スイッチ2台目。 Switch Liteを2台目本体にする際の注意点。セーブデータやDLソフトの共有方法は?

【どうぶつの森】スイッチ2台で遊ぶならダウンロード版がおすすめ / #どう森 #あつ森 #スイッチ版

スイッチ2台目

ソフトを「いつも遊ぶ本体」に先にダウンロードするという方が多いと思いますが、手順としては同じなので参考にしていただけると思います。 もう一台のスイッチにもダウンロード! ダウンロードしてない方のスイッチ(うちの場合兄のスイッチ)でニンテンドーeショップに行き、「あつまれどうぶつの森」を検索。 すでに買っているので「購入済み」が出るかと思いきや、でない。 買った事になっていない。 ダウンロードできない。 ぬぬう? ユーザーを 「兄」から「弟」に切り替えてみる。 再びニンテンドーeショップに行き、あつ森を検索。 文字がみにくいですが「購入済み」表示 「購入済み」 これだ! ユーザーを「弟」に切り替えることで1台目スイッチにもダウンロードができました。 購入したのはユーザー弟(弟に連携した子どもアカウント)だったので、もう一台のスイッチにダウンロードする場合はユーザー弟でないとダメだったようです。 おれは学校の友達とやってる! ええええ??? なんか良くわかんないけど、 二台同時に遊べるのって裏技じゃないんすか? 二台同時起動のパターンを検証 二台同時にダウンロードソフトで遊ぶには、 「購入したユーザー」「いつも遊ぶ本体」「二台目のユーザー」が関係しているようです。 ユーザーの組み合わせで 同時に遊べる場合とダメな場合があります。 実際に検証してみました。 ユーザー「弟」で買った「あつまれ どうぶつの森」 いつも遊ぶ本体は1台目です。 いつも遊ぶ本体は1台目です。 二台のスイッチにゲームをダウンロードする( 買ったユーザーしかできない)• 1台目と2台目で 違うユーザーを選びゲームをはじめる。 できなかったらユーザーを 入れ替えてみる! このような感じで二台同時にダウンロードソフトで遊べています! とはいえニンテンドー様にとってはあまり良い使い方ではないと思います。 今後のアップデートで変更がある可能性もありますが、それまでは二台同時で遊んじゃいましょう! 追記 詳しい方法もしらべてみた 今回記事にした内容(1台目と2台目で違うユーザーを選ぶ。

