イベント 中止 お詫び。 新型コロナウイルスに伴うイベント等の延期・中止・自粛についての文例|挨拶状ドットコム

新型コロナウイルスに伴うイベント等の延期・中止・自粛についての文例|挨拶状ドットコム

イベント 中止 お詫び

緊急事態宣言発令によるイベント・セミナー開催中止の際に返金をお知らせするメール例文とテンプレート 現在、新型肺炎・コロナウイルスの感染拡大を受けて政府から「緊急事態宣言」が発令されている状況にあります。 これまでは自粛要請にとどまっていた事業者の方も、緊急事態宣言の発令ということの重大さに店舗の営業を取りやめたり、人が集まる大規模イベントを中止するといった状況にあります。 多くのセミナーなどの開催は延期、もしくは中止という状況にあり、主催者としては参加者への連絡対応と、返金対応に追われている方も少なくありません。 今回は、緊急事態宣言を受けてイベントやセミナーを中止する際に入金済みの受講料などを返金する際のメールの例文をご紹介したいと思います。 イベントやセミナーを中止する際の注意点 ネットショップ・ECサイトの運営者に向けたセミナー事業を展開されている事業者の方にとっては、今回の新型コロナウイルスの感染拡大の影響でセミナーの開催を中止、もしくは延期する事になった方は本当に多いと思います。 実際問題、緊急事態宣言が発令されて、対象の都府県でなくとも、セミナーという人が密集するイベントを開催するのは非常に難しい状況だと思います。 セミナーを中止、もしくは延期する際には、まずは参加者の方への連絡を優先する事をおすすめします。 参加者の人数などによっては、全ての参加者一人一人に電話連絡を行うとが難しい場合もありますが、告知できる媒体に関しては全ての場所でイベントやセミナーの中止についての内容を掲載するように心がけましょう。 また、事前にセミナー費用を支払い済みの参加者に対しては、返金方法についても案内するようにしましょう。 最近では、セミナー費用も銀行振り込みよりもクレジットカード決済を利用するケースが増えてきていますが、クレジットカード決済の場合、与信を行った時期によっては、キャンセルができない可能性もあります。 そのような場合には、参加者の方に対して振込先の銀行口座を教えて頂く必要があります。 現状では、新型コロナウイルスの終息時期がまったく読めない事もあり、セミナーを延期したとしても、その時に確実にセミナーを開催できるかはわからないというのが正直な所でしょう。 延期であれば、いただいている参加費を返金せずに持ち越すという事もできる場合がありますが、人によっては日程の都合などで延期の場合には参加が難しいという人もおられると思います。 いずれにせよ、まずはイベントやセミナーを中止、延期にするという事を参加者の方に事前に連絡しましょう。 すでに参加申し込みをいただいております所 急なご案内となりまして大変申し訳ございません。 事前にクレジットカードにてお支払いいただいております 参加費〇〇円につきましては、既にクレジットカード決済の キャンセル手続きが完了しております。 参加費のご請求が行われる事はございませんのでご安心下さいませ。 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 すでに参加申し込みをいただいております所 急なご案内となりまして大変申し訳ございません。 既に参加費をクレジットカード決済にてお支払いいただいておりますが 決済処理が確定している状況でございます。 大変お手数をおかけいたしますが銀行振込にて 参加費〇〇円をご返金させていただきたいと思います。 つきましては、ご返金先の銀行口座情報を このメールへの返信で構いませんのでご連絡下さいませ。 以下に必要事項を記載いただきそのまま返信していただければと思います。 -----------------【ご返金先銀行口座】----------------- [銀行名] 普通 当座 [口座番号] [口座名義] ---------------------------------------------------- ご返金先の銀行口座情報を返信いただきましたら 〇営業日以内にご返金手続きを実施させていただきます。 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 すでに参加申し込みをいただいております所 急なご案内となりまして大変申し訳ございません。 事前にお振込みいただきました参加費について 銀行振込にて参加費〇〇円をご返金させていただきたいと思います。 つきましては、ご返金先の銀行口座情報を このメールへの返信で構いませんのでご連絡下さいませ。 以下に必要事項を記載いただきそのまま返信していただければと思います。 -----------------【ご返金先銀行口座】----------------- [銀行名] 普通 当座 [口座番号] [口座名義] ---------------------------------------------------- ご返金先の銀行口座情報を返信いただきましたら 〇営業日以内にご返金手続きを実施させていただきます。 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 また、テレワークの対応ができない実店舗での営業をメインにされている事業者の方は、緊急事態宣言の対象の都府県であれば、営業できない状況にある方もおられると思います。 非常に厳しい状況にある事業者の方が本当に多いと思いますが、今はとにかく命を守る事が大事だと思います。 どんな状況下にあっても、できる事をやるしかありません。 実店舗で物販を行われていた方は、この機会にインターネットでの商品を販売するという販路拡大も検討されてみてはいかがでしょうか。 また、EC事業者を対象にセミナー事業を行われている企業の方も、非常に厳しい状況に置かれている事とお察しします。 売れるネットショップの教科書では、ネットショップの運営者の方の支援を行う事と同時に、EC支援事業者、ECプラットフォーマーの方の支援も行っております。 当サイト上で、紹介して欲しいサービスなどがございましたらいつでもご相談下さいませ。

