するためには、「SEIYU ドットコム」に「会員登録」をする必要があります。 西友のネットスーパーを試してみたい方は、まず先に「会員登録」を済ませてしまいましょう。 人気商品や季節のおすすめ商品、今月のお買い得商品が、トップページに出てきますので、パッと見て見つけやすいです。 お肉や魚、野菜などのカテゴリ一覧から選ぶことができて、そのカテゴリの目玉商品が大きく出てきます。 「ハンバーグが作りたいな。 」と思ったら、このように挽肉のカテゴリを選んで、カゴに入れるをポチッと選びます。 他のネットスーパーですと、このカゴに入れるボタンを押す時に画面が再度読み込まれる時間がかかって、すごいイライラするのです。 でも「SEIYU ドットコム」の画面は、カゴに入れるスピードがとても早い! 「SEIYU ドットコム」の送料は 300円(税別)ですが、イオンやイトーヨーカドーと同じく 5,000円以上で送料無料になります。 イトーヨーカドーのネットスーパーと同じく、あといくらで送料無料になるかが同じ画面で見えるようになっています。 「このお肉はいらないな。 反対に増やしたいと思ったら、+(プラス)ボタンをクリックすれば、増やすことができます。 後は配送日時やカゴの中身を確認します。 在庫切れだったら「代替品をお持ちする」をチェックして、支払い方法(カードか代引き)を選択して注文確定で終了です。 配送時間どおりに注文した商品がきちんと届くかどうかが、とってもドキドキしますよね。 さて今回届いた品物は、どんな感じだったのでしょうか? 西友ドットコムで実際に注文して届いた品物たちはこちら! 「ピンポーン!西友ネットスーパーです。 」 注文した日時は平日の18:00〜20:00で、届いた時間は 18:30で、とっても元気で優しそうなおじ様が届けて下さいました。 「SEIYUドットコム」の商品は、近くの西友の店舗から届く 「ネットスーパー」、配送センターから宅配便で届く 「SEIYU倉庫館」いずれかで届きます。 地域によっても違いますが、「ネットスーパー」は 最短当日、「SEIYU倉庫館」からは 最短で2日後に届くようになっています。 注文は 24時間365日受付していて、 当日15時までの注文は、その日のうちに指定の住所宅まで届くようなシステムになっています。 20時ギリギリに到着とか遅れたとかではなかったため、ちょうどいい時間に届けていただきました。 普通のスーパーのレジ袋に入れて届けていただきましたが、レジ袋は追加でかかることはありませんでした。 西友の店舗で実際に買うと、レジ袋代は別料金で取られてしまいます。 他のネットスーパーでもレジ袋代は別料金がかかる中、 ネットスーパーのレジ袋代無料化はかなりうれしいサービスです。 こちらが今回購入した商品です。 何だか納豆が多いですね(笑) 今回注文した金額は、送料無料で 5,837円です。 4人家族の我が家では3〜4日分ぐらいの量ですね。 表示を見ると、我が家の配送元は近くの店舗ではなく、食品流通センターから配送されたようです。 西友ネットスーパーでは「ネットスーパー取り扱い店舗」 が限られていて、実際の店舗とは商品管理方法が違っているからです。 ネットスーパー配送エリア外に住んでいる方は、「SEIYU倉庫館」より商品が届くようになっています。 アメリカ産の豚ロース肉ですが、 100gあたり97円は我が家の地域では チラシの特売価格並みに安いです。 ハンバーグを作ろうかと思って買った合いびき肉も 100g97円と、やはり特売価格並みに安いです! 実際に作ってみたのですが、絶品の肉汁じゅわっとハンバーグができました。 唐揚げ用に買った国産の若どりもも肉も、 100gあたり97円と安すぎる! 同時に鶏の胸肉もお安いですので、安いお肉で簡単にやわらかくする方法で、お得においしく食べることもできちゃいます。 生鮮食材が心配でしたが、トマトもツヤがあって腐っている部分などはありませんでした。 配達では1番難しいであろうと思われるいちごを、実験に注文してみました。 オモテ面は、問題なさそうですね。 