急かしてしまってすみません。 rush you の過去

「すみません」の韓国語!謝罪や声かけで使えるフレーズ7つ

急かしてしまってすみません

Sorry(ごめんなさい)。 誰もが知っていて、使い易い謝罪の英語表現にも思えますが、その一方で、相手がその謝罪を受け入れてくれなければ、残念ながら意味を成しません。 そして、 相手がこちらの謝罪を受け入れてくれるかどうか、そこに影響を及ぼす幾つかの大きな要素の中に、 「礼儀正しさ」と「誠実さ」があることは、英語でのコミュニケーションでも同じです。 大切なのは、それらをキチンと言葉(英語)に乗せること。 単に謝っても、 「ゴメンで済むことではない!」と思われてしまうかもしれませんし、たとえ、たくさんの補償を用意しても、 「金で済まそうと思っているのか!」と相手が感じてしまったら、問題をこじらせてしまうかもしれません。 今回は、そうならないように、礼儀正しさと誠実さが伝わる、英語での謝罪の、ポイントとその英語表現をご紹介させていただきたいと思います。 英語で謝るときの、6つのポイント 謝るときに大切なことは、日本語でも英語でも同じですが、まずは申し訳ない気持ちでいることが伝わること、そして、その上で、あらためて信頼関係を回復することです。 まずは、以下の6つのポイントをご覧になってみてください。 これらをいつでも全て、謝罪のときに含めなくてはいけないというわけではありません。 状況に応じて、織り交ぜながら必要なものを含めてください。 そして、それらを英語で表現できるようにしましょう。 礼儀正しく、謝罪の気持を表す 2. 間違いの起こった原因、状況を把握し、説明する 3. 相手への迷惑、損害を認識していることを示す 4. 責任の所在の認識を示す 5. 問題に対して、どう対応するかを伝える 6. 再発の防止、同じ間違いが無いよう約束する 次は具体的に、英語でどのように表現すれば良いのか、ネイティブの英語例文を参考にしながら見ていきましょう。 1.礼儀正しく、謝罪の気持ちを表す:英語の「ごめんなさい」「申し訳ございません」「すみません」 なんらかの被害、迷惑を被り、謝られる側の立場になってみれば当然ですが、謝罪する側の態度、口調、使っている言葉遣いなど、礼儀正しさを欠いていれば、何かと気に障るものです。 ビジネスの場面では特にそうですが、礼儀正しい謝罪を心がけましょう。 カジュアルな謝罪 先述したように、態度、口調、使っている言葉遣いなどで、カジュアルさや礼儀正しさが顕れます。 「あ、ごめん!」「お、ごめん!」といった感じです。 また一般的に、口にする文章の長さにも、礼儀正しさが顕れると受け止められます。 礼儀正しい謝罪 基本的にある程度長くなると「礼儀正しく」なる理由は、文章の中で、「~して申し訳ございません」「~の件、ごめんなさい」といったように、謝罪の内容や原因、経緯の説明が入るからです。 ~について、お詫びします。 Let me review the specifications on my computer. ご不便をおかけして、申し訳ありません。 コンピューターで仕様を確認させて下さい。 We are very sorry about the shipping delay. We are very sorry about the problem that was caused by the shipping delay. シッピングの遅れによって生じた問題について、お詫びいたします。 聞き取れなくてごめんなさい。 でも最終的にそちらでの対応して頂いたのが奏功し、クリアに聞こえるようになりました。 ~をできず、申し訳ございません。 I apologize that I failed to reconfirm the order when we receive the complaint about it. それについてのクレームを受けた際、オーダーを再確認せず、申し訳ありません。 ~の件、申し訳ありません。 I am sorry の後には、節を用いて、何について謝罪しているかを表現することもできます。 見積書に、非常に多くのミスがあり、申し訳ありません。 大変ご迷惑をおかけしまして、申し訳ありません。 ごめんなさい、邪魔をするつもりは無かったのです。 謝る気持ちの強調:「本当に申し訳ありません」「誠に申し訳ありません」 I am sorry は、very や really、terribly などを入れて、謝罪の気持ちを強調できます。 ご不便をおかけして、本当に申し訳ありません。 I am so sorry for any distress this may have caused you. 不快な思いをさせてしまって、本当にごめんなさい。 ご不便をおかけしまして、誠に申し訳ございません。 ~について、特にお詫びします。 会話の最後に急に電話が切れてしまったこと、特に特にお詫びいたします。 Please accept my apologies for the lateness of these notes, however, we had another winter storm yesterday and I was without power. コメントが遅くなったこと、どうぞお許し下さい。 