ビジネス 革靴 人気。 【コスパ~高級まで】革靴・ビジネスシューズ人気ブランド20選

彼氏にビジネスシューズ・革靴をプレゼント!オシャレなブランドは?

ビジネス 革靴 人気

革靴の種類 革靴の種類は主に、「ストレートチップ」「Uチップ」「ウイングチップ」「モンクストラップ」「ローファー」「デッキシューズ」の6種類に分けられます。 「ストレートチップ」は、つま先に横一線の切り替えが入った革靴のこと。 「Uチップ」は、足の甲をUラインで切り替えた、ボリューム感と厚みのある革靴です。 「ウイングチップ」はつま先の切り替えに飾り穴を使用し、羽根のようなW字型になっているのが特徴。 「モンクストラップ」は紐ではなくバックルで留めるタイプの革靴で、着脱が簡単です。 「ローファー」は主に学生が履いている革靴。 スリッポン型で靴紐がなく、着脱しやすいのがポイントです。 「デッキシューズ」はもともと船などの甲板で滑らないように作られた靴。 ラバーソールに切り込みが入っているタイプです。 革靴の種類についてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 革靴のメンズコーデ 上品さと清涼感を融合したキレイめカジュアル By: デニムジャケットとスウェットパンツでカジュアルさを醸しながら、足元に革靴を合わせることで上品さをプラス。 また、ボトムがスウェット素材なので、清涼感のある印象です。 カジュアルながらラフすぎないコーディネートにまとまっています。 パーカーとコートでシティーボーイ風 By: 「シティーボーイ」とは、都会的で洗練されたファッションの男性を指します。 革靴は、シティーボーイ風コーディネートの必須アイテム。 パーカーとステンカラーのコートは鉄板の組み合わせで、飾りすぎないスタイルに仕上がります。 ルーズシルエットを革靴で引き締める By: ルーズなシルエットのトップスとボトムスを組み合わせた、トレンド感のあるコーディネート。 上下ともルーズなシルエットではリラックス感が出すぎてしまいますが、革靴を合わせることで全体が引き締まります。 ハードなライダースと革靴でモード感を演出 By: ハードなイメージがあるライダースジャケットと、革靴の相性は良好です。 ライダース、インナーのシャツ、革靴をブラックカラーで揃え、ボトムスだけあえてブラウンにしてアクセントを加えています。 王道のアイビーファッションを今風に着崩す By: ブラウンのチェック柄ジャケットと同系色のパンツを合わせた、王道のアイビーファッション。 ブラウンで揃えることにより、クラシックな雰囲気を演出しています。 インナーに合わせた白いカットソーで、少し着崩しているのがポイントです。 MA-1と革靴を合わせる By: グレーのワイドパンツとカーキのMA-1に、白いトップスを合わせたコーデ。 全体的に柔らかいカラーを使用していますが、足元にブラックの革靴を取り入れて、カッチリとまとめています。 革靴のお手入れ方法 革靴のお手入れ方法には、汚れ取り・磨き・撥水の3つの工程があります。 まずは、ブラシで砂やホコリなどの細かい汚れを落とすように、前から後ろへブラッシング。 革靴の手入れにおいて、ブラッシングは最も重要なので、丁寧に行うように心がけてみてください。 次に、専用のクリームを薄く塗って、靴に付いた汚れを拭き取っていきましょう。 汚れが取れたら、革靴と同系色のクリームを塗り、布で磨いて光沢を出します。 光沢が出たら、撥水スプレーをかけて完了。 可能なら、革靴の形状維持のため、シューキーパーを入れておくことをおすすめします。

