グラブル 闇ブレグラ。 【グラブル】報酬が美味しい!ブレイブグラウンド攻略まとめも

【グラブル】ツヴァイ・シェーデルの評価|10月ブレグラ報酬武器【グランブルーファンタジー】

グラブル 闇ブレグラ

グランブルーファンタジーとは 『グランブルーファンタジー』は、2014年3月10日より配信開始された国内有数の大人気ソーシャルゲームです。 公式略称は「グラブル」。 Cygames社が開発運営し、現在mobage、Google play、App Store、DMM. com等のプラットフォームで配信されています。 2017年4月~6月にはテレビアニメも放送され、漫画や小説等のメディアミックスも活発です。 プレイヤーは騎空士となって空を旅し、伝説の島イスタルシアを目指して冒険に出ます。 ゲームシステム APを消費しクエストでバトルに勝利するとルピや経験値、武器や各種アイテム等報酬が獲得できます。 マルチバトルと共闘クエストは、複数プレイヤーが参加し協力して行うバトルで、マルチバトルでは救援依頼ができ、BPを消費することで救援としてマルチバトルに参加することが可能です。 サブメンバー2人はメインメンバーが戦闘不能になると代わりに戦闘に参加します。 主人公には取得済みのジョブが設定でき、ジョブ固有のアビリティを3つまで習得可能で、EXアビリティを1つ自由に設定できます。 武器編成は、主人公のジョブによって装備できる種類が限られるメイン武器1つとその他9つを設定します。 主人公の属性はメイン武器の属性になります。 召喚石はメイン1つとサブ4つが設定でき、メインに設定された召喚石の加護が適用されます。 複数敵の場合はチャージターンの少ないものから倒していくのが基本方針です。 ボス等の一部の敵にはモードゲージがあり、こちらが攻撃すると溜まっていき、最大になるとオーバードライブモード OD になります。 OD時は通常より強力な特殊技を使用することがあるので、OD状態になったら奥義やチェインバーストでゲージを削り、ブレイクモードに持っていきます。 ブレイクモードでは通常攻撃のみでチャージターンも溜まらないので、この隙きに通常攻撃を連打してアビリティのターン稼ぎをします。 初心者向け序盤の攻略手順 無課金を想定した場合、初心者が効率よくゲームを進めていくには、まずはシナリオを進めていき、武器や召喚石を入手して装備を整えつつジョブを解放し、マグナ武器を集めてマグナ編成を揃えていくことが目標になってきます。 シナリオを進める まずは行けるところまでシナリオクエストをどんどん進めていきましょう。 章を重ねていくことで、ゲームの基本システムであるカジノが解放されたり、無課金や序盤では重要となるSRのメインキャラクターが獲得できます。 とりあえず最初の目標となるのは、各島HARDマルチが全解禁される24章までのクリアです。 シナリオを進めていくとランクも自動的に上がり、各種マルチバトルに参加できるようになります。 ジョブはダークフェンサーの解放を目標に 敵の弱体化や特殊技の妨害ができるジョブで、主人公のメインジョブとして当面使うことになるダークフェンサー クラス3 の解放を目指します。 武器を集めよう グラブルにおいて最も重要で強さに直結する要素が武器編成。 計算機を叩いて理想編成を目指すのはハードルが高いので、まずは基礎的なことを理解して徐々に集めるようにしましょう。 火力に直結するのがスキル「攻刃」が付いた武器。 これらを属性毎に集めていくことになります。 4属性があるセラフィックウェポンはメインクエストを進めると容易に作成可能であるため、早めに作って編成に入れておきます。 各島のマルチバトルで入手できるスキル「方陣攻刃」が付いたマグナ武器を集め、「通常攻刃」武器と組み合わせていきます。 特定種族のステータスを大きく強化できる「バハムートウェポン」の獲得も進めます。 マグナの確定流しを目指す SSRマグナ武器が入手可能なマルチバトルでMVPを獲得するいわゆる確定流しが出来るようになるのが当面の目標。 SSRマグナ武器は武勲の輝きでも入手可能なので、マルチバトルの自発・参加で毎週コツコツ輝きを稼いでいきましょう。 イベントに参加しよう 各イベントは初心者でも参加できるように難易度設定されているので積極的に参加し、武器や召喚石、各種アイテムを入手しましょう。 カジノは日課に カジノはメインクエスト第8章をクリアすることで開放されます。 2CARDポーカーを利用してメダルを稼ぎ、SSR召喚石アナトの獲得を目指します。 エリクシールハーフやソウルシード、各種マグナアニマといった消耗品は毎日交換するようにしましょう。 パネルミッション パネルミッションはチュートリアル的なもので、全てこなすとSSRキャラ武器確定ガチャチケットが貰えるので確実に攻略しましょう。 1stパネルのミッションコンプ景品カーバンクル・ペリドットは貴重な召喚石なので売ったりしないように注意。 