昨日また嵐があり、電気が切れてしまったのです。 昨晩サミットでプレゼンテーションを行えなかったことについて、正式にお詫び申し上げます。 お詫びさせて下さい:Please allow me to apologize for Please allow me to apologize for the inconvenience. You have my direct line. Thank you again for exercising patience. ご不便をおかけしたこと、お詫びさせて下さい。 ご存知のとおり、通常はこういった問題は起こりませんので、今回はご容赦頂ければと存じます。 正しいコピー用紙とバインダーを、今回問題のあった商品について修正を加えたインボイスと共にお送りします。 もしも何か他に問題がありましたら、お気軽にお知らせください。 私の直通電話の情報はお持ちかと存じます。 いずれにしましても、来週すべて問題ないかどうか確認させて頂くため、お電話させて頂きます。 改めまして、ご辛抱頂き、ありがとうございます。 クライアントからのコンプレインに関して問題があった時、お役にたてず、心から申し訳なく思っています。 2.間違いの起こった原因、状況を把握し、説明する(謝罪に添える言葉) 原因や状況が説明されると、謝罪される側にある程度の理解や納得感が生まれるかもしれませんし、こちらは情報を隠そうとしているわけではないと伝われば、誠意も示し易くなります。 今回の欠陥は、システムの問題ではなく、人為的なミスによるものです。 The problem was caused by a lack of information on the part of Distribution Department. この問題は、流通部に情報が行ってなかったために起こりました。 その間違いは、本社とローカルスタッフの間で誤解が生じたことによるものでした。 Our internal communication was not good enough. As a result, we sent the wrong parts for your order. 内部でのコミュニケーションが充分ではありませんでした。 その結果、オーダーと違ったパーツを送ってしまいました。 We realized that there was a defect in the document after we asked printers to bind the copies. 印刷会社に製本を依頼した後、その書類の不備に気づきました。 3.相手への迷惑、損害を認識していることを示す(謝罪に添える言葉) 日本語で言えば、「大変ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。 相手に1万円の損害を出させてしまったのか、1,000万円の損害を被らせたのかでは、当然、謝罪、補償の方法も変わってきます。 私達が修正するまで、この件で、大切な時間を無駄にさせてしまったこと、承知しております。 私達の行為により、今のマーケットトレンドを分析するのにあなたが使っていたデータソースを無くす事態になってしまったことを認識しております。 すぐにお返事しなかったために、無視をされているとお感じになったことでしょう。 4.責任の所在の認識を示す(謝罪に添える言葉) 責任の所在を明確にすることで、言い逃れたいのではなく、謝罪をしたいことが伝わります。 また、新たに信頼関係を築くための出発点となります。 We recognized our distribution center was responsible for the error. We consider our distribution center to have been responsible for the error. 弊社の流通センターがこの間違いについて責任があると認識しております。 We understand that we have full responsibility for this mistake. この間違いは全面的に私達の責任と理解しております。 Our understanding was that the changes in specifications were substantial, rather than minor, and this meant we also had to alter the basic concept and strategy of the campaign, which is what caused the delay. この遅れの責任は私たちにあります。 仕様の変更は小さなものではなく、大きいものと認識しており、これは私達もキャンペーンの基本コンセプトや戦略を変えなければいけないということを意味しており、遅れの原因となりました。 このプロジェクトの失敗の全ての責任を引き受けます。 5.問題に対して、どう対応するかを伝える(謝罪に添える言葉) 申し訳ないと思っていることを伝えることとは別に、現実的には起こってしまっている事象、問題についてどのように対応するかは非常に重要です。 