肝心のウラ面ですが、このように潰れていたり腐っている部分がなくて、きちんとした商品を人間の目で厳選して選んでいることがわかりました。 ネットスーパーでまとめ買いしたら、すぐに下処理がおすすめ! 「まとめ買いしても、食べきれなくてダメにしちゃうこともあるのよね。 」 5,000円以上で送料無料なことで、ネットスーパーではまとめ買いをされる方が多いと思います。 そんな時は、すぐに下処理をしてしまいましょう。 レタスや水菜などの葉物類は、キッチンペーパーを濡らしたものを根元に巻いておけば、 約1週間は鮮度が保てます。 ブロッコリーもすぐに温野菜にして、私は 無印良品の「バルブ付き密閉保存容器」に入れてレンジでチンして保存しています。 1〜2日ですぐに使うお肉に関しては、同じく密閉保存容器に入れて 冷蔵保存しています。 すぐに使わないお肉に関しては、ラップをして保存用ビニールとジップロックに入れて冷凍庫に入れます。 お肉に下味をつけて冷凍保存すれば鮮度が落ちにくく、 1〜2週間はおいしさを保つことができます。 鮮度が命のサーモンやお野菜を実際にサラダにして食べてみましたが、味が濃くてとてもおいしかったです。 「西友のネットスーパーって、なかなかやるじゃん!」と思いながら、家族でおいしくいただくことができました。 西友のネットスーパーのメリットは、他と比べて価格が安い! 「SEIYU ドットコム」の最大のメリットは、 他のネットスーパーと比べても圧倒的に価格が安いことです。 ネットスーパーの価格はスーパーと同じ価格なのかと疑って、実際に店舗に足を運んでみましたが、本当に 同じ価格でした(笑) 100gあたりの豚こま肉が、イオンやイトーヨーカドーが特売ではない日は100円以上するのに対し、常に 100円以下で買うことができます。 なんと牛カルビ肉までが 100gあたり197円と、驚異的な安さで出ていました。 野菜に関してもスーパーの価格と同じで、イオンやイトーヨーカドーのキャベツと比べても、 50円近く安かったです。 しかも生鮮食品に満足できなかった場合は、スーパーと同様にネットスーパーでも 全額返金保証制度があります。 商品の鮮度に不満がある場合は、専用ダイヤルに電話をすればOKです。 品質には、とても自信を持っている証拠ですね。 国産や特売日などで若干違ってきますが、 「毎日安いって、エンタメ。 」と言うとおり本当に価格が安いです。 大量仕入れで流通の配送方法を工夫しているためか、 食費を出来る限り節約したい方には「SEIYU ドットコム」はとてもおすすめであるがわかります。 1ヶ月に2万円のお買い物をしたとしたら、 年間で7,200円もお得に買うことができます。 しかしポイント付与ではなく現金値引きですから、ポイントを交換したり、有効期限を気にする必要がありません。 永久不滅ポイントが1,000円で1ポイント貯まることを考えると、 3%OFFの方が利用価値は高いです。 西友メインでお買い物をする方にとってみたら、とってもお得なカードであることは間違いありません。 年会費は 無料です。 最短3営業日とスピード発行されますので、お財布に1枚入れておきましょう。 「SEIYU ドットコム」にもデメリットが3点あった! 他のネットスーパーと比較して、「SEIYU ドットコム」にもデメリットはもちろんあります。 デメリットその1:配送時間指定が少ない、配送まで時間がややかかる いつもイオンやイトーヨーカドーのネットスーパーを利用している私ですが、比較すると 配送時間指定が少ないです。 地域によっても全然違うのですが、私の所ではイオンは1日6便、イトーヨーカドーは1日10便指定ができます。 しかし西友は 1日5便と 指定できる時間帯が1番少ないですし、20:00〜22:00の時間帯は利用することができません。 忙しい共働き家庭にとって、 夜の配送が使えない点は非常に残念な点です。 配送時間指定も、締め切り時間から 最短で5時間ですので、イオンは3時間、イトーヨカドーは4時間と考えるとやや見劣りしてしまいます。 