君 と の ラブ ストーリー それは 予想 通り 歌詞。 Pretender 歌詞 Official髭男dism ※ sva.wistron.com

Official髭男dismさんの「Pretender」を私的に歌詞解釈

君 と の ラブ ストーリー それは 予想 通り 歌詞

こんばんは。 あんにんです。 先日、大ヒット映画 『コンフィデンスマンJP』観にいったのですが、 その主題歌がやけに耳に残っていたので、気になって調べました。 それは聴けば聴くほど心を揺さぶられる切ないラブソング。 でも、人生で一度は、 これほどまでに誰かのことを想えたら幸せだよなと感じるような、 等身大のまっすぐな感情が詰め込まれています。 髭男dismの新曲は恋の終わりを告げる切ないラブストーリー「Pretender」 2019年5月17に力公開されている映画 『コンフィデンスマンJP』 は、 大ヒットドラマ待望の映画化ということで、今期注目されている作品です。 その主題歌として抜擢されたのは、 いま大注目のOfficail髭男dismが書き下ろした 『Pretender』です。 髭男dismとは? 出典: まず気になるのが、 髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)という なかなかキャッチーなバンド名ですよね。 (お笑いのかと思った。 笑) 髭の似合う年齢になっても、誰もがワクワクする音楽を続けたいという思いが バンド名に込められており、通称 「ヒゲダン」と親しまれています。 男性4人組みのバンドで、2018年4月にメジャーデビューしたばかりです。 2012年の島根で結成されてから、地元を中心にライブ活動を続けてきました。 メジャーデビュー曲となった主題歌「」がドラマ版でも起用され、 一躍話題をよんだため、今回の映画版での起用もかなり期待が寄せられています! 耳に残る曲調と、ボーカルの切ない声色にハマっていく人も多いようです。 かくいう私自身も、映画館で一度聞いてばらく耳から離れませんでした。 これからますます活躍の幅を広げていく、注目の若手バンドのようです!! 『Pretender』の歌詞にグッとくる! 映画「コンフィデンスマンJP」のエンドロールで流れる 『Pretender』。 耳心地のいいミディアムナンバーにのせられた歌詞は、 ラブストーリーの終わりを綴ったものですが、 痛いくらいに切なくてリアルな描写なのです。 想像するほどに苦しくなるほどまっすぐな思いが込められているように感じます。 の公式ミュージックビデオは台湾で撮影されたそうで、 映画コンフィデンスマンの舞台が香港ということもあり、 映画の世界観とリンクしているようにも感じます。 ノスタルジックな背景のネオンが、余計に哀愁をかもしだしているようですね。 「Pretender」歌詞 「君は綺麗だ」 ここまでの心境の変化を受けて、4:09からのラストのサビのフレーズでは、 「それじゃ僕にとって君は何?」と自問自答します。 この一曲でヒゲダンの世界観に一気に引き込まれてしまいました! これからの活躍を追っていきたいと思います。 ms-diamonds-sea.

次の

Pretender

君 と の ラブ ストーリー それは 予想 通り 歌詞

大ブレークし今や知らない人のいない髭男ことOfficial髭男dism。 このバンドのブレイクのきっかけとなったPretenderを今更ながら歌詞を考察していきます。 この曲は、映画「コンフィデンスマンJP」主題歌となっており切ないラブソングとなっています。 1.切ない世界観 この曲は別れを切なく歌っています。 その歌詞はまるでドラマかのようにとてもリアルです。 そして、「ずっとそばにいたって結局ただの観客だ」から、恋愛に盛り上がっていたのは結局自分だけだということです。 自分は相手へ好きな想いはあったものの結局相手は好きではなく、そばにいっても結局ただの他人のような形になっているということです。 この心情をただの観客と表現する髭男の言葉遣いは素晴らしいです。 いわゆる恋愛に対して後悔している場面です。 もっと違っていたらという後悔を「もっと違う設定」で表現する辺りはドラマかのように感じて素晴らしいと感じました。 この歌詞で一気に引き込まれるのは歌声が綺麗なのもそうですが、歌詞全体がドラマのようにリアルで綺麗な歌詞だからではと感じました。 この「君は綺麗だ」というフレーズは何回もこの曲に登場します。 別れても「君は綺麗」という事実は変わらないということです。 別れて、もっとこうしていれば、もっと自分が違う価値観を持っていたら、でも結局は私はただの観客だったらという後悔があります。 しかし、どんな形であり「君は綺麗だ」という事実は変わることはないです。 後悔しながらも「君は綺麗」ということは変わらないということを伝える曲ではないでしょうか。 まとめ 以上です。 Pretenderの歌詞はドラマのようにとても綺麗な歌詞です。 歌詞を読んでいきましたらヒットしている理由が分かった気がしました。 Pretenderは2019年の代表曲になりそうです。 choochoo0814.

