きめ細かい 由来。 【公式】クリア パウダーファンデーション LK

シフォンケーキの由来や歴史、材料にサラダ油を使う理由などの豆知識

きめ細かい 由来

マドレーヌが誕生するまでのお話 昔、フランスではマドレーヌはホタテ貝(ペーニュ peigne)と呼ばれていました。 マドレーヌのレシピは他の焼き菓子と同じような基本的な材料を使っているのですが、ホタテ貝型で焼いたものをマドレーヌといいます。 とても有名なお菓子ですので、名前の由来はたくさんあり、どれが正解なのかは今でも分かっていません。 使っている材料や作りかたは基本的なお菓子のものと同じでさほど珍しい生地ではありません。 では、なぜホタテの形をしていて、マドレーヌという名前がつけられたのでしょうか。 巡礼者とマドレーヌ ひとつ目の説は、若いマドレーヌという女の子がサンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう巡礼者のためにお菓子を与えたことがきっかけとなったというもの。 彼女はホタテ貝を型にして、卵を使ったお菓子を作り、自分の名前をお菓子に名付けました。 コメルシーとマドレーヌ 2つめの説はマドレーヌの名産地であるコメルシーで誕生した説です。 レッツ枢機卿 Retz であるポール・ド・ゴンディPaul de Gondi はミューズ地方 Meuse のコメルシー Commercy に追放されました。 地元の貴族を受け入れるために、彼は定期的に城で宴会を開催しました。 定期的に宴会が行われていたため、招待客が飽きないように、彼女の料理のマドレーヌ・シモニン Madeleine Simonin は宴会で何か料理を出したいと考えました。 1661年、彼女はベニエの生地を改良してふわふわした小さなケーキに変更しました。 そのお菓子は招待客にたいへん喜ばれ、彼女の名前からマドレーヌ Madeleine と付けました。 その後、コメルシーではマドレーヌが特産品となっています。 食いしん坊王とマドレーヌ 最も有名な説は、スタニスラス王の城で誕生したという説です。 その公国を治めていたのはルイ15世の妃の父親であるスタニスラス王 Stranislas Leczinski でした。 彼は美食家で大食漢として有名でした。 ある日、彼はコメルシー Commercy という町でで宴会を開きました。 宴会半ばで厨房の料理人とパティシエがケンカをし、最後のデザートを台無しにして出て行きました。 しかし、食いしん坊の王様のためにお菓子をださないといけません。 困り果てていると、召使いをしていたマドレーヌ・ポルミエ Madeleine PAULMIER が祖母から教わっていたお菓子生地をホタテの貝殻を型にして焼き上げ、それをデザートとして供しました。 それを王様は大変気に入って、そのお菓子を彼女の名前を取ってマドレーヌと付けました。 愛人とマドレーヌ フランス革命後に活躍した政治家で外交官のタレーラン Talleyrand の元で働いていた料理人であるアヴィス Avice がカトル・カール Quatre-quarts の生地を小さな貝殻型の型で焼きました。 カトル・カールとは小麦粉・バター・たまご・砂糖がそれぞれ同じ分量で作られているシンプルな焼き菓子です。 パウンドケーキのことです。 アヴィス Avice の愛人の名前をとってマドレーヌと付けられました。 ピエール・ラカン Pierre LACAN 1836-1902 パティシエ・菓子歴史家)が書いた著書(製菓覚書:LE MEMORIAL DE LA PATISSERIE)にもこのことが書かれています。 昔のマドレーヌのレシピ 19世紀以前のマドレーヌのレシピは残っていません。 最初にマドレーヌのレシピは1812年の「Le Cusinier imperial」に書かれています。 それは小麦粉、砂糖とバターを鍋に入れあたため、卵を加え、生地がなめらかになるまでかき混ぜます。 大きな型か小さめの型に生地を流し、中火の窯で焼き上げます。 小麦粉、卵と砂糖を混ぜ、やわらかいバターを加えます。 その通りに作ると、『中身が真っ白くてきめ細かい生地で、表面がなめらかなマドレーヌができあがる』と述べています。 さらに彼は「驚くべきマドレーヌ」という名前を付けたパイナップルや苺やピスタチオなどを加えたレシピを考案しました。 いくつかの説がありますが、どの説にしても女性の名前が付けられているということとホタテ貝の形というのは共通しています。 マドレーヌの材料は非常にシンプルで、その当時でも十分に手に入れることができるものばかりです。 そのため、だれが最初に作ったのかを特定するのは難しいのかもしれません。 マドレーヌは誕生して200年以上たった今でも愛されているお菓子です。

次の

かき氷の歴史・由来に迫る!かき氷の日があるって本当?いつ?