次の

コロナウィルスに関するイベント等の中止 対応例文とコロナウィルス対応策

イベント 中止 お詫び

Contents(仮)• 案内文・通知文・お知らせ[中止(延期)のお知らせ] 台風・大雨ほか 今回の文例概要 案内、通知の文例です。 案内というよりは通知でしょうか。 内容はソフトなので「お知らせ」文といったほうがしっくりくる感じですね。 今年は台風の当たり年で、頻繁に日本列島に上陸しています。 そのため「台風のためイベントが中止になりました」なんて場面も多いのではないでしょうか。 (最新版)今年も台風あたり年…そのため一部改編し新しい文例を作成いたしました。 中止のご案内、中止の通知にも転用できるかと思います。 速やかにお知らせするものなので簡潔なものでよいと思います。 が、参加予定者の立場にたった書き方を考慮することも大事かなと思います。 私の場合は、以下の文書を起案してみましたので、ご参考くださいませ。 用途 悪天候他、なんらかの理由でイベントが休止(延期)になった場合に使用。 使用頻度は極めて少ないものと思いますが、夏の梅雨・台風の時期、冬の降雪の時期などに開催されるイベントの場合は中止(延期)の場合の対処まで考慮して準備しておくと、いざというときに慌てなくて済むものと思います。 そうでなくても、自分なりの文例、お知らせ方法等を日ごろから整備しておくと万全だと思います。 注意すでにお気づきの方もおられると思いますが…。 この例文には単純ミス(打ち間違い)がございます。 さて、本日(8月9日)開催の時局講演会は、台風11号が勢力を維持したまま九州地方に接近するとの予報を受けて、参加者の安全を考慮した結果、止む無く中止とさせていた だくことに致しましたのでお知らせいたします。 楽しみにされていた皆様には、多大なご迷惑をおかけしますこと、また講演会当日のご案内となりましたことを、心より深くお詫び申し上げます。 なお、同講演会につきましては、後日開催する予定です。 開催が決定しました際には改めてご案内いたしますので、よろしくお願い申し上げます。 クリックするとダウンロードが始まります。 ほんとにすごい悪天候の場合であればまだしも、必ずしもイベント時間に合わせて悪天候になるわけでありません。 (もちろん、猛烈な台風が通過中でも会場に現れる屈強な参加者もいるかもしれませんし) そこで、会場には、張り紙、案内板等で、開催状況(中止・延期等)のお知らせを行う必要があると思います。 今回はそれも作成しましたので併せてご紹介いたします。 クリックするとダウンロードが始まります。 docx」になっております。