次の

【革靴】メンズビジネスシューズのおすすめブランド人気30選!履きやすい靴10選も紹介

ビジネス 革靴 人気

最近のビジネスシューズの進化は凄まじく、防水や歩きやすさなどの機能性の高さに加え、デザインもいいものがたくさん販売されています。 しかしブランドものの高いものから1万円以下の安いものまで価格もバラバラで、どれが本当に買うべき商品なのか迷ってしまっていませんか? 今回は Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位のビジネスシューズ18商品を比較して、最もおすすめのビジネスシューズを決定したいと思います。 比較検証は以下の4点について行いました。 靴のつくり• 解体による内部調査• 履き心地• 防水性 果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?ビジネスシューズの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。 今回のビジネスシューズの検証には、テレビや雑誌などでも活躍する服飾ジャーナリストの飯野高広さんにご協力いただきました。 <服飾ジャーナリスト 飯野高広さん> 1967年東京都生まれ。 大学卒業後、大手メーカーに勤務。 2002年に服飾ジャーナリストとして独立。 紳士靴・スーツ・筆記具・香水など、男のファッションアイテムを得意としている。 また、服飾学校を中心に講師としても教鞭を執るなど、幅広く活躍中。 主な著書に『紳士靴を嗜む はじめの一歩から極めるまで』(朝日新聞出版)、『紳士服を嗜む 身体と心に合う一着を選ぶ』(朝日新聞出版)、『大切な靴と長くつきあうための靴磨き・手入れがよくわかる本』(池田書店)などがある。 今回検証した商品• ROCKPORT|ドレスポーツ2• ムーンスター|ビジネスシューズ SPH4610• REGAL|ビジネスシューズ プレーントウ• アシックス商事|テクシーリュクス ビジネスシューズ• アサヒシューズ|ビジネスシューズ ゴアテックス• サンアロー|ビジネスシューズ• ムーンスター|ビジネスシューズSPH4601• リーガルコーポレーション|ビジネスシューズ ストレートチップ• HYDRO-TECH|ビジネスシューズ ブラックコレクション• 世界長ユニオン|ビジネスシューズ• MARAIS LUXE(同)|ビジネスレザーシューズ• Arno|メンズビジネスシューズ• Fengbao|ビジネスシューズ メンズ 本革• 神戸リベラル|LIBERALビジネスシューズ• ZEENO|ビジネスシューズ ヒールアップ• Visionreast|ビジネスシューズ 外羽根• メンズ・サンエー|ビジネスシューズ ロングノーズ• Hellozebra|ビジネスシューズ レースアップ 靴のつくりは「 価格見合い」という傾向が見て取れました。 良いものはそれなりの値段がします。 その中で注目したいのは2商品ありました。 ひとつはリーガルの「ビジネスシューズプレーントウ」。 圧巻の仕上がりですね! 革のキメ細かさは他とは全然違いますし、靴内部のライニングも、足の甲が来る部分に布をしっかりとつけて縫製しているなど、 まさにジャパンクオリティの丁寧なつくりが印象的でした。 嬉しい驚きだったのが、リナシャンテバレンチノの「ビジネスシューズ」です。 アッパーの革質は無理に厚化粧してギラギラ輝かせ過ぎていないのが好感を持てます。 縫製もしっかりとしていて、足を入れてもスムーズな通りです。 もう少し高価格帯として販売しても、十分通用する完成度です。 最高評価を集めたのがこちら。 最大の魅力が、 従来の革靴の概念を覆してしまうほどの高い機能性です。 靴内部の作り・縫製は最高評価。 かかとのホールド具合も上々でフィット感も抜群です。 アッパーの縫製はお見事。 飯野さんからは、「直線は直線に、曲線は曲線に、正しく丁寧な仕事はロックポートの設計力の確かさと、工場の高度な製造技術を裏付けていますね」との評価。 ソールはとにかく軽く、まるで浮き上がるかのような軽快感は格別。 もちろん、歩行検証における評価は全項目最高評価でした。 「 全く非の打ち所ない革靴ですね。 業界有数のイノベーション企業だけに、その個性も品質も際立っています。 見た目はビジネスシューズ、履き心地はスニーカーそのもの。 デザインも伴ってきていますよね。 安心してお買い求めいただける1足です」と飯野さん。 超ハイスペックな機能性をスマートな見た目に落としこんだ「ビジネスシューズ ドレスポーツ2」こそ、mybestが自信を持っておすすめするマストバイビジネスシュースです。 アッパーの革は価格以上の質感で、その縫製も問題なし。 実際、歩行検証においても歩きやすさは高い評価となりました。 