はじブルもチェック! 公式攻略動画「」では初心者向けの基礎情報が紹介されているのでチェックしておきましょう。 十天衆とは 十天衆とは、10種類の武器の全空一の使い手が集まった全空最強の伝説の騎空団であり、各武器種に対応したキャラ10人は、古戦場武器を強化していくことで仲間にすることができます。 構成メンバーはウーノ 槍 、ソーン 弓 、サラーサ 斧 、カトル 短剣 、フュンフ 杖 、シス 格闘 、シエテ 剣 、オクトー 刀 、ニオ 楽器 、エッセル 銃。 取得は大変ですが、時間をかければ無課金プレイヤーでも入手できる強力なキャラクター達です。 最終上限解放も実装されており、ガチャ産SSRキャラ以上の破格の性能を備えているので、コツコツ素材を集めて是非獲得を目指しましょう。 決戦!星の古戦場 古戦場とは、敵を倒して稼いだ貢献度によって騎空団同士が争うイベントで「団イベ」とも呼ばれます。 ランキングで特定順位以上を目指す「予選」がまず開催され、その後2つの団で1日の獲得貢献度を競う「本戦」が開催されます。 古戦場では十天衆の加入に必要な古戦場武器が入手できたり、各種アイテムと交換可能な「勲章」が獲得できます。 勲章で交換できる目玉アイテムの「金剛晶」は、好きな召喚石の上限解放ができるアイテムで、基本的には古戦場でしか入手できない貴重なものです。 他には十天衆の加入や最終上限解放に必要となる「ヒヒイロカネ」なども勲章の交換対象になっています。 四象降臨 四象降臨とは、4属性のボスと戦闘を行い「四象の輝き」や「討伐章」を集めて各種報酬と交換できるイベントです。 集めるとヒヒイロカネと交換ができるクロム鋼やSSR四象武器などの報酬が交換対象となっています。 印符を集めることで「黄龍」「黒麒麟」に挑戦できる「四象金印」も入手できます。 輝きが多く手に入るボーナスタイムに戦うようにすると効率的です。 グラブル初心者の方は、初めから3凸されているSSR武器「朱雀光剣 火刀 」「玄武甲槌 水斧 」「白虎咆拳 土拳 」「青竜牙矛 風槍 」が序盤から役立つので優先的に交換するのがおすすめです。 討滅戦 討滅戦とは、特定のボス敵と戦闘して得たドロップ素材と召喚石や武器を交換できる常設コンテンツです。 イフリート 火 、コキュートス 水 、ウォフマナフ 土 、サジタリウス 風 、コロゥ 光 、ディアボロス 闇 の6属性の討滅戦が用意されており、出現するクエストは基本的には72時間毎のローテーション制です。 また期間限定でケルベロス 闇 とフェンリル 水 の討滅戦がイベントとして開催されることもあります。 常設の討滅戦で入手できるSSR召喚石は最大まで解放すればそこそこの性能となるので、無課金や初心者の方であれば序盤の各属性の戦力を強化できます。 1日1回ツイッター回復 「スマホRPGは今これをやってるよ。 今のジョブはこれ!」といったつぶやきをツイッターで見かけたことはないでしょうか。 グラブルではツイッターアカウントと連携する機能があり、ゲーム内からツイートを投稿することで1日に1回だけAPとBPを全回復することができます。 毎朝5時に1日1回の制限がリセットされるので、それまでに回復するのを忘れないようにしましょう。 共闘クエスト 共闘クエストとは、ロビーに集まった1~4人のプレイヤーが協力して1つのクエストに挑戦するマルチバトルです。 通常のマルチバトルとの相違点は、クエストを受注したプレイヤーだけがAPを消費することです。 日替わりで設定されるデイリーミッションが存在し、クリアした際に入手するMPを各報酬と交換することが可能です。 全ミッションを達成すると「碧空の結晶」という貴重なトレジャーがコンプリート報酬として手に入ります。 また、JMP ジョブマスターピース というジョブ専用武器の入手及び強化に必要となるアイテムも入手できるため、重要なコンテンツの一つとして位置づけられます。 公式推奨ブラウザ SkyLeap SkyLeapとは、モバゲーを運営するDeNA社が提供するスマホ向けブラウザで、グラブルPも当ブラウザに搭載されている機能を使用してプレイしても問題ないとアナウンスしています。 「ジェスチャー」と「クイックアクセス」の機能を活用し周回速度を上げ効率化する等、通常のアプリよりも快適に遊ぶことができるのでぜひ試してみよう。 アーカルムの転世 『アーカルムの転世』は、イベントではない一人プレイ用の常設コンテンツで、毎日コツコツ進めていくことで召喚石「アーカルムシリーズ」を入手でき、それらの召喚石をSSR5凸まで強化することで解放されるフェイトエピソードをクリアすると、対応する十賢者を仲間にすることができます。 メインクエスト第44章クリア後にフリークエスト『胎動する世界』をクリアすることで本コンテンツをプレイすることができるようになります。