次の

Official髭男dism『Pretender』は痛いほど切ないラブソング

君 と の ラブ ストーリー それは 予想 通り 歌詞

2019年4月16日にで Videoが公開された、髭男dismの「Pretender」。 とりあえずまだ聴いてない方は聴いてみてください。 君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まれば一人芝居だ ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ 感情のない アイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで痛いや いやでも 甘いや いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えはわからない わかりたくもないのさ たったひとつ 確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンと来なくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ もっと違う設定でもっと違う関係で 出会える 選べたらよかった 至って純な心で 叶った恋を抱きしめて 好きだとか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ グッバイ 繋いだ手の向こうに 引き伸ばす度に 疼き出す未来には 君はいない その事実にCry… そりゃ苦しいよな グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えはわからない わかりたくもないのさ たったひとつ 確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスのさだめなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 これはもう「髭男dism」というアーティストのこれまでが昇華された、一つの完成形でしょう。 今回はこの「Pretender」という曲の魅力を、3つの観点から熱く真面目に、思う存分語りたいと思います(以下あくまでも個人の意見です)。 「Pretender」の魅力その1…メロディ まずなめらかに耳に入ってくるイントロ。 すでにこの時点で、映画のエンドロールを見ているかのような気持ちになるのは私だけでしょうか。 Aメロで静かに現実を語り、Bメロで叶うはずのない願いを込めてサビに持っていく。 このBメロが、歌詞とともにものすごくサビを引き立てています。 コース料理で言うオードブルか、メインディッシュ前のスープです。 「次は何が来るんだ?もう待てねえよ!」そんな気分になるサビ前になっています。 そしてサビです。 もうこれは言うまでもないでしょう。 また、このメロディ面で言及したいのがラストです。 それもこれもロマンスのさだめなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 の部分です。 こんな美しい終わり方は21年間生きてきて、生まれて初めてでした。 そしてその次の アウトロはイントロと同じなんですよ!なので、この曲をリピートしていると、ずっとつながっているような感じがします。 ピアノにして終演を思わせておきながら、「グッバイ」と言いながらも、続いていってしまう… こんなストーリー性の高いメロディ構成がいまだかつてあったでしょうか。 もはやバンド版オペラと言っても過言ではない。 「Pretender」の魅力その2…歌詞 次は歌詞です。 男性視点の曲だと思いますが、歌詞の一つひとつの言葉が女性の私にも痛いほど心にきます…。 至って純な心で 叶った恋を抱きしめて 好きだとか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ こことか読むと禁断の恋系っぽいですが、私はちょっと違うんじゃないかなと思っています。 MVや「コンフィデンスマンJP」を知ってるからかもしれませんけどね。 (この2つについては後述します) それに、ただの失恋ソングでもない。 全体的になよなよしていないところがいいんですよね。 叶わない願望を言いながらも、厳しい現実をきちんと受け止めています。 また、自分のことも、相手のことも、誰のことも否定していない。 「君は綺麗だ 」 単純に真っ直ぐな気持ちで言っているのか、色々な思いがこもっているのか、そのどっちもなのか…。 いずれにしても、「Pretender」な相手への、嘘偽りのない確かな言葉ということが伝わります。 そして最後には、 それもこれもロマンスのさだめなら 悪くないよな 私にはわかります。 この人絶対いい人。 「Pretender」の魅力その3…映像 Music Video この「Pretender」にはMusic Videoがあるので、そちらも紹介します。 フルバージョンを出してくださった公式チャンネルさんには感謝しかありません。 舞台は台湾でしょうか。 全てが素晴らしいです。 ヒゲダンの演奏シーンとストーリーシーンが絶妙に合わさって、大好きな雰囲気です。 ボーカルがピアノってバンドはあまり知らないんですが、かっこいいですね…。 ストーリーシーンの終わり方もめっちゃ気になる。 曲だけでも最高ですが、映像も加わると鬼に金棒。 虎に翼。 弁慶に。 コンフィデンスマンJP 「コンフィデンスマンJP」は、2018年の春クールで放送された月9ドラマです。 そのエンディングがヒゲダンの 「ノーダウト」でした。 この曲もめっちゃいいです そして、2019年5月17日に公開される 映画「コンフィデンスマンJP」の主題歌 がこの「Pretender」なのです!! この曲が映画館で聴けるなんて…どんな天国ですか…。 主演はさん、周りを固めるのはさん、さんなどの豪華キャストです。 ドラマ「」シリーズ、映画「」シリーズ、映画「」あたりが好きな方は、 さんの脚本作品ですので必見です! 「Pretender」も映画と組み合わさってどんな形になるのか、とても楽しみです。 終わりに ひたすら「Pretender」について語っていたら、いつの間にか3000文字近く書いていました。 普段のレポートもこのくらいするする仕上がったら嬉しいんですけどね…。 完全に自己満足の文章ですが、少しでもこの曲に興味を持っていただけたら幸いです。 そして 「髭男dism」を知らなかった方はこの機会にぜひ、他の曲も聴いてみてください!.

次の