また、 足に馴染めば今後さらにフィット感が向上する予感がしました。 内部に用いられた素材は 蒸れにくい独自の素材を使用していて、足を入れた瞬間からさらっとした清涼感を感じました。 歩行検証においても蒸れにくさは最高の評価です。 ソールはグリップ力に富み、滑りにくい仕様。 濡れた路面でも高い歩行安定性を誇ります。 切断してみても、履き口の補強など、 全体的にバランス感のある作りこみがなされていることがわかりました。 「やはり価格に見合った靴。 この靴もおすすめできますね。 製造元も国内有数の靴メーカーであるムーンスターなので、仕事も丁寧かつ信頼感が持てます。 形がややモダンすぎるきらいもありますが……」と飯野さん。 今回の検証においては、 総合的なバランスがよいこの良作が2位という結果になりました。 「全体的な剛性感はさすがです」。 飯野さんが評価したのがこの靴。 アッパーは牛革を使用。 やや厚くて硬めながらも、堅牢さは見た目からもすぐに伝わって来ます。 つくりも丁寧そのもの。 たとえば靴の内側は、甲が当たる部分のライニングの布にも不自然な皺が出ておらず、 スムーズな履き心地を実現しています。 切断してみると、堅牢かつ縫製に「ダレ」のない構造だとわかりました。 部材選びにも手抜かりがなく、いかにもリーガル。 信頼のできるクオリティです。 ソールは雪道で特に活躍する高いグリップ力。 それ以外の条件では減りが早くなるので、注意が必要です。 今回検証した中では踵のつくりが小さめで、 フィット感も高いデザインになっています。 歩行検証においても、踵がしっかりとホールドされ安定感は格別。 包み込まれている感覚を受けました。 とはいえ、リーガルならではの重みのあるソールだったため、この『重さ』に慣れていないと、長時間歩行すると疲れやすさがありました。 この点は、マイナスポイントとなりました。 「価格の割には非常にお買い得感があります」。 そう飯野さんが絶賛した商品です。 アッパーは牛革を使用し、独特の風合い。 カップインソールを採用し、中底は吸湿性のある素材を配するなど、靴の中の工夫も秀逸です。 切断結果としては、価格の割にしっかりした部材を用いているのがわかります。 特に注目すべきは、かかとの芯材の厚みとなります。 歩行検証でも 歩きやすさなどの全項目で軒並み高評価を獲得しました。 マイナス点となったのが、左右非対称な部分があったことと、ソールの歪みです。 アッパーは牛革。 スマートな見た目と質の高さを両立させた靴といえます。 質のいい靴を履く必要があっても、水場や土まみれの現場など、一般的に革靴には不向きな環境にいかざるを得ない場合には特にうってつけです。 防水性・透湿性に優れた素材 「ゴアテックス」を搭載したコチラの1足。 防水性の高さはピカイチでした。 水の侵入を感じないばかりか、水から引き上げた時に感じるアッパーの撥水性は見事でした。 アッパーの革はややマットな質感ですが、それはゴアテックスの防水性・透湿性を活かすためのようです。 切断してみると、丁寧な縫製がされていることがよくわかりました。 特に底面が外側・内側ともに凝った構造となっています。 ライニング・中底・中敷の縫製はもちろん、アッパーの縫製に乱れはなく、丁寧なつくりが際立ちました。 ソールはやや重みと厚みがあるタイプ。 歩きやすさ・疲れにくさは平均点という評価ですが、特筆すべきは蒸れにくさ。 長時間履いた検証でもほとんど蒸れを感じることがなく、快適そのもの。 若干のマイナス点となったのが履き心地。 特に、 滑りにくさの項目で減点対象となりました。 本革のアッパーはツヤとソフトさのバランスが取れていて、製造元の良心を感じさせます。 内部の縫製もしっかりとしていて、 足を入れてもスムーズ。 ぶつかる所がありません。 ソールはやや重めなのが特徴です。 一見頼りなさそうに見えますが、切断してみるとその印象は変わりました。 部材選びに手抜かりはなく、内部の縫製や仕上げはとても丁寧です。 実際の歩行検証では、歩きやすさ・蒸れにくさ・滑りにくさで高評価を獲得しました。 履いたときに、足の裏にざらっとした感触がり、 少しソールが薄く頼りない印象も。 減点対象となりました。 今回解説をお願いした飯野さんによると、「値段の割にクオリティは抜群。 もう少し価格が高くても十分見合う商品です」との評価でした。 革靴の専門家にご協力いただき、売れ筋上位のビジネスシューズを徹底的に比較・検証しました。 デザインと機能性を両立した商品が数多く登場している現在。 服装に合ったデザインであるのはもちろん、 「雨の日でも使える」「しっかり歩ける」など機能性にも着目して選ぶことが大切です。 その一方で、どんなに機能的な靴であっても、自分の足のサイズや形状に合っていないものは、その機能を十分に果たせないことも忘れてはなりません。