次の

グラブル日記82 闇ブレグラ

グラブル 闇ブレグラ

今回も無事PROUD+までクリアできたので記事として書いておきます。 私には20ターンは無理なのでクリアだけです。 正直なんにも考えず攻撃してるだけでも倒せたので難易度は低めだと思っています。 武器と召喚石は全て共通でやったのでキャラのみ分けています。 他のキャラは残りの戦闘で使いそうにないキャラを入れているのでなんでもいいですが、の奥義後1アビが敵の強化解除の条件にピッタリなので入れておいても良いかもしれません。 (3戦目でも活躍できるのでそちらで使用するために温存するのも良いかと思います。 ) 敵のHPトリガーとCT技に合わせてサルナーン1アビと闇鞄を使用しておけば苦戦せずにクリアできます。 2戦目 特に厄介な攻撃をしてきそうになかったので、ソロ性能の高いドクター・マウント持ちのアタッカーのセルエル・強力な全体強化持ちのゾーイ(銃)・回復役としてリミイオです。 こちらもメインメンバーのみでクリアできたのでサブは保険として入ているだけになっています。 まあ蘇生後やサブキャラは回復できたのでここまで用心する必要はないかもです。 回復できないと書いてあったのでフュンフが役に立たないと思っていましたが、蘇生・奥義ディスペル・クリア要員として十分役に立ちました。 特に奥義ディスペルは敵の「奥義ダメージを50%カット」の強化効果を消去するために使えるので2番手に入れておくと良いです。 ソーンは奥義による全体クリ率UPによる火力の上昇と敵の呪詛の瞳を解除のための600万ダメージを稼ぐ役として使えました。 呪詛の瞳解除は別キャラでも良いので、いなかったら火力が低下するくらいですかね。 武器 とりあえずマグナです。 ある程度の編成難度はありますが、それなりに進めている人であればできる編成だと思います。 サティフィケイトやエデンが欲しかった……がないんですよねぇ。 召喚石 フレ石は5凸ルシ 自石はHLソロに使っていた編成です。 は相変わらず2凸なので闇鞄でも問題ないと思います。 感想 3戦目の情報見たときは「回復不可能をみんながやるようなクトに入れてくるとか運営も結構えぐいことしてくるなー!」とか思ってましたが、実際やってみると復活した後は回復できたりとかサブから出てきたキャラは回復できるといった感じで肩透かしをくらいました。 そこはサブも含めたすべてのキャラが回復不可能かつ復活後も付与くらいにして完全に回復できないようにしてほしかったです。 まあ20ターン以内を目指そうと思うとこれも鬼畜難度なんでしょうけど私のマグナじゃあクリアするのが限界ですから関係ないのですよ。 ですので今回のPROUD+の難易度は少し不満でした。 rei-696.

次の

【グラブル】報酬が美味しい!ブレイブグラウンド攻略まとめも

グラブル 闇ブレグラ

どうも、そーかです。 闇ブレグラ始まりましたね。 肉ワンパンでヴィントホーゼやつい先日の古戦場で過労死認定されたウシュムガルあたりが産出されたイベントで今回の闇武器も期待している人は多いのではないでしょうか。 2本ぐらい作った水の銃みたいなやつはスキル餌になりました。 今回はそこら辺の話。 といっても報酬画面から確認できるのは こんな感じでなにがつくかはわかるけどどれくらいかわからないのがこの武器の欠点ですね。 というわけで、実際に作ってきました。 第2スキル おそらく2割ですね。 あたりまえですが、虚空武器の与ダメージ上昇は最後に加算されるのでこの追撃にも加算されます。 虚空武器の与ダメージ上昇量は3万なので2割で間違いなさそうです。 余談だけど、拳メインでつかうのはじめてなので通常攻撃のエフェクト違うの知らなかった…。 次は奥義効果 TA確率アップと与ダメージ上昇。 まずは簡単な与ダメージ上昇から 奥義前と奥義後、おそらく1万ほどですね。 第2スキルの追撃にも適用されるみたいです。 あたりまえですが、虚空武器の与ダメージ上昇などとも重複します。 余談ですが、この武器奥義の演出がとてもかわいいです。 使う人はいないと思いますが、だと少しというかかなりダサく見えてしまいます。 というか、はテトラもってなんぼなので拳スキンに困ることはないと思いますが。 画像でみると悪くはないですけど…。 虚空斧がTA上昇とTA時の与ダメージアップなのでそこらへんはを感じるいい武器ですね。 おそらくメインで使用することはないですので、メインでの使用感はあまり触れないでおきますが、闇にはすでに天秤があるので天秤編成をしている方には入りそうにない武器だとは思います。 逆に既存の編成で上限をた人とかにはかなりいい武器だと思います。 EX2本目なら火力が下がる範囲も小さいですし。 欲を言うなら通常攻刃がよかったですね。 僕は使うことはあまりないと思いますが個人的にはゼノディア刀よりは優秀だと思っています。 僕自身追撃がいっぱいついてるの見るとうれしくなる人間なのでもし武器編成に悩んでたらこの武器のことを思い出してあげてみるのもいいかもしれません。 それでは、また。 soukaelice.

次の