ここに誠意が顕れてきますし、内容によっては謝罪が受け入れられるかもしれません。 I will take immediate action to ship a replacement order from our nearest branch, which will take approximately 2 to 3 hours for delivery お詫び申し上げます。 一番近い視点から代わりの物を、早速、送らせて頂きます。 配送には約2~3時間かかるかと存じます。 we will happily replace the missing parts of your ring. 申し訳ございません。 リングの無くなったパーツにつきましては、もちろん、こちらで代替をご用意させて下さい。 どの時点でエラーが生じたか、ログの情報から発見することが出来ます。 私たちがご提示できる事としては、来年のキャンペーンを無料にするか、ご請求を50%ディスカウントすることです。 We will tell our distribution center to send Item XXX PYZ shortly but it will take two weeks at least. Would you be willing to wait for two weeks? 製品XXX PTZ をすぐに送るようディストリビューションセンターに指示しますが、少なくとも2週間かかってしまいます。 2週間ほどお待ち頂けますでしょうか? Three out of the four orders will be shipped to you today and the remaining item will take approximately two weeks for delivery. 4つ頂いたオーダーのうち、3つについては、本日発送いたします。 他につきましては、デリバリーまで2週間ほど頂戴いたします。 ~致しかねます:we will be unable to ___ We are very sorry you have had this problem, however as you would be aware we only guarantee full replacement within 2 months of purchase, so we will be unable to send you a new printer. 今回の問題、大変申し訳ございませんが、ご存知の通りご購入から2か月まで交換対応させて頂いておりますので、今回、新しいプリンターをお送りすることは致しかねます。 6.再発の防止、同じ間違いが無いよう約束する(謝罪に添える言葉) 現実的な対応としては、起こっている事象、問題に対しての行動と同様に、再発を防止することが重要となります。 「また起こるのではないか」という不安があっては、誠意は伝わらず、謝罪も受け入れられない可能性があります。 必要な手順が取られているかチェックリストで確認することで、今回のような間違いが起こらないよう、充分に努めさせて頂きます。 その日起こった事を見直すために毎日ミーティングを開き、同じ間違いを起こさないようソリューションを見つけていきます。 今後、品質管理を徹底致しますので、こんな事はもう起こりません。 今後は、最高の品質をお約束いたします。 データストレージについて一層努力して参りますので、今後情報が洩れるような事はありません。 まとめ 仕事のミスや不備についての謝罪は、早く、誠意をもって謝るとともに、その後の対応や、今後間違いをどう防ぐのか対策についてもきちんと言及し、信頼を回復できるよう努めましょう。 また、そのためにも相手やシチュエーションに合った、相応しい表現を使えるにしましょう。 謝罪を必要とする問題が発生したことは確かに残念ではありますが、誠意を示し、解決能力を見せることで、以前以上に信頼関係を築くことも可能かもしれません。 頑張りましょう。 こんにちは。 アットイングリッシュ/@English グローバル人材開発室リーダー 新田洋子です。 こちらの編集を担当しております。 私達は、ネイティブ講師による、中級、上級者向けオンライン英会話スクールとして、おかげさまで1 4年間、皆さまと関わらせて頂いております。 本当にありがとうございます。 その感謝を込めて、このサイトと無料メルマガで、 英会話スクール運営で蓄積してきた、【ビジネス英語上達のヒント】をシェアさせて頂きます。 それに際し、以下の3つをご提供することをお約束します。 無料で学べる機会• 考える工夫、伝える技術• 学び合い、成長する仕組み 英語でのコミュニケーションを通して、ビジネスでのご活躍、人生が一歩進むようなお手伝いをさせていただければと願っております。 仕事での英語(スピーキング)に お困りの方へ このサイトとメルマガは、流暢に英語を話すのには不可欠な、知識のインプットを担っています。 実際に喋れるように練習したいとお考えの方は、弊社サイトを訪れてみてください。 ネイティブ講師の、 中級、上級者向けオンライン英会話 アットイングリッシュ/ English (無料体験レッスンも用意しています).