次の

日本の人気ビジネスシューズ・革靴ブランドおすすめ15選 | VOKKA [ヴォッカ]

ビジネス 革靴 人気

メンズ用のビジネスシューズやカジュアルシューズとして人気の高い「リーガル(Regal)」の革靴。 日本生まれのブランドらしく、日本人の足にあったデザインと、品質の良さが魅力です。 しかし、休日にリラックスできるローファーやスリッポン、スーツにぴったりで防水性が高く、雨の日の外回りでも大活躍の高機能なシューズまで、種類は豊富。 どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、リーガルのメンズ革靴の選び方と、通販で購入できるおすすめの商品を、人気ランキング形式でご紹介いたします。 上質な革靴の魅力は、履けば履くほど足に馴染むこと。 リーガルの靴は修理に対応したモデルも多数あるので、一足あれば末長く愛用できますよ。 お気に入りの靴を、長く履けば履くほど、ヒールやソールが傷んでくることは避けられません。 そんなとき、修理可能な製法で作られている革靴なら、メンテナンスしながら履き続けることができます。 一般的に「グッドイヤーウエルト製法」で作られた革靴は、革とソールの縫い付け方に独特な特徴があり、ソール全体を新しく変えることが可能です。 多くの革靴に採用されている製法で、長く愛用したいならこの製法の革靴を選ぶと間違いがありません。 マッケイ製法やステッチダウン製法などは、軽い履き心地が魅力ですが、修理が不可能なものもあり注意が必要です。 革靴は上手に履けば長く履けるものだけに、修理がしやすい製法で作られたものを選ぶのが最善と言えるでしょう。 シャープなロングノーズで、モードに履ける1足です。 細身のボトムと相性が良く、季節を問わず履けるので人気があります。 夏は素足で履いてみるのもお洒落ですよ。 インソールとライニング(裏側)には鮮やかなブルーを使い、脱いでも爽やかな印象です。 ソールは柔軟性のあるモールドタイプのソールを採用。 車の運転時の足捌きを妨げず、長時間の歩行にも疲れにくいのが特徴です。 つや消し加工が施されたホースビットの飾りが、カジュアルコーデをワンランクアップさせてくれます。 金具の音が若干気になるという声もありますが、脱マンネリコーデに一役かってくれる個性的な1足です。 タイプ モダンライン 機能 - 製法 セミマッケイ 修理 不可 リーガルの革靴でトラッドな印象に仕上げたいなら、昔から作られているリーガルの定番・サドルオックスフォードがおすすめ。 ブラウンの革の切替が乗馬の鞍(サドル)をイメージさせることから、この名前で親しまれています。 製法には堅牢なグッドイヤーウェルト製法を採用し、長く愛用できるのが魅力です。 始めは硬めの履き心地ですが、履き込んでいくごとに自分の足にフィットしてくれるのがたまりません。 デニム系のファッションと相性が良く、丸みを帯びたシルエットが程よい品の良さを演出してくれますよ。 若者から年長者まで、どの世代でも似合う不思議な魅力があります。 ショートパンツに合わせて素足で履くのが最高に似合うので、リゾート地で履くのに最適です。 履き心地の良いカップインソールは、高反発と低反発の2種類のスポンジを合わせた特別仕様。 柔らかな履き心地とクッション性を同時に兼ね備えています。 見た目のお洒落さだけでなく、機能性の面でも優れているのが魅力と言えますね。 カラーバリエーションはトリコロールカラーの他に、使い勝手の良いブラック・ブラウン・ネイビー・ホワイトがラインナップ。 落ち着いたカラーを選べば、きちんとしたコーディネートにも使えます。 ライン モダン 機能 高・低反発カップインソール 製法 セミマッケイ 修理 不可 カジュアル用ランキングでトップに輝いたのが、履きやすく脱ぎやすいスリッポンタイプのロングノーズラストヴァンプ。 