ついていく漢字。 GHQだけではなかった「漢字廃止論」 いま、漢字を使い続ける意味を考える:朝日新聞GLOBE+

漢字はいつ生まれてどのように変化を遂げていったのか?

ついていく漢字

この記事の目次• 甲骨文字の誕生 中国で最初に文字をつくったのは 黄帝 こうてい に仕えていた 蒼頡 そうけつ という人物であるとされています。 蒼頡は鳥が砂場を歩いた後足跡が残っているのを見て 「この足跡を見ただけで鳥が歩いたことが推測できるということは…!」 と 閃 ひらめ いて文字を考案するに至ったそうです。 もしもこの伝説が本当ならば、 紀元前2500~2400年頃に漢字が生まれていたということになりますが、 漢字が用いられていることが名実共に確認されているのは 紀元前1300~1000年頃の殷代後期とのことです。 この漢字の名前は皆さんも聞いたことあるでしょう。 甲骨文字 こうこつもじ もしくは 亀甲獣骨文 きっこうじゅうこつもん と呼ばれています。 占いの結果を占いで使った亀の甲羅や動物の骨に 刻みつけているということからこの名が冠せられました。 次々と派生していく漢字 甲骨文字は物の形をかたどって作られた象形文字がほとんどだったようですが、 それらのものを組み合わせた会意文字や抽象的な概念を示す指示文字、 そして周代には意味を表す意符と音を表す音符とが組み合わさった形声文字が どんどん作られていくようになります。 文字も甲骨文字から青銅器などに刻まれた金文へと姿を変え、 周王朝に凋落の兆しが見え始めた頃には オタマジャクシのような形をしている 蝌蚪 とか 文字や 太史籀 たいしちゅう が考案した 大篆 だいてん が通行するように。 しかし、広い中国に同じ文字を行きわたらせる力は 既に周王朝には無かったため、春秋戦国時代には各国でオリジナルの文字が 使われるようになってしまったのでした。 始皇帝が小篆をつくる 手ごわいライバルたちを倒して戦国時代の動乱を終わらせた 秦の始皇帝 しんのしこうてい は かねてより各国で文字が違うということを問題視していたために 中華統一後は速やかに文字の統一に着手しました。 始皇帝は 李斯 りし に命じて周王朝が最後に残した権威の証ともいえる大篆を 簡便なものにアレンジさせて 小篆 しょうてん と呼ばれる文字をつくらせたのです。 この小篆は現代でも主に印鑑などで使われる書体ですから 皆さんにとっても馴染み深いものですよね。 文字はますます簡便化する 隷書が通行するようになって文字の問題も一件落着したわけですが、 人間と言うのは昔から 「もっと楽したい」と願ってしまう生き物らしく、 文字の簡便化はますます進んでいったのでした。 アルファベットの筆記体よろしくますます手で書くのに適した姿に 変化を遂げていった漢字は、後漢を過ぎると現代私たちが使っている 楷書体 かいしょたい や行書体、草書体で書かれるようになったということです。 そして更に時が過ぎ、中華人民共和国では簡体字が制定されます。 「これはちょっと簡略化しすぎじゃない?」 というものも中にはありますが、 手書きで書くときにこれほど便利な漢字は無いので 正直ときどきうらやましくなりますね。 三国志ライターchopsticksの独り言 ひとえに漢字といっても、その姿は時代によって全く異なるものです。 そのために中国では一昔前の文字を読み解く努力が 早い段階からなされていました。 彼らが文字にかけた情念には並々ならぬものを感じます。 皆さんもたまには漢字に思いを馳せ、そのルーツを探ってみてはいかがでしょうか?.

次の

GHQだけではなかった「漢字廃止論」 いま、漢字を使い続ける意味を考える:朝日新聞GLOBE+

ついていく漢字

A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー はじめまして。 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。 A ベストアンサー 「立ち居振舞い」とは、立ったり座ったりの身のこなし、日常の動作のことです。 立ったり座ったりだから「立ち居」なのです。 「立ち振舞い」だと座ることが抜けてしまいます。 (笑) では、なぜ「立ち振舞い」が、同義語として載っている辞書があるのか? 、言葉は生き物です。 正しくなくとも使う人が大勢いると誤りもやがては誤りではなくなってしまうのです。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

次の

生活基本漢字

ついていく漢字

奇しくも(くしくも 「不思議なことに」という意味の「奇しくも」は「くしくも」と読みます。 「きしくも」と変換しても出てきませんので、注意してくださいね。 荘厳(そうごん) 「見事でおごそかな」という意味の「荘厳」。 見るからに立派な印象がある漢字ですが、これは「そうごん」と読みます。 「そうげん」と読んでいた方は、この場でこっそり改めましょう。 出汁(だし) お味噌汁に欠かせない出汁は「だし」と読みます。 間違っても「でじる」だなんて読まないでくださいね。 ちなみに、同じく「汁」という漢字を用いた言葉に「肉汁」や「果汁」がありますが、こちらは「にくじる」ではなく、「にくじゅう」、「かじる」ではなく、「かじゅう」です。 重複(ちょうふく) 物事がいくつも重なりあっていることを表すこの言葉。 正しくは「ちょうふく」と読むのですが、「じゅうふく」と読む人の多いこと多いこと……。 そのおかげで、いまでは「慣用読み」と言われる一般的にその呼び名が普及したために正しい呼び名とするものに「じゅうふく」も含まれています。 他人事(ひとごと) 自分とは関係のない他の人のこと。 また関係ない物事にも使うことがあります。 つい「たにんごと」と読んでしまいたくなりますが、正しくは「ひとごと」です。 バカにされないようしっかり覚えましょう。 間違えたまま勘違いして覚えていることの多い「漢字の読み方」。 みなさんは大丈夫でしたか? 大事なシーンで赤っ恥をかかないように、今一度しっかりと復習しておきましょう。 25追記 「荘厳」について、仏教的な用語で使用する場合は「しょうごん」と読みますが、一般的には「そうごん」が正しい読みとなります。 読者の皆様にお詫びして訂正致します。

次の