次の

緊急事態宣言発令によるイベント・セミナー開催中止の際に返金をお知らせするメール例文とテンプレート

イベント 中止 お詫び

緊急事態宣言発令によるイベント・セミナー開催中止の際に返金をお知らせするメール例文とテンプレート 現在、新型肺炎・コロナウイルスの感染拡大を受けて政府から「緊急事態宣言」が発令されている状況にあります。 これまでは自粛要請にとどまっていた事業者の方も、緊急事態宣言の発令ということの重大さに店舗の営業を取りやめたり、人が集まる大規模イベントを中止するといった状況にあります。 多くのセミナーなどの開催は延期、もしくは中止という状況にあり、主催者としては参加者への連絡対応と、返金対応に追われている方も少なくありません。 今回は、緊急事態宣言を受けてイベントやセミナーを中止する際に入金済みの受講料などを返金する際のメールの例文をご紹介したいと思います。 イベントやセミナーを中止する際の注意点 ネットショップ・ECサイトの運営者に向けたセミナー事業を展開されている事業者の方にとっては、今回の新型コロナウイルスの感染拡大の影響でセミナーの開催を中止、もしくは延期する事になった方は本当に多いと思います。 実際問題、緊急事態宣言が発令されて、対象の都府県でなくとも、セミナーという人が密集するイベントを開催するのは非常に難しい状況だと思います。 セミナーを中止、もしくは延期する際には、まずは参加者の方への連絡を優先する事をおすすめします。 参加者の人数などによっては、全ての参加者一人一人に電話連絡を行うとが難しい場合もありますが、告知できる媒体に関しては全ての場所でイベントやセミナーの中止についての内容を掲載するように心がけましょう。 また、事前にセミナー費用を支払い済みの参加者に対しては、返金方法についても案内するようにしましょう。 最近では、セミナー費用も銀行振り込みよりもクレジットカード決済を利用するケースが増えてきていますが、クレジットカード決済の場合、与信を行った時期によっては、キャンセルができない可能性もあります。 そのような場合には、参加者の方に対して振込先の銀行口座を教えて頂く必要があります。 現状では、新型コロナウイルスの終息時期がまったく読めない事もあり、セミナーを延期したとしても、その時に確実にセミナーを開催できるかはわからないというのが正直な所でしょう。 延期であれば、いただいている参加費を返金せずに持ち越すという事もできる場合がありますが、人によっては日程の都合などで延期の場合には参加が難しいという人もおられると思います。 いずれにせよ、まずはイベントやセミナーを中止、延期にするという事を参加者の方に事前に連絡しましょう。 すでに参加申し込みをいただいております所 急なご案内となりまして大変申し訳ございません。 事前にクレジットカードにてお支払いいただいております 参加費〇〇円につきましては、既にクレジットカード決済の キャンセル手続きが完了しております。 参加費のご請求が行われる事はございませんのでご安心下さいませ。 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 すでに参加申し込みをいただいております所 急なご案内となりまして大変申し訳ございません。 既に参加費をクレジットカード決済にてお支払いいただいておりますが 決済処理が確定している状況でございます。 大変お手数をおかけいたしますが銀行振込にて 参加費〇〇円をご返金させていただきたいと思います。 つきましては、ご返金先の銀行口座情報を このメールへの返信で構いませんのでご連絡下さいませ。 以下に必要事項を記載いただきそのまま返信していただければと思います。 -----------------【ご返金先銀行口座】----------------- [銀行名] 普通 当座 [口座番号] [口座名義] ---------------------------------------------------- ご返金先の銀行口座情報を返信いただきましたら 〇営業日以内にご返金手続きを実施させていただきます。 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 すでに参加申し込みをいただいております所 急なご案内となりまして大変申し訳ございません。 事前にお振込みいただきました参加費について 銀行振込にて参加費〇〇円をご返金させていただきたいと思います。 つきましては、ご返金先の銀行口座情報を このメールへの返信で構いませんのでご連絡下さいませ。 以下に必要事項を記載いただきそのまま返信していただければと思います。 -----------------【ご返金先銀行口座】----------------- [銀行名] 普通 当座 [口座番号] [口座名義] ---------------------------------------------------- ご返金先の銀行口座情報を返信いただきましたら 〇営業日以内にご返金手続きを実施させていただきます。 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 また、テレワークの対応ができない実店舗での営業をメインにされている事業者の方は、緊急事態宣言の対象の都府県であれば、営業できない状況にある方もおられると思います。 非常に厳しい状況にある事業者の方が本当に多いと思いますが、今はとにかく命を守る事が大事だと思います。 どんな状況下にあっても、できる事をやるしかありません。 実店舗で物販を行われていた方は、この機会にインターネットでの商品を販売するという販路拡大も検討されてみてはいかがでしょうか。 また、EC事業者を対象にセミナー事業を行われている企業の方も、非常に厳しい状況に置かれている事とお察しします。 売れるネットショップの教科書では、ネットショップの運営者の方の支援を行う事と同時に、EC支援事業者、ECプラットフォーマーの方の支援も行っております。 当サイト上で、紹介して欲しいサービスなどがございましたらいつでもご相談下さいませ。

次の