次の

2台目のニンテンドースイッチを手に入れた時の5つのメリット

スイッチ2台目

公開日: 2019年12月19日 最終更新日: 2020年03月19日 任天堂のゲーム機である「 Nintendo Switch ニンテンドー・スイッチ 」が、とても人気を集めているようです。 すでにスイッチを買った人も多いと思いますが、最近は携帯専用の「 Switch Lite スイッチ・ライト 」が発売されたので、 子どもの姉妹兄弟用などに2台目を購入する人もいると思います。 スイッチを2台使う上で注意しておきたいのが、 ダウンロード版ソフトのアカウントを必ず分けるということです。 スイッチのダウンロード版ソフトを 親のニンテンドーアカウント1つで全てまとめている人も多いと思うのですが、 スイッチ2台でダウンロード版ソフトを遊ぶときは、かなりやっかいなことになります。 というのも、 スイッチは同じニンテンドーアカウントで2台同時に遊べない仕様になっているためです。 そのため、例えば ポケモンのソードとシールドの2本のダウンロード版ソフトを1つのニンテンドーアカウントで買ってしまうと、2台で通信ができないので詰みます。 そんなわけで今回は、 ニンテンドースイッチでダウンロード版ソフトを買う際のニンテンドーアカウントの使い分けについて見ていきましょう。 スイッチのダウンロード版はニンテンドーアカウントを分けよう 「ニンテンドースイッチ」では、基本的に ほとんどのゲームソフトをダウンロード版でも購入できるようになっています。 ダウンロード版ソフトを購入するメリットとしては、 カートリッジを差し替えなくてもスマホアプリのようにゲームの切り替えが楽々できるということや、 ソフトを無くさない、壊さない、いつでも買える、すぐに遊べるということです。 このように、スイッチのダウンロード版ソフトにはメリットが多いので利用している方もいると思いますが、中には「 子どものソフトを親のニンテンドーアカウントで買っている」という人も多いと思います。 もちろん、 スイッチが1家に1台しかない場合は、親のニンテンドーアカウントで子どものゲームを買っても問題ないのですが、 スイッチライトを買って2台に増えると話が変わってきます。 スイッチのゲームは 1つのニンテンドーアカウントで2台同時に遊べないという厳しい仕様になっているためです。 スマホのアプリやPS4のゲームなどは、1つのアカウントで複数のデバイスを同時に使うことができて便利なのですが、 スイッチでは禁止されているようです。 そのため、 スイッチのダウンロード版で子どものソフトを買ってあげる際は、子ども用のニンテンドーアカウントを作ってあげる必要があります。 子ども姉妹兄弟のゲームを同じニンテンドーアカウントで買ってはいけない 2019年9月に、価格が安くなった 携帯用のスイッチライトが発売されました。 スイッチライトが発売されてから、 子ども姉妹兄弟に1台ずつスイッチを買ってあげるケースも増えたと思います。 ここで、スイッチのソフトの ダウンロード版を買っている人は注意しないといけません。 スイッチでは、 同じニンテンドーアカウントで2台同時に遊ぶことができないためです。 同じニンテンドーアカウントを使っていると、例えば お姉ちゃんが自分のスイッチライトでマリオをしているときは、弟は自分のスイッチライトで一切のゲームができなくなってしまいます。 これはあまりにも かわいそうなので、スイッチのダウンロード版ソフトを買う前に注意しておきたい点です。 違うソフトでも2台同時には遊べない ここで、「 スイッチのダウンロード版で2台同時に遊べないのは、同じソフトの話でしょ?」と思う方も多いと思います。 私もスイッチのダウンロード版で2台同時に遊べないのは同じソフトの話であって、 違うソフトであれば大丈夫だと思い込んでいました。 しかしながら、 同じニンテンドーアカウントでは、違うソフトであっても2台同時に遊べないようになっているようです。 例えば、 お姉ちゃんが自分のスイッチライトでマリオを遊んでいて、弟が自分のスイッチライトでゲームをしようとすると、マリオはもちろん、ゼルダもポケモンも一切遊べなくなってしまうのです。 これはあまりにも 残酷で厳しい仕様なので、ダウンロード版を購入する前に注意しておかないといけません。 1つのニンテンドーアカウントでソードとシールドを買うと詰む 2019年11月にポケモン最新作の「 ポケットモンスター ソード・シールド」が発売されました。 