今 しばらく お待ち ください。 「今しばらくお待ちください」の使い方や注意点

今しばらくお待ちくださいって英語でなんて言うの?

今 しばらく お待ち ください

「今しばらく」の意味と使い方 「今しばらく」は「今」という言葉と「しばらく」という言葉を組み合わせた言葉です。 「しばらく」は、「 すぐではないけれど、さほど時間がかからないさま」という意味合のある言葉です。 「しばらく」に「今」をつけて「今しばらく」とすることで、 さらにやや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用いる言葉となります。 したがって、 時間がかかってしまいそうな場合には使用することを避けるべき言葉です。 だいたい一週間くらいが目安をいえるでしょう。 例えば、「現在サイトをリニューアル中です。 今しばらくお待ちください」「ダウンロード中です、今しばらくお待ちください」といったように使われますよね。 「今しばらく」は「もう少し」と同じ意味ですが、「今しばらく」は丁寧な言い方なので、目上の人に対して使うことができます。 ただ、「今しばらく」を使用するときは、 相手に待機や保留を求める状況のことがほとんどです。 今しばらくお待ちください 今しばらくお待ちいただけますか 今しばらくお待ちいただけると幸いです 今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか というような言い回しで使用します。 また、それにより相手に迷惑をかけている可能性があるので、「今しばらく」を用いる際は「申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください」などとお詫びの言葉を付けるようすると印象がいいです。 例文 「乗っていた電車が事故の影響で止まってしまい、今しばらくは動きそうにない」 「資金不足で、今しばらくはこの計画もこれ以上は進められそうにない」 「今しばらくはこのまま隠れていて、脱走する機会をうかがうしかなさそうだ」 「ただいまダウンロード中です。 現在ウェブサイトのメンテナンスを行なっております。 終了予定は午後4時となっていますので、今しばらくお待ちください。 」 「只今確認してまいりますので、今しばらくおまちいただいてもよろしいでしょうか」 「少々」の意味と使い方 「少々」は「 すくないさま」「 わずかなこと」「少し」を意味します。 「少々不満があります」「塩を少々、胡椒を少々」などと使いますよね。 「少々」は主に、 ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 主に2分間〜3分間、長くても5分間をイメージする感じです。 ですので、極端に長く待たせてしまう場合には「少々」は使用しません。 例えば、相手をほんの少しお待たせするという場合に「少々お待ち下さい」というように使用します。 「少々」は、 会話や接客用語など、「少々」は幅広く使われている言葉です。 例文 「少々苦労しましたが、なんとかすべての業務を終えることができました」 「家を購入するには少々貯金が足りないのではないですか」 「お休み日にはお酒を少々たしなみます」 「只今荷物をお持ちいたしますので、少々お待ちください」 「パンフレットをお持ちいたしますので少々お待ち下さい」 「すぐに確認してまいりますので少々お待ちいただいてもよろしいですか」.

