緊急事態宣言 吉祥寺 繁華街。 価格.com

新型コロナウイルスで緊急事態宣言

緊急事態宣言 吉祥寺 繁華街

東京都に、緊急事態宣言に伴う自粛・休業要請が出ました。 新宿や銀座などは閑散としているようですが、代わりに吉祥寺が賑わっていると、 マスコミにより燃料が投下され、ヤフコメ民がそれに食いついています。 新宿、銀座などの繁華街は人通りが激減したが東京・の人気スポット吉祥寺はにぎわいを見せていた。 《東京都》 我が街・青梅はどうかというと・・・ マスコミはじめ大半の東京都民が東京都と認識しているのは、23区とその近隣ぐらい。 だから、彼らの認識の範囲内にある、新宿・銀座と吉祥寺の対照的な姿が記事になるのでしょう。 でも、東京都は23区とその近隣だけで構成されているのではありません。 私が住んでいるも実は東京都です。 からまで"青梅特快"で1時間強かかる 辺境の地であります(でも直通だし、上りは必ず座れるよ)。 先日、の中心街に程近いスーパーに、我が愛機、電動アシスト・で出かけました。 スーパーの中は平日昼間にしては若干混んでるかな、という感じでしたが、外を出歩いている人は非常に少ない。 ここは車社会ですが、渋滞が起こっているわけでもない。 通常時は、平日でもをよく見かけるのですが、この日は一度も出会いませんでした。 自粛の世の中ですが、晴れた空のもと自然に囲まれた地を自転車で走るのはとても気持ちよく、買い物も(気は遣いますが)気晴らしになりました。 つまり、 新宿・銀座と同じく、青梅も閑散としているわけです。 まぁ新宿は 自粛によって閑散としているのに対し、青梅は 自粛とは関係なくもとから閑散している、という違いはありますが。 吉祥寺が叩かれている ということで、と辺境は閑散としていますが、近郊の住宅密集地が混雑している、という非常に珍しい状況。 確かに今の東京都で一番密となりやすいのは、あの辺りなのでしょうね。 そのような吉祥寺の状況が報じられ、ヤフコメ民は彼らの意識の低さを叩いています。 でも、自宅にいれば腹も空くし、体も動かさなければいけないから、どうしても地元の商店街に足が向く。 店の数が多くバラエティに富んでいるから、巣ごもり生活の買い出しにも適している。 つまり、彼らの多くにしてみれば、生活維持に必要な行動をしているだけで、それが結果的にあのような状態になってしまうのは、• 周辺は人口が極度に密集している。 吉祥寺は、商店街(&)をウリにして発達してきた。 結果、人口密集地域の人々が、 「自分達が生活(健康)維持のために必要と考えている行動」を行うだけで、吉祥寺の商店街(と公園)に、多数の人がつめかけることになる。 つまり 構造的な問題が多分にあるから、 個人の意識を叩いたところで何も解決しないと思いますね。 一方で、青梅では、人口の密集はそれほど顕著ではありません。 商業活動もそれほど盛んではなく、 「民が生活維持のために必要と考えている行動」は、吉祥寺周辺民のそれに比べると、かなり限定的であることでしょう。 散歩するにしても、周囲が自然に囲まれているから、そこらを歩いているだけで充分気持ちよく、 わざわざ特定の公園などに出向く必要がない。 そのため、自粛の最中なのに、商店街(や公園)に人がじゃんじゃんつめかける、なんてことは青梅では起こりようがないのです。 でも、吉祥寺はじめ人口密集地域の人々は大変だな、と思います。 次の記事も参照 マスコミ、君らはどうなの? 私が吉祥寺そのものよりも気になるのは、吉祥寺にノコノコ出かけていって、人々にマイクを向けているマスコミですね。 多分、自粛要請後、吉祥寺あたりは混雑するだろうとアタリをつけて、わざわざ出向いてインタビューすることで、 「皆さぁーーん、吉祥寺には緊急事態宣言後も外出しまくっている、不謹慎なやつらが沢山出歩いていますよーーぉ! (・・俺達の人間は自粛しているのに)」 ということを言いたいんだと思います。 でもさマスコミ、吉祥寺が問題だということなら、わざわざ君らが吉祥寺に出向いてインタビューするのだって、充分、問題じゃないか? 吉祥寺が混雑していることはデータで分かるからそれでいいのに、わざわざ出向いて、感染の危険が決して低くないインタビューをするのは、 番組で使うための「絵」や「」が欲しいからだろ? それこそ不要不急じゃないか? 君らが問題にしている人達と、君ら自身とで、何が違うの? 吉祥寺を叩くことよりも、 自分の局のアナウンサーの健康管理をしっかりやる方が先決ではないかと思います。