ポケモンの醍醐味は 通信機能で、 2つのバージョンでそれぞれ違うポケモンを交換したり対戦するのが楽しいところです。 ここで、もしも 1つのニンテンドーアカウントでソードとシールドの2本を買ってしまうと詰んでしまいます。 同じニンテンドーアカウントでは2台同時に遊べないので、例えば お姉ちゃんが自分のスイッチライトでソードを遊んでいるときは、弟が自分のスイッチライトでシールドを遊ぶことができないので、姉妹兄弟で通信機能を使うことができないのです。 姉妹兄弟でポケモンの通信機能が使えないとなると、 ポケモンの面白さがガクッと下がってしまいます。 そのため、 ポケモンのダウンロード版を子どもに買ってあげる際は、特に気をつける必要があります。 子どもアカウントを作成してファミリー登録しよう ここで、「 子ども用にダウンロード版ソフトを買うにはどうすればいいの?」と疑問になりますが、 子どもアカウントを新たに作成すればOKです。 ニンテンドーアカウントの「子どもアカウント」は、 スマホやメールアドレスを持っていない子どもでも作れるようになっています。 「子どもアカウント」の作成は、 親のニンテンドーアカウントから行います。 これで「子どもアカウント」の IDとパスワードを作成できるようになります。 子どもアカウントの購入制限やアクセス制限は、 親のアカウントから管理することができます。 子どもアカウントからダウンロード版ソフトを購入すれば、スイッチの台数を気にせずにそれぞれが遊べるようになります。 子ども用はパッケージ版を買うのが無難? しかしながら、「 子どもアカウントの作成なんてめんどくさくてやってられんわ」という人も多いと思うので、 子ども用のソフトは無難にパッケージ版を買うのもアリだと思います。 パッケージ版を購入すれば、 スイッチの台数による縛りを一切考えずに遊べるので、子ども向けにはうってつけだと思います。 もちろん、きちんと子どもアカウントを作って管理できる場合はダウンロード版でもOKなのですが、 「そもそもネットが苦手」という方はパッケージ版を選択しましょう。 特に スイッチのダウンロード版ソフトは台数の縛りが異様に厳しいため、パッケージ版を買っておけばトラブルを回避できると思います。 また、パッケージ版は中古で売買できるので、 遊ばなくなったソフトを売って新しいソフトを買うといったこともできます。 そのため、「スイッチのダウンロード版ソフトはややこしくて困る」という場合はパッケージ版を選択しましょう。 [裏技] 同じアカウントで買っても2台で遊ぶ方法がある? ここで、「 1つのニンテンドーアカウントでソードとシールドを買ってしまったんだけど諦めるしかない?」と思っている方もいるかもしれません。 実は、 同じアカウントでスイッチのダウンロード版のソフトを買っても、2台で遊べる裏技が存在します。 それは、1台目のスイッチを「いつでもあそぶ本体」に設定して ソフトを購入したアカウント以外からゲームをプレイし、2台目のスイッチで 購入したアカウントからゲームをプレイするという方法です。 この方法を使うことで、 1つのニンテンドーアカウントで購入したソフトを2台同時に起動することができます。 もちろん、 かなりややこしいことをしていますし、任天堂的にもギリギリOKのやり方だと思うので、 基本的には子どもアカウントを作成した方がいいと思います。 ただ、すでに1つのニンテンドーアカウントでソードとシールドを買ってしまって、どうしようか困っているという場合の 最終手段としてこの方法は有効だと思います。 最後に 今回は、『 スイッチのダウンロード版はアカウントを分けよう!2台同時に遊べない』についてご紹介しました。 このように、 スイッチのダウンロード版ソフトは2台同時に遊べないので、特に 子ども姉妹兄弟に買ってあげる際は注意が必要です。 もちろん、 大人が1人で楽しむ目的であればダウンロード版ソフトを選択しても何の問題もないと思います。 おそらく 将来的にはカートリッジは廃止されて全てダウンロードなりストリーミングになると思うのですが、スイッチに関してはパッケージ版を選択するのもOKだと思います。 何にしても、「 子どものプレゼントに買ったものが遊べなかった」という事態だけは避けたいので、事前に ダウンロード版の縛りをきちんと確認しておきましょう。 皆さんも、スイッチのダウンロード版ソフトを買うときはアカウントを分けるように気をつけましょう。