次の

「お待ちください」は敬語?メールでの使い方と返信方法を解説

今 しばらく お待ち ください

「今しばらく」はどれくらいの期間? 「今しばらく」は何分といった時間や何日といった期間ははっきりとはしていませんが、それほど長い時間でないことを表します。 「今しばらく」と言っておいて、長い間待たせてしまうと、相手が思っている以上に待たせることになってしまい、大変失礼になります。 一ヶ月以上の長時間もしくは長期間待たせてしまう場合は使用しないようにしましょう。 もし、長時間待たせてしまう場合には「多少お時間をいただきます」「お時間拝借してもよろしいでしょうか」などと、長く時間を要することがわかるフレーズを使うようにします。 「今しばらく」の使い方と例文 「今しばらく」は「すぐではないけれど、さほど時間がかからないさま」という意味合いで、やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 「現在サイトをリニューアル中です。 今しばらくお待ちください」「ダウンロード中です、今しばらくお待ちください」といったように使われますよね。 「今しばらく」は「もう少し」と同じ意味ですが、「今しばらく」は丁寧な言い方なので、目上の人に対して使うことができます。 ただ、「今しばらく」を使用するときは、相手に待機や保留を求める状況のことがほとんどです。 それにより、相手に迷惑をかけている可能性があるので、「今しばらく」を用いる際は「申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください」などと お詫びの言葉を付けるようにしましょう。 例文 ・ただいまダウンロード中です。 今しばらくお待ちください。 ・ありがとうございます。 すぐにお返事いたしますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・乗っていた電車が事故の影響で止まってしまい、今しばらくは動きそうにない。 ・資金不足で、今しばらくはこの計画もこれ以上は進められそうにない。 ・今しばらくはこのまま隠れていて、脱走する機会をうかがうしかなさそうだ。 ・それが現実になるには、今しばらく時間がかかりそうだ。 こちらにおかけになって今しばらくお待ちください。 ・大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 現在ウェブサイトのメンテナンスを行なっております。 終了予定は午後4時となっていますので、今しばらくお待ちください。 「今しばらく」の類語との使い分け もうしばらく 「もう」は 「あとわずかの時間で、ある事態になるさま」「間もなく」「やがて」を意味します。 「もう終わります」「もう帰ります」などと言いますよね。 「もうしばらく」はすでに待たせた後にも関わらず、予想以上に時間がかかる場合に使います。 「今しばらく」と言うよりも「もうしばらく」と言った方が、待たせる時間が長いイメージになります。 少々 「少々」は 「すくないさま」「わずかなこと」「少し」を意味します。 「少々不満があります」「塩を少々、胡椒を少々」などと使いますよね。 「少々」は主に、 ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 主に2分間〜3分間、長くても5分間をイメージする感じです。 ですので、極端に長く待たせてしまう場合には「少々」は使用しません。 会話や接客用語など、「少々」は幅広く使われている言葉です。 「少々」は「今しばらく」と似ていますが、「少々」の方が「今しばらく」よりも、相手を待たす時間が短いイメージになります。 「今しばらくお待ちください」の使い方 「お待ちください」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「ください」=丁寧語 で成り立っています。 「今しばらくお待ちください」といった場合は、 「すぐではないけれど、少しの間待ってほしい」というときに使います。 例えばメールなどで、相手からの問い合わせに回答する場合、まだ回答がはっきりしないときに「お急ぎのところ大変恐縮ですが、今しばらくお待ちください」と使用するのが一般的です。 「お待ちください」は敬語として正しい表現です。 ただ「お待ちください」は待つことを強いるようなニュアンスのため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 「今しばらくお待ちください」のその他の言い回し 今しばらくお待ちいただけますか 「お待ちいただけますか」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「お待ちください」は「相手が待ってくれる」という意味で、「お待ちいただく」は「相手に待ってもらう」という意味です。 「ください」の場合は動作の主体は相手になり、「いただく」の場合は動作の主体は自分になります。 「今しばらくお待ちください」だと相手に待つことを強いているようなニュアンスになりますが、 「もう少しの間、お待ちいただけますか」は相手の意向を確認するような言い方のため、非常に丁寧な表現です。 ちなみに「お待ちいただけますでしょうか」としてしまうと、「ます」と「です」で二重敬語になってしまうため誤りになります。 今しばらくお待ちいただけると幸いです 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」ということを意味しています。 「幸いです」はビジネスメールなどで、相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 依頼をするときに使う「幸いです」は、「〜してくれるとありがたい」を意味します。 「今しばらくお待ちいただけると幸いです」は 「もう少しの間、待っていていただけるとありがたいです」という意味合いになります。 「今しばらくお待ちください」と頼むよりも「今しばらくお待ちいただければ幸いです」といった方が、柔らかい印象を与えられます。 今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか 「よろしいでしょうか」の意味は「問題ないでしょうか」「差し支えないでしょうか」です。 「よろしいでしょうか」は、「いいですか」「いいだろうか」と同じ意味ですが、これらより丁寧な表現になります。 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 「今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか」は「もう少しの間、待ってもらってもいいですか」と相手に確認したり、同意を得る表現となります。