次の

文章で、相手に不快感を与えた時の謝罪

急かしてしまってすみません

Q お世話になります。 外国人の友達とメールをしていて、文の最後に「あなたが幸せでいることをいつも願っています」みたいなニュアンスの文を、いつも書き添えたいと思っているのですが、あまり形式ばった堅苦しい表現は嫌なのです。 」と書いてきます。 これをそのまま真似するのも変なので… 何かちょうどいい表現がありましたらアドバイスください。 表現が堅いとかそうでないとかは、帰国子女などネイティブレベルの人でないと分からない感覚なのではないかと思い、質問しました。 A ベストアンサー 数々のアメリカ人の友人から実際に受けとった物を見てみたら、いろいろあったのでコピペしてみました。 参考になれば幸いです。 Please stay in touch! Take care and will stay in touch... Take care and hope to hear from you soon. I hope to hear from you soon. Stay well, Take care, Have a wonderful day and enjoy living. Warm regards, Take care of yourself and keep in touch. Kindest regards, I hope to hear from you soon. A ベストアンサー 例えば,ビジネスでは,owner というのをよく使います.責任者の意味もあり,その仕事を lead して行く立場です.ex product owner, project owner, 等. 文脈によっては,manager からある仕事を任せられた場合に,assignee という場合もあります.状況により,他にもいろいろあります. 一語の条件が無い場合は,key person というのも.プロジェクトの場合は,ライン管理者でなくとも project manager になることもあります.team leader もそうですね. 「担当者」というのはかなり広い意味合いですから,まずどんな担当者かを決める必要があります.極端には,指示にしたがって命ぜられた仕事をこなすだけの人も「担当者」ですから. A ベストアンサー アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。 これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。 その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。 つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。 これってすごく違うことだと思いませんか? 思って欲しいのです。 動作であるからこそ、I would like to apoligizeとはいえるけどI would like to be sorryとは言えないと言う事を考えればすぐ分かるわけですね。 つまり、I would like to apoligize you all and I would like to apoligize you all and express it from the bottom of my heart, "I am sorry. "と言う表現がまったく違和感無く使えるわけです。 重複している文章ではないわけですね。 と言う事は、謝罪をするのかごめんなさいと言うフィーリングを伝える表現なのかと言う違いがあるわけです。 そうすると、apologizeの方は「文章として使え」、I'm sorryはフィーリングを著説あらわす表現だと言うことになります。 ですから、この違いをしっかりつかんでおけば、謝りたい、謝った、謝るつもりだ、と言うフィーリングを出すときにはapologizeと言う単語当然のごとく使いたくなるわけで、文章にするわけですね。 その謝りたい時に言う表現が「ごめんなさい」と言うせりふになるように、I'm sorryと言う表現を使うわけです。 I thank you. とThank you! の違いに似ているかな。 こちらの方が同じ単語を使うのでちょっと分かりにくいかもしれませんが、感謝しまうと言う文章か「サンキュー」と言うせりふか、の違いですね。 日本でも、謝るときに「謝罪いたします」や「深く感謝いたします」と言う表現もせりふとして使いますね。 でも、どんなときに使いますか? この表現が口から出るときの状況や感覚を感じてください。 今回の英語の表現もまったく同じなのです。 これを口語・硬い表現と分類したところでどうやって使うのかは分からないのではないでしょうか、とふと思いました。 参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。 アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。 これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。 その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。 つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。 A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... A ベストアンサー こんばんは。 辞書やネット検索で調べた結果、「解決する」という意味において以下のような相違があるようです。 【solve】本来の意味は緩めるや答えること。 従って、数学の問題やパズル、犯罪事件など明白な答えが見つかる問題を解決する意味で使われることが多いようです。 【resolve】語源的にはre-(再び、強調の意味)+solveで本来の意味は緩める、settle(争いなどを調停解決する)こと。 従って、2者間、2国間の両者が100%満足が得られない複雑な問題をお互いの妥協点を見いだし解決するような意味で使われることが多いようです。 例:resolve the conflict. resolve the didpute. 以下のURLも参考にしましたので、見ていただければ幸いです。 blogspot. 235. wordreference. 辞書やネット検索で調べた結果、「解決する」という意味において以下のような相違があるようです。 【solve】本来の意味は緩めるや答えること。 従って、数学の問題やパズル、犯罪事件など明白な答えが見つかる問題を解決する意味で使われることが多いようです。 【resolve】語源的にはre-(再び、強調の意味)+solveで本来の意味は緩める、settle(争いなどを調停解決する)こと。 従って、2者間、2国間の両者が100%満足が得られない複雑な問題をお互いの妥協点を見いだし解決す... Q 人づて Aさんとします に聞いた顧客からの 簡単な 質問に対して回答のメールをする際に、「すでにAからお聞き及びかも知れませんが、念のため私からもご連絡申し上げます」というように前置きをしたいと考えています。 同じメールをCCでAさんにも送らなければいけません。 Aさんは管理職で、細かい専門知識はあまり知らないと思いますが、「Aさんが一通りの知識は持っていることを知って書いていますよ・・・あくまで補足のために・・・」と顧客に回答しつつも、顧客に対するAさんの面子を保ちたいのです。 このようなニュアンスで、スマートな表現について、アドバイスいただけますか?それ以前に「英語でのビジネスコミュニケーションでもこのような気遣いが必要か?」についてもコメントいただければと思います。 」として、それから具体的な回答を述べれば先方も何故ご質問者からメールが送られたかがよくわかると思います。 なお、上記の括弧内は入れたほうがより丁寧ではありますが、(特にメールの場合には)ややしつこい感じも受けますので、省いた方がよいかもしれません。 ただし、いずれでも失礼には当たりませんので、お好みでご選択ください。 英語圏でも国、企業文化などでかなり異なりますが、配慮をすることでマイナスになることはまずないと思われます。 ご参考になれば幸いです。 」として、それから具体的な回答を述べれば先方も何故ご質問者からメールが送られたかがよくわかると思います。 なお、上記の括弧内は入れたほう... A ベストアンサー アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 とI'm afraidと言う表現を使って、半分謝る表現が出来ます。 I feel bad that my English made you confused. も半分謝っている表現ですね。 I hope you are not too upset with my English making you confused so many times. も気分を悪くしていなければいいんだけど、と言う表現でもれもまた半分謝っていますね。 この場合あなたの英語が良くなくて混乱させてしまったわけですし別に大きな問題をその人におこしたわけではないし、更に自分が持っている謝るフィーリングを出そうとしているのですから、素直に、I'm sorryで良いと思いますよ。 ただ、謝ることが自分に日があると言うことを認めそれが自分に対して逆被害をこうむる可能性があると言うことであれば、I'm sorryと言う表現は避ける必要なときもありますね。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 とI'm afraidと言う表現を使って、半分謝る表現が出来ます。 I feel bad that my English made you confused. も半分謝っている表現ですね。 I hope you are not too upset with my English making you confused so many times. も気分を悪くしていなければいいんだけど、と言う表現でもれもまた半分謝っていますね。 この場合あなたの英語が良くなくて混乱さ...