次の

Nintendo Switch Liteを自分や家族用2台目として使う場合に注意したいこと

スイッチ2台目

家族もゲームをするならもう1台…? 個人的な話なのですが、我が家では1台のニンテンドースイッチを妹と共有して使っていて、譲り合いながらゲームを遊んでいます。 (圧倒的に私の方がプレイ時間多いですけど) お互いにそこまで執着しているわけではないので、特に喧嘩になったりはしないのですが、それでも買いやすくなったこのタイミングで 2台目の購入も悪くないかな…と考えています。 しかし、それはそれで メリットとデメリットがいくつかあるようなので、悩んでいる理由を今回は書いてみようと思います。 セーブデータは引っ越し可能、ゲームデータは… 2台目のニンテンドースイッチを購入したとすれば、最初にやるべき事は 『アカウントの引っ越し』になるかと思います。 例えば兄と弟で1台のニンテンドースイッチを使っていて、弟が自分専用の2台目を購入したとすれば、1台目のニンテンドースイッチから弟のアカウントを2台目に引っ越しさせる事ができます。 しかし、 引っ越しできるのはあくまで『セーブデータ』だけであり、『ゲームデータ』はまた少し事情が違ってきます。 例えば、1台目のニンテンドースイッチでは兄のアカウントでダウンロードソフトを購入していた場合、2台目の弟のニンテンドースイッチには兄が購入したゲームは引き継がれません。 1台目で兄の購入したゲームを弟が遊んでいた場合、セーブデータだけは引っ越しできますが、続きから遊ぶには 2台目にも弟のアカウントでソフトを買い直す必要があり、ゲーム2本分の費用が必要になります。 逆に1台目のニンテンドースイッチから弟のアカウントで購入していた場合は、2台目のニンテンドースイッチでも弟は無料でソフトを再ダウンロードできますが、1台目のニンテンドースイッチではそのゲームを遊べなくなるので、こちらも兄は自分のアカウントでソフトを再購入しなければなりません。 1人1本ずつと考えれば当然なのですが、これまで1本のゲームを共有して2人で遊べていたのに、もう1本分買い直し…と考えると、少し費用の面でためらってしまいます。 インディー系のゲームであれば価格も安いタイトルが多いので、買い直しやすいのですが、例えば『スプラトゥーン2』や『スーパーマリオ オデッセイ』などをダウンロードで購入していた場合、改めて2台目を買って引っ越しさせるかはよく考える必要があるかもしれません。 もし2台目の購入を考えている方は、ダウンロード版ではなく パッケージ版であれば1本のゲームカードを共有できるので、できるだけパッケージ版での購入を心掛けると出費を抑えられそうです。 例えば兄と弟で遊びたいゲームが違った場合でも、各々が遊びたいゲームをプレイできますし、テレビが無くても遊べるので取り合いにもなりません。 また、『マインクラフト』などのゲームを2人で遊ぶ時に、1台のニンテンドースイッチでは画面を分割して遊ぶ事になりますが、1人1台ニンテンドースイッチがあればローカル通信により広い画面で協力プレイが可能です。 この時に前述した『1人に1本ずつソフトが必要』も響いてくるので、結果的にソフト2本分の費用が必要にはなりますが、他にも例えば『スプラトゥーン2』で 家族と一緒に『サーモンラン』や『リーグマッチ』をプレイしたり、『スーパーマリオパーティ』で スイッチを2台使ったミニゲームを楽しめたり、得られるメリットも十分に大きいのではないかと思います。 また、この2台目の恩恵をもっとも得られるのが、なんといっても2019年11月15日に発売された『ポケットモンスター ソード・シールド』に他なりません。 ポケモンは2つのバージョンが同時に発売されるのが伝統になっていて、ソードとシールドに分かれて1人1台ずつプレイしていれば、兄弟や家族で対戦も交換も好きなだけ遊べるようになります。 もし他の家族がポケモンをしないとしても、自分で2つのバージョンを購入して交換できる環境が作れれば、お互いのソフトで必要なアイテムをシェアし合ったり、特定のポケモンを進化させるためにも役立ちます。 と、ダウンロードしたソフトを兄弟で遊ぶには2つ分のソフトが必要である事を紹介したのですが、ちょっとした設定で 1つのDLソフトを2人で遊ぶ手段があるそうです。 それは 『いつも遊ぶ本体の設定』というもので、任天堂の公式サイトにも詳しい手順が掲載されています。 しかし、この設定のページが少しややこしく、私も誤解をしていました。 『いつも遊ぶ本体の設定』とは、2台目のニンテンドースイッチを購入した際に、 1台目でも2台目でも同じゲームが遊べるようにするための設定です。 例えば1台目のニンテンドースイッチに兄と弟のアカウントがあった場合、新しい2台目のニンテンドースイッチにも兄のアカウントを引き継いで、1台目と2台目の両方のニンテンドースイッチに兄のアカウントがある状態にします。 すると、一度ダウンロードしたソフトはeショップで再ダウンロードできるので、兄のアカウントで購入したゲームであれば2台目のニンテンドースイッチでも無料でダウンロードできます。 これによって両方のニンテンドースイッチに同じゲームがインストールされますが、2台目のニンテンドースイッチでゲームをプレイするには制約があって、まず必ずインターネットに接続されている必要があります。 