次の

緊急事態宣言も吉祥寺はいつも通りのにぎわい→学校が休みだと親子連れの買い物客が多いらしい。

緊急事態宣言 吉祥寺 繁華街

Sponsored Links 緊急事態宣言で吉祥寺と繁華街で温度差! 東京・吉祥寺のアーケード街は、いつも通りにぎわっていた(撮影・大上悟) 緊急事態宣言が発令されて初の週末となり、東京都内は小池百合子知事による娯楽施設などへの休業要請から一夜明けた。 新宿、銀座などの繁華街は人通りが激減したが東京・武蔵野市の人気スポット吉祥寺はにぎわいを見せていた。 「住みたい街ランキング」上位定着の街は、普段の週末より人の密度は少ないものの、アーケード街からは人が途絶えることがなかった。 駅ビルやデパート、パチンコ店も休業していたが、家電量販店、飲食店、ネットカフェなどは営業。 ガイドブックにも掲載される精肉店は長い行列ができ、ドラッグストアなどもレジ待ち行列と、いつも通りの光景だった。 スターバックスなど大手チェーンが休業する一方で、個人営業の飲食店が、その客を吸収している印象だ。 人気ラーメン店では狭い店内のカウンター席が埋まっていた。 緊急事態宣言の下でも繁華街には明らかな温度差があった。 引用元:日刊スポーツ フルサイズ換算で20mmよりも広いくらいの広角レンズで撮影して、歪んだ周辺をトリミングすると、あら不思議。 繁華街の飲食店は閉店寸前まで追い込まれている中で、 吉祥寺の飲食店は通常の1. 2倍の売上をあげているお店もあるそうです。 確かに繁華街と比べれば吉祥寺はナイトクラブだとこキャバクラとかが並ぶような街ではないですし、 住人の方々も民度の高い方が多いので、感染拡大はし難い街だとは思いますが、 たくさん人が集まればリスクは自然と上がるので、もう少し危機感を持った方が良いのではないか?と思う反面、 自粛と自宅に引きこもり生活を余儀なくされている方々のストレスもかなり大変なので、 吉祥寺みたいな状況は精神的には良くて結果的に予防になるのかもしれません。 今の社会はコロナに感染がしなくても別の病気になりそうなくらい病んでいると思います。 とても難しい局面ですね・・・ 最後までお読み頂き誠にありがとうございました。

次の

【東京コロナ】緊急事態宣言中の吉祥寺いつもの混雑戻る!平常時に戻って大丈夫か?

緊急事態宣言 吉祥寺 繁華街

Contents• 報道の概要 この報道は日刊スポーツ社で下記内容にてされたました。 39県で緊急事態宣言 を解除されて最初の日曜日となった17日、特定警戒 都道府県に指定され緊急事態宣言が続く東京の繁華街や公園などでは人出が増えていた。 人気スポット吉祥寺(武蔵野市)は、いつもの混雑を取り戻しつつあった。 JR吉祥寺、京王吉祥寺の駅ビル、周辺のデパートは休業を継続していたが、駅の乗降客は前週末よりも明らかに増えていた。 アーケード街では前週末まで休業していた店舗の営業再開が目立ち、約8割が営業を行っていた。 「前は休みだった、ここ(の店)もやっているし、人が増えている」と、ほぼ毎週末に買い物に訪れるという30代の夫婦は話していた。 快晴で気温が30度近くまで上昇した影響でノーマスク姿も増えた印象で駅前の大手アイスクリーム店の前には行列に加え、店内は密な状態だった。 衣料大手「ユニクロ 」は入店時にマスク着用の要請と検温を実施し、大手コーヒーチェーン店も営業を再開していた。 yahoo.

次の