あらゆるファッションに対応できるシンプルなデザインが人気で、きちんとした着こなしにも、ラフな着こなしにも似合います。 流行の細身シルエットのパンツはもちろん、ベーシックなチノパンツと合わせてもしっくりくるので、休日に人と会う約束をしているなど、カジュアル過ぎないコーディネートにまとめたいときに最適です。 スリッポンタイプと言えば、カジュアルファッションの定番ですが、リーガルのロングノーズラストヴァンプなら、エッジの効いたスリムシルエットでビジネスシーンでの活用もできます。 そんなところが多くの人に選ばれている理由かもしれませんね。 ライン モダン 機能 - 製法 セミマッケイ 修理 不可 外出が多いビジネスマンの強い味方になってくれるのが、ゴアテックスファブリックスを素材に使用したこちらのシューズ。 ゴアテックス独自の防水耐久性と透湿性に優れた1足です。 水を通しにくいので雨が靴の中に染み込むことが無く、その上靴の中の湿気はしっかり通してくれるので、雨の日でも安心して履くことが出来ます。 モンクストラップゴアテックスファブリクスの機能性はそれだけではありません。 履き口に柔らかいスポンジをぐるりと配置することにより肌への負担を軽くし、靴擦れを軽減してくれます。 新品を下ろしたてでもこなれた履き心地を感じられるのは、このスポンジの隠れた実力と言えますね。 ライン モダン 機能 ゴアテックス 製法 セメンテッド 修理 オールソール(1回のみ)&ヒール 長時間の勤務による靴の蒸れやベタ付は気になるものですが、中敷きにクールマックスを使用したこちらの革靴なら、そんな悩みを軽減してくれます。 速乾性と通気性に優れたクールマックスは靴の中の環境を快適に保ち、常にサラッとした感触で履き心地も抜群。 嫌な不快感からサヨナラできますよ。 さらに、軽くて丈夫・滑りにくさを実現したオリジナルアウトソールや、衝撃吸収素材を使用したインソールなど、機能面でも充実。 3Eの幅広設計で、日本人に多い幅広足にぴったりなサイズ感が嬉しいですね。 履きやすさと歩きやすさにこだわった、リーガル定番の革靴として人気を博しています。 シンプルなUチップデザインで、ビジネスシーンはもちろん、カジュアルシーンの着こなしにも活用できるところが魅力。 持っておいて損はない1足と言えます。 ライン リーガルウォーカー 機能 撥水加工・衝撃吸収素材・クールマックス 製法 ステッチダウン 修理 オールソール&ヒール シンプルなデザインとオーソドックスなスタイリングが人気のプレーントウ。 アッパー全体に撥水効果に優れた「SCOTHGARD(スコッチガード)」が施されており、雨に強いのが特徴です。 外出の多いビジネスマンや通勤時に便利で、悪天候でも足元を気にすることなく歩くことができますね。 さらに、中敷にクールマックスを使用することで、いつでもサラッと快適な履き心地を実現しています。 また、メンテナンスの利便性を向上するために、「リプレイサブル・トップリフト」を採用。 最も磨り減りやすい踵のトップリフトのみを交換できるようになったため、メンテナンスにかかる時間と費用の両方を押さえられるようになっています。 しなやかな質感のレザーと、丸みを帯びたつま先が適度な光沢を生み出し、どんなシーンにおいても気後れすることなく履ける1足。 履きジワができにくい上質なカウレザーを使用しているので、美しい形状を長く保ってくれるのが魅力です。 ソールにはスペイン製のCASTER(キャスター)を使用しており、他では得られない特別感を得ることもできます。 ソール裏にはリーガルのロゴ表記と、ロジウムメッキのサイズプレートが埋め込まれており、歩くたびにチラリと見えるところもお洒落ですね。 タイプ モダンライン 機能 - 製法 セミマッケイ 修理 オールソール&ヒール.

次の