次の

【催促メールの英語表現】相手に不快感を与えない英語の催促フレーズ

急かしてしまってすみません

「すみません!!」 日本人ならこの一言でいろいろな状況を乗り切ることができるのですが、英語になるとそうもいきません。 「催促してすみません」「遅れてすみません」「すみませんが失礼します」など、その場に応じて言い回しに変化をつけないと相手の方が首をかしげてしまうかもしれません。 「すみません」に感じた例文をご紹介します。 「遅れてすみません」「わかりません」を英語で言いたい 「何度もすみませんが」「お休み中にすみません」など 夜分遅くに訪ねてしまってすみません。 I am sorry for visiting you so late at night. お休み中のところ邪魔をしてしまってすみません。 I am sorry for interrupting your break. 週末のお休み中に電話をしてしまってすみません。 I am sorry for calling you at the weekend. 食事中にすみません。 ・I am sorry for interrupting when you are having a meal. ・I am sorry for interrupting during your meal. 旅行中にメールを出してしまってすみません。 I am sorry for emailing you while you are on holiday. すみませんができません。 すみませんがわかりません。 (あなたの言っていることが理解できません) すみませんが、そのイベントは欠席します。 ・I apologize but I am unable to attend the event. すみませんがお待ちください。 ・I am sorry to have kept you waiting. (待たせてしまってすみません、のニュアンス) ・I am terribly sorry, but I am going to have to ask you to wait. ・I am terribly sorry, it will take some time. ・I am terribly sorry, you will have to wait. 何度もメールをしてしまって、すみません。 ・I am sorry I keep sending you emails. ・I apologize for the many emails I sent you earlier. また催促してしまってすみません。 ・I am sorry to have asked you again. ・I am sorry that I am writing to you again. 何度も催促してすみませんが、注文書だけ先に送っていただけますか? ・I am sorry I am asking you again, but could you please send me the order form first? (メールの)返信が遅れてすみません。 ・I am sorry for the late reply. ・I am sorry for replying to you so late. ・I am terribly sorry for not replying to you sooner. ・I apologize for the late reply. メールが行き違いになってしまったようで、すみませんでした。 I am sorry that our email must have crossed on the way. 拙い(つたない)英語で分かりづらかったらすみません。 I am sorry if my English is awkward for you to understand. 英語が下手ですみません。 ・I am sorry if my English is awkward. ・I am sorry for my English. 発送が遅れてしまってすみません。 ・We apologise for the delayed delivery. ・We are very sorry for the delay in dispatching your parcel. お礼を言うのが遅くなってすみません。 先日は贈り物をありがとうございました。 I am sorry for the delayedまたはlate reply. Thank you very much for the gift you get me on the other day. 突然このようなメールを送ってしまい、すみません。 I am sorry to bother you. I would like to ask you something. 忙しいところ、このようなお願いをしてしまってすみません。 ・I am sorry to trouble you despite your busy schedule. ・Thank you very much for doing this for me, despite your busy schedule. すみませんがもう一度おっしゃってください。 ・I am sorry, but could you repeat that? ・Could you please say it again? ・Pardon? 私の説明が混乱させてしまったようですみません。 I am sorry if my explanation made you confused. すみません、混乱してしまいました。 この辺りをもう少し詳しく説明してください。 Excuse me, but could you explain this part in more detail? 迷惑をかけてしまってすみませんでした。 I am sorry to have troubled you. すみませんが、近くの郵便局はどこになりますか? Excuse me, but could you tell me where the nearest post office is? すみませんが、もう少しずれていただけますか? Would you mind moving downまたはup a little bit, please?

次の