きめ細かい 由来

回答から見ることのできる解説では、多くの辞書に採録されているのは「きめこまか」ないし「きめこまかい」だと書きましたが、それら辞書とは相反する結果になりました。 「きめ細やか」が過半を占め、「きめ細か」は3分の1。 「いずれも使う」を選んだ人を入れても「きめ細か」は半数に届かず、一方の「きめ細やか」は「いずれも使う」を含めれば3分の2になります。 新聞・通信社の用語のルールを載せた用語集は、多くが「きめ」という見出し語を立てています。 木の板に表れる模様を意味する「木目(もくめ、きめ)」と、皮膚などの表面を意味する「肌理」の表記と使い分けについて載せるためです。 「肌理」は常用漢字表に含まれていない独特な読み方のため、新聞などでは平仮名の「きめ」と表記します。 比喩的に使われるのもこちら。 「木目」の方は「木目込み細工」など限られた場面で使われます。 「きめ細やか」を載せている社は一社もありません。 日本語学者で三省堂国語辞典の編集委員でもあるによると、NHKはニュース番組の字幕で「きめ細やか」と流した際、番組内で「きめ細か」に訂正するアナウンスをしたとのこと。 視聴者から問い合わせの電話でも入ったのだろうか、と想像しますが、やはりメディア界では「きめ細か」が一応の「正解」とされているようです。 これはおそらく、気配りなどが濃密であるさまを示す「濃やか」(常用漢字表にない読みなので新聞では「こまやか」と表記)と「細やか」を使い分けるに当たって、「濃やか」の方であれば「きめ」を付けるまでもなく、心がこもってよく気がつく様子を表すことができるためでしょう。 「きめこまやか」は「濃やか」と「きめ細か」の交ざったような表現と受け止められており、支持を得られないのだろうと考えます。 しかし辞書を見ていても「きめこまやか」が現れることはあります。 辞典サイト「ジャパンナレッジ」の日本国語大辞典(2版)で全文検索をかけると、見出し語は「きめごまか」なのですが、「せいこう【精工】」の項目の冒頭には「きめこまやかな細工」と出てきます。 きめこまやかなこと」とあり、辞書をつくる日本語のプロたちにとっても、少なくともうっかり紛れ込む程度には、なじんだ言い回しであると言えるでしょう。 控えたい「誤用」視 回答からの解説にも書きましたが、「こまか」と「こまやか」に実質的な違いがあるかというのも疑問です。 広辞苑の語義の順番は「語源に近いものから列記」とありますから、そもそもは「こまか」も「こまやか」も同様の語であり、現代においても同じように使うことに妨げはないのではないでしょうか。 もちろん慣用というものもありますし、表記の統一という観点からも、メディアが「きめ細か」を使うこととする、というのは一概に否定されるべき態度とは言えません。 ただし一方で、辞書の多くとは食い違うことになりますが、「きめ細やか」が十分に普及した言い回しであるということは今回のアンケートにも表れていると考えます。 校閲記者としては「きめ細やか」を「きめ細か」に直す場合はあり得るのですが、このように意味上の不都合がなく、普及している言葉については「誤用」と言うのは控えたいものです。 (2018年08月07日) 多くの辞書に採録されているのは「きめこまか」ないし「きめこまかい」。 従って、まずは「きめ細か」を使うのが適当だと言えそうです。 ただし、「細か」と「細やか」に実質的な違いがあるのか、というと返答に窮する場面もありそうです。 毎日新聞用語集は「細やか」と「こまやか(濃やか)」の使い分けを示しているのですが、「細やか」については「こまかい」と説明しており、意味上は「きめ細やか」でも、なんら問題なさそうに見えます。 「きめ細か」を使うのはあくまで慣用による、ということなのでしょうか。 一方、言葉の新しい用法を積極的に取り上げる三省堂国語辞典は2013年刊行の7版で、新たに「きめこまやか」の項目を立てています。 (2018年07月19日).

次の

【50代におすすめコスメ】ヒト幹細胞由来のコスメが、肌のエイジング悩みにアプローチ!(OurAge)

きめ細かい 由来

口コミでも大人気、クリームのような泡立ちと、洗い上がりがさっぱりしていているのにつっぱらないと評判の花王ホワイトをご紹介します。 日本でお馴染みの石鹸といえば、やはり花王ホワイト。 日本ではお馴染みの長年愛されている石鹸ですね。 花王ホワイトは泡立ちにもこだわり続けているので、固形石鹸とは思えないくらいのきめ細やかでモチモチな泡立ち。 モチモチな泡が体を優しく包んでくれます。 保湿成分として天然由来スクワランが配合されているので、肌に必要なうるおいを保ってくれます。 スクワランは天然系保湿剤で、人間の体内でつくられる物質と同質のため皮膚の親和性も高く、安全だと言われている保湿成分。 お肌がもともと弱い方や肌トラブルに悩まされてる方にはシンプルな成分の石鹸の方が症状が改善しやすいとも言われています。 洗顔にもご利用されている方もいらっしゃいますよ。 お風呂でご使用の際には通常サイズより大きいバスサイズをお勧めします。 定番のホワイトフローラルの香り以外にも爽やかな香りのリフレッシュシトラスの香りなどもご用意しておりますので、お風呂のリラックスタイムを楽しくお過ごし下さい。

次の