時間帯によっては、買い物が可能な商品とできない商品が出て来ることがあります。 西友に問い合わせをして聞いてみたところ、安定的に供給できないと判断した時にその時間帯の配送が選べなくなるとのことでした。 それでも 生協よりは配送時間が早いこと、1日5便も選べるのですから、やはり ネットスーパーは優れていると言えるでしょう。 デメリットその2:送料は同じだけれど、配送エリアが非常にせまい 送料に関しては、イオンとイトーヨーカドーと同じく5,000円未満の買い物で 1回300円(税別)かかります。 イオンが45都道府県、イトーヨーカドーは24都道府県と、広いエリアでネットスーパーを利用することができます。 しかし「SEIYU ドットコム」では 14都道府県と、 圧倒的に配送エリアが少ないです。 ネットスーパーでの配送数の拡大はかなり難しいようでして、現在は1部の店舗だけで 「うけとロッカー」という、受け取り専用のロッカーが設置されるようになりました。 今後は駅周辺にも拡大していくようですので、拡大次第では忙しい方にも便利になっていくことが予想されます。 デメリットその3:メモ欄がないことで、注文時の柔軟性がない イトーヨーカドーでは、エコバスケットやレジ袋かを選択できるのに対し、やはりレジ袋一択しか選択できないのは不便です。 他にもお肉など発泡スチロールを取ったり、魚は三枚おろしにして下さいなどを書くメモ欄がないことで柔軟性がありません。 サンマも内蔵などは、自分で取る必要があります。 西友の担当の方にお聞きした所、 品質と鮮度を保つためだそうです。 魚をさばくのが苦手な人にとってみたらしんどいかもしれませんが、信頼が大切であることも非常によくわかります。 ちょっとシステマチックな部分がありますので、リアル店舗に近い形で注文したい方は、が1番おすすめです。 今後の配送エリアの拡大やシステムの柔軟な改善に、ぜひとも期待したいところです。 安くて品質がよく、食費と時間の節約派にとってもおすすめ! 他のネットスーパーと比較すると、 品質的は同等レベルなのに、価格が抜群に安い点は非常にメリット大です。 やはりお肉の100g辺りの価格が100円を切っている点は、大家族になるほどありがたい価格であることでしょう。 野菜の鮮度も抜群なのに、 全額返金保証がある点は安心して注文することができます。 配送時間や注文時のシステムにやや難点がありますが、休日にまとめて配送してもらうことで、 食費も時間もダブルで節約することができます。 ネットスーパー自体が、どこのスーパーも赤字覚悟で運営していて、サミットネットスーパーは事業を撤退してしまったぐらいです。 ネットスーパーは生協と違って、その時間に受け取れない点がストレスになる方も多いかもしれません。 今後はロッカー受け取りシステムがどれだけ浸透していくかで、ネットスーパーの勝敗が決まってくるかもしれません。 大量にまとめ買いして食費がピンチの時は、「SEIYU ドットコム」を我が家は利用してみようと思います。 100円でも1年で3,650円、10年で3万0,650円と バカにできない額になってきます。 選び方をちょっと工夫することで、家計も楽に節約することができます。 忙しく働く子育て中の我が家にとっては、時間もお金も節約できますから、もうやめられないですね。 あ、でも買い過ぎに注意しなきゃ! 毎日忙しいあなたは、西友のネットスーパー「SEIYUドットコム」で、 食費も時間も楽しく節約しちゃいましょう。 西友は楽天西友ネットスーパーとして生まれ変わる! ネットスーパーや食材宅配は、こちらも合わせて読みたい ネットスーパー主要4社を徹底的に比較してみました 忙しい人でも、西友ネットスーパーの活用する方法はこちら! 商品点数が豊富でおすすめ度No. 1 イトーヨーカドーネットスーパー オーナーズカードがあればとってもお得!イオンネットスーパー 忙しくて留守中でも安心!カード払いも可の生協「パルシステム」 「オムニ7」では、ネットスーパーが「セブン-イレブン」で受け取り可能!.

次の