次の

少々お待ちくださいは正しい敬語?今しばらくお待ち下さいのメール例文も

今 しばらく お待ち ください

え……!ちゃんと敬語で話してますよ?! 相手に待って欲しいときに使いたい「お待ちください」は、敬語表現になっているためビジネスでも使用できる言葉です。 とはいえ、使用の際には少し注意が必要。 敬語ではあるものの命令形のため、相手に命令したような印象を与えてしまう場合があります。 日常的なやりとりの中で使う分には特に問題はありませんが、 目上の相手や大切なクライアントなどには、より丁寧な言い方で伝えるのが望ましいです。 「少々お待ちください」や「お待ちくださいませ」などのように、前後にクッション言葉を付けて工夫してみましょう。 または「お待ちください」というフレーズ自体を置き換えてしまう方法もあります。 「お待ちください」の意味 「お待ちください」は、「お」「待ち」「ください」の3つに分類できます。 「お」は、名詞や動詞の連用形の前に付いて尊敬の意味を表す言葉。 日常的に使用している敬語フレーズでよく見られますね。 そして「ください」は「くださる」の命令形で、「くれ」の尊敬語にあたります。 相手にものなどを請求したいときに使う言葉です。 「お待ちください」は、「待ってくれ」という意味を敬語で丁寧に表現したもの。 ただ、丁寧な表現にはなっているものの、命令形というスタイル自体は変わっていません。 そのため、相手に命令できる立場にないときにはさしひかえるのがおすすめです。 「お待ちください」の使い方 「お待ちください」は丁寧な表現ですが、伝えた相手に命令されたような気分を与えないように、命令形の印象を和らげる表現をおさえておきましょう。 取引先との会話など、より丁寧な表現が望まれるビジネスシーンでは、「お待ちください」の前後にさらに言葉をプラスして使うのがポイントです。 付け加える言葉によって相手に待たせる時間の印象が変わってきますので、時と場合に応じて使い分けるのがコツ。 「お待ちください」を使用した例文 ここでは「お待ちください」という言葉を維持して、より丁寧な印象を与えられる文章を紹介します。 表現ごとに例文をまとめましたので、シーンにあわせて工夫してみましょう。 お待ちくださいませ 「お待ちください」+「ませ」の表現方法です。 「ませ」は、丁寧語「ます」の命令形。 相手に何かを要求したいときに、丁寧な気持ちを込められる表現です。 ただ「ませ」は、女性特有の表現や言葉を意味する女性語のひとつでもあります。 接客業などでは性別に関わらずよく使用される言葉のため、必ずしも女性だけのもの、というわけではありませんが、言葉の背景を知っておくと場面別に選びやすくなるでしょう。 「お待ちください」の類語(言い換え表現) 「お待ちください」は命令形のため、シーンによっては使いづらい場合もあります。 そのようなときには、類語表現を用いた言い換えを利用しましょう。 相手に待ってもらう、ということは、相手の時間をいただいている、ということでもあります。 言い換え表現では、お時間をいただく、という考え方に焦点を当てるとわかりやすいですよ。 「お時間をいただきたく存じます」 「お時間をいただきたく存じます」にある、「いただく」は「もらう」の謙譲語で、頼んで手に入れることなどを指します。 「存じます」は、思うや考えるなどを意味する謙譲語「存ずる」が形を変え、「ます」が付いて丁寧になった言葉です。 つまり、あなたの時間をもらいたいと思います、という意味を表しています。 謙譲語が使われ敬意を表しているため、クライアントや上司などに向けてビジネスシーンで使っても問題ない表現です。 ・Hang it here and please wait! ・I will prepare it for you so please wait for a while. ・I will get you connected so please wait a little. ・For now it is under adjustment so please wait for a while. 「お待ちください」は言葉をプラスして丁寧な表現に変えよう! 上司やクライアントなど目上の方に伝えるときには、「お待ちください」に適切な言葉を組み合わせてより丁寧な表現を心がけましょう。 待ってほしい時間やその場の状況にあわせて、上手に言い方を工夫してみてくださいね。

次の