そして、1台目のニンテンドースイッチで兄のアカウントがなにかゲームを起動していた場合、2台目のニンテンドースイッチでは兄のアカウントでゲームを起動する事ができません。 その為、結局本体が2台あっても同時にゲームを起動する事ができず、DLソフトも2本必要になる…と、思い込んでいました。 switch liteを2台目に検討されてる方へ スイッチはファミリー機能を用いるとDL版ソフト1本買えば別々のアカウントで2台で起動できて2台同時起動もできます。 というのも、確かに兄のアカウントで2つのニンテンドースイッチを同時に起動する事はできませんが、片方のニンテンドースイッチを弟のアカウントで起動すれば、1つのゲームを2人で同時に遊ぶ事ができます。 これは少し手順が複雑なので、順番に説明すると…• 兄と弟のアカウントが登録されたニンテンドースイッチがある• 兄のアカウントでゲーム(例としてスプラトゥーン2)をダウンロードしている• 2台目のニンテンドースイッチに『ユーザーの追加』で『ほかのNintendo Switchから引き継ぐ』を選び、兄のアカウントを登録する• 1台目に兄と弟のアカウントが、2台目に兄のアカウントがある状態になる• 2台目の兄のアカウントで、スプラトゥーン2を再ダウンロードする• 1台目の兄のアカウントから、『セーブデータの引っ越し』で2台目にスプラトゥーン2のデータを移動させる• 2台目のニンテンドースイッチで、兄のアカウントでスプラトゥーン2を起動する• 1台目のニンテンドースイッチは、弟のアカウントでスプラトゥーン2を起動する これで1つのダウンロードソフトを兄弟で起動する事ができるようになります。 この手順を詳しく書いた記事を作りましたので、よく分からない!という方は参考にしてみてください。 ただし、この手段も万能ではなく、前述したように2台目のニンテンドースイッチはインターネットに接続されていなければゲームが起動できませんし、2台目で遊べばセーブデータも2台目に保存されるので、場合によってはその後、改めて1台目にセーブデータをまた戻す必要もあるかもしれません。 また、2人で1本のダウンロードソフトを同時に起動している兼ね合いか、ローカル通信で遊ぶ事はできないようです。 なので例えば『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』であれば、1台目と2台目でローカル通信プレイをするのではなく、1台目がオンラインで部屋を作って、2台目はその部屋に入って遊ぶ…といったように、インターネットを経由して遊ぶ事になるかと思います。 公式以外で購入するメリットと罠 話を戻して、2台目が欲しいけどもう少し安くならないかしら…という場合は、 中古で探すという選択肢もあります。 私の身近では、長野市で有名なリサイクルショップ『万代書店』にて、ニンテンドースイッチとジョイコンだけのセットが販売されていました。 ジョイコングリップやACアダプターはおろか、ストラップや箱すらない本当に裸の状態のニンテンドースイッチですが、2台目の選択肢としては十分考えられるかもしれません。 その時見つけた価格は税込み22,000円で、任天堂公式の2台目セットよりも5,000円ほど安く購入できます。 しかし、公式の2台目セットよりお買い得なのは間違いありませんが、まず 中古なので保証書が付かず、もし故障や不具合があった場合は買ったばかりであっても 有料で修理に出す必要があります。 それに対して、『マイニンテンドーストア』で販売されているニンテンドースイッチは自分で左右のジョイコンやストラップの色を選択可能で、1,000通り以上の組み合わせから自分好みにカスタマイズできます。 他にも、ニンテンドースイッチは長時間使い続ける事で『曲がる』などの不具合も報告されており、動作に問題はないとしても、中古品は価格とリスクを天秤にかけて検討する必要がありそうです。 (とはいえ私もニンテンドースイッチはかなり長く使っていますが、今のところ曲がったりなどの不具合は見られないので、そこまで深く注意する必要はないかもしれません。 ) とにかく安く数を揃えるには中古も考えられますが、それより多少高いとしても 『安全を買う』気持ちでストアから新品を購入した方がメリットは大きいかもしれません。 やっぱり自分専用がそろそろ欲しいかも? 2台目を購入すれば楽しみも広がりますが、それにはゲームの引っ越しだったり買い直しだったり、共有するにも色々と設定が必要だったり…、今すぐ踏み出すには少しためらってしまう…という話でした。 しかし、据置ゲームでありながら携帯ゲームの一面も持つニンテンドースイッチは、家族で使うとすると、今後はやっぱり1人1台ずつ欲しくなってきそうです。 2018年秋から始まったオンラインサービスは、本体が違ってもアカウントをファミリーに設定すればお得なファミリープランに入れるようになっているので、可能であれば思い切って早いうちに1人1台の環境を整えた方がお得…なのかもしれません。 特にポケモンとニンテンドースイッチを同時に購入しようと考えているご家庭では、後々ソフトを買い直さなくても良いようにパッケージ版を購入するか、『いつも遊ぶ本体の設定』の活用も視野に入れてダウンロード版を購入するか…、予め考えてから